2020年7月 3日 (金)

スロウ・ダメージ前日譚コミカライズ 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

キラル公式から1月1日に、スロダメのコミカライズ夏ごろ出るよ!と報があったっきりなんの音沙汰もありませんでしたが、いつの間にかしれ~っと各電子書籍サイトで1話が配信になっておりました。

キラルうううううう!!宣伝しろよおおおお!!

コミックシーモア

Renta!

kindle

まんが王国には入ってなかったみたいです。とりあえず1話は無料です。

で、さっそく読んでみたんですが。

1月1日の記事で私がキャラの立ち絵だけ観て勝手にミリしらしてみたんですが。

とりあえずレイがオネエなしゃべりしてるのだけ合ってた。

タクが医者と予想したのは、たんに立ち絵が医者の恰好してたからですが、まさかトワとレイも医療関係者と思わなかった。
トワは病院の受付、レイは看護師…らしい。
トワのスカーフェイスは、線画お披露目からわかっていましたが、半裸での寝姿は身体中にもあちこち傷が。
手首にはもろリスカ跡がいっぱいで、たぶんではなく完全に自傷癖があって、タクとはその治療をきっかけに知り合ったんだろうな。
病院の受付の仕事もおそらくタクが社会復帰の一環でやらせてるんだろうな。

街に現れるウリ専狙いの吸血鬼の噂…。ある夜路地裏でその現場を目撃してしまうトワ、血を渇望する男、班目との出会い…。
トワは「血を飲ませてやるからその衝動を描かせろ」と言い、班目に首筋を噛ませる…。
そして帰宅してすぐにキャンバスに向かい合う…。

うっわ…。このトワ、歴代主人公のなかでもぶっちぎりの病みっぷりやん…。
この人キラルナイトで他の主人公たちとキャッキャとか絶対できねえぞ…。

そしてやっとおおまかな世界観がわかったわけですが、これぞキラル!って感じでぞくぞくする…!!

正直もう今年中には出ねえなとは思ってますが、期待が高まります!!

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

咎狗&キラル15周年!

後藤羽矢子です。

今日は咎狗発売&キラル創立15周年!

ついこないだ10周年記念絵を描いた気がするのに!!

仕事が終わったのが21時でしたが、なんとかすべりこみで記念絵を描きました。

15_20200225230601
アキラたんに関しては親の顔よりよく描いたので、もう何も見なくても描ける…。もはや血肉。

似せる気は15年経ってもないんですけど…。

キラルも、この節目の年にスロダメ出したいって言っていましたし、その言葉信じますよ!!!

来年のいまごろにはスロダメの話題で盛り上がっている自分がいる……そう信じたい。

そんなわけで15周年おめでとうございます!!

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

クソ発言集

後藤羽矢子です。

私が最近大好きな、この方の会社の人の発言まとめ。

ツイッターでもじわじわ流行ってて、このスタイルの発言集をちらちら見るようになりました。

なので私もBLゲーユーザークソ発言集をまとめてみました。

私や松本さんや他のお友達との会話などを引用しております。

Photo_20200109165601

本当はもっと日々馬鹿なことを言ってるんですが、意外と記録しようとすると覚えていない…。

ちなみに使ったのは装甲明朝というフリーフォントで、買ったはいいけど全然使いこなせてなかったので、使えてよかったです。

もっと他の人のも色々見たいなあ…。皆さんお友達と気の狂った会話してるでしょ?
そういうのをぜひまとめてツイッターに放流してください。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

後藤羽矢子です。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末はドマステに頭が煮立ってたし(いまもけっこうまだ沸いてる)年明けは同人ゲームパウダーグレイをプレイしていて、今年もまたBLゲーと寄り添う一年になりそうです。

パウダーグレイは元々小品なので、もうクリアしました。感想は後日あらためて。

そしてスロウダメージのサイトがやっと少し進みましたね…。
あらすじとキャラの立ち絵がやっときた…。

しかしあらすじ…。「現代日本 2xxx年。新神海に住む主人公のトワは、明日のことなど考えない、自堕落で刹那的な日々を送っていた……」

ってあらすぎない?

どんな話か欠片もわからんぞ!!!

そしてやっと攻略キャラのお披露目……。パッと見の印象……医者はまあさすがに医者とわかるけど、ミリしらで予想してみると…。

タク モグリの医者。やばい案件も引き受けてくれる。トワの傷も彼が手術した。

レイ モデルもやってるオネエ。トワのよき理解者。

斑目 元傭兵。普段は落ち着いているが時々戦地の記憶がフラッシュバックする。

藤枝 なんかお偉いさんの秘書。その実スパイ。情報を斑目に横流ししている。

そんなイメージ。

そして発売前に前日譚コミカライズの報。
発売前のコミカライズって斬新やな…。
といってもキラルのコミカライズ、まだひとつも完結していないので(咎狗の山本版は完結してるけど)大丈夫か…という気になる…。

でも世界観に触れられるだけでもありがてえ…。さすがに前日譚なら最後までやるだろうし…。

スロダメはいままでのキラルの進行の具合とあまりにも違いすぎてて、いろいろ戸惑いが強くて、やや斜に構えてしまっている自分がいる…。

発売されたらもちろんそんな気分も吹き飛ぶだろうし、はよプレイしたい…。

そんなわけで2020年もいろいろ楽しみです!

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

Cool-B1月号感想ネタバレ 表紙編

後藤羽矢子です。

どうでもいいけど、前回の記事、興奮のあまりノリがすごく気持ち悪いな…。読み返すと恥ずかしい…。直さないけど。

昨日はGOATBEDのライブに行ってきて今日も行くんですけど、ライブレポは後日ということで、今日はくるびのアレコレについて。

推し表紙大選挙。
その報を聞いた瞬間から、悪魔ライコノしかねえな…と思っていて。
改めて全表紙イラストをしげしげ眺めて、やっぱり悪魔ライコノだな…と思ってしまいました。

Lamentoのことをよく知らない方に説明いたしますと、まず悪魔ライコノは公式ではない。
悪魔コノエは本来はラゼルさんのものであり、悪魔ライさんはライルートのBADENDの成れの果ての姿であり、違うルートの存在なのです。
そんなふたりをあえてカップリングにしちゃうことで、NTR感満載だし、悪魔という存在のインモラルさも引き立つしで最高としかいいようがない。
ちなみに本編での悪魔コノエは、素っ裸の状態の絵しかなく、悪魔ライさんも本編ではまだ通常の服を着ていたので、悪魔の服を着ているふたりというのもこのイラストが初出しだったわけです。
このイラストを初めて見たときの衝撃はそれはそれはすさまじく、興奮のあまり速攻でSSを書いてしまうほどでした。

そして、その一ヵ月後にたたなさんの退職の報…。この天国から地獄へのアップダウンの落差がすさまじく、そのことでこのイラストの印象が強く焼きついているのです…。

表紙選挙、ひとつしか選べないから悪魔ライコノ一択って感じですが、みっつぐらい選べるなら、Vol.75の時雨と京一郎のと、Vol.26のジュリジャンを選びたいかな…。やっぱりカップリング絵は心が揺さぶられる…。

拍手お返事。おりたたんでます。

 

続きを読む "Cool-B1月号感想ネタバレ 表紙編"

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

2020年は豊作?!

後藤羽矢子です。

少し前に東京24区の発売延期が発表され、私としては最初の発売予定を聞いたときから「絶対無理やろ」と思っていたので、全然驚きませんでした。むしろ延期しないで最初に発表した発売日に発売できたゲームってあるんだろうか…。

そんな折、昨日突然!paradeが新作の発表!現在はティザーサイトで、本サイトは2月公開を予定、ゲームのほうは2020年6月の予定だそうです。以前、雨宮PがツイッターでとうぶんBLゲーの予定はないみたいなことを言っていたので、新作が来るなんてまったく予想もしていませんでした。いやー嬉しいなあああ!!!

タイトルは「Lkyt 」だそうですが、なんて読むんだ……。 調べても出てこないぞ。

そしてティザーサイトトップ画像にいる一番手前の主人公っぽい子が総攻めのようです。
果たして時代ものなのか?和風の世界観な異世界なのか?期待が高まります。

現在の予定は東京24区が3月27日、ウルCが春ごろ、Lkyt が6月ごろ、そしてまっっっったく音沙汰のないスロウダメージが一応2020年発売ということになっていますので、来年はかなりBLゲーム豊作年になりそうです!
それにしてもスロダメ……冬コミでなんらかの発表があるという匂わせをしておりますが、去年の冬コミは発売年を決定したチラシだったしそれで1年もたせたのがすごい…!これで次の情報がやっぱり2021年になりました!だったらどうしよう…。いまのペースじゃ充分ありえる…。

まあできれば2020年の12月でもいいから出してほしい…。スロダメに関しては当初から小品のイメージというか、大作ではないよな…という気がしている。山椒は小粒でピリリと辛いというか…タイトで辛口め…王道作品の合間の珍味…と思うのですが、こういう作品こそインターバル空けずにサクッと出してほしかった…。まあ、作る側にもいろいろな事情があるのでしょうけれど。

ハッ…なんだか愚痴めいてしまった…。でもキラルも合間合間にいろいろ燃料入れてくれるからまだまだ待てる…。

そんなわけで2020年はいろいろ楽しみですわー!!

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

あんまり嘘のない4月1日

後藤羽矢子です。

今日は松本さんとバナナフィッシュの原画展を観に行き、原画の美しさに見惚れている間に、新元号も発表になりました。

令和…いい響きですね。令和最初のBLゲームはParadise極…。うんしっくりくる。

そして企業のエイプリルですが、一部ありえないほど力を入れているところ以外は、全体的に縮小傾向…。
キラルもやっぱりありませんでしたが、できぬキャラたちが平身低頭で謝っているアニメーションが可愛かったので、それで充分な気持ちになりました。蓉司は謝っているというより、身体の不調で苦しんでるみたいに見えるし、アキラは屈辱に耐えてるみたいに見えるけど…。

あとヤマダサクラコさんが個人で公式から許可を得て、シニシカントメーカーを作っていました。
こういうのって楽しいですよねー…。
さっそく私もやってみました。

Download20190401223445

そしてできあがった謎のイケメン…楽しい~!!

シニシカントのキャラ分だけとはいえけっこうパーツとかたくさん作ってるのに一日だけなのは勿体ないなあ…。


それと個人的に今回の目玉はてんねんのGDの広報バクシーでしょう…。
バクシーさん突然ツイッターに出てきたと思ったら、今年の10月10日、ジャンさんの誕生日にジャンさん抱き枕を発売すると発表!
しかもどういうのがいいかとアンケートまで取ってる!

普通エイプリルのネタだったら、すぐに嘘とわかるように200019年とか表示したりするものですが、これはきっぱり2019年と言い切ってる…。

ガチ……なのか?

しかも面白いのはそれだけでなく、そのツイートに対してラキドクラスタたちのリプがぶわーーーーーーっとついて、それにひとつひとつバクシーサンが返答しているのです。
数えてみたところ現在49人にまでお返事してて、すげえなバクシー!!!なんてサービス精神!
しかもジャンさんとのセックスを匂わせるなどのネタも盛り込んできてるし、これを読んでるだけで萌えが充填できてしまう…。

あっ!最新のツイートでジャンさんが出てきて、やっぱりどうもネタであるみたいです。
うーん残念…。
でもCR:5の皆様も出てきたし、最高に楽しめました…!

一方、ネタでなく本当の情報といえば。

ADELTAさんが5周年を迎えられ、さらに企画の情報開示。

なんと橋姫の楽曲がカラオケ配信…!
やっぱりまったく予想もつかないところがきたーー!!

カラオケかあ…。面白いけど私は歌わないなあ…。松本さんに「君の鼻歌聴いてると不安定な気持ちになる」と言われるほどの本気の音痴なんで…。でもカラオケの雰囲気は好きなんでMさんと行って、Mさんが歌うのを聴いていよう。

なんか今日はバナナフィッシュの原画展も含めて、一日の情報量が多すぎて消化しきれない…!

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

BL死にゲー

後藤羽矢子です。
先日ツイッターで「BLゲームは90%人が死ぬ」という、BLゲーをやらない人間には俄かには信じがたいがBLゲーユーザーには「それな~!」という内容のツイートが流れてきました。

人が死なないBLゲー…これがなかなかないんですよね…。
ノベルゲーという色んなENDが楽しめる媒体では、バリエーションとして死にENDが入ることがどうしても多くなるんですよね…。やっぱり悲劇ってグッときますし。

バカエロゲーのみずたまですら攻略キャラが死ぬENDあるし。

パッと思いつくのは、最近の作品だからですが、ノンケ一発食べ放題ですね。
このタイトルで死にENDがあったらむしろ怖い。
あと神様(仮)もなかった気がする…。微妙に曖昧なんですけど…。まあ主人公神だし…。

あとコイビト遊戯もなかった気がする!コイビト遊戯は、兄にチンコから尿を吸われたり、クラスの男子全員に輪姦されたり、犬とまぐわさせられたり、アヘ顔ビデオレター送られたりと極悪BADの目白押しだから…。このBADの前じゃ生半可な死にENDなんか裸足で逃げますよ。

あと俺の下であがけも確かなかった気がする…。こっちもBADがなかなか凶悪だからなあ…。

逆に人がいっぱい死ぬBLゲーといえば。

モブの死まで含めれば、ラスポス戦での帝都大火災で市民が死にまくったメビウスラインが優勝!ですが、ここはモブや市井の方々の死はノーカンということにします。

ていうかそれ省いてもメビウスラインはかなり上質な死にゲーではあるんですが…。

なんせ千家ルートの屍累々っぷりは素晴らしかった…。
ご丁寧に館林さんを3回違うやり方で殺し、時雨は千家を庇った京一郎に絶望しながら殺され、千家自身もBADで二回も死に、京一郎も伊勢兄弟に殺されゾンビ化…。
館林さんは館林さんで自分のルートでも自殺するし、高潔なゆえに生き汚さのない人は死にやすいのだなと痛感いたしました。

あとやっぱり橋姫は省くわけにはいかないでしょう!
攻略キャラたちがそれぞれのルートで、ありとあらゆる死に様を見せてくれる…。
しかも首を切られる殺され方がやたら多い…。人死にの多いBLゲーでも首を跳ねられるシーンがここまで多いのもそうそうない…。
しかし橋姫の場合、死んでしまったら戻ってやり直しというパターンなので、本当の意味で死に別れてはいないんだよな…。
むしろ、Q&Aのネタにあった先立たれる話が見たいよ…。

ちなみに私は個人的に、攻略キャラが自分以外のルートで死ぬのがかなり好き…。

これは咎狗で植えつけられた性癖なんです。
咎狗は私が初めてプレイしたBLゲーなので、いろんな部分に刷り込みがあったわけですが。
特に好きだったのが、シキルートでひっそりとリンがシキに殺されたのを仄めかしてたり、ナノルートでナノがシキを殺したことを仄めかしてたり、はっきりとは描写してないけど、それがまた無常感を醸していたし、なによりルート外でもそれぞれのキャラたちの時間も物語も進んでいるということが感じられて痺れたんですよねー…当時。

あと!シニシカントときんとうかにあった、死を約束された者が残された時間に精一杯愛し合うというのも大好き!
これは悲恋ものの王道ネタではあるけど、意外とBLゲーでは少ないんですよねー…。
シニシカもきんとうかも都志見さんシナリオだし、都志見さんもこういうのが好きなのかな…。

しかしふりかえってみると、私死にネタ相当好きだな!
でもたぶんBLゲーユーザーの多くは死にネタ好きだと思う!
それを考えるとBLゲーの死にネタ率の高さはユーザーり要望に応えているといえるでしょう…。

今後のBLゲーにもいい死に様が出てきますように…。

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

蒼葉ちゃんバッグと開設記念日とよしなしごと

後藤羽矢子です。
そういえば今日はこのブログの開設記念日でした。
13周年って我ながらすごいな…。
たまにバックナンバー読み返すと、ついこないだと思ってたことが3年前だったりしてて、時の速さにびびります。
とりあえずBLゲームが存在する限りこのブログも続けますので今後ともよろしく…。
そして本日、蒼葉ちゃんのバッグやってきました。
やったあー!

Img_4939

思えばちょうど2年前のいまごろの記事で「蒼葉ちゃんのバッグ、グッズ化してくれ!」などと言ってたので願いが叶って嬉しいです。

バッグの内部は攻略キャラモチーフ!

Img_4940

この棒はなんだ…と思ったらミンクさんの煙管か…。
もういい歳なので普段使い的には厳しいですが、イベントにはガンガン持っていきたい!
10月のオンリーには、きっと持ってくる人がいっぱいいるんだろうな~。これバッグ本体が軽いし、本もいっぱい入りそうでいい。
GOATBEDのスポーツバッグも気に入ってはいるんですが、あれ、バッグ本体がけっこうな重さなので外をテクテク歩くような時には体力を消耗するので持っていけないのです…。
バッグは軽さも大事!
ちなみに、ノイズと蒼葉モチーフのブレスレットも買っていて、先日のゴートのライブにつけて行ったのですが、帰宅してはずそうとして、ちょっとグイッとやったらバーン!と弾け飛びました。わずか一日の命でした…。
ていうかあんな繊細なアクセ、雑な私がつけていいものじゃなかった…。
話変わって、コミケでは企業のへんに行く気力がなく、スロダメのチラシももらってこれなかったのですが、後日Mさんが「アニメイト行くからもらってきましょうか?」と言ってくださって、わざわざ送ってくれたのです。
わーカッコエエ~!と見ていたら「今冬、続報発表予定」とかいてってブッフォ!となる。
どんだけスロウなんでしょうか。
まさか最初の発表から3年ティザーサイトのままとか思いませんでしたよ!
今冬にはせめて本サイトになってますように…。
そんなわけでまだまだいろいろ追っていきますので、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

BLゲーキャラのオシャレ意識 ドラマダ編

後藤羽矢子です。

延び延びになってましたが、ドラマダ編です。

キラル主人公ズのなかでは、蒼葉ちゃんが一番オシャレ意識高いのは間違いないでしょう。

お気に入りの服のブランドがある、というだけでも「す…すげえー」となるほどです。

他の方々もみなオシャレに対しての自負というか、自分にとってのオンリーワンオシャレというものを確立しています。

ただそれがあまりにも、バリコレ並みにぶっちぎってるせいか、ドラマダ界から一歩出ると激しく浮くというか…。
キラルライブのイベントシーンで、スイプーの世界で蓉司と紅雀がバッティングしたときなんて、蓉司、紅雀を見るなり逃げ出してましたからね…。
確かにあの姿だけ見たら、善弥よりヤバいって思っちゃいますよ。
主人公ズが一堂に会するシーンでも、アキラと蓉司が寒色系、コノエたんがアースカラー、蒼葉がパステル系で、蒼葉ちゃんだけ浮きあがってましたからね……。

ドラマダは蒼葉ちゃん以外も、竜峰の首まわりに大ドクロ、腰まわりに中ドクロ、手首に小ドクロといった、執拗なまでのドクロへのこだわりとか、ミンクさんの、どう考えても肩こりに悩まされそうなでかい錠前とか、ツッコもうと思えばいくらでもツッコめるオシャレワールドではあるんですが。

でもね。オシャレってのは攻めてなければオシャレじゃないと思うんですよ。
中庸な安全地帯でオシャレにツッコみをいれるなんて誰でもできる。

攻めて攻めて「これがオシャレなんだよ!」って周りをねじ伏せてこそ、オシャレなんだと思う。
石井氏が先日のライブで着てた、乳首丸出しの黒のタートルネックだって、私の目にはめっちゃオシャレに見えるし!

以前キラルが「OMEKASI」というキラルキャラがオシャレしてキメキメにしているイラスト集を出していましたが(ていうかまだニトストで売ってた
あれが出た当時、私たちは「おめかしなのか罰ゲームなのか」などと揶揄した記事を描いてしまいましたが、やっぱりオシャレっていうのはあれぐらい攻めていたほうがいい…。

といいつつ、ドラマダのファッションで一番「か…かっこいい~~!」と思ったのは、全員がスーツでキメてるバレンタインイラストでした。
やっぱりスーツはいいよね…。スーツは…。

あ。あとお花見イラストで、何故か皆さんが攻め攻めの衣装から一転、すさまじく普段着でそれも逆に新鮮でした。
なんか芸能人のプライベートを覗きみるような感じで…。

結局なんでもいいんかい!って話になってしまいますが…。まあなんでもいいんですよね。
キラルの方々なら、どんな服を着てても、たぶん私はかっこいいと思える!

拍手お返事。おりたたんでいます。

続きを読む "BLゲーキャラのオシャレ意識 ドラマダ編"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧