2017年4月 1日 (土)

エイプリルフール キラル編

後藤羽矢子です。

年に一度のエイプリルフール。
企業各社さまざまなバカさ加減をご披露してくれて、楽しい一日でしたが、BLゲー方面では楽しいけれど前年に比べるとわりと緩い感じではありました。
キラルをのぞいて…。

キラルは本当、毎年何故にこうも全力なのか。やらない年もあるにはありましたが、オールオアナッシング感ありますね。忙しくて全力出せそうもなて年はやらない!みたいな。

今年はゴールデンエッグスのパロ!
しかもちゃんとムービーまで用意して…。元ネタと同じく英語字幕ついてるのがいいっすね!
どれも面白かったけど、やっぱりグレイトティーチャーレンがやばすぎた…。
蓮が蒼葉に「低学歴」だの「ヤンキー」だの「アナルセックス大好きだろ」とかもう言っちゃいかんことのオンパレードで腹が痛い!!!
しかし、他のキラル主人公さんたちだってアナルセックスバリバリやってるはずなんだけど、蒼葉ちゃんはことさら好きそうに思えるよね…。
なんかアキラが「エロス」って感じなら、蒼葉ちゃんは「スケベ」って感じなんだよなあ…。
あ、そういえば蒼葉の名前がAoba-chanになってるのもウケたわ…。

そしてラストでAoba-chanが「セックスセックスセックスセックスアナル~♪」って歌ってましたが、吉川晃司のモニカじゃねえか!若い人わかるんか?!
余談ですがGOATBEDがモニカをカバーしてて、そちらもなかなかいい感じなので、興味があったら聴いてみてください。

あと「気になるあの子はリビカ」もウケた…。
コノエたんどこにイヤホン差してるの?ってのにも爆笑したけど、ひっきりなしに蓉司がツッコんでるのに「しっぽ?これ本物だよ」とかいなしてるのが、言われ慣れてる感じかつコノエたんのサービス精神て感じでいい…。
そんなコノエたんがミラクルメイ聴きつつ「母親は小さい頃に死ぬし…村人は共食いするし…」と尋常じゃない過去を語りだすのが、すごい落差!蓉司が引いてるのが最高…。
あ、蓉司にだけさりげなく下睫毛がついてるのが、元の絵柄を踏襲してる感じでいいっすね。
アキラと蓉司のテンション低め組の掛け合いも、実際あの二人だけにしたらこんなふうに話がはずまないんだろうなあ…と感じいるものがあった…。

攻略キャラさんたちもちゃんとデザインされてて可愛い…。
個人的にナノたんにブッフゥゥゥゥゥゥゥゥーとなるほどウケた…。
できれば攻略キャラさんたちとも絡んでほしかった…。特にアキラとシキのやりとりが見たい…。
そんなわけでムービーは何回も観ちゃってるし、観るたび爆笑しててエンドレス空間に突入してしまってますが、あと10分ほどで消えてしまう…。

だいたいエイプリルフールは何も手につかない日になりますが、今年もその通りになりました!!

楽しかったーーーー!!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "エイプリルフール キラル編"

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

実現

後藤羽矢子です。

今日になって突然キラル公式が、音ゲー開発を発表!!

「キラルナイト音ゲー」と銘打ってますので、つまりこれは私が2月25日の記事に書いた

Photo_2
これがそのまんまと実現すると考えていいのでしょうか…!

嬉しいような…音ゲー苦手だから怖いような…!でもFF15だってこんなん無理!と思ったこともしばらくやってたらできるようになったので、萌えさえあれば苦手も克服できるはず…!
プラットフォームは何になるんだろう…。音ゲーだから普通に考えたらVitaだけど、キラルナイト音ゲーというファンアイテム要素の強いゲームが、Vitaで出せるんだろうか…とかいろいろ考えてしまいますが、とにかくスロウダメージの間に、新しいものが出るというのは大変大変嬉しい!!

いやーなんでも願っておくもんだな!こりゃ春から幸先がいいね!!

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

断捨離

後藤羽矢子です。

すいません…。余暇のすべてをFF15にぶっこんで世捨て人のようになってて、更新滞りまくってます。
まあネタにも乏しい時期ではありますが…。
明日はGOATBEDのライブだし、3日後にはきんとうかも発売されるので、更新ネタも潤うことでしょう。

ところで先日、妹に手伝ってもらって年に一度の断捨離をおこないました。
自分の意志では捨てる気になれないものを、妹に「これほんとに要るの?」と言ってもらうことで捨てる勇気を得るのです。

だいぶ色々捨ててはいるのですが、今年、とうとう12年ぶんのCool-Bに妹の「これ要るの?」の手が伸びてしまいました!
隔月とはいえ12年ぶん…。60冊ちょっと…。確かに部屋のなかでかなりの場所をとっているのです。
「別に何度も読み返したりしないでしょ?」と言われ、確かにそうなんだけど…うーんうーん…と悩み、半分ちょっとだけ残しました。
まあ現在はCool-Bのバックナンバーは全部電子書籍化されてるので、どうしてもバックナンバー読みたいときが来たら電子で買えばいいか…と思いまして。

まず絶対残すのは、Cool-BのVol.1とVol.2。
これが出た頃はCool-Bの存在を知らない頃で、半年遅れで咎狗にハマった私が、シキアキSS読みたさに、妹にヤフオクで落としてもらったものです。
いくらかかってもいいから絶対落として!」と指示を送り、結果的に二冊で5000円くらいになりました。

いまはもうイラストもSSも別媒体に収録されてますが、私の咎狗、ひいてはBLゲー人生のスタートともいえる記念すべき号なのです。

他に残したのは…。

Cb01

ジュリジャンツーショット。ラキドはCool-Bのなかで一番表紙率が高いと思いますが、ツーショットは本当に珍しいので。この可愛いジュリオを捨てることは私にはできなかった…。

Cb02

Lamento初表紙号。コノエたんが少し大人っぽい感じ。ライさんの髪もやや短い。このときのドクワク感が忘れがたくて。

Cb04

たたなさんの咎狗の表紙ってじつはすごく貴重なんですよ。特にこれはもう退社後のイラストなんで「久々のたたなさんの咎狗や~…」とすごくありがたい気分になったので。

Cb05

ドラマダ初表紙号。この絵を見たとき「なんて人を食った表情…。これが受けだなんて…」と期待が高まったものです。これは推測ですが、「ほにゃららさんの蒼葉」と「淵井さんの蒼葉」では少し性格が違うような気がする…。後々ほにゃららさんの蒼葉が淵井さんの蒼葉に寄っていった感があります。これは純度の高いほにゃららさんの蒼葉って感じ。

Cb06

ドラマダアニメ絵バージョン表紙。普通のイラストは漏らさずアニバ本に収録されてますが、アニメ絵は収録されないだろーなーと思って。それに雨に濡れた紅雀がなかなかに色っぽいんで。

Cb03

そして…もう何度別媒体に収録されようが絶対に捨てることができない号…!
まだツイッターもない時代でしたので、表紙の先行お披露目なんてものもなかったので、この表紙を書店で見たときの、心臓が止まりそうになるくらいの衝撃は忘れられない…。
まあこの数日後に、たたなさんの退社報告があり、また心臓が止まりそうになるんですけどね…。いろんな意味で思い出深い号です。

もちろんこれ以外にも30冊ちかくとっておいてます。選ぶために見返して、またその当時の気持ちがまざまざ蘇ってきましたね。
スロウダメージの初表紙はいつになるのでしょうか…。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "断捨離"

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

キラル12周年!

後藤羽矢子です。

本日キラル12周年だそうで、おめでとうございます!ついこないだ10周年で沸いてたような気がするのに時間が経つのは早い…。

それにしてもキラル、12年で出したゲームが4本、FDとアミューズメントディスクもあるし、アルカネットも勘定にいれると7本ってことで、わりといいペースで出せてるなーと思います。

しかしいまの「水面下でいろいろやってる時期」はどうにも寂しい。
もちろん10周年のお祭りが「いろいろやるから、この先しばらく静かになっても我慢して待っててね!」ってことだったんでしょうが、やっぱり寂しいものは寂しい。

なんかこないだのキラルナイトのときのドラマパート流用してゲームでも作ってくんねーかな。
ライブパートの部分をリズムゲーみたいなのにして…世界に散らばった音楽を集めていく…みたいなゲームを…。
いやじつはリズムゲー死ぬほど苦手だから、リズムゲーじゃないほうが本当はいいけど、とにかく間のツナギにコストのかからないちょっとしたブツでもいいから欲しい…。

ユーザーはいつだって我侭なものです。

そして山田外郎さんがツイッターで御礼ツイートとともにスロダメの主人公のラフ絵をあげていたのですが、ほんっとうにワルそうな主人公だなあ…。
こんなスカーフェイスで煙草吸ってて目つきの悪い青年が、男にチンポ挿れられて喘ぐことが確定してるなんて…!BLゲーって素晴らしい…!

しかし、この人、発売後は他のキラル主人公ズと上手くやっていけるのかしら…。

それはともかく、あらためてキラル12周年おめでとうございます!!

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

クリスマス

後藤羽矢子です。

昨日のクリスマスイブは、仕事などして夜はささやかなパーティなどしてました。

で、ケーキはプリケーキのキラルバージョン!

Photo

冷凍で来たので、夕方まで室温で溶かしていました。説明書には冷蔵庫に入れて自然解凍させてとありましたが、届いたのが午後3時で、その時間に冷蔵庫に入れてしまったらたぶん食事が始まるまでに溶けない…。

味は正直まったく期待してなかったのですが、意外やかなり美味しかった!
チョコ生にハズレなし…。
しかし中にはさんである黄桃は悲しいぐらい少なかった…。別にいいけど…。

そしてサンタさん(自分)からのプレゼントも届きました!

Photo_2

購入特典のクリアファイル…くっそエロおおおおおおおお!!

Photo_3

じわじわと使うことのできないクリアファイルが増えてくる…。

1月末発売のもう一冊のほうは、年上組とジャンの3Pイラストがありますが、なんていうか…年上組の3Pはわりと実際にもありえそうな気がしますが、年下組の3Pは現実(ラキド世界においての)にはなさそうな気がする…。

年上組もそれなりに独占欲は強そうですが、そこは大人の「それはそれこれはこれ」精神でアバンチュール(死語)として楽しみそうな気もする。

年下組はまだそこまで成熟してないし、悋気もかなり強いと思うんでマジで「3Pしないと出られない部屋」にでもブチこまない限りないような気がします。

あっ…でもなんかそんな気がしてきた…!敵に捕まって牢屋にブチこまれて無理やり3Pさせられる…みたいな…。

そんなストーリーを勝手に捏造しててイラストを堪能する私でした。

1日前にはキラナイのパンフも届きました。

Photo_4

中の描きおろしイラスト、さりげなく絵柄合わせてるんですね。目の中の描きかたとか。
ほにゃららさん本来は瞳のハイライトをサイドにいれるタイプだから、このど真ん中ハイライト、なんだか新鮮!

ハイライトの入れ方変えるだけで、けっこう絵って印象変わるもんですね…。
そういう私も2年くらい前からど真ん中ハイライトにしてますが…。

そんな感じでオタ充なクリスマスを過ごせました。

次回こそは、オメガヴァンパイアの感想の続き書きます!

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

Cool-B1月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

オメガヴァンパイアの感想の前に、ちょっとCool-Bの感想でも。

発売日過ぎてるので隠しなしでいきます。

表紙は大正メビウスライン。
1月号ということで全員集合のお正月絵ですが、総勢7人というなかなかギチギチの絵…。
描くのも大変そうですが、レイアウトも大変そう…。

千家さん備忘録で和服解禁したから、ナチュラルに和服で溶け込んでて眼福…。
京一郎が酒を呑んでるというのに、サイダー飲んでるマイウェイな時雨…。というか時雨酒呑めるのかな…?酒呑んでる描写あったっけ…?意外と酒弱いとかだったら可愛いな!

しかし京一郎大丈夫…?このあと酔って大騒ぎにならないか心配です…。
だいたい酔ってるヤツは酔ってないって言い張りますからね…(経験則)

記事のほうは…新規のBLブランドデビューのスクープ。
ブランド名は「Astary」意味は「邪道」だそうです。
最初から王道なんて目もくれないぜ!という意気込みを感じます。

そんなAstaryのデビュー作が「ノンケ一発食べ放題」という、もうどこからどう見てもバカゲー以外ないタイトル。総攻めゲーださうです。
もしこれでフタを開けたら欝とシリアスなシナリオだったら逆に感心しますが、たぶんそれはないでしょう…。

内容は、伝説の痴漢と伝説の痴女の間に生まれた主人公吉岡学…ってこの一文だけで軽く奇跡を感じる。
反社会的な両親を反面教師に真面目に生きてきたものの、ある日突然伝説の痴漢神として目覚めてしまい、伝説の雄っぱいと伝説の雌尻をもつノンケを判別できるようになってしまう。その運命に逆らうことはできず…。

って、短いあらすじのなかに何個伝説入れてんねん!!!

まあ…とにかく痴漢ものなんですね…。女性向けで痴漢ものなんてそれだけで邪道のオーラムンムンです。
私が知る限り「俺の下であがけ」のなかのイベントにあったくらいですね。痴漢。
そして主人公はこれまたあがけを思い出させるフロンゲ。

しかし発売日は未定で、キャラ絵もまだ未完成状態なのに、すでにCVが決まってる!!
3人の攻略キャラたちは、佐和真中さん、一夜愛さん、黒井鋼さんです。
一夜愛さんはメス男子の人でしたっけ…。まだやってないけど。そして黒井鋼さんが受けをやるのか…。

正直、私はやっぱり受けゲーのほうが嗜好に合ってるのですが、面白ければ別です。

特にバカゲーはバカ以外の部分をちゃんと作りこまないと、バカしか残らないので、シナリオも絵もシステムも頑張ってほしいです。(偉そう!)
新規ブランドではできるだけ購入する所存なのでいろんな意味で期待しています。

ラキドbadeggは、新キャラのご紹介!
GD側のジャンさんの配下になる4人…。しかもそのうちの3人はベルナルド、ルキーノ、イヴァンの配下だったいう寝返りメンバー。
ひとりだけCR-5と関係のない日本人です。

こいつらのビジュアルがいい…!!!
本当に100回くらい言ってますが、由良さん絵上手くなったなあ…。

ちなみに彼らとジャンさんが色っぽいことになるような展開はまったくないとのことです。
ホッとしたような残念なような…。

しかしこれでジャンさんだけでなく、他のメンバーも対立の構図ができあがるわけで、ワクワクするなあ…。燃え展開待ったなし!ですよ!

RoomNo9は後日談SSがあり、FENDから三ヶ月後くらいのお話。ふたりで焼き芋食べながら将来の話などする小話でしたが、一番びっくりしたのが焼き芋が1200円したことでした。
もうずっと屋台の焼き芋買ってなかったからこんな高騰していたとは知りませんでした。

でも確かに私が子供の頃からすごくお高いというイメージはありました…。

それにしても誠二くんの真面目さと心の強さが胸を打つ…。あの事件を闇雲に忘れようとするんじゃなく、ちゃんと受け止めて、次のステップにしようとしてるなんて本当すごい。

あとまだ誠二を自分の部屋に呼べない(ふたりきりになれない)大地のぎくしゃくした感情とか「わかる~」って感じだし、甘酸っぱいような哀しいような絶妙の味わい。

でも親友としての関係の修復はちゃんと進んでるし、ホッともしました。

やっぱりFENDの彼らには親友でいて欲しいのでした…。
って…いま気づいたけど、FENDのFってフレンドのF?!

他のENDもそういうもじりあるのかな…英語力皆無なんで推測できないけど…。

まあそんなわけで今月も満足の内容でした。

次号予告にはやっっっっっっっっっっとスロウダメージの名前が!
でもまあたぶん、こないだのニコ生で見せたラフ画のお披露目くらいであろう…。

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

本気はまた今度!

後藤羽矢子です。

先日のニコ生「本気はまた今度!」がキラル回でスロダメの情報もあるとのことで、居住まいを正しながらの観覧。

今回の名目はキラルナイト反省会とのことで、でじたろう氏をゲストに呼び、キラルナイトの裏話に花が咲きました。

反省会と言いつつも、その実「俺たちこんな頑張っちゃって~」アピール多く、ニトキラのそういうところは大好きだ。
ただコメントでさんざんツッコまれてた物販については、素直に反省。

しかし一応「去年のキラルフェスライブの物販売上のデータからはじき出した数字」ではあったとのこと。
うーん…ライブのグッズってライブ済んだら意味のないものになるし、確かに在庫抱えたくないもんなあ…。本当に物販は水物ですなあ。

しかしペンライトに関しては、次回からチケットに付属する方法も検討するとのこと。
それはいいかもしれない!

とにかく売る側も買う側もみんなが幸せになれる方法が見つかりますように…。

他の裏話としては、ドラマパートのマスコットさんらの声が、それぞれの主人公ズが当ててたという衝撃の事実!
えー!マスコットの正体がセイさんやシュイさんだったから、その人たちが当ててたと思ってた!
なんでもパンフのキャストコメントで羽多野さんが「3キャラ当てさせていただいて…」みたいなこと書いてたので「えっ?3キャラ?てことは新作に出るの?」という噂がファンの間で広まったことへの、公式側のアンサーだったわけですが。

そんな「ヘワヘワホワワショワッショワワワ」みたいな台詞のマスコットキャラを律儀に「声を当てたキラルキャラ」にカウントしてしまう羽多野さんの生真面目さに吹いた。

他にも頑張りすぎちゃったせいで今回のキラルナイトは数千万の赤字が出ちゃったとか、生々しい話もあった…。こういうのって嬉しい反面どうかなあ…と思うところもある。

ニトキラのやりすぎちゃう気質は大好きだけど、ユーザーは大概わがままなものだし、次回いつも通りのキラナイでも「前回よりショボい」と感じてしまう「頑張りのインフレ」が起こってしまうかもしれない。

でも実際今回のキラナイ、メチャクチャ楽しかったのは事実だし、うーん悩ましい…。

とにかくこれからもついて行くことがファンとしてやれる唯一のことですね…。

そしてスロダメの情報~!

かなりチラ見せだろうなーと覚悟していたので、逆にけっこう見せてくれたな!という印象。

主人公さんのラフスケッチのお披露目。
主人公スカーフェイスかー!なかなか攻めてるな!受けだけど!

そのラフを映してるときに
「後ろで外郎がもだえてる」
「あいつ気にしすぎなんだぇー」とおがみさんらがフランクに言ってるのが、クラスの男子みたいでなごむ。

しかしまだ開発はスタートしたばっかりっぽいのが伝わってくる…。出るのは2018年だろうなー。
とりあえずラフ画のチラ見せでもだいぶ満足できましたので、スロウ情報でも定期的に小出しにしてくれれば幸いです。

| | コメント (0)

2016年11月30日 (水)

朗報

後藤羽矢子です。

先日、このような拍手コメントをいただきました。

「(前略)以前に蒼葉ちゃんエロフィギュア用のバイブを探してらっしゃったかと思いますが、こちらの会社1/8スケールフィギュア用大人の玩具オプショナルパーツが発売されるそうです(後略)」

ななななんと!!!!!

さっそく行ってみると、まだ商品情報はカミングスーン状態でしたが、説明によれば
基本となるバイブ、電マはもちろん、エフェクトパーツ、台座に至るまで様々な需要を盛り込みまして 皆さまに楽しんでいただくべく 現在、急ピッチで開発が続けられております。」
とのこと。

すげええええええええええ!!!

私も蒼葉ちゃん用バイブを自作しておりましたが、ぶっちゃけ高すぎる技術の壁に心が折れかけていたので、これはまさに朗報です!!

こちらのツイッターをさっそくフォローして続報がいつでもキャッチできる状態にしました!

楽しみだ~!

あと全然関係ないですが、スーパーで見かけて名前だけで買ってしまった餃子。

Photo

美味しかったです。

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "朗報"

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

キラルのクリスマスプリケーキを予約注文してしまった…。

Nc_xmas2016_main20_360

ここ近年、「糖質も高いしケーキはいいよね!」って感じでケーキのないクリスマスを送ってましたが、こんなのが出てしまったら買わないわけにはいかない…。

蒼葉がいないのがなんですが、これ何年か前のクリスマス壁紙の絵でしたっけ。
描きおろしじゃないんならしょうがない…みたいな。

それにしてもキラルも作品数が増えてくると、こうして一同の絵に収まることもだんだん難しくなるのかな…とか思ったりしました。

問題はこれを家族と囲むことですが…家族は私のオタぶりには慣れているし「可愛いねえ」ぐらいで済むと思います。

こういう絵

Lm_t2016_main30_360

こういう絵

Tg_201605_rc_main10_360

こういう絵

Sw_t2016_main10_360

テーブルに置いたらさすがに家族もリアクションに困ると思いますが…。しかし見れば見るほど絵のチョイスが攻めてるな…。

おひとり様かお仲間で楽しむ前提で作られてますよね…。
最近はこういうオタクに優しい商品が多くて嬉しいですね…。

そういえば話変わりますが、キラナイでまたファン有志の碧島島民一同のれんれんおスタンド花を見つけ、さらに駒波学園保護者一同やさらに悪魔一同のスタンド花まであり、いいなああああ私もやりたいなああああという気持ちになりました。

こういうのってどこで注文するんや…と思い、いろいろ調べてたら、この花猫庵というところがめっちゃオタ方面に通じてて、すごいな…。
いまはやろうと思えばたいていのことが実現できてしまう…。もし次にキラナイがあるときには私も何か一口噛みたいなと思った次第です。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

THE CHiRAL NIGHT 10th ANNIVERSARY!!! その2

後藤羽矢子です。

THE CHiRAL NIGHT 10th ANNIVERSARY後半の感想です。

休憩は最初15分くらいだったのですが、さすがにこの女子トイレに並ぶ大人数をその時間内に処理することは無理だったのか、10分延長になり、私も無事トイレを済ますことができました。その情報いらねーだろ!って感じですが。

そして再開。ドラマパートはもちろんドラマダ!
青柳通りを不安そうにさまようクリアちゃん!
><目になってるクリアちゃんの表情、ビジュアルファンブックの表情パターンになかったから新規に作った表情なのかな?力はいってんな!

そうこうしてると蓮が現れホッとするクリアちゃん。しかし蓮、アサトと善弥も連れてきていた!!クリア、蓮、善弥、アサトってものすごい天然ちゃん空間やな…。まあ蓮は人間になると天然だけど犬のときはまだ頼りになるから…。
よく考えたら喋る犬&猫耳という最高にフリーキーな状況に対応できるのはこのメンツぐらいかもしれない…。

「空の色が…あんな色は見たことない…」と異変に表情を固くするアサトをよそに「ねえ~その耳と尻尾本物~?」とあくまで通常運行の善弥。さらにクリアまで「わ~いいですね~僕もつけてみたいです~」と言い出しカオスが深まっていく…。

善弥とクリアがアサトの尻尾を触って「わあ~ふわふわ~」とかキャッキャしてると、蓮が「俺と…どっちがふわふわだろうか…」とぼそりと言う!!!
このとき顔グラはいつもの表情なのに、心なしかしょげてるように見えるのがカワイイ!!

そんなある意味グダグダな状況を打破するかのように空から蒼葉ちゃんが落ちてきた!
かなり高度から地面に直撃したのに、わりと平気そうな蒼葉ちゃん…。大丈夫…?
恒例の説明のあと、流れてくる音楽に気づくクリア。クリアちゃん歌キャラだもんね!

そしてライブパート!もちろん最初は「AI CATH」!
今回の石井さん、髪は金髪のエクステ、お衣装は黒地に水玉のフェミニンなブラウス、サスペンダーにゆるめのデニムという大変愛らしいコーディネート。
今回舞台が広いせいか、石井さんがすごいぴょんびょん飛び跳ねてて可愛かった…!
途中、どこでだか失念しましたが、両足揃えてぴょんって飛んでるとこがあって、そこホント可愛い!いい歳の男性に可愛い可愛い言うのもなんですが、本当に可愛いんだからしかたない…。

AI CATHが終わると、次はかなこ嬢からの攻略キャラテーマのターンに入りますが、GOATBEDからZIZZバンドに切り替わるとき、どうしても間が空いてしまのが、ちょっとだけノリが削げて残念。しかたないけど…。

BADEND曲のあとに再びドラマパート。今度は誰が…と思ったらまさかのユキヒト!!
いや出るのは知ってたけど!そしてミズキ!!思いもよらない組み合わせ!!
しかし思ったけど…この二人絶対相性いいよ!ていうかミズキのチームに必要なのはユキヒトのような冷静な参謀なのでは…?
そんなこんなしてると、唐突にシキさんとライさんの対決がはじまったあああああああ!!
このとき場内は最高の喚声に包まれました。

ところでちょっと話逸れるんですが、ライブ後に松本さんが「ライさんの声、ちょっとちがくなかった?」と言うのです。「え?そんなことなかったと思うけど」と返した私ですが、よく考えてみると本編のライさんはもう少し低いというかドスの効いた声でした。
私は「コンビニラメント」や「ラメント学園」や「キラルカフェへようこそ」の派生でじわじわライさんの声のドスが減っていく過程を聴いていたので違和感を感じなかったんだと思います。

それはともかく、シキさんもライさんもお互い相手の強さのみにしか気を向けてなく、シキさんはライさんの猫耳に関してガンスルーなのが清々しくてよい。
火花を散らして戦うふたりをタラ~って感じて眺めるミズキ。そして「行くぞ。あれに巻き込まれたくないだろ」とどこまでも冷静なユキヒト。あれて。

ドラマパートが終わると次はリコネクトのターン!こっちは歌も全体的に明るく、場内のノリもあがってくる!
your reply の前奏のテレテレテレテレテレテレテ(パンパン!)って手拍子の合いの手いれるとこが気持いい!
しかしだんだん背後のムービーがやばくなってくる…。
ツイッタにもあげましたが、こんな感じになってましたからね…。

Photo

なんで緊縛のとこやねん!トリミングしてりゃいいってもんじゃねえぞ!と心の中でツッコんだ私です。

対してミンクさんのムービーは、ミンクさんが線画の状態からいきなり星座になっててブッフォワッて吹いた。どこにあるんですか!ミンク座!
しかしホント、どのムービーもキャラの独自性があってすごいなあ…。
リコネクトからシームレスにre:codeの曲になり、ムービーもre:codeのスチルが多用されてましたが、松本さんはre:codeを買ってはいるものの未プレイだったので、かなりネタバレ食らう感じになっていました。

ドラマダのターンが終わり、世界に散らばっている音楽は全部集まったわけですが…。

なんだか互いの世界が過干渉すると、今度逆に強く結びつこうとして、変なもの呼び出しちゃいました~!
というわかるようなわかんないような説明をコノエたんが通訳。
シキとライはいまだに戦ってるし、リークスは出てくるし卯水もでてくるし若ナノも出てくるし、おんぬし様も…出てきたけど作中名前知ってる人いないから、名前呼ばれずスルーされるしでもう混沌を極めきったところで「うわーーーーー」ドカーーーンと世界が爆発。
作者がヤケクソになった打ち切り漫画みたいなノリでバーンとTHE END。

え…ザワザワ…とどよめく場内。
そしてしばらくしてこれがアンコールの幕間であることにみなが気づき、手拍子が鳴り渡る。
やがて……暗闇に歌うたいの猫が流れ始める…。
きたきたきたきたあああああ!!!

それぞれの主人公たちを呼び起こす優しい声…。セイさん!シュイさんんん!!蓉司の姉ちゃん…って、え…?
いやこのメンツは攻略キャラ以外で主人公たちにとって大事な人枠なんだけど!
なんかこれじゃお姉ちゃん死んでるみたいじゃん!
スイプー未プレイの人は絶対姉ちゃん故人と思ってる!またこの寝巻きが余命いくばくもない人感出してるし…。ちゃうねん!この寝巻きは出産して入院中のだから!
そしてナノたん…っておおおおおおおおいいいいいいい!!!
キミ攻略キャラやろ?なんでそこにいんの??
いや確かに運命の人ではあるけど…。しかもさっきアンタ世界破壊してたじゃん!
それに関しては「あれは昔の残留思念がやらかしたことだから」みたいな説明してたけど…。

とにかくあまりのことに、めっちゃいいシーンなのに脳内でツッコミが止まりませんでした。

それはともかく大事な人たちの導きによって、再び目を覚ます主人公ズ。
しかしリークスは破壊光線みたいの出すし、おんぬし様は魔物を呼びだすという新たなスキルを得てるし、卯水は破壊光球だすしで世界は一瞬でヘルライク。

アキラと蒼葉は魔物たちに肉弾戦で応酬してるけど、蓉司どうなるの?こんなの蓉司一瞬で死んじゃうよ!!と本気でハラハラしました。
そこへ謎マスコットらが現れ、自分たちをリークスのとこまで連れてってくれと頼む。そして蓉司が「俺が行く」と言い出し場内にどよめきが。
ここまで身体を心配される主人公もいないだろう…。

そしてコノエはもちろん歌を歌う!
ヒュウウウウ盛り上がるううううううう!!

それぞれの主人公たちの戦い…アキラは「俺はいつだって運命に抗ってきた…だからこの先も自分の運命は自分で切り開く…!」とめっちゃカッコよくキメてるのに蒼葉は「なんかもーいろんなこと起こりすぎてワケわかんねー!」とか激軽いノリ!でもそこが蒼葉らしい…。
そして蓉司は息を切らせ途中で転びながらも走り続ける。マスコットにまで心配される蓉司ですが「大丈夫。こう見えてもけっこう粘り強いんだ」と言ってのける。
こういう絶望的状況での、非力な人の頑張りって胸を打つね…。ていうかこういうときこそ哲雄来いよ!!!

それはともかくなんとかマスコットをリークスの近く(たぶん射程範囲外)まで送り届ける。

そして4体合体するマスコットら…!もしかしてここで今回のキラナイメインビジュアルに変身するのか…?と思ってワクワクしたらそんなことはなかった!!
浄化の光が出て邪悪な皆さんを元の場所に返していきました…。

なんとかすべてが終わり、マスコットらがじつはそれぞれの大事な人たちだったことも判明。
世界が元に戻る前に最後の宴…。そしてラストのライブパート!!

STILL、When the end、Miracles may と涙腺崩壊曲を立て続けたあとにトリのOnly finally there is the free end!!
石井さん。今回4回もお召し物を変えていましたが、わりとガードの固い服だな…と思っててたら最後に胸を大きくはだけていました。正直もっと露出して欲しかったけど…。
それはともかくトリにこういう明るい曲はいいね…と思ってたら大トリがあったああああああああ!!
曲が終わった…と思うやいなや激しい前奏!もう誰もがすぐにわかるGRIND!!
そしてセリからかなこ嬢、ワタナベさんken1さん、HIDEKIさん、世冶さん!
石井さん以外の全員が歌うGRIND!!これがもうめっっっっっっっちゃテンションあがった!!!私も最高潮にタテノリました!!
かなこ嬢が歌うGRIND初めて聴いたけどカッコよかったああ~!!

で、石井さんはというと、縦横無尽に客席を走り回ってました。相変わらず自由でよい。けっこう近くで石井氏が拝めたのでなかなか眼福でした。

そしてもう本当に完全燃焼ってくらい盛り上がりライブ終了!!!

暗くなる場内…。もちろん皆さんあるものを待っています。
そして…きたあああああああ!!!
スロウ・ダメージの告知ーーー!!
といっても、一番最初のドラマダのお披露目ぐらいの情報量でしたが…。
それでも攻略キャラが3人らしい…というとこまではわかったかなー。
これは…2017年内には出ないかな~って感じでしたが、もうキラルクラスタは待つのも楽しいステージまで魂が昇華されてるのでいいのです。待ちます待ちます。

とにかく楽しかったーーーーー!!!
やっぱりキラル…好きっ!!!って気持が再確認できます…。

最近は箱不足問題でライブが難しい状況らしいですが、来年も何かやってくれますように…とせつに願う私でした。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧