2019年11月26日 (火)

2020年は豊作?!

後藤羽矢子です。

少し前に東京24区の発売延期が発表され、私としては最初の発売予定を聞いたときから「絶対無理やろ」と思っていたので、全然驚きませんでした。むしろ延期しないで最初に発表した発売日に発売できたゲームってあるんだろうか…。

そんな折、昨日突然!paradeが新作の発表!現在はティザーサイトで、本サイトは2月公開を予定、ゲームのほうは2020年6月の予定だそうです。以前、雨宮PがツイッターでとうぶんBLゲーの予定はないみたいなことを言っていたので、新作が来るなんてまったく予想もしていませんでした。いやー嬉しいなあああ!!!

タイトルは「Lkyt 」だそうですが、なんて読むんだ……。 調べても出てこないぞ。

そしてティザーサイトトップ画像にいる一番手前の主人公っぽい子が総攻めのようです。
果たして時代ものなのか?和風の世界観な異世界なのか?期待が高まります。

現在の予定は東京24区が3月27日、ウルCが春ごろ、Lkyt が6月ごろ、そしてまっっっったく音沙汰のないスロウダメージが一応2020年発売ということになっていますので、来年はかなりBLゲーム豊作年になりそうです!
それにしてもスロダメ……冬コミでなんらかの発表があるという匂わせをしておりますが、去年の冬コミは発売年を決定したチラシだったしそれで1年もたせたのがすごい…!これで次の情報がやっぱり2021年になりました!だったらどうしよう…。いまのペースじゃ充分ありえる…。

まあできれば2020年の12月でもいいから出してほしい…。スロダメに関しては当初から小品のイメージというか、大作ではないよな…という気がしている。山椒は小粒でピリリと辛いというか…タイトで辛口め…王道作品の合間の珍味…と思うのですが、こういう作品こそインターバル空けずにサクッと出してほしかった…。まあ、作る側にもいろいろな事情があるのでしょうけれど。

ハッ…なんだか愚痴めいてしまった…。でもキラルも合間合間にいろいろ燃料入れてくれるからまだまだ待てる…。

そんなわけで2020年はいろいろ楽しみですわー!!

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

BLアニメ「過呼吸」を観た!

後藤羽矢子です。

以前ツイッターで推されているのを見かけてから、ずっと気になっていた韓国のBLアニメ「過呼吸」の日本語吹き替え版が出たというので、購入しました。

Img_0036
じつはこれまで韓流文化には全然触れずに来ていたのですが、初めての韓流がBLアニメ…。やはりBLはすべての文化の入り口になりうる…。

素晴らしい!!

前情報をほとんど入れずに観たのですが、元は1話3分ちょいぐらいのWebアニメを1本にまとめたものらしく、3分おきぐらいにいちいちスタッフクレジットが出るのがちょっと流れというか興を削ぐなあ…と思いました。そこは再編集してもよかったんでは…?

しかしそれを補って余りあるほどめちゃくちゃ素敵なアニメーションだった!

お話は高校時代に互いに秘めた想いを募らせていた二人が同窓会で再会し、想いを遂げるというシンプルなものですが、何がいいって、絵と色彩と光の使い方とディテールがいい。
同梱のフィルムコミックスの巻末にちょっとした設定資料集が入っているのですが、シーンごとにテーマカラーがあるとのことで、色彩でキャラの心情も表現してるのだと気づき唸りました。

構成は現在と高校時代の回想が入り代わり立ち代りといった感じで、冒頭はいきなり路地裏壁ドンキスで始まり、大人のムーディさと高校時代の眩しさの対比がいい。

主人公のミョンくん(受け)は高校時代、気胸を患っており体育もほぼ見学。攻めのソンホくんはいいガタイの文武両道の学級委員。

ある日咳が止まらなくなったミョンくんを保健室に連れていくソンホくん。保健室に先生はおらず、いよいよ咳がひどくなり過呼吸になってしまったミョンくんの口を大きな掌で覆うソンホくん。「過呼吸になったら息を止めてるとよくなるって」と。

この涙目で息を喘がせるミョンくんの表情がエロい。ソンホくんもそう感じたようで、口を押さえたことでミョンくんの唾液まみれになった左手をこっそり舐めたりします。フェチいな…。

それまでミョンくんのことをさして気にも留めてなかったソンホくんは、それ以来微妙に意識しだすようになり、ある雷雨の午後、逆光に映えるミョンくんの横顔の美しさに恋に落ちてしまうのでした。

ミョンくんは元よりソンホくんの着替え中マッスルに頬を赤らめたりするほど好意を持っていたわけで。

しかしお互い意識をしつつも、何もできないまま卒業してしまうのでした…。

で、現在の同窓会。ソンホくんの薬指に指輪があるのにショック受けたミョンくんは、外で煙草吸いつつやさぐれ。そこへソンホくんがやってきて…。

いきなりめちゃくちゃグイグイくるソンホさん(ここからさんづけ)!

「お前、俺のこと好きなんだろ?」
「気づいてたよ」
「酒飲みながらずっと俺のこと見てただろ?」
グイグイ迫りながら囁くソンホさん。
あー…大人になることで「そういうの」に気づくアンテナが立ったのですね…。そして行動を起こす勇気も。
ミョンくんは戸惑いながら、指輪のことが頭に引っかかっている。一度は拒もうとするものの「どうする?やめるか」と問われ、縋るようにキスを求めてしまう…。このキスの一連の動きが素晴らしかった。
そしてセックスに突入…!
このセックスシーン、けっこうがっつりやってる…。腰もバコバコ動かしててすごい。バックから挿入され「あああっ」と喘ぎながら背筋を反らせるミョンくんの動きがエロい。

全体的には止め絵も多いんですが、大事なところはすごく繊細な動きをしている。バックから挿入、ミョンくんの背を押しながら前倒しにし、ポジション整えるとことか細かすぎてオイオイ!と言いたくなりました。

そして甘い一夜を過ごしたあとの朝。ソンホさんが目覚めるとすでにいなくなっているミョンくん。

一夜の思い出で充分…みたいな諦念に浸っていると、ソンホさんのはずした指輪がミョンくんの薬指に!
返さなきゃと慌てて引き返すとマンションの前に立っているソンホさん。朝の光の中で抱き合うふたり…。

結局指輪はかっこつけのフェイクだったという、みんな最初からわかってたよね!的なオチでしたが、めでたしめでたし。

その後、同棲を始めたふたりの生活を描いた番外編も入っており、彼Tを身につけたミョンくんがシャツの匂いをスーはー嗅いでいたところに忘れ物をして戻ってきたソンホさん。ミョンくんが勃起しているのを目ざとく見つけ、そのまま朝エッチに突入という、BL好きからしたら馴染みの居酒屋で最初の一杯を呑むぐらいの五臓六腑染み染みエピソードですよ!!!
しかしこの部屋、すごいシャレオツなのに、ベッドの傍らにティッシュとローションが置いてあってリアル!!
そしてBLのお約束、スーツの上着は脱ぐものの、下はチャックからチンコ出しただけでやるやつ…。
これはいつ見てもズボンが汚れそうでヒヤヒヤするぜ…。
それはともかく、ミョンくんの手にソンホさんがちょっと指をそらしながら掌を重ね、そのままギュッと握りこむ動きがたまらない…。
やっぱりBLは手の動きが命ですよ…!

そんなわけで立て続けに3回観てしまった私です。

ところでソンホさんは何も言わずとも外見だけでエリートサラリーマンだな!!ってわかりますが、ミョンくんは何してる人なんだ?と思い設定資料を見てみたら囲碁のプロ棋士(九段)と書かれていて、あまりの意外性にブッッッッッフォォォとなりました。
ちなみに作中では囲碁のいの字も出てきません。
やっぱり子供の頃はヒカ碁とか好きだったのでしょうか。
きっとその可愛さから人気があるんだろうなとか、他の棋士から狙われてそうとか即座に色々受信してしまいました。

ところでフィルムコミックスですが。

なんか本編にないシーンがいくつもあるんですが。
なんなんだろうこれは……このフィルムコミックスのために描きおろしたのだろうか…。
でも正直言うとこっちを読んだほうが明らかにわかりやすい…。

そんなわけで大変眼福がキメられました。

あ!日本語版の吹き替えは、ミョンくんが佐和真中さんで、ソンホさんが柊三太さんでした。
佐和さんの演技は、えらく可愛らしい感じで逆に新鮮でした。

柊さんはもしかして初めての出会いかも…?でも男らしさとエロ味の混じったイケ声で脳内データベースに入力完了!

はあ…満足度が高い…。
フィルムコミックスとDVDがついて4400円はお買い得としか言いようがないので、興味ある人は是非買うべき!!

 

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

アヅマカレー食べた!

後藤羽矢子です。

ParadiseCFの返礼品のひとつであるアヅマのチキンカレーを食べました。

Img_2331

見た目は本当にアヅマが作る、チキンしか入ってないカレーに見えます。
実際は煮とけているだけで野菜は入っているらしく、箱にも「本品には野菜も使用されております。あしからずご了承ください」と注意書きも入っています。

とりあえず一口。

うんまあああああああああああいいいい!!!

いやなんかびっくりするほど美味かった!

スパイシーでちょっとフルーティで辛さはほどほどでまろやか。

あっという間に完食し、「うう…もっと食べたい…これと同じカレー欲しい…」となりました。
もちろんこのカレーがアヅマカレーとして開発されたものでないことは明らかです。
なのでベースとなるカレーが存在するはず…と思い、箱裏を見ると、製造者 株式会社キャニオンスパイスと書いてあります。

ぐぐってみたら美味しそうなカレーいっぱい出てきた~!!

そしてたぶん…アヅマカレーと同じなのは…これだ!!

値段もほどほどだしこれは買いだ!と思いました。
ただこれカロリーも高い…。バターチキンカレーだから…。
以前買ったクリアちゃんカレーの箱はいまだにとってあるのですが、クリアちゃんカレーは同じチキンカレーながら、もっとさっぱりした味でした。

比べてみると、クリアちゃんカレーは162kCal、アヅマカレーは344kCal、脂質にいたっては、クリアカレーが8.9gに対しアヅマカレーがほぼ3倍の23.2g!!まあこの脂質が美味さを醸しているんだろうな…。

そんなわけでアヅマカレー食べてみたい!と思う方はこのカレーを買うとアヅマカレー気分を味わえると思います!

拍手お返事。折りててんでます。

続きを読む "アヅマカレー食べた!"

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

Paradiseのリターンきた~!

後藤羽矢子です。

Paradiseのクラウドファンディングのリターンのセットが届きました!

まあ一番のリターンはFDなわけですが、こちらもなかなかの充実度!

Img_2309

私はEコースに支援していました。

Img_2310
この差し替えジャケの絵、めっちゃいい~!Paradiseはこういう全体絵がいい感じなんだよねえ。
淡い塗りも素敵だ!

Img_2311
あとこのアヅマのチキンカレーのジャケ絵のアヅマ!かっわえええええええ!!
カレーは明日にでも速攻で食べる予定です。
こういうのをとっておくという考えがまるでない私…。クリアちゃんのカレーもすぐ食べたしな…。

そしてアヅマのレシピブック…。
アヅマって、あのメンバーのなかでは料理をするほうってだけで、すごい料理上手なわけでもレパートリーが多いわけでもなく、しかも野菜嫌いだから作るものにも偏りがありそう…って感じなのでレシピブックも若干不安だったのですが、思ったより…まともでした。
といってものっけの、野菜をいっさい入れず肉だけで作るチキンカレーは真似はしたくない…。カレーは野菜の旨味あってこそやろ!

巻末に料理に対するタカラのレビューがついてるのですが「(前略)トマト缶でベースを作るとかさあ…。野菜も美味しいんだから入れればいいのに…」と書いてあって一語一句同意!と思いました。ていうかタカラ、カニバさんなわりに味覚はまともよね…。

あと料理ごとに他のキャラさんたちの一言コメントがついてるのですが、これが爆笑ものだった…。
特にミツギ!!
「手羽先や胸肉を見るといつも思う。鶏って筋肉すげえんだなって
鶏見ながらいつも思うことがそれなの??!!なんか可愛すぎない??

アヅマ以外の人たちもレシピを披露していましたが、個人的に一番食いたかったのは、マツダが釣った魚を自分で捌いた刺身定食です。
刺身が好きなだけ…。
あとホンゴウさんのふかふかまんじゅうはちょっと真似したいなと思った。

SS集やCDはこれからじっくり味わいます。楽しみ楽しみ。

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

冬いもグルメ会

後藤羽矢子です。

6日のボブゲオンリーの次の日、Mさんと、最近おつきあいさせていただいているれんりさんの三人で「冬いも作品の作中に出てくる食べ物を持ち寄る」という冬いもグルメ会を開催いたしました。

冬いもグルメ会って字面だけ見ると、焼き芋の会みたいだね。

その話をMさんに持ちかけられたとき「じゃあ私、サーモンパイ作って持っていきます」と即答した私。
サーモンパイは過去に何回か作ったことがあるからです。

ちなみにサーモンパイは糖衣の後日談同人誌のクリスマスの話に出てきます。

ちなみに私が作るサーモンパイは、鮭の缶詰とはんぺんと生クリームとスパイスをフープロでガーッと攪拌してふわふわのフィリングにしてパイに包んで焼くだけのシロモノなので失敗のしようもなく簡単なので、是非お試しください。

Img_2262

空気穴が小さかったのか、ちょっと上がひび割れてしまった…。えつっさんがクリスマスに作ってくれた設定なので星をあしらいました。

Mさんとれんりさんもすごく気合いを入れて用意してくださったので、テーブルがすごいことに!

Img_2272
これらの食べ物がどこに出てくるか全部わかった人は相当な冬いも通!

そしてもりもり飲み食いしつつ、BLゲームの話に花を咲かせる私たち。

れんりさんがPigeonBlood がきつすぎて途中で積んでしまったという話になったとき

「あー…あれは攻略というよりもはや除霊に近いから…。ふー…クズをひとり浄化した…よし次!みたいな感じで…」と私が言ったらどうもツボに入ったみたいで大ウケしたあとPigeonBlood またやりたくなりました!と言ってくれたのでよかったです。

その後、ウルCのCV予想などもしました。
神崎さんが出るのは知ってるけど、メインかなあサブかなあ…。いっそ受けでもいいんだけど。史郎とかだったらかなり萌えるかもと私が言ったら「神崎さんはオネエもできるからベルちゃんでもよさそう」と言われ「あっっっっ!!合ってる!」と秒で掌を返す私。
まあ勝手な予想ですので、違っても全然オッケーです!

その後、カラオケに河岸を移し、橋姫カラオケ会。

Img_2279

映像はもちろんありものですが、パステルウインターが雪の映像だったり遠雷が雨の映像だったり微妙に合っている…。歌詞からそぐった映像をマッチングしているのだろうか…。

そんなわけでBLゲーの話ばっかりしていた濃い2日間でした。

来月は明治村に聖地巡りに行く予定です!

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

Paradise極 ミツギルート感想ネタバレ(けっこう辛口)

後藤羽矢子です。

Paradise極の感想なんですが……正直書きづれえええええ~という気分でなかなか腰があがりませんでした。

現在はマツダルートを終わらせたところで、マツダルートはややマシでしたが、それでも………タルい。

そう……パ極は、タルい……展開が。
BLゲームなら体力の限界までやり続けてしまう私が、やってると眠くなってしまい、2時間以上続けられない。

島を出て、ミコシバさんが出てくるまでは、けっこう面白かったんですけど、そこから計画を進めていくのが、あまりにも地味すぎてタルい…。

ファントムの冒頭よりタルいものがあるかと思っていましたが、令和初のBLゲーで忍耐を試される私…。

Paradise本編は、黒幕が誰かもわからない四面楚歌の極限状態がハラハラしっぱなしで、クリックが止まらない状態だったんですけど。
そして、BL的にも釣り橋効果やストックホルム症候群などでホモらせやすい状況でもあって。
パ極も、明日をも知れぬ閉塞的な状況ではあるんですが、わりかし雰囲気は呑気で、計画を進めるという描写は延々とミーティングを繰り返しているという絵面で地味なことこの上ない。
ずーっと同じリズムの音楽聴いてるようで頭がボケてくる……。

肝心の作戦決行も、なんかふわ~っとしてカタルシスがないし…。とにかくスカッとしないんですよ!!!

とはいえ、本編ではすでにできあがってるふたりが、別の世界線でもう一度恋愛しなおす過程を見るのは悪くない……。
まあこのふたりの場合、やっぱりクソほどいい身体の相性のおかげなんですけど。

ちょっと話逸れるんですけど、昨日、天気の子観に行ったんですよ。
そこで主人公の男子と女子が好き合うようになるんだけど、そこに理由の描写は一切ない。
まさに出会ってしまったからとしか言えない。
誰かにそばにいて欲しいときにたまたまそばにいたから、としか。
でも恋愛なんてじつはそんなもののような気がする。
それでも恋が発動してしまったら、それはぐんぐんと育っていく。

氷点下の関係から、じわじわ温まっていくのはミツアヅの醍醐味で、そのあたりは何度繰り返しても良いものだ…。

絵のほうはといいますと。
思ったよりは絵柄の違和感はない…。アヅマの表情がちっと固いような気がするけど許容範囲です。

ただひとつ許容できないスチルがあって…。
それはミツギときガチエロシーンで、ミツギがアヅマを中腰でガン掘りしてるスチルなんですけど……。

ミツギの乳首の位置が……。
真ん中に来すぎっていうか……。
でも、すごい貧乳な娘のAVとかあんな感じになってたりしますね……。

(画像はやっぱり記事を見返してあかんなって思ったので削除しました)
というか攻めの乳首はあんなピンクかつ艶やかに塗らなくていいと思う!!
攻めの乳首は普通にささやかでいい…。

そんなわけで私にしてはかなり辛口のレビューになってしまいました。
ミツギは推しだから余計辛くなってしまいました。

次回はマツダです。

| | コメント (2)

2019年8月11日 (日)

Paradise極 始めました

後藤羽矢子です。

やっと始めたパ極。昨日ミツギルートを終わらせました。

冒頭はParadise本編の出来事をもう一度丁寧にやり直していて、受肉したオギノが居酒屋でアヅマにめっちゃ粉かけてるのにアヅマはまったく頓着してなく、そしてオギノの出番もそれっきりだったのに吹いた。

出航当日の港で、アヅマがタカラの荷物を持ってあげようとするまでは同じなものの、そこでうっかり荷物をぶちまけ、謎の包みを側溝に落としてしまう。これが本編と極の運命を分ける出来事だった……。

とはいえログハウスが火事になるへんまで本編と同じ流れで、この並行世界いつまで続くのかなあ…と思っていたのですが。キレやすいヒゲクマ男キドさんがいいとこ見せ始めたり、ウチムラが絞殺されたり、ウチムラの死にキドさんがむせび泣いて脇カプ感漂わせていたり、違うイベントがじょじょに起こり始め…。
この少しずつ本編との差異が出始めるところがワクワクして面白かった。

キドさんがいいヤツになる流れは特によい。いいヤツじゃん…と思うと立ち絵もよく見えてくるから不思議だ。人間やっぱり中身だなと思わざるを得ない。

ところで冒頭側溝に落としてしまった謎の包みは、タカラが島で食べる用の人肉弁当なわけで、それを失くしてしまったがゆえに禁断症状で具合が悪くなっていくタカラ。そしてとうとう発作を起こし、皆の前で金髪マッシュのこんがり死体にかぶりつき企みが露呈してしまう。
それにしても人肉弁当はどういう状態だったんだろう…。生なのか調理してあったのか……ていうかどこから人肉調達してるんだろう…。

それはともかく、タカラは皆に自分が黒幕であったことと、何故こんなことをしたかという理由も説明。そして計画は失敗したから中止ね!という感じで救援を呼ぶ。

しかしヘリでやってきたのは、タカラの兄ナンジョウと兵士十数人。タカラはもう担当はずされたからこれから俺が担当な!とせせら笑いアヅマたちを拉致しようとする。
ショタとインテリメガネな外見の兄弟が、ジャンプ漫画のバトルみたいな喧嘩をおっぱじめ、マツダたちもやすやすと捕まるかよと兵士たちと攻防。
そのなかでキドさんがアヅマを庇って撃たれてしまう……!!
えええええええええ!!!キドさあああああああああああああああああんんん!!!

かくてヘリを奪って脱出はできたものの、キドさんは死んでしまう……。
泣き濡れるアヅマ……これからのみんなの行く末は……?

と、まあ、ここまではとても面白かったんですけど。

そこから先が……特にミツギルートなんですけど、なんか微妙にタルいというか盛り上がりに欠ける……みたいな?
もしかしたら真相に一番近いタカラルートならもっと面白いのかな…?

そんなわけで進めていきたいと思います。

拍手お返事折りたたんでます。

続きを読む "Paradise極 始めました"

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

Cool-B9月号感想ネタバレ BゲームL大賞編

後藤羽矢子です。

Cool-Bゲットー。
今月はBLゲーム大賞の発表。

中間発表は予想どおりのbadegg無双で、これからそれほどの変動はないだろうなと汲んでおりましたが…。

主人公部門、まさかのアヅマが逆転1位!!!
しかも2位のGDジャンさんに倍近くの差をつけて!!!

いやー…びっくりした…。アヅマを見くびっていたわけではありませんが、ラキドファンの一枚岩を砕くのは困難だろうなと思っていたので…。

でもこういう変動があったほうが私としては面白い!!

ところで主人公部門、13位にブラチェの紫ちゃんがいて、意外な健闘ぶりにおお…となった。

そして前回からの3年の間に良作がいろいろ発売されていたおかげで、その他のランキングも入り乱れていて見ごたえがあった!
私自身、部門ごとにどれに投票しようかかなり悩みましたもん…。

キャラクター(攻め)部門は、安定のバクシー1位、2位が川瀬、3位ミツギと鉄板の順位。しかしそれ以降の順位が個人的に意外で新鮮…。
贄町、あすくが人気なのかー…。あすくも可愛いけど人気は笑男さんかなと思ってた。私は成臣担ですが、成臣は人気トップじゃないだろうなと思ってた。

こういうの見ると本当にしみじみ不思議ですが、キャラの魅力というか人気というのは、なかなか計算してできるものじゃないなと。
いやもちろん狙って、本当にウケを取れることも多いと思いますが。
これは勝手な推測ですがラキドの制作陣は、発売当初ジュリオが人気キャラになるとは思ってなかったんじゃないかなー。けっこう珍味キャラだし、少数のコア人気なタイプに本来ならなってただろうなとジュリジャン者の私ですら思いますもん。

それとびっくりしたのが、ビジュアル部門で2位の贄町のPの受賞コメントで。
「元々私が学生時代から厘の先生の漫画の大ファンで「贄の町」の原画としてお声がけさせていただいて…」とあって、えーーーっ!じゃあ本当に普通にオファーしたんだー!と。

以前、私と松本さんで「これは絵師さんは絶対制作陣の学生時代の友達か何かという繋がりがあって「今度BLゲー作るんだけど原画やらない?」「うんやるやるー!」みたいな話があったんだよ」と言い合ったりしていたのです。(メチャクチャ勝手な想像)
漫画家にBLゲームの原画を依頼するというのは、普通ちょっとないルートなんで…。エロゲ黎明期には漫画家が原画をやることもたまにありましたが、本来漫画を描くスキルと原画を描くスキルは似て非なるものと思うので。
しかも厘の先生、別にBL描きでもないのに…。
しかしこの無謀ともいえるPのチャレンジにより、贄町が爆誕し、あの素晴らしいビジュアルが体現できたと思えば、本当にやってみるものだと思いますね。そうさ!100%勇気!!

ところで中間発表のときに、くろさわさんがブログで「玉森がランクインしてたら、1位から10位までのキャラを描く」と仰っていましたが、無事玉森くんが4位に入っていたので。描いてもらうこと決定!!

京一郎とアキラ描いてもらえるなー…。できればコノエ描いてもらいたかったけど惜しくも15位…。

今回はキラルが農閑期だったせいで、キラル作品がちょっと弱かったですが、次回の大賞までにはスロダメ発売して頑張ってほしいです!

そして何度も言いますが、次回にはエロ部門、ギャグ部門、トラウマ部門など、珍味作品をフォローできる部門も作ってほしいです。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

Paradise極発売!…だけど

後藤羽矢子です。

今日はParadise極の発売日!仕事がたてこんですぐにはできないけど、来るの楽しみだな~!
と…思ってたらなかなか来ない。

あれ……私予約してあるよな…?と思ってアニメイトに確認しにいったらしてなかった……。
念のためステラとかおおまかな特典のあるとこチェックしてみたけど、してなかった…。

そういえばしようと思ったけど、まだ特典できってないな…と思ってもうちょっと様子みようと思ってしなかったんだ…。

んなあああ!とりあえずアニメイトで注文しました…。

最近はちょっと間があくと何を予約して何を予約してないか忘れますね…。
自分はミツアヅなのですが、Paradise無印はマツダ特典を選んでたのです。
で、今回アニメイトのほうで無印のミツアヅ特典SSが復刻するそうなので楽しみです。
しかしそのSSのタイトル汚部屋」って……ど直球すぎる……。
BLゲーの特典SSのタイトルじゃねーぞ!
でもそれがピルスラのいいところ……。

現在お盆進行真っ最中で、まだコミケの原稿が無の状態です。すべてを終わらせてゆっくり酒呑みながらプレイしたい…。
果たして飲み食いしながらやってもいい内容なのかはまだわかりませんが…。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

原画

後藤羽矢子です。

ツイッターで何やら不穏な呟きを垣間見て、なんぞ?と思って調べたらParadise極のスタッフからことみようじさんのクレジットがはずされ、原画ピルスラ、原画協力に数人の名が挙がっていると状態になってるんですね。

あー…と思いつつ、エロゲ業界にはよくあること…とも思ってしまうスレた私。

俺の下でAGAKEも原画はチームスズケンになってて、スズケンさんじゃないなとほんのりわかるような状態だったし、咎狗TBもいちおう原画のクレジットはたたなさんでしたが、たたなさんはたぶんラフまでで線のクリンナップは違う人だろうなーとわかったし。

メビウスラインもFDから絵師さんが交代になったし、きんとうかは発売前に絵師さんが変更になったり、いろいろありますよね…。

公にしてないだけで、違う人が数人でスチルを分業してることは正直かなりよくある…。
なので私としては、上手くやってくれれば見て見ぬふりはできる…といった感じかなあ…。

きんとうかみたいに分業してる人の画力があからさまに違いすぎるのは、ちょっといただけませんが。

ハッ!微妙なきんとうかサゲになってしまいましたが、きんとうかは素晴らしい作品なので、未プレイの人は是非やって欲しい!

とにかく上手くやってくれればいい…。川瀬じゃないけど「俺にも見抜けないヤツを頼むよ」ですよ!

なんだかんだでParadise極は予約もしてあるし、どこまで上手くやってくれるかを見届けたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧