2019年11月 8日 (金)

チケット

後藤羽矢子です。

脳内クラッシュ演劇のチケットの引き換えが今日から始まり、それに伴い座席番号もわかるようになっていたのですが。

自分のなかでは、びびるほどいい席だった…。B列の真ん中へん…。
今年の運を使いきった感があるな!!!

MさんKさんS女史も、やや後列なものの真ん中へんは獲得できてるそうです。
たぶん先行販売には、真ん中へんを優先しているのかもとのこと。

座席番号からどのあたりの席かを確認するために、検索して座席表を見たわけですが…。

これ、はじっこの席、めっちゃエグくない?

はじっこステージ見えるの?と心配になりました。

そのことを言うとステラボール経験者のKさんが「生で観てるのに他所でやってる感じで…スピーカー音も中心によってたから疎外感せつないっすよアレ……」

疎外感!!!

ツイッターでステラボールの情報を見ようと「ステラボール」と入力したとたん、サジェストに「ステラボール人権」と出てきて困惑。
なんでもはじっこの席は通称「人権のない席」と言われてるそうで…。このパワーワードに変な笑いが漏れてしまった…。

とりあえず私たちの人権は確保されたようなので、ひと安心です。

あとは当日までに体調管理をしておかねば…。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

舞台の知識

後藤羽矢子です。

さきほどドラマダ舞台化の記事に
「箱だなんだのまえに提供や演出、会社のことも踏まえてください」

というコメントがつきまして。
どう返していいか困ってしまいました。

だって私、演出や提供のことに言及できるほど知識ないんです。
箱については、キャパとか席について言えるけど…。

私がどれだけ舞台の知識がないかというと、ラキステ観るまでマチネとソワレも知らなかったぐらいです。

そんな私が舞台についてアレコレ言ったら、舞台に詳しい人にはイラッとくるのかもしれません。

といっても、ここ私のブログなんで、もし不愉快だったら見ないという最良の選択がありますので、そちらをお選びください。

とりあえず私が一番避けたいのは、私が萎縮して好きなように書けなくなることなんで、何か不満がありましても、法に抵触するようなこと以外は改める気はないのでご了承ください。

あ、誤字脱字とかは直しますんで。

ではでは。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

チケット当選したー!!

後藤羽矢子です。

ドラマダ舞台、ノイズ日、無事当選しましたー!!!

当落発表の時下まで、私と松本さんとスカイプしながら作業していたのですが、
私が「はー…チケット無事取れてるといいなあ…」と呟くと
「タイバニみたいな規模じゃなきゃ大丈夫やろ」と言われ

そりゃそうかもしれんけどやかましいわ!!!ってなりました。

抽選待ちの間にも、公式から着々とビジュアルお披露目があり、どの人も再現率すげーとなっていたのですが、私たちが一番ザワッ…!となったのがトリップでした。
あ…足なげーーーー!!なにこれ…ちょっとマジでトリップすぎない…?と戸惑うほどでした。
私のTLでは「本人じゃん。実在証明じゃん」と言ってる方もいて、ほんとそれなってなりました。

この調子でウイルスにも期待!!

まあこれでラストのお披露目は蓮ということが確定って感じですが、蓮とセイって同じ俳優さんなんですね。
蓮はたぶんオンラインモードのスタイルだと思うのですが、同じ舞台で蓮とセイがチェンジするのしんどくない?
蓮の衣装やメイク時間かかりそうだし…。
それとも蓮ルート回でセイの肉体にシフトした蓮が出てくるのだろうか…。
まだいろいろ謎に包まれております…。

私はノイズ回に絞りましたが、他のルートも全部みたい…。ニコ生とかやってくれないだろうか…。たぶんやってくれると信じてる。全ルートじゃないかもだけど…。

そんなわけで、生きる希望が湧いてきました!!!
年末進行の疲れた心身をドラマダでリフレッシュするぞい!

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

悩ましい日程

後藤羽矢子です。

まだ略称が定まっていない脳内クラッシュ演劇の、キラル先行販売の日が迫ってきました。

いつものメンバーは、それぞれの推しが、私とKさんノイズ、Mさん紅雀、S女史がクリアとバラけているので、はなから皆一緒に行くという考えなどは捨てています。そして推しのでる日程を照らし合わせてどうスケジュールをやりくりするか唸る私たち…。

特に編集者であるS女史には年末進行という魔の季節なので…。

ところでキャストのビジュアルも少しずつ解禁されていってますねー。

ミンクさん役の方の素顔を見たとき「若すぎない?」と思ったのですが、ちゃんとミンクさんになっててびっくりした!
なんでも190cmあるそうで、ああ…それだったらミンクさんの威圧感も醸し出せますよね…。

そしてクリアに至っては、最初見たとき立ち絵をトレスしたのか!と思うほどの再現度で度肝を抜かれました。
すっごいなー…。
ほにゃららさんの絵が比較的リアルめな頭身のせいもあるでしょうが、本当に絵から抜け出てきたみたいなクリアちゃんです。

この調子で早く紅雀さんとノイズも出てきて欲しい!

私たちメンバー2.5次元にはとんと疎い人間ばかりですが、これを機会にいろいろ履修したいものです。
考えれば私はフレッシュな男性声優の情報もBLゲーで更新していますし、ありとあらゆる情報の媒体がBLゲーになっている…。

BLゲーやってなかったら本当に世俗に疎くなってただろうな…。とまた人生に潤いを与えてくれるBLゲーに感謝するのでした。

 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

ドラマダ舞台続報!!!

後藤羽矢子です。

本日二回目の更新……。

ドラマダ舞台の続報きましたねー!
しかし何回見ても「脳内クラッシュ演劇」にブフッとなってしまう私…。
略称はドラステでいいのかしら…。
でも公式が演劇!!って言ってるから劇マダとかのほうがいいのかな…。

そしてやっぱりルート別公演きましたねー!!
やっぱBLゲームはこれでなきゃね!

もちろんルートが変わるといってもまるっとシナリオが変わるわけでなく、ラキステ準拠でいえば全員まんべんなく活躍する共通のシナリオのなかに一部見せ場が増えたり、ラストでイチャイチャが追加されるという感じです。

そして……音楽がGOATBEDで新たに曲も作ってくれるってすげええええ!!!

じつは一昨日の冬いもグルメ会で、Mさんが「舞台の後ろでGOATBEDが歌ってくれればいいのに」と言っていて「いやいくらなんでもそれは……」と言っていたのですが、もしかしてありえなくもないかも……?というか私はゴートが関わってくるとも思ってなかったので、曲提供してくれるだけでも鼻息が荒くなりました!

しかし問題はチケットが取れるかどうか……。
私は仕事のスケジュール的にクリスマス前は厳しいので、それ以降狙いになりますが、そのへんは倍率厳しそうだなあ…。
とにかく運を天に任せてノイズ狙いで申し込みたいと思います!!!

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

ドラマダ舞台化??!!

後藤羽矢子です。本日二回めの更新…。

のんきにツイッター眺めてたらとっつぜんキラルがドラマダ舞台化の報を流してきて、ゴブフォォォォォォッッッッッとなりました。

ラキステの成功が後押しになったのは間違いがないとして。

いいんじゃないかな!と思う。みなさんの衣装、舞台栄えしそうだし!
ちょっと前に松本さんと観に行ったサイコパスの舞台、プロジェクションマッピングの演出がすげー効いてたんで、きっとドラマダの電脳空間もそんな感じになるんだろうなー!

当然観に行く気マンマンですよ!

ハコは品川プリンスホテルステラボールとのことで、調べてみたらキャパ750ぐらい。

ラキステの最初のハコがキャパ200ぐらいだったのを考えると、ずいぶん強気だな!と思いますが、それぐらい余裕があればチケット争奪戦もさほど熾烈ではないだろう…。

話というかBLみはどれくらいあるんだろうなあ…。
ラキステは毎回ガチキスしてたけど、どうせBLゲーを舞台化するならそれぐらいやってほしい!

あー…なんか驚きが落ち着いてきたらどんどんわくわくしてきたぞ!!!
最近GOATBEDのライブでしか更新してなかったドラマダタグがまた活発になるな!

| | コメント (1)

2019年8月15日 (木)

GOATBEDのライブ行ってきたー。

後藤羽矢子です。

昨日はGOATBEDのライブ。2DAYSでしたが、私たちは体力がないので2日目のみの参加。
メンバーはいつもどおりのKさんS女史、Mさんは帰省中で参加できず。夏のライブに行けないのはもはやMさんの宿命…。

今回のハコは品川プリンスホテルエリアにあるクラブex。円形状の舞台が特徴です。

今回はスタンディングでなく指定席だったので「ありがたいね~」と口々に言い合う年寄り3人。
ホールはそれほど広くないので、私は座席的には最後列でしたが、石井氏をガン見するのになんの支障もない距離。

2階にはバルコニー個室があり、そこから優雅に眺めるペアチケットもあったのですが、やっぱり石井氏は見おろすより見上げたい!

で、今回の石井氏のお衣装ですが。
ガバッと大きく背中が開いた黒のキャミソール(としか言いようのないもの)の上に黒のシースルーの花柄レースのブラウスと黒のリボンタイ。
パンタロンぽい白いパンツは腰周りにぴったりと貼りついています。

今回の衣装は、円形の舞台のどの角度から観ても眼福がキメられるようにしたに違いない!と私たちは言い合いました。

実際、この火の石井氏、前から観ても横から観ても後ろから観てもエロかったんですよ!!
特に後姿のシースルーから透けて見える背中の筋肉がやばかったですね…。
対してゆーじさんは露出度ゼロの黒のだぼーんとした上下。そのストイックさもまたよしという感じでした。

曲は今回ドラマダ曲多め。
「SLIP ON THE PUMP」も「BOWIE KNIFE」もやってくれました。ところでスリッポン歌うちょっと前に「ちょっと待って!」とスタッフのところへ行く石井氏。どうもスリッポンの歌詞が用意されてなかったらしく「SLIP ON THE PUMP、歌詞ないともう全然歌えないから」と言っていて場内爆笑(というほどでもないけど)

合間にちょっとMC入れたりもしたけど「昨日喋りすぎてもう言うことがないです」などと言って、けっこう歌いっぱなしの石井氏。
そして「あと残り3曲になりました」と言うものの。
場内はわりとノーリアクション。「とうとうここまで来ましたか」とつぶやく石井氏にさざめく笑い。
GOATBEDのファンのテンションの低さは、当の私ですら心配になるほどで、いつぞやのライブではスタッフに「うちのファンいつもこんななんで」と心配いりません的なこと言っていたなあ…。

そして石井氏がもう一度「あと残り3曲になりました」と言うと「えーーーーーー」と返すファンと石井氏との茶番タイム。

その後、次のライブの告知で、わりと恒例の12月頭。

「12月7日です」
「はー…ほー…」(場内の薄いノリ)
「俺の誕生日だよ!」
と、言わせんなよ!的にツッコむ石井氏。

「誕生日にライブやるの初めてじゃないスかね」と石井氏が言うと「前にもあったー」と場内からの声。
「え、いつ?いつのライブ?」
「リキッドルームでやったときのー…」
「リキッドルームなんてもう100回ぐらいやってるからわかんないよ!」

この妙な間合いが面白かった。

それと石井氏の服のボタンが歌い踊っているうちに弾け飛んでいたらしく「ボタンってこんな飛ぶものなんですね…。もう途中からボタンが気になってライブどころじゃなかった」とせいせいと言い放つのにウケた。

あとラスト近くでしゃがみながらペットボトルの水を飲み、飲み終わったあとのペットボトルを無造作に客席に放り投げ、その後もタオルやらフライヤーをしゃがんだままポイポイ客席に投げ込む。

それをもちろんファンの方々は喜んで受け取るわけですが、キャーッ!と大喜びするわけでもなく、奪い合いをするわけでもなく「あ…ども…いいんですか…?」といったノリでブレないGOATBEDファンです。

そんな感じで今回も満たされました。

アフターで酒を飲みながら「次のライブ、石井さんの誕生日なら何かプレゼントしたほうがいいのかなー」「でも石井さんの喜びそうなものとかわかんないね」「卵アレルギーだから下手なお菓子もあげられないしねー」などと言い合いました。

本当に何が喜ばれるんでしょうね……?

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

GOATBEDのライブ行ってきたー!

後藤羽矢子です。

昨日は久しぶりのGOATBEDのライブでした。

相変わらずちょっと変わったハコでやりたがる傾向なゴートさんですが、今回はなんと渋谷109の屋上ステージ!!
109に屋上なんてあったのか!と驚きましたが、わりと最近できたっぽいです。

メンバーはKさんS女史、Mさん……のはずが、ゴート運のないMさん、のっぴきならない用事が入り欠席……。
当日はKさんS女史らと「ここまでくると見事ですね」「狙い撃ちしてきますね」とMさんのゴート運さんのなさに驚嘆しました。

ところで重度の方向音痴で、駅から10分以上かかる場所は警戒してしまう私ですが、109なら近いし目立つと迷わないだろとタカをくくっていました。
しかしじつは会場は109ではなく、109の元メンズ館だったマグネット館というビルでした。
私は何も考えずに109に行ってしまい、ウロウロ迷ったあげくフロアガイドのお姉さんに聞いて、慌ててマグネット館まで走りました。
しかもS女史もまっっっっっったく私と同じことをしたと聞いて、バカは自分ひとりではないと安堵。
MさんからはLINEで「前に元メンズ館てLINEで会話したよ…?」とツッコまれてしまいましたが、2ヶ月前のことなんて忘却の彼方です。

あいかわらず前置きが長くてすいません!!

屋上ステージはわりとこじんまりした感じで、時間も平日の昼間とあって、お客さんもそんなギュウギュウではない。
本日の石井さんは、髪を青く染めて、短い髪を立たせていました。お召し物は黒のゆるっとしたドルマンスリーブっぽいシャツ。ゆーじさんもいつもより抜け感のあるいでたちでした。

この日の石井さんは、何故か始終満面の笑みをたたえており、どうも明るい場所にいるのが照れくさいらしいです。そういえば陽の光の下で石井さんを観るのは初めてかも。「早く暗くなって欲しいですね」と言う石井さんにウケる私たち。吸血鬼かよ。

曲のほうも昼の屋外ということなのか、ノリのいいのが多かった気がする。今回の石井さんはいい意味で少年ぽかった。ゆーじさんも今回はバックの映像を管理するという仕事がないぶん、ちょっと気抜けた感じで、その様子がKさんのツボに大変ハマったとのこと。

MCではダウンロードで配布してる曲が、ちょっと音が足りてない状態になっちゃったから明日またあげ直します。でも足りてないほうもそんなものと思って聴けばけっこうカッコイイですという旨の報告。
まー絵描きがPixivにあげた絵の塗り足りなさが気になって、一度下げてあげ直すようなものかな。
足りてないほうもダウンロードして聴きましたが、少し変わったアレンジに仕立てたみたいな感じで、悪いものでは全然なかったです。

それとライブの告知。次回は8月13,14日。
一瞬コミケの日程が頭をよぎる私たち。そういう人たちがそれなりにいたのか、わずかにどよめく会場。
「え?その日何かあるの?あるなら変えるけど」などと言う石井さんにさざめく笑い。
ちなみにコミケの日程は被っていませんでした。
しかしゴート運のないMさんは見事に帰省に被ってしまってるとのこと…。Mさんなんか逆にすごいな…。
そして場所はクラブeX。
「クラブeXってわかりますか…?この中でクラブeX知ってる人いますか」と石井さん。私たちはまったく知りませんでしたが、数人が手を挙げ、そのなかの一人に「じゃあクラブeXの説明してください」と無茶ぶり。
「えーと……品川で…」「そうです」「ホールが円形で…」「そうです」
「そんなわけでライブやるような場所じゃあんまりないんですけど、いつもと違ううなことができるかなと……まあ今日もいつもと違いますよね」的なことを言う石井さん。

円形のホールで軽やかにステップを踏む、露出度の高い石井さんが観たいな…。
そのライブではニューアルバムの先行販売もあるらしいので楽しみです。

そうしてBUNNY BLADE deSLASHでシメて、昼の部は終了。

屋外のライブも気持ちよくていいものですね…。

サンリオピューロランドのライブの時は、もうこれ以上に驚かされることはないんだろうな…と思いましたが、まだまだいろいろ新鮮な驚きを与えてくれるGOATBEDでした。

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

GOATBEDのライブ行ってきたー!

後藤羽矢子です。

毎年12月の始めにはいつもゴートのライブがあり、もはや季節の風物詩となっております。
そしてMさんが来られないのも若干風物詩化しており、今回チケットを取ってたものの、突然の急用にて来られなくなったのでした。
チケ運はあるのにゴート運がないMさん」と私たちに言われてしまうMさん…。

今回の箱は、白金高輪SELENE b2。去年オープンしたばかりの場所で、その前はボルタリングの施設だったそうです。

初めての場所で、駅から徒歩8分の場所となると、私は道に迷う可能性が高いので、けっこう早めに駅に着いたのに、それでも少し迷った…。
整理番号は40番台だったのに、箱に着くとすでに150番台の人が呼ばれており、やっべ!と慌てて中に入り、S女史と合流。Kさんはすでに前方に陣取っておりました。私たちは真ん中よりやや前方寄りの場所に。


会場は新しい施設だけあって、全体的に綺麗で天井も高く、舞台の両端にそれぞれふたつずつモニターが設置されていました。

そして開演。まずゆーじさんが出てきたのですが、なんかめっちゃナチュラル!
髪も服も家で寛ぐがごとくの緩さですが、そこがちょっと可愛い…。
石井氏のほうは、すんんんげー肩パッドのジャケットを着ていて、もはや肩がとんがってる…。吉川晃司リスペクト?!
しかし肩はとんがっていても、今回の石井さんはちょっと丸いというかゴキゲンな感じでした。
MCのときもなんかずっとはにかんでいた…。

「来年のライブの予定がいまのところなくて、お知らせすることがないんですけど…」と石井氏。

その代わり、DVDをつけた本を出す予定で、2016年から2017年のライブ映像を交えたものにするつもりだったんだそうですが、石井氏いわく、「2年ぐらい前のものはもう恥ずかしいものになってて嫌なんですよ」
なのでメインは今回のライブ映像になるとのこと。どおりでけっこうガチなカメラがまわってると思った。

そんな話の合間に突然「今日、卵の入ってないたい焼きをもらって、久しぶりにたい焼きを食べた」という話題を差し込む石井氏。
「前にたい焼き食べたのが、アレルギーが発覚する前で…まあライブ始まったら具合悪くなったんですけど」
そこで私は初めて石井氏が卵アレルギーだということを知りました。というか発症したのも数年前だそうですが。
それと今回昔の音源をいっぱい発掘したという話から、昔語りが多めだったんですけど「20年ぐらい前はボーカリストが曲を作るという風潮があったんですよ」と言っていて、へええー…確かに謎の風潮…。そして石井氏が18歳ぐらいからバンド活動やっていたことを知る…。
私がライブ後にKさんにそのことを言ったら「石井さんはシニカルというか斜に構えたようなスタンスに見せかけて実は音楽に熱い人なんですよ」というような意味のことを言っていて、そういうふうに見せかけるのも、石井氏のファンをケムに巻くスタイルのひとつなのかなと思いました。

で、ファンをケムに巻くといえば。
今回は14時半からの昼公演だったのですが、アンコールで出てきた石井氏が突然!「このあとここで18時からもライブやることになりました」と言い出した!
ええ~~っ!と喜びと困惑が混じった声があがる場内。
「いや突然そういうことになって」と言う石井氏でしたが、私たちは「ぜってーもうちょっと前から決まってたけど驚かせるために言ったんだぜ」と言い合いました。
で、あまりに突然なのでチケットも用意してないので、なんと入場料は基本フリー!
けど「払いたい人は払ってくれていいんですよ」「0円から100万円まで」と石井氏。
つまりお客の任意というかお布施感覚なわけですね。

これは今回急遽行けなくなったMさんへのワンチャンなのでは?と急いでMさんにLINEを入れるS女史。しかしやっぱりMさんは所用で来られない状態でした。
で、Mさんが来られるなら私たちも夜も行くつもりだったのですが、今回柵が確保できなかったため、メチャクチャ疲れてしまって、夜はパスすることにしました…。
歳を感じる…。そして柵の偉大さを改めて認識しました…。

そして物販で変形スエットを購入。石井氏がアンコールのときに着ていて可愛かったから…。
私のワードローブがGOATBEDに侵食されていく…。いま着ているのもゴートのパーカーだし…。
Kさんも同じものを買おうと二人で並んでたら、なんと私のところで完売!でもサンプルの分があったのでKさんはそれを買いました。
「でも完売してよかったですよね!」
「余るより石井さんも嬉しいですよね!」
などと言いつつ、駅近くの居酒屋で3人で呑んで解散しました。

次回はいつかわかりませんが、Mさん参戦できますように!

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

GOATBEDのライブ行ってきたー!

後藤羽矢子です。

あの狂気のサンリオピューロランドのライブからはや二ヶ月……。

今回は下北沢GARDENということで、通常運行のGOATBEDの安心感がありました。

あんな交感神経に訴えるライブが何度もあったらこっちがおかしくなりそうなんで。
前回の記事にも書きましたが、この日の昼はBLゲームオンリーに参加していました。
この日の私は前回のライブのキティちゃんコラボTと、蒼葉ちゃんバッグといういでたちで、どっから見てもドラマダ者って感じでしたが、ジャンルは橋姫というひずみを生んでいました。

まあイベントではドラマダ本もラキド本も買いましたが!
イベントあがって下北沢へ。

下北沢GARDENは二回めですが、待機列を地下3階の駐車場っぽいところに入れるのはいいなと思いました。集まった方々は、私を含めGOATBEDアパレルに身を包んでる人も多く、GOATBEDアパレルコレクションの様相を呈していました。

私たちの整理番号は40番台はじめで、まあまあ早い番号。
呼ばれて場内入りすると、最前列はさすがに埋まっていたものの、まだまだ前方はゆとりって感じでしたが、私たはやや後方寄りにある柵を確保しました。
柵は私たちの命綱なのです…。
柵のあるところは一段高くもなっていたので、舞台を観るのに差し障りはありませんし、私たちは「柵っていいですよね…」と讃えあいながら、柵に身をまかせるのでした…。

無駄な前置きが長くてすいません!

そして開演!

今回の石井氏はわりとラフなめなスタイルで、「PINK IS PUNK」と素っ気無いフォントで書かれたピンクのセーターをお召しになっていました。
ライブ後、KさんとS女史で「あんなセーターだけど、石井さんが着ているんだからお高いんでしょうね~」と言い合っていて、その後Kさんがブツを特定してきたんですが、なんとバレンチノの品で14万もするシロモノでした
Kさんが送ってきた画像を見たとき「ふーん…1万4000円かあ…え?!14万?!」と思わず二度見してしまいました。

「石井さんは果たして安い服を着ることがあるのか?」と言い合ったりもしましたが、さすがに部屋着とかはそこそこ安めの…それこそ自分とこのアパレル着てるんではということに落ち着きました。

それはともかく、今回は曲数がすごく多かった!20曲ぐらいやってた!
前回はピューロランドを意識して明るめかつメジャーめな曲が多かったですが、今回は攻めた感じでしかも息もつかせぬ勢いで機関銃のように歌いまくる石井氏でした。

しかしMCは相変わらずいい感じで気が抜けています。
「なんか…言いたくない言葉ってあるじゃないですか「どうもGOATBEDです」とか」
「あと「東京!」とか」
この東京に関しては意味がわからなかったのですが、あとでKさんS女史が「よく海外のバンドが日本で公演するときに「トウキョウ~!」とか「オオサカ~」とか言うあれじゃないですか」と教えてくれました。なるほど…って石井さん海外のバンドじゃないやん。
アンコール後のMCでは、ツインドラムのお二人とは今回で一区切りと告知。
そして突然、岡本なおこさんに「GOATBEDの中で一番好きな曲は?」などと質問する石井氏。
岡本さんは「え~…」と少し悩んで「ジョニーライド」と返答。
「なんか意外ですね…」と呟くと「ジョニーライドか~…今日やらないんだよな…」とひとりごちる石井氏。
客席から「やって~」という声があがるも「いややらないから」と即答。

そして舞台後方にいるゆーじさんにも同じ質問をする。ゆーじさんも少し悩んで「ジョニーライド」。
そしてさらに北野愛子さんにも同じ質問を。北野さんは「ここは天丼としてジョニーライドと言っとくべきか…?」的な雰囲気を漂わせながら「ジョニーライド」と言ったのですが、石井氏は「違うでしょそこは!」と急にキレる。
ライブ途中でも水飲んでる北野さんに「水飲んでる場合じゃないです」とか言ったりして北野さんにやや塩対応な石井さん。
「流れとしてここはVogue manって言わないと…」と石井氏が言うのでアンコール曲がVogue manということがわかりました。

相変わらず、一緒にライブやってても全然意志の疎通ができてないっぽい雰囲気が最高。

そしてVogue manも歌い終わり「ありがとうございました」と退場する石井氏とゆーじさん。しかしツインドラムのお二人はそのまま。
すると突然、テクノな曲が流れ、おふたりが激しくドラムを叩き始めました。

あっ…これYMOのテクノポリスだ…!石井さん本当に80年代曲好きだな~!
ツインドラムにより大トリはじつに素晴らしく、気持ちよくノれました。
次回からはまたふたりきりのGOATBEDになるらしいですが、ファンをケムに巻くスタイルだからいろいろ油断はできません。
次は12月!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧