2016年5月16日 (月)

コミカライズ

後藤羽矢子です。

凍京NECROのコミカライズが始まりましたね。
叶精作先生の作画で…。

正直、この報を最初に聞いたとき、沙耶の唄アメコミ化と同じくらいびっくりしました。
いったいどういう流れでこうなったのか、推測のしようもありません。

そして読んでみたら、意外なほどちゃんとゲーム本編の筋に沿った、まっとうなコミカライズでした。ニトロ公式が「叶精作氏にしか描くことのできない凍京NECROをお楽しみください」と謳ってたので、もう原作置いてきぼりの暴走した「なんでエレクチオンしないの~~ッ」みたいなノリになるかと思ってたんですが。

そしてふっ…と「キラルのコミカライズどうなってんや?」と思い出しました。

雑誌連載のほうがどれもあまりに不定期なので、もうコミックス待ちでいいや…。コミックスでるときにはキラルがアナウンスするでしょ…と思い、そういう体勢でいたのですが、あまりに音沙汰がないのですっかり忘れていました…。

というかキラルのコミカライズ、どれもひとつとして完結してないのがすごい…。
いや咎狗は山本佳奈さんバージョンと森田柚花さんバージョンが完結してるけど…。

とはいえ茶屋町さんバージョンはかなり盛り上がってまいりました!みたいなところで続くになってたので、やはり続きは所望したいところ…。
コミックスが出たらどれも何をさておき買いますので、続きをよろしくお願いします…。

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

各所エイプリル!!

後藤羽矢子です。

いや~今年のエイプリルもすごかった!

もしかしてキラルのエイプリルないかもとか言ってすんませんしたー!!土下座します!!
床に額こすりつけます!!

来羅流本舗!!今年はこう来たか~!!
トップページだけですでに爆笑!アキラだけ写楽なんだ…。

商品紹介の文章もいっちいちおかしい!
咎狗の「盆地のくぼみにある廃村で、肝っ玉をかけて勝負を挑む若党と、それをはやし立てる若党のよもやま話」ってムチャクチャ身も蓋もないあらすじ…。トシマって盆地なのか…。

Lamentoの「お化けに取り憑かれた猫が東海道をひた走る」ってめっちゃ可愛いじゃん!国芳と山東京伝の「おこまの大冒険」思い出す…。

スイプーの「惚れた、腫れたはおよびでない」は「愛でもなく恋でもない」をいい感じに変換してるなと思ったらその後の「池で溺れりゃ苦しいなぁ」にゴフッてなった。そんなこと書かれるとジャケ絵が池で溺れて岸に這い上がってきた人に見えるじゃん!!

そしてドラマダのあらすじが「痛快な剣劇物」と言ってるけどこれはどう見ても「滑稽物」じゃないですか…!

ひとしきり笑ったあとおもむろに春画パズルに挑む私…。
このスライドパズルが私はパズルのなかで一番苦手で、やってても楽しくないんでほとんどクリアできたこともない。
しかしまあクリア後にちょっとエッチな壁紙がもらえるとあっちゃやらないわけにはいかない。
そしたらすごい!あっという間にクリアできた!!
これ最初に変な動かし方しなければわりとヌルい…。苦戦してる方がいらしたら、リロードしてみてください。すごいヌルい配置のパターンになるときがあります。

でも1面の蓉司が何気に一番難しかった…。
春画パズルなわけですから、絵面はキラルの主人公の皆さんが春画になってるわけで。
スイプーはさすがにオンリーワンカップルなだけに、お相手があからさまに哲雄とわかって、こんな浮世絵タッチなのに、普通に萌えてしまった。

それと画面の隅にある書きいれの文字…。
ほとんど読めないもののアキラのとこだけアキラァァァァァってのがわかって吹いた。
あのタコケイスケなん…?
ていうかアキラ♂ボ~イズの時もタコに絡まれてたし、もうそういう枠なの…?

ちなみに全部の絵に元ネタはあって
蓉司は勝川春章の「会本徘開よぶこどり」第九図
コノエは鳥居清長の「色道十二番」
アキラは有名すぎる葛飾北斎の「喜能会之故萬通」
ナイトウくんは歌麿の「歌満くら」あ…歌繋がりでナイトウくんなのか。

蒼葉がわかんなかった…知ってる方がいましたら教えてください…。

そしてホクホクと壁紙ゲット。
なにこれ…4P…?しかもれんれんおもいる…。
蓮きゅんに何されるの…?バター犬でもやらせるの??
そんな不埒な想像が働いてしまう…。
しかしキラル主人公ズ、カフェやファンクラブやらで集合絵よく描かれますけど、こんな妖しい集合絵もない…。といってもこの四人らでやるというより、旦那衆引き込んでの乱交が始まりそう。エロいな…。こんな浮世絵なのに妄想が捗るよ…。

そしてニトロのほうがまたすごかった…!!
凍京NECROとがっこうぐらし!のコラボ!凍京ぐらし!!
がっこうぐらしのアニメは全話観てたし、原作も全巻買った私にはまったくもって死角なし!
OPムービーはもう笑い死ぬかと思った…。
途中ミルグラムが鉾康さんをリビングデッドにしてる図がほのぼの日常のように流れてきてブッハ!てなった。
小野さんの歌唱も超絶すごいし、「元気でーす!」ってところにわざわざ室元気さん連れてきて「室元気でーす!」って言わせるネタの仕込みっぷりとかもうリピートが停まらない!!

ラブデリ…というかホリワのほうは去年と同じスタイル…。ええ!あれからもう一年経ったの?!とちょっと愕然とします。
そして今回は藍丸も参入!!!
わあああ~!藍丸久しぶり~!!ちゃんと上河さん連れてきたってことは、もう今年も去年と同じ嘘が本当ってやつになるんでしょう?
東京メビウス艶妖奇譚が始まっちゃうんでしょう?!

それにしても久しぶりの藍丸に興奮してしまった…。しかし京一郎と天現寺橋センセイが去年よりノリがヒートアップしてて若干ついていけない感じで可愛い…。
京一郎は素というより「場を盛り上げなくては!」という生真面目さんからテンアゲになってるって感じですが。
紅天をやってない皆さん!藍丸はあんな気風のいいお兄さんな風情で喘ぐとすごいんですよ…!
彼には「江戸っ子喘ぎ」という彼だけの持ち芸がありますから!

なんかいろいろ楽しみだなあ~!!

そんなわけで残り少ない時間でもう一度あちこち廻ってきます!!

| | コメント (0)

2016年2月26日 (金)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

明日というかもう今日ですが、キラルライブですね…。

私は心を無にしてフラットな心持ちで仕事に努めようと思ってたのですが、ツイッタで石井氏が12曲も歌うとか呟いてたのを見たら、またぐぎぎぎぎぎき…という気持ちに。

あ、いえ…羽矢子は大丈夫です…。
4日にはゴートのライブ行くしな…。
ツイッタやっててライブに行かれる方は、ライブの感想など呟いてください。サーチして見ますんで。新作の情報もあればいいなあー。

ところで凍京NECROの感想やなんかが読みたいなーと思い、めっちゃ久しぶりに2ちゃんの専スレに行ってみました。
私は穏やかなように見えてじつは大変心が狭いので、キラル間係のスレなどで好き作品のことを悪し様に言われてたりすると、カッと頭に血が昇ってしばらく怒りがおさまらなかったりするので、最近は心の平穏のために2ちゃんには近寄らないようにしていました。

でもまあ凍京NECROぐらいの心の距離感なら多少は大丈夫だろ。と思って行ってみたら、

(追記)いまさら遅いかもしれませんがやはりネタバレ隠します(反転)

ホモの話しかしていなかった…!!
男性ユーザーの関心をかっさらっていったホモの人すごいな…。
ニコ生でもけっこうホモホモコメント入れてた人いたし…。
まあ私もあれはすごい度肝を抜かれたけど…。

 

と何気にネタバレいれてますが、もう発売から二週間経ったのです隠しません。
さすがに誰がホモかということは伏せますが…。

 

そんなわけで凍京NECROにはホモがいるので、興味を持った人はやってください!!

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

凍京NECRO感想ネタバレ(本気)

後藤羽矢子です。

凍京NECROコンプしました!!
すごいよかった!!!下倉バイオさんの作品のなかではスマガを越えて1位に躍り出たし、ニトロ作品のなかでもベスト3にはいる作品だったと思います!

そしてギミックはやっぱりあった!
とにかくもう、絡み合った伏線とハンパない構成力のシナリオと、練りに練りこまれた世界観と、こだわりにこだわり抜いた演出と作品のすみずみに張りめぐらされたギミックとで、圧倒的力量をユーザーは見せつけられたって感じです。

やっぱりゲームは最後までやらないとわからないな…と思いました。
本当にニトロ15周年記念にふさわしい大作だった…。

以下おりたたみー。

続きを読む "凍京NECRO感想ネタバレ(本気)"

| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

凍京NECRO感想(追記)

後藤羽矢子です。

つい数時間前に凍京NECRO感想その1をあげたのですが、読み返すとあまりにあらすじをざっくり説明しすぎてて、これじゃすごい大雑把な話のように思われてしまう!と思って追記にきました。

私がどうでもいいところにばかりツッコミいれてて、ストーリーに対して若干歯切れが悪い書き方をしてるのは、この物語にギミックの存在を感じたからです。

以下おりたたみー。

続きを読む "凍京NECRO感想(追記)"

| | コメント (0)

凍京NECRO 感想ネタバレ その1

後藤羽矢子です。

いまやってる仕事が終るまで凍京NECRO始められないわ~とか言ってたのに、結局始めてしまいました…。とりあえず現在2つENDを見たところ。

一番最初のルートは、クリアまでに軽く15時間以上はかかってます。それ以降はスキップ使って短縮できますが、それでも10時間ぐらいかかる感じ。怒涛のボリューム。

とにかく滅茶苦茶にバイオレンスで、エグくてグロくていっときも退屈しない!

そしてニトロ(とキラル)お得意の、シャレオツすぎて使い勝手の悪いシステム~!!!
最初私はどこをどうすればセーブできんだよ!!と戸惑うほどでした。
起動にも時間かかるし…。まあゲームが始まってしまえば、その後は快適なんですが。

いつもならば攻略キャラごとにねちねち感想書くところですが、話が長大でいろいろと把握しきれないので、感じたままのことをざくざく断片的に書き連ねるスタイルでいきます。
ネタバレはバリッバリしますので、未プレイの人はご注意を。

以下おりたたみー。

続きを読む "凍京NECRO 感想ネタバレ その1"

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

OPの進化激しすぎ

後藤羽矢子です。

凍京NECROのOPムービーがアップされ、メビウスFDのOPもアップされて、しみじみと最近のOPムービーの進化に感嘆することしきり。

ラブデリに関しては、とにかく紅天の「素材とビデオスタジオがあれば私でも作れそうなムービー」からの進化にむせび泣きます。
とはいえ紅天の頃にはまだギリギリあれぐらいのムービーでも許される時代ではあった…。

あの時代でも、ムービーに関してはニトロとキラルがぶっちぎってただけで…。

そしてもう停滞することは許されない時代の趨勢のなかで凍京NECROのOPときたら、3Dを盛り盛りに入れて大作アニメ映画のようなノリ。OPだけ観てこれをエロゲと思う人は少ないだろう…。
正直、PVの時点ではちょーっとキャラの3Dがきつすぎて「ん~~…」と思うところもないわけじゃなかったのですが、OPではそのへんは自然になっていて、さすがでんな!という感じです。

OPではラキドの、2Dアニメーション取り入れてるのも好きだったなあ。
アニメーションを部分的に入れてるOPって私が持ってるエロゲのなかでは、ラキドと村正ぐらいしかないなあ…。デモンベインでも取り入れてますけど。
なんだかんだで2Dアニメーションはコストが高いんでしょうなあ。

OPムービーが全編アニメーションなので有名なのは、minoriというブランドで、特に「はるのあしおと」と「ef - the latter tale」が震えがくるほどの完成度。しかも監督が新海誠っていうんだから恐れ入る…。
ちなみに最近の作品ではさすがに新海誠監督ではなく、OPムービーはわりと普通…でした。すいません!!!

とはいえ。

どのジャンルでも必ずMADが通過儀礼のように作られる、Nursery Rhyme のOPのような基本中の基本みたいなのも好きだったりする。
でもよく考えたらいま現在のOPだって、世界観を含んだ背景をバックにしたタイトル、主人公から順に攻略キャラ紹介コーナー、内容紹介を含んだスチルお披露目、キャスト、スタッフのクレジット──というお約束にのっとって作られてるんですよねー。当たり前なんですけど。

今後、エロゲBLゲーのOPはどう進化していくのか。ユーザーの目が肥えてしまってる昨今、作り手側は大変だなーと思いますが、期待もしてしまっているわがままな我々なのです。

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "OPの進化激しすぎ"

| | コメント (2)

2015年4月 1日 (水)

キラルエイプリルフール!

後藤羽矢子です。

今年もやってきましたエイプリルフール!
去年は♂ボ~イズダウンロードできない地獄で、やきもきしっぱなしでしたが、今年は鯖が重くなることもなく、えらく快適でした。

今年はなんと秘宝館ネタ!
熱海秘宝館のサイトをかなり忠実にパロった作りになっています。

熱海秘宝館に4回行ったことのある私としては、かなりシンパシーを感じるネタ!

トップに置いてある星来秘宝館テーマソングも、いい塩梅のゆるさ。やっぱりこれもでしゅんが作ったんでしょうか。

館内案内が、本当に熱海秘宝館のノリまんまの、ど直球下ネタで普段のキラルの対極を行くしょうもなさがツボにはいりまくりました。
特に「迷いの森の珍歩」は深夜テンションだったせいもありますが、リアルで爆笑してしまいました。

お土産コーナーのグッズはトートならちょっと欲しいなーと思わせる可愛さ。秘宝まんじゅうは、実際秘宝館でも似たようなものが売っていて、ぶっちゃけチンポの形をしたカステラ焼きなんですが、蒼葉ちゃんやコノエたんや蓉司やアキラのチンポの形だと銘打てば、いくらだって買えるなと私もだんだん麻痺していく脳でそんなことを考えたりしていました。

そして今回の目玉、脱衣ブロック崩し!!!
90年代のLAZYCLUBみたいな絵のキラルキャラのあられもないお姿をブロックを崩して拝見するゲームですが、最初は蒼葉ちゃん。
大開脚の股間あたりのブロックを崩すと、すぐにおパンツが見えて「なんだ履いてるのか…」と思い、すぐ傍らのローターは、パンツの中からコードが出ている絵面になるのかと思ってたら、挿入していねえ!!!!

ブロック崩していない状態が一番エロいという仕様になっています!見事に躍らせれている私たち…。
ゲームとしては、マイボールはアホほど用意されているし、コンティニューもできるので、よっぽど反射神経がアレな人でない限りクリアできないということはないと思います。
ただマウス操作は、マウスポインタがうっかり画面から出てしまうと利かなくなるので、そこにちょっと注意が必要です。キーボードの左右キーで操作させて欲しかった…。

蒼葉ちゃんをクリアすると蓉司。蓉司の表情エロい!ちゃんと胸に傷がある!そしてこの絵は地味に各キャラのおパンツ事情を曝け出していますが、コノエたんだけ履いていなかった!肝心の部分をしっぽで隠していた!
ていうことは、やっぱりコノエたんはノーパンなんだろうか…。でも本編中のテキストではいちおう下穿きなるものは出てきてるんだよな…。いまだ謎のベールに包まれるコノエたんのパンツです…。

ラス面はアキラ!ビリビリに破かれたシャツ!バンツ!手錠!と被虐感マシマシです。
アキラの面はさすがにちょっとだけ難しかった。球のスピードがあがるのが少しだけ早い。
でもまあなんてことはないです。
特定のブロックを崩すと「あんっ」みたいな声が聴こえてきて、これは…音声合成?
そして全キャラおなじ…。これはもちろん昔ゲーのチープさの演出だけど、できればゲーム内の喘ぎ声から抽出して欲しかったなー。

他にも年間パスポートが異様に高かったりとか、それをシキさんがちゃっかり入手しているとことか、すみずみまでネタが効いてて大変楽しかった。

あとやっぱり熱海秘宝館に行ってあると、よりいっそう面白い気がします。
近県の人は是非一度行ってみてください。
ただ、しょうもないといえば、本当にしょうもなく、杉浦日向子さんの「呑々草子」というエッセイのなかで熱海秘宝館に行ってしらけきっているさまが書かれているのですが、くだらないギャグと下ネタが好きでないとハマれないところはあります。

私はしょうもないギャグと下ネタが好きなので、見事にハマってしまったわけですが…。

そんなわけで大笑いさせていただきました!
他のサイトもどこも粒ぞろいのネタだった…。それについてはまた夜に更新します!

| | コメント (3)

2015年1月31日 (土)

逆流

後藤羽矢子です。

いよいよ明日はリーディングライブ…。そもそもリーディングライブがどんなイベントなのかもよくわかってない私…。頑張ってガン見していろいろ記憶に焼きつけていこうと思います。

ところであいかわらず刀剣乱舞をやっているわけですが。
声優メンツのなかに、ノイズ弟テオくんの中の人、斉藤壮馬さんがいることに、つい最近気がつきました…。私がいま一軍メンツの隊長にしている鶴丸国永さんは、かなり男っぽい演技でテオくんとはだいぶ違うからまだいいとして、

Katana38

鯰尾籐四郎くんはかなりテオくんぽい演技だったのに全然気がつかなかった私…。
そもそもそれ以前に声優名表記されてんだから気づけよって話なんですけど…。

それはともかく、刀剣乱舞でかなり私の中の若手声優情報を更新できました。

私はあまりアニメを観ないので(ワンシーズンに2本くらいしか追えない)声優には微妙に疎く、ここ数年、声優さんの認識はほぼBLゲーでという状態です。

新しいBLゲーのキャストが発表になる→知らない名前をチェックする→裏名を検索→
表名を割り出し表名を検索→ウィキなどで仕事情報をチェック

こういう逆流にも近い経路で、新しい声優さんを認識していくわけです。

BLゲーがなかったら私の脳内の声優フォルダは緑川光で止まっていたかもしれません…。

そんなわけで、いま刀剣乱舞に出てる人たちも先々BLゲーに出ないかなーと思いつつチェックする私でした。

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

刀剣乱舞 その後

後藤羽矢子です。

刀剣乱舞は粛々と続けております。

しかし松本さんのほうは、出撃し、陣形を選ぶと固まるというエラーが頻出し、
刀が折れる前に心が折れたわ」と言って若干足抜け気味。
これが松本さんのパソコン側のせいなのか、ゲームのせいなのかはハッキリしてないのですが、お仲間がいないと寂しいので、なんとかなって欲しいものです。

ところで、にっかり青江さんと石切丸さんを一緒の隊に入れてたら会話イベントが発生しました。

Katana21

な、なんか意外な組み合わせ!!

そして石切丸さんの妙に軽いノリ…。
こっち(審神者)には神妙なことばっかり言ってるのに、お仲間相手には、ふわっとしたことも言ってるのね…。とちょっとほっこりした私でした。

しかしいまだに、自分のなかで推し刀が決められずにいる…。
いまのところ石切丸、獅子王、蛍丸がトップ3って感じですが、たんに強いから好き…なような気がしないでもない。
弱くても…好き…ってなったらたぶん本物なんだと思います。

蛍丸くんは中の人がジュリオと同じなので、最初からかなり贔屓目…。
「へい」と気の抜けた掛け声とともに、敵を3体ズバァッと倒すとことか頼もしさと可愛さでクラッとくる…。

大太刀はまだ石切丸さんと蛍丸のふたりしかいないので愛着もひとしおです。

しかし太刀のほうはかなりダブってきた…!
とうらぶは艦これよりレシピにハズレがないっていうか、太刀レシピならかなりの確率で太刀がきます。目当ての太刀がこない~ってことはありますが。

そんなわけでだいぶ図鑑も埋まってきましたし、刀鍛はほどほどにしてレベリングを優先したいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧