2018年5月14日 (月)

BLゲーキャラのオシャレ意識 ドラマダ編

後藤羽矢子です。

延び延びになってましたが、ドラマダ編です。

キラル主人公ズのなかでは、蒼葉ちゃんが一番オシャレ意識高いのは間違いないでしょう。

お気に入りの服のブランドがある、というだけでも「す…すげえー」となるほどです。

他の方々もみなオシャレに対しての自負というか、自分にとってのオンリーワンオシャレというものを確立しています。

ただそれがあまりにも、バリコレ並みにぶっちぎってるせいか、ドラマダ界から一歩出ると激しく浮くというか…。
キラルライブのイベントシーンで、スイプーの世界で蓉司と紅雀がバッティングしたときなんて、蓉司、紅雀を見るなり逃げ出してましたからね…。
確かにあの姿だけ見たら、善弥よりヤバいって思っちゃいますよ。
主人公ズが一堂に会するシーンでも、アキラと蓉司が寒色系、コノエたんがアースカラー、蒼葉がパステル系で、蒼葉ちゃんだけ浮きあがってましたからね……。

ドラマダは蒼葉ちゃん以外も、竜峰の首まわりに大ドクロ、腰まわりに中ドクロ、手首に小ドクロといった、執拗なまでのドクロへのこだわりとか、ミンクさんの、どう考えても肩こりに悩まされそうなでかい錠前とか、ツッコもうと思えばいくらでもツッコめるオシャレワールドではあるんですが。

でもね。オシャレってのは攻めてなければオシャレじゃないと思うんですよ。
中庸な安全地帯でオシャレにツッコみをいれるなんて誰でもできる。

攻めて攻めて「これがオシャレなんだよ!」って周りをねじ伏せてこそ、オシャレなんだと思う。
石井氏が先日のライブで着てた、乳首丸出しの黒のタートルネックだって、私の目にはめっちゃオシャレに見えるし!

以前キラルが「OMEKASI」というキラルキャラがオシャレしてキメキメにしているイラスト集を出していましたが(ていうかまだニトストで売ってた
あれが出た当時、私たちは「おめかしなのか罰ゲームなのか」などと揶揄した記事を描いてしまいましたが、やっぱりオシャレっていうのはあれぐらい攻めていたほうがいい…。

といいつつ、ドラマダのファッションで一番「か…かっこいい~~!」と思ったのは、全員がスーツでキメてるバレンタインイラストでした。
やっぱりスーツはいいよね…。スーツは…。

あ。あとお花見イラストで、何故か皆さんが攻め攻めの衣装から一転、すさまじく普段着でそれも逆に新鮮でした。
なんか芸能人のプライベートを覗きみるような感じで…。

結局なんでもいいんかい!って話になってしまいますが…。まあなんでもいいんですよね。
キラルの方々なら、どんな服を着てても、たぶん私はかっこいいと思える!

拍手お返事。おりたたんでいます。

続きを読む "BLゲーキャラのオシャレ意識 ドラマダ編"

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

BLゲーキャラのオシャレ意識 sweet pool編

後藤羽矢子です

こんなに回を重ねて書くような記事か?って感じですが、スイプー編です。

スイプーの方々は現代の若者らしく、皆さんオシャレに興味はあるって感じです。
しかしそのオシャレ観が若干トガリすぎてるというか…。
正直、最初に蓉司の私服を見たときは「?!」となりましたし、睦の私服を見たときも「?!」となりました…。
スイプーの世界では当時アシンメトリーが流行っていたんですね。

しかし思うんですけど、二次元絵に柄物の服って相性悪いんじゃないかなー。
時々アニメの版権絵で、キャラの皆さんがえらいことになってる絵があったりしますが、ああいうときは大抵柄物の服な気がする。
もちろん柄物のすべてが悪いわけじゃありませんが、取り扱いに注意がいる素材なことには間違いありません。
善弥のドット柄のシャツはよかったしね…。
そして善弥の私服はけっこう好きだ…。

哲雄の私服は数年後のスチルしかありませんが、タグが思いっきり見えてるのは、そういうデザインなんだろうか…。いやもちろんそうなんだろうけど!

数年前に、担当さんがそういうタグが見えてるTシャツを着ていて、おそるおそる聞いてみたら「こういうデザインなんですよー」と言っていたのですが、編集部内でもメチャクチャツッコまれてると言ってて、それはもう裏表逆と変わらないんでは?と思いました。

A27cdptciaalllz

以前ツイッターにあげた画像。掲載了承済み。

しかし哲雄さんも、黒くシンプルな服なのに、ひと主張入れてくるとはさすがです。
スイプーの方々はやはりオシャレ意識高いぜ…。

なんかツッコミ過多な記事になってしまってすいません…。服をツッコまれるのは現代ものの宿命ってことで…あと「蓉司の私服、変じゃねーし!」という方がいましたらすいません…。

次回はドラマダ編です。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

BLゲーキャラのオシャレ意識 Lamento編

後藤羽矢子です。

何故か脈絡もなく始まったBLゲーキャラのオシャレ意識語り。今回はLamento編です。

Lamentoはオシャレ意識高い人多い!
やっぱりファンタジーはビジュアルが命ですからね!

私も最初はコノエたんのブーツを見て「森のなかを旅するのにあのハイヒール…!」とけっこうギョッとしたんですが、彼らは身体能力の高い猫だし、あれで走り回ることなど造作もないのでしょう。むしろあのヒールは武器にもなりそうだし、固い木の実を砕くのにいいのかもしれない。

まあコノエたんは一見オシャレに見えるけど、本人的にはそのつもりはない系。

ライさんは完全に身を飾ることを意識していると思う。
あのブーツ!あのベルト!実用性だけとは言わせない洒落っ気がムンムンしている…。
END後はコノエたんの服もコーデしてあげてると思うし…。

バルドもめっちゃオシャレだと思う。
花柄をあしらった上着と生肌のチラ見せなんてパリコレかよって感じだし。
作中ではオヤジ扱いだったけど、たぶん人間年齢でいえば40前だろうし、雄としては一番脂ののってる時期ですよ。そのギラッとした色気と花モチーフの調和が絶妙。

アサトはオシャレという概念すら持ってなさそう。
しかしあの村全体、閉鎖された空間なわりにみんな妙にオシャレなんだよな…。
カガリの服とか…近未来感すら漂ってるし…。
閉鎖されてるがゆえのガラパゴス的なファッション感覚が発達したのでしょうか。

ウルとキルは一分の隙もないオシャレさん。
双子コーデしつつ、カラーリングやシルエットに対称性持たせてるところとか、自分たちが見られることを意識してなきゃできませんよ。

リークスのオシャレ意識は完全にシキさんと同系統。あの仮面といい、ひきこもりという経歴といい、中二意識を具現化したタイプのオシャレです。最高です。

悪魔らは…まあ悪魔だしな…ってことで割愛(すいません)

しかし改めてLamentoの立ち絵を見返してて、そのキャラデザのセンスのよさに惚れ惚れとしてしまった…。
やっぱりたたなさんすげえわ…としみじみと感じ入りました。

次回はスイプー編です。

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

こつこつリズムカーニバルをやっていますが、Sweetですらまだノーミスでクリアできない曲があって、どんだけ下手なんだよ…って感じです。

とりあえずツイッターで「リズムカーニバル」で検索すると、豪の方々のツイートが出てくるのですが、ノーツ…?シーケンス…?裏拍…?なんか聞きなれない言葉が色々出てきて、自分の初心者ぶりを思い知ります。

こんなどのつく初心者でも、とりあえずSweetならクリアできるのが本当にありがたいです。

ビターのほうまで行けるとはとても思えないので諦めてますが、せめてレギュラーだけでもできるようになりたい…。

ゲームってやってると、しんどいけどまだ昇っていけると感じられる部分と、もうここから先は行けないと絶対的な壁を感じる時があります。
GRINDのレギュラーはまだ頑張れば行けそうと思うのですが、Only finally there is the free endのレギュラーには早々に壁を感じてやばい…。

まあ時間はたっぷりありますので、人間の可能性を信じて頑張りたいと思います。

ところで昨日、松本さんちに強襲をかけ橋姫と副読本を押しつけてまいりました。
Mさんが松本さんにプレッシャーをかけるために贈与し、あまつさえ「是非プレイしてください~」とメッセージ入りの葉書まで添えてたので、これは一刻も早く渡すしかない!と思いまして。
松本さんはかなり面食らって「こんな激しい布教されるのも久しぶりだからなんだか新鮮だわ」と言いつつ、インストールまではしてくれました。
あーねー…10代や20代の始めの頃は、なにかにハマったらなりふり構わない布教とかしてたよねー。私もハマったアニメのプレゼンイラストとか描いたりしたもんです。

「いまは仕事が詰まってるからそれが終わったら…」と言っていましたが、こんな私らの激しいゴリ押しを前に積む勇気はないだろう…。

ところで、9月のキラルライブですが、落選しました…。
Mさんに至ってはコミケ前のバタバタで、申し込みを忘れていたとのこと…。
一般販売があるかどうかはわかりませんが、あったら今度は念を込めて申し込みたいです…。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

リズムカーニバル買いました

後藤羽矢子です。

昨日はMさんとノリというか勢いで、コミケに一般参加してきました。

じつは一般参加は生まれて初めてで、慄いていたのですが、12時過ぎに会場に行ったら拍子抜けするほどあっさり入れました。

ミッションをいろいろ果たし「あんまり列が凶悪じゃなかったら、キラルのブース行ってみますか」ということに。
刀剣のブツを売るようになってから、列が恐ろしくてキラルのブースに行くのをためらっていた私ですが、今回はでじたろうが客捌き頑張る!的なことを言っていただけあり、列は長くとも進みが早く、キラルセットをゲットできました!

ちなみに、リズムカーニバルは体験版を入れたままだと、インストールできなくなるので(たぶん)、体験版をアンインストールしてからインストールしよう!

そして始めて…もうクリアしてしまった…。

といってもSweetモードでやったからですけど!クリアするだけならかなりのヌルゲーマーでも大丈夫です!私もこれから上のレベルにチャレンジしていきます!

しかし…私は緊張するとあちこち痒くなるタチなのですが、プレイ始めると鼻とか頭とか痒くなって(搔けないと思うからよけい痒くなるんだろうけど)痒みに耐えながらプレイするのがつらい…。こんなの私だけでしょうか。

全体的には最高なんだけど、気になったのは、失敗して「あーもうヤメ!」ってなったときにすぐ止めることができないのと、カーソルを見失いやすいことかなー。

まあちょっとほったらかしてればすぐにゲームオーバーになるからいいっちゃいいんだけど、なんか「中断」と「ゲームオーバー」では気分が違うっていうか…。些細なことなんですが。

ともかくちょっと気分転換に1プレイみたいにサクッとできるし、これから長々とスルメのように楽しんでいけそうです。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

THE CHiRAL NIGHT rhythm carnival 体験版

後藤羽矢子です。

ライブが終わり、リズムカーニバルの体験版を毎日やっています。

ほんっとに言い訳させていただくと、私はいままでの人生、ほぼほぼ音ゲーはやったことがないのです。

ポップンにどハマリした友人に誘われて、ポップンを何度か一緒にやったのと、一瞬、太鼓の達人にハマったぐらいです(すぐに手にキタのでやめた)

ポップンやってるときも「なんかワタワタして焦るばっかりで全然面白さがわかんないよお…」と内心で思っていました。
そんな私がキラルを餌にさえすれば、粘り強くやりこめるわけだから、本当にすごい。
キラルが脱衣麻雀でも出したら、きっと麻雀を覚える女子が激増しますよ…。

とりあえず体験版でプレイできるのは、GRIND、Lamento、I'm in blue AI CATHの4曲。

難易度はスイート、レギュラー、ビターに分かれていて、その中でもGRINDが一番難易度が低いです。
こんこんとスイートだけ続けて、初めてGRINDでノーミスクリアできたときはパアア…となって思わずスクショ撮ってしまいましたが、ツイッタで「リズムカーニバル」でサーチしたら、もうビターも全クリしてる人が普通にいてブッフォってなりました…。

いまはさすがに慣れて、レギュラーにも着手し始めましたが、途端に難しくなってアワワワワワワワ…となってます。

余談ですが、母がDSの脳トレをやりこんでいて、すべてのゲームが楽々にできるようになってたので、新しいやつを買ってやったら「せっかく楽にできるようになったのに、新しいのでまたしんどくなるの嫌だ」と言って、古いほうばっかりやってるのです。
脳トレの意味とは…と思いましたが、その気持ちは少しわかる…。

やっとスイートで気持ちよく軽快にプレイできるようになったのに、レギュラーしんどい…ずっとスイートに引きこもっていたい…などと思ってしまう…。

あとシステムは他の音ゲーやってないんで、他と比べて快適かどうかはわかんないんですけど、PLAYボタン押してから始まるまでが早すぎる気がする…。キーに手を添えるまでにもう始まっちゃってるよ!
まあそのへんは体験版なので、もう少し調整されると思いますが…。

あと音ゲーって両手を少しも離せないから、鼻とか痒くなると困りますね…。なんか緊張するとあちこち痒くなるタチなんでけっこうツライ…。

しかしキラルの曲に合わせてゲームできる日がくるなんて夢にも思わなかった…。
GOATBED的にもすごいファンアイテムじゃない?これ?

とにかく発売までに腕をあげて、気持ちよくプレイできるようになりたいと思います。
発売日はライブでふんわり告知されましたが、いちおういまはまだ伏せておきますです。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

CHiRAL LIVE 2017 for rhythm carnival行ってきたー!

後藤羽矢子です。

行ってきました!CHiRAL LIVE 2017 for rhythm carnival!

16日、23日、昼の部夜の部と計4回の上演、しかも16日はかなこ嬢とワタナベさんのツーマン、23日はかなこ嬢と木村世冶さんとのツーマン。
さすがに一回しか行けそうもないので、どっちにするか…とかなり悩んだのですが、かなこ嬢とワタナベさんだったら絶対When the endやるだろう…と思い、16日のほうにしました。

本当は松本さんと一緒にいく予定だったのですが、彼女が体調を崩してしまい、一人で行くことに。ぼっちライブは初めてだけど、開場してからずっとミスジャンのレイドボスと戦ってたらあっという間に開演になりました。

最初はおがみけいいちさんとむーさんらによる、リズムカーニバルのプレゼン。
ゲーム画面をモニターに映しつついろいろ解説。コンフィグ画面ではゲームパッドに対応してることがわかった「よかったあ~」と思ったものの、今日体験版やってみたらキーボードのほうがやりやすかった…。

キラナイでやった曲は41曲だったけど、リズムカーニバルに収録されてるのは約半分とのこと。
しかしおまけとして、その昔、コミケで出したデスクトップアクセサリーに収録されてた「咎狗の血タイピング」を収録するとのこと。
うっわ…懐かしい…。耳のバックナンバー見返したら、2005年の冬コミだよ…。
約11年半前だよ。いま20歳の子が8歳のときだよ!

その頃の記事見返したら、私と松本さんがいまとまったく変わらない感じで、私たちの進歩のなさに愕然としたりしました。

このタイピング、ドラマパートとかもめっちゃ面白いんで、ご新規さんには嬉しいご褒美だと思います。

そして始まるライブパート。

今回は咎狗はTBとアニメの曲が多く、最初はBreak the chains 、次にEXTRIC -願い示す先へ- 、Are One ときて、アニメの曲(タイトルわからない)、シームレスにスイプー曲、VLG、Killing Look 、そしてLamento曲のTemple Of Soul を歌いあげる。

ワタナベさん、前回のキラナイのとき、ちょっとムチッとしてるな…と思ったけど、今日見たら痩せてた。なんかワタナベさん、ライブのたびに痩せたりムチッたりと振り幅がある…。

曲を流しつつ、舞台左右にあるモニターで、キラナイでも使ったムービーを流してたわけですが、アニメの曲のときはご丁寧にアニメの絵を素材に使っていました。そしてアニメの絵でもどアップにトリミングしたり加工に加工を重ねれば、けっこう見られるものになるな…と思う私でした。

そしてスタイルに関しては、安定性のすごいかなこ嬢登場。南国リゾートっぽいドレスが可愛い。
Lamento、追憶の風、紅蒼の披露宴曲Scarlet 、アニメの咎狗曲(たぶん)、Tears、Immer Sie、At Last とドラマダ曲が続く。そういえばワタナベさんはドラマダ曲歌ってないんだなあと改めて気づきました。そして伝承の詩、賛えと闘いの詩、トリはSTILL!
伝承の詩を歌い終わったあとに、かなこ嬢が「次は最後の曲…」と言いかけ「あっまだだった?!」と言いなおしてたのがプチウケた。

そしてSTILLを熱唱したあと、舞台を去り、当然アンコールタイム。「キラル!キラル!」と手拍子してたら、かなり早々に出てきたのでちょっとブホッとなった。いや早いにこしたことはないんだけど…。

そしてMiracles mayの日本語版を歌うかなこ嬢。「鏑ちゃんにキーワードをもらってドイツに行く飛行機のなかで作詞した」と言う話をその前にして、あれ?これ前にも一度聞いたなと思ったら、そっかキラルオンリーワンマンのときか。それは行ってない人も多いだろうからもう一度言わないとね。

ワタナベさんはGRINDを熱唱し、そしてふたりで「ふたりが集まったからには歌わないといけない曲が…」と言い、キタキタキターと思ったら…。
なんと「結晶」をふたりで歌ってくれた!!!

「結晶」は元々ワタナベさんの曲なんですが(アルバム、ダイヴァーシティーに収録されてます)、天使の二挺拳銃でアレンジした曲をかなこ嬢が歌っていて、今回、さらにデュエット用にアレンジ、ふたりで歌いあげてくれました。
天使の二挺拳銃はやってないんですが、「結晶」はすごく好きな曲なんで嬉しかったあ。

そして大トリは当然 When the end!何百回聴いても泣ける…。

そんな感じで充実のライブでありました。

いちおう今日、リズムカーニバルの体験版やってみたんですが、レベルスイートでもやっと…って感じ。音ゲーっていままでの人生ほとんどやったことがないんで、クリアできる気がまったくしないんですが、頑張ります…。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

Cool-B7月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

Cool-B7月号ゲットー。
表紙はTHE CHiRAL NIGHT rhythm carnival!
しかしこれ略称どうなるのでしょうか。キラリズ?それともすでにおがむーが決めたりしてる?

イラストはコノエたんがセンターでめっちゃカワイイぞ!さすが歌に一番近いキャラだけある…。

情報のほうはちっちゃーくゲーム画面載せてるのとキラナイバージョンの皆様の立ち絵。ついでに4作品の簡単なご紹介などもしてて、これでまたご新規様増えてくれないかななどと期待。

そしてピルスラの新作情報!原画のことみようじさんってエロゲの原画もやってて男性でしたっけ…(違ったらすいません)水龍敬さんもそうだし、最近は男性エロ絵師さんにBLやってもらうムーブメントがきてるんでしょうか。

いろんなテイストがあるのは、いいことだしBLゲー界が濃くなっていくのは大変楽しみです。

ライターは休養沢ライチさん。私はみずたましかやってませんが、会話劇が面白く男くさいノリが楽しかったので期待!
内容はリゾートアイランドに男だけをぶっこむ話のようで、このざっとしたあらすじだけでも地獄感ムンムンです。

地獄といえば…。

ミスジャンとマスカレードのコラボ!!!
これは本当に虚を突かれてブッフォワッてなった。
のーとんとコラボならわかるけど、なぜマスカレード…!
企画を持ちかけられたピルスラ側も「面白い冗談だと思ってたら本当に配信されるものだったとは…」と本気にしてなかったのが吹く。
しかしミスジャンライズされたマスカレードキャラかわいい~!
黒ビキニもいるし…。
マスカレードの制服着てるジャンさんたちもめっちゃカワイイ!!

武器もトロフィーやみかんと狂ってるし…。どっちもマスカレード内の超キーアイテムとはいえ、みかんの皮武器になんのか?
いま手にはいる武器で、水鉄砲があって、使うとピチャ~と情けないSEで、それでも敵はめっちゃダメージ受けてるから、みかんの皮でも人は殺せるだろうけど…。

冒頭のグラビアで、ジャンさんとヒロシのコラボイラストもあり、由良さんの描くヒロシがまったく違和感なくてすごい!まあ世界観は違和感のかたまりだけど!

配信は6月下旬とのことで、いまから楽しみです!これを機に、もっといろんなBLゲーとコラボしてくれればいいな!

メビウスライン備忘録ハレは、スタッフインタビューとスチルのチラだし。ローザさんがエロシーンをできるだけ損なわないようにと頑張っている…というのが伝わってきて、ドゥッフフと気持ち悪い笑みがこぼれます。
ところでラブデリがとうとう初のイベントをやるらしいので、そっちも死ぬほど楽しみ!
絶対行きたい!!

ここから橋姫のSSについて語るのでおりたたみますー。

続きを読む "Cool-B7月号 感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

エイプリルフール キラル編

後藤羽矢子です。

年に一度のエイプリルフール。
企業各社さまざまなバカさ加減をご披露してくれて、楽しい一日でしたが、BLゲー方面では楽しいけれど前年に比べるとわりと緩い感じではありました。
キラルをのぞいて…。

キラルは本当、毎年何故にこうも全力なのか。やらない年もあるにはありましたが、オールオアナッシング感ありますね。忙しくて全力出せそうもなて年はやらない!みたいな。

今年はゴールデンエッグスのパロ!
しかもちゃんとムービーまで用意して…。元ネタと同じく英語字幕ついてるのがいいっすね!
どれも面白かったけど、やっぱりグレイトティーチャーレンがやばすぎた…。
蓮が蒼葉に「低学歴」だの「ヤンキー」だの「アナルセックス大好きだろ」とかもう言っちゃいかんことのオンパレードで腹が痛い!!!
しかし、他のキラル主人公さんたちだってアナルセックスバリバリやってるはずなんだけど、蒼葉ちゃんはことさら好きそうに思えるよね…。
なんかアキラが「エロス」って感じなら、蒼葉ちゃんは「スケベ」って感じなんだよなあ…。
あ、そういえば蒼葉の名前がAoba-chanになってるのもウケたわ…。

そしてラストでAoba-chanが「セックスセックスセックスセックスアナル~♪」って歌ってましたが、吉川晃司のモニカじゃねえか!若い人わかるんか?!
余談ですがGOATBEDがモニカをカバーしてて、そちらもなかなかいい感じなので、興味があったら聴いてみてください。

あと「気になるあの子はリビカ」もウケた…。
コノエたんどこにイヤホン差してるの?ってのにも爆笑したけど、ひっきりなしに蓉司がツッコんでるのに「しっぽ?これ本物だよ」とかいなしてるのが、言われ慣れてる感じかつコノエたんのサービス精神て感じでいい…。
そんなコノエたんがミラクルメイ聴きつつ「母親は小さい頃に死ぬし…村人は共食いするし…」と尋常じゃない過去を語りだすのが、すごい落差!蓉司が引いてるのが最高…。
あ、蓉司にだけさりげなく下睫毛がついてるのが、元の絵柄を踏襲してる感じでいいっすね。
アキラと蓉司のテンション低め組の掛け合いも、実際あの二人だけにしたらこんなふうに話がはずまないんだろうなあ…と感じいるものがあった…。

攻略キャラさんたちもちゃんとデザインされてて可愛い…。
個人的にナノたんにブッフゥゥゥゥゥゥゥゥーとなるほどウケた…。
できれば攻略キャラさんたちとも絡んでほしかった…。特にアキラとシキのやりとりが見たい…。
そんなわけでムービーは何回も観ちゃってるし、観るたび爆笑しててエンドレス空間に突入してしまってますが、あと10分ほどで消えてしまう…。

だいたいエイプリルフールは何も手につかない日になりますが、今年もその通りになりました!!

楽しかったーーーー!!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "エイプリルフール キラル編"

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

実現

後藤羽矢子です。

今日になって突然キラル公式が、音ゲー開発を発表!!

「キラルナイト音ゲー」と銘打ってますので、つまりこれは私が2月25日の記事に書いた

Photo_2
これがそのまんまと実現すると考えていいのでしょうか…!

嬉しいような…音ゲー苦手だから怖いような…!でもFF15だってこんなん無理!と思ったこともしばらくやってたらできるようになったので、萌えさえあれば苦手も克服できるはず…!
プラットフォームは何になるんだろう…。音ゲーだから普通に考えたらVitaだけど、キラルナイト音ゲーというファンアイテム要素の強いゲームが、Vitaで出せるんだろうか…とかいろいろ考えてしまいますが、とにかくスロウダメージの間に、新しいものが出るというのは大変大変嬉しい!!

いやーなんでも願っておくもんだな!こりゃ春から幸先がいいね!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧