2019年11月26日 (火)

2020年は豊作?!

後藤羽矢子です。

少し前に東京24区の発売延期が発表され、私としては最初の発売予定を聞いたときから「絶対無理やろ」と思っていたので、全然驚きませんでした。むしろ延期しないで最初に発表した発売日に発売できたゲームってあるんだろうか…。

そんな折、昨日突然!paradeが新作の発表!現在はティザーサイトで、本サイトは2月公開を予定、ゲームのほうは2020年6月の予定だそうです。以前、雨宮PがツイッターでとうぶんBLゲーの予定はないみたいなことを言っていたので、新作が来るなんてまったく予想もしていませんでした。いやー嬉しいなあああ!!!

タイトルは「Lkyt 」だそうですが、なんて読むんだ……。 調べても出てこないぞ。

そしてティザーサイトトップ画像にいる一番手前の主人公っぽい子が総攻めのようです。
果たして時代ものなのか?和風の世界観な異世界なのか?期待が高まります。

現在の予定は東京24区が3月27日、ウルCが春ごろ、Lkyt が6月ごろ、そしてまっっっったく音沙汰のないスロウダメージが一応2020年発売ということになっていますので、来年はかなりBLゲーム豊作年になりそうです!
それにしてもスロダメ……冬コミでなんらかの発表があるという匂わせをしておりますが、去年の冬コミは発売年を決定したチラシだったしそれで1年もたせたのがすごい…!これで次の情報がやっぱり2021年になりました!だったらどうしよう…。いまのペースじゃ充分ありえる…。

まあできれば2020年の12月でもいいから出してほしい…。スロダメに関しては当初から小品のイメージというか、大作ではないよな…という気がしている。山椒は小粒でピリリと辛いというか…タイトで辛口め…王道作品の合間の珍味…と思うのですが、こういう作品こそインターバル空けずにサクッと出してほしかった…。まあ、作る側にもいろいろな事情があるのでしょうけれど。

ハッ…なんだか愚痴めいてしまった…。でもキラルも合間合間にいろいろ燃料入れてくれるからまだまだ待てる…。

そんなわけで2020年はいろいろ楽しみですわー!!

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

あんまり嘘のない4月1日

後藤羽矢子です。

今日は松本さんとバナナフィッシュの原画展を観に行き、原画の美しさに見惚れている間に、新元号も発表になりました。

令和…いい響きですね。令和最初のBLゲームはParadise極…。うんしっくりくる。

そして企業のエイプリルですが、一部ありえないほど力を入れているところ以外は、全体的に縮小傾向…。
キラルもやっぱりありませんでしたが、できぬキャラたちが平身低頭で謝っているアニメーションが可愛かったので、それで充分な気持ちになりました。蓉司は謝っているというより、身体の不調で苦しんでるみたいに見えるし、アキラは屈辱に耐えてるみたいに見えるけど…。

あとヤマダサクラコさんが個人で公式から許可を得て、シニシカントメーカーを作っていました。
こういうのって楽しいですよねー…。
さっそく私もやってみました。

Download20190401223445

そしてできあがった謎のイケメン…楽しい~!!

シニシカントのキャラ分だけとはいえけっこうパーツとかたくさん作ってるのに一日だけなのは勿体ないなあ…。


それと個人的に今回の目玉はてんねんのGDの広報バクシーでしょう…。
バクシーさん突然ツイッターに出てきたと思ったら、今年の10月10日、ジャンさんの誕生日にジャンさん抱き枕を発売すると発表!
しかもどういうのがいいかとアンケートまで取ってる!

普通エイプリルのネタだったら、すぐに嘘とわかるように200019年とか表示したりするものですが、これはきっぱり2019年と言い切ってる…。

ガチ……なのか?

しかも面白いのはそれだけでなく、そのツイートに対してラキドクラスタたちのリプがぶわーーーーーーっとついて、それにひとつひとつバクシーサンが返答しているのです。
数えてみたところ現在49人にまでお返事してて、すげえなバクシー!!!なんてサービス精神!
しかもジャンさんとのセックスを匂わせるなどのネタも盛り込んできてるし、これを読んでるだけで萌えが充填できてしまう…。

あっ!最新のツイートでジャンさんが出てきて、やっぱりどうもネタであるみたいです。
うーん残念…。
でもCR:5の皆様も出てきたし、最高に楽しめました…!

一方、ネタでなく本当の情報といえば。

ADELTAさんが5周年を迎えられ、さらに企画の情報開示。

なんと橋姫の楽曲がカラオケ配信…!
やっぱりまったく予想もつかないところがきたーー!!

カラオケかあ…。面白いけど私は歌わないなあ…。松本さんに「君の鼻歌聴いてると不安定な気持ちになる」と言われるほどの本気の音痴なんで…。でもカラオケの雰囲気は好きなんでMさんと行って、Mさんが歌うのを聴いていよう。

なんか今日はバナナフィッシュの原画展も含めて、一日の情報量が多すぎて消化しきれない…!

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

BL死にゲー

後藤羽矢子です。
先日ツイッターで「BLゲームは90%人が死ぬ」という、BLゲーをやらない人間には俄かには信じがたいがBLゲーユーザーには「それな~!」という内容のツイートが流れてきました。

人が死なないBLゲー…これがなかなかないんですよね…。
ノベルゲーという色んなENDが楽しめる媒体では、バリエーションとして死にENDが入ることがどうしても多くなるんですよね…。やっぱり悲劇ってグッときますし。

バカエロゲーのみずたまですら攻略キャラが死ぬENDあるし。

パッと思いつくのは、最近の作品だからですが、ノンケ一発食べ放題ですね。
このタイトルで死にENDがあったらむしろ怖い。
あと神様(仮)もなかった気がする…。微妙に曖昧なんですけど…。まあ主人公神だし…。

あとコイビト遊戯もなかった気がする!コイビト遊戯は、兄にチンコから尿を吸われたり、クラスの男子全員に輪姦されたり、犬とまぐわさせられたり、アヘ顔ビデオレター送られたりと極悪BADの目白押しだから…。このBADの前じゃ生半可な死にENDなんか裸足で逃げますよ。

あと俺の下であがけも確かなかった気がする…。こっちもBADがなかなか凶悪だからなあ…。

逆に人がいっぱい死ぬBLゲーといえば。

モブの死まで含めれば、ラスポス戦での帝都大火災で市民が死にまくったメビウスラインが優勝!ですが、ここはモブや市井の方々の死はノーカンということにします。

ていうかそれ省いてもメビウスラインはかなり上質な死にゲーではあるんですが…。

なんせ千家ルートの屍累々っぷりは素晴らしかった…。
ご丁寧に館林さんを3回違うやり方で殺し、時雨は千家を庇った京一郎に絶望しながら殺され、千家自身もBADで二回も死に、京一郎も伊勢兄弟に殺されゾンビ化…。
館林さんは館林さんで自分のルートでも自殺するし、高潔なゆえに生き汚さのない人は死にやすいのだなと痛感いたしました。

あとやっぱり橋姫は省くわけにはいかないでしょう!
攻略キャラたちがそれぞれのルートで、ありとあらゆる死に様を見せてくれる…。
しかも首を切られる殺され方がやたら多い…。人死にの多いBLゲーでも首を跳ねられるシーンがここまで多いのもそうそうない…。
しかし橋姫の場合、死んでしまったら戻ってやり直しというパターンなので、本当の意味で死に別れてはいないんだよな…。
むしろ、Q&Aのネタにあった先立たれる話が見たいよ…。

ちなみに私は個人的に、攻略キャラが自分以外のルートで死ぬのがかなり好き…。

これは咎狗で植えつけられた性癖なんです。
咎狗は私が初めてプレイしたBLゲーなので、いろんな部分に刷り込みがあったわけですが。
特に好きだったのが、シキルートでひっそりとリンがシキに殺されたのを仄めかしてたり、ナノルートでナノがシキを殺したことを仄めかしてたり、はっきりとは描写してないけど、それがまた無常感を醸していたし、なによりルート外でもそれぞれのキャラたちの時間も物語も進んでいるということが感じられて痺れたんですよねー…当時。

あと!シニシカントときんとうかにあった、死を約束された者が残された時間に精一杯愛し合うというのも大好き!
これは悲恋ものの王道ネタではあるけど、意外とBLゲーでは少ないんですよねー…。
シニシカもきんとうかも都志見さんシナリオだし、都志見さんもこういうのが好きなのかな…。

しかしふりかえってみると、私死にネタ相当好きだな!
でもたぶんBLゲーユーザーの多くは死にネタ好きだと思う!
それを考えるとBLゲーの死にネタ率の高さはユーザーり要望に応えているといえるでしょう…。

今後のBLゲーにもいい死に様が出てきますように…。

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

蒼葉ちゃんバッグと開設記念日とよしなしごと

後藤羽矢子です。
そういえば今日はこのブログの開設記念日でした。
13周年って我ながらすごいな…。
たまにバックナンバー読み返すと、ついこないだと思ってたことが3年前だったりしてて、時の速さにびびります。
とりあえずBLゲームが存在する限りこのブログも続けますので今後ともよろしく…。
そして本日、蒼葉ちゃんのバッグやってきました。
やったあー!

Img_4939

思えばちょうど2年前のいまごろの記事で「蒼葉ちゃんのバッグ、グッズ化してくれ!」などと言ってたので願いが叶って嬉しいです。

バッグの内部は攻略キャラモチーフ!

Img_4940

この棒はなんだ…と思ったらミンクさんの煙管か…。
もういい歳なので普段使い的には厳しいですが、イベントにはガンガン持っていきたい!
10月のオンリーには、きっと持ってくる人がいっぱいいるんだろうな~。これバッグ本体が軽いし、本もいっぱい入りそうでいい。
GOATBEDのスポーツバッグも気に入ってはいるんですが、あれ、バッグ本体がけっこうな重さなので外をテクテク歩くような時には体力を消耗するので持っていけないのです…。
バッグは軽さも大事!
ちなみに、ノイズと蒼葉モチーフのブレスレットも買っていて、先日のゴートのライブにつけて行ったのですが、帰宅してはずそうとして、ちょっとグイッとやったらバーン!と弾け飛びました。わずか一日の命でした…。
ていうかあんな繊細なアクセ、雑な私がつけていいものじゃなかった…。
話変わって、コミケでは企業のへんに行く気力がなく、スロダメのチラシももらってこれなかったのですが、後日Mさんが「アニメイト行くからもらってきましょうか?」と言ってくださって、わざわざ送ってくれたのです。
わーカッコエエ~!と見ていたら「今冬、続報発表予定」とかいてってブッフォ!となる。
どんだけスロウなんでしょうか。
まさか最初の発表から3年ティザーサイトのままとか思いませんでしたよ!
今冬にはせめて本サイトになってますように…。
そんなわけでまだまだいろいろ追っていきますので、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

BLゲーキャラのオシャレ意識 ドラマダ編

後藤羽矢子です。

延び延びになってましたが、ドラマダ編です。

キラル主人公ズのなかでは、蒼葉ちゃんが一番オシャレ意識高いのは間違いないでしょう。

お気に入りの服のブランドがある、というだけでも「す…すげえー」となるほどです。

他の方々もみなオシャレに対しての自負というか、自分にとってのオンリーワンオシャレというものを確立しています。

ただそれがあまりにも、バリコレ並みにぶっちぎってるせいか、ドラマダ界から一歩出ると激しく浮くというか…。
キラルライブのイベントシーンで、スイプーの世界で蓉司と紅雀がバッティングしたときなんて、蓉司、紅雀を見るなり逃げ出してましたからね…。
確かにあの姿だけ見たら、善弥よりヤバいって思っちゃいますよ。
主人公ズが一堂に会するシーンでも、アキラと蓉司が寒色系、コノエたんがアースカラー、蒼葉がパステル系で、蒼葉ちゃんだけ浮きあがってましたからね……。

ドラマダは蒼葉ちゃん以外も、竜峰の首まわりに大ドクロ、腰まわりに中ドクロ、手首に小ドクロといった、執拗なまでのドクロへのこだわりとか、ミンクさんの、どう考えても肩こりに悩まされそうなでかい錠前とか、ツッコもうと思えばいくらでもツッコめるオシャレワールドではあるんですが。

でもね。オシャレってのは攻めてなければオシャレじゃないと思うんですよ。
中庸な安全地帯でオシャレにツッコみをいれるなんて誰でもできる。

攻めて攻めて「これがオシャレなんだよ!」って周りをねじ伏せてこそ、オシャレなんだと思う。
石井氏が先日のライブで着てた、乳首丸出しの黒のタートルネックだって、私の目にはめっちゃオシャレに見えるし!

以前キラルが「OMEKASI」というキラルキャラがオシャレしてキメキメにしているイラスト集を出していましたが(ていうかまだニトストで売ってた
あれが出た当時、私たちは「おめかしなのか罰ゲームなのか」などと揶揄した記事を描いてしまいましたが、やっぱりオシャレっていうのはあれぐらい攻めていたほうがいい…。

といいつつ、ドラマダのファッションで一番「か…かっこいい~~!」と思ったのは、全員がスーツでキメてるバレンタインイラストでした。
やっぱりスーツはいいよね…。スーツは…。

あ。あとお花見イラストで、何故か皆さんが攻め攻めの衣装から一転、すさまじく普段着でそれも逆に新鮮でした。
なんか芸能人のプライベートを覗きみるような感じで…。

結局なんでもいいんかい!って話になってしまいますが…。まあなんでもいいんですよね。
キラルの方々なら、どんな服を着てても、たぶん私はかっこいいと思える!

拍手お返事。おりたたんでいます。

続きを読む "BLゲーキャラのオシャレ意識 ドラマダ編"

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

BLゲーキャラのオシャレ意識 sweet pool編

後藤羽矢子です

こんなに回を重ねて書くような記事か?って感じですが、スイプー編です。

スイプーの方々は現代の若者らしく、皆さんオシャレに興味はあるって感じです。
しかしそのオシャレ観が若干トガリすぎてるというか…。
正直、最初に蓉司の私服を見たときは「?!」となりましたし、睦の私服を見たときも「?!」となりました…。
スイプーの世界では当時アシンメトリーが流行っていたんですね。

しかし思うんですけど、二次元絵に柄物の服って相性悪いんじゃないかなー。
時々アニメの版権絵で、キャラの皆さんがえらいことになってる絵があったりしますが、ああいうときは大抵柄物の服な気がする。
もちろん柄物のすべてが悪いわけじゃありませんが、取り扱いに注意がいる素材なことには間違いありません。
善弥のドット柄のシャツはよかったしね…。
そして善弥の私服はけっこう好きだ…。

哲雄の私服は数年後のスチルしかありませんが、タグが思いっきり見えてるのは、そういうデザインなんだろうか…。いやもちろんそうなんだろうけど!

数年前に、担当さんがそういうタグが見えてるTシャツを着ていて、おそるおそる聞いてみたら「こういうデザインなんですよー」と言っていたのですが、編集部内でもメチャクチャツッコまれてると言ってて、それはもう裏表逆と変わらないんでは?と思いました。

A27cdptciaalllz

以前ツイッターにあげた画像。掲載了承済み。

しかし哲雄さんも、黒くシンプルな服なのに、ひと主張入れてくるとはさすがです。
スイプーの方々はやはりオシャレ意識高いぜ…。

なんかツッコミ過多な記事になってしまってすいません…。服をツッコまれるのは現代ものの宿命ってことで…あと「蓉司の私服、変じゃねーし!」という方がいましたらすいません…。

次回はドラマダ編です。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

BLゲーキャラのオシャレ意識 Lamento編

後藤羽矢子です。

何故か脈絡もなく始まったBLゲーキャラのオシャレ意識語り。今回はLamento編です。

Lamentoはオシャレ意識高い人多い!
やっぱりファンタジーはビジュアルが命ですからね!

私も最初はコノエたんのブーツを見て「森のなかを旅するのにあのハイヒール…!」とけっこうギョッとしたんですが、彼らは身体能力の高い猫だし、あれで走り回ることなど造作もないのでしょう。むしろあのヒールは武器にもなりそうだし、固い木の実を砕くのにいいのかもしれない。

まあコノエたんは一見オシャレに見えるけど、本人的にはそのつもりはない系。

ライさんは完全に身を飾ることを意識していると思う。
あのブーツ!あのベルト!実用性だけとは言わせない洒落っ気がムンムンしている…。
END後はコノエたんの服もコーデしてあげてると思うし…。

バルドもめっちゃオシャレだと思う。
花柄をあしらった上着と生肌のチラ見せなんてパリコレかよって感じだし。
作中ではオヤジ扱いだったけど、たぶん人間年齢でいえば40前だろうし、雄としては一番脂ののってる時期ですよ。そのギラッとした色気と花モチーフの調和が絶妙。

アサトはオシャレという概念すら持ってなさそう。
しかしあの村全体、閉鎖された空間なわりにみんな妙にオシャレなんだよな…。
カガリの服とか…近未来感すら漂ってるし…。
閉鎖されてるがゆえのガラパゴス的なファッション感覚が発達したのでしょうか。

ウルとキルは一分の隙もないオシャレさん。
双子コーデしつつ、カラーリングやシルエットに対称性持たせてるところとか、自分たちが見られることを意識してなきゃできませんよ。

リークスのオシャレ意識は完全にシキさんと同系統。あの仮面といい、ひきこもりという経歴といい、中二意識を具現化したタイプのオシャレです。最高です。

悪魔らは…まあ悪魔だしな…ってことで割愛(すいません)

しかし改めてLamentoの立ち絵を見返してて、そのキャラデザのセンスのよさに惚れ惚れとしてしまった…。
やっぱりたたなさんすげえわ…としみじみと感じ入りました。

次回はスイプー編です。

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

こつこつリズムカーニバルをやっていますが、Sweetですらまだノーミスでクリアできない曲があって、どんだけ下手なんだよ…って感じです。

とりあえずツイッターで「リズムカーニバル」で検索すると、豪の方々のツイートが出てくるのですが、ノーツ…?シーケンス…?裏拍…?なんか聞きなれない言葉が色々出てきて、自分の初心者ぶりを思い知ります。

こんなどのつく初心者でも、とりあえずSweetならクリアできるのが本当にありがたいです。

ビターのほうまで行けるとはとても思えないので諦めてますが、せめてレギュラーだけでもできるようになりたい…。

ゲームってやってると、しんどいけどまだ昇っていけると感じられる部分と、もうここから先は行けないと絶対的な壁を感じる時があります。
GRINDのレギュラーはまだ頑張れば行けそうと思うのですが、Only finally there is the free endのレギュラーには早々に壁を感じてやばい…。

まあ時間はたっぷりありますので、人間の可能性を信じて頑張りたいと思います。

ところで昨日、松本さんちに強襲をかけ橋姫と副読本を押しつけてまいりました。
Mさんが松本さんにプレッシャーをかけるために贈与し、あまつさえ「是非プレイしてください~」とメッセージ入りの葉書まで添えてたので、これは一刻も早く渡すしかない!と思いまして。
松本さんはかなり面食らって「こんな激しい布教されるのも久しぶりだからなんだか新鮮だわ」と言いつつ、インストールまではしてくれました。
あーねー…10代や20代の始めの頃は、なにかにハマったらなりふり構わない布教とかしてたよねー。私もハマったアニメのプレゼンイラストとか描いたりしたもんです。

「いまは仕事が詰まってるからそれが終わったら…」と言っていましたが、こんな私らの激しいゴリ押しを前に積む勇気はないだろう…。

ところで、9月のキラルライブですが、落選しました…。
Mさんに至ってはコミケ前のバタバタで、申し込みを忘れていたとのこと…。
一般販売があるかどうかはわかりませんが、あったら今度は念を込めて申し込みたいです…。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

リズムカーニバル買いました

後藤羽矢子です。

昨日はMさんとノリというか勢いで、コミケに一般参加してきました。

じつは一般参加は生まれて初めてで、慄いていたのですが、12時過ぎに会場に行ったら拍子抜けするほどあっさり入れました。

ミッションをいろいろ果たし「あんまり列が凶悪じゃなかったら、キラルのブース行ってみますか」ということに。
刀剣のブツを売るようになってから、列が恐ろしくてキラルのブースに行くのをためらっていた私ですが、今回はでじたろうが客捌き頑張る!的なことを言っていただけあり、列は長くとも進みが早く、キラルセットをゲットできました!

ちなみに、リズムカーニバルは体験版を入れたままだと、インストールできなくなるので(たぶん)、体験版をアンインストールしてからインストールしよう!

そして始めて…もうクリアしてしまった…。

といってもSweetモードでやったからですけど!クリアするだけならかなりのヌルゲーマーでも大丈夫です!私もこれから上のレベルにチャレンジしていきます!

しかし…私は緊張するとあちこち痒くなるタチなのですが、プレイ始めると鼻とか頭とか痒くなって(搔けないと思うからよけい痒くなるんだろうけど)痒みに耐えながらプレイするのがつらい…。こんなの私だけでしょうか。

全体的には最高なんだけど、気になったのは、失敗して「あーもうヤメ!」ってなったときにすぐ止めることができないのと、カーソルを見失いやすいことかなー。

まあちょっとほったらかしてればすぐにゲームオーバーになるからいいっちゃいいんだけど、なんか「中断」と「ゲームオーバー」では気分が違うっていうか…。些細なことなんですが。

ともかくちょっと気分転換に1プレイみたいにサクッとできるし、これから長々とスルメのように楽しんでいけそうです。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

THE CHiRAL NIGHT rhythm carnival 体験版

後藤羽矢子です。

ライブが終わり、リズムカーニバルの体験版を毎日やっています。

ほんっとに言い訳させていただくと、私はいままでの人生、ほぼほぼ音ゲーはやったことがないのです。

ポップンにどハマリした友人に誘われて、ポップンを何度か一緒にやったのと、一瞬、太鼓の達人にハマったぐらいです(すぐに手にキタのでやめた)

ポップンやってるときも「なんかワタワタして焦るばっかりで全然面白さがわかんないよお…」と内心で思っていました。
そんな私がキラルを餌にさえすれば、粘り強くやりこめるわけだから、本当にすごい。
キラルが脱衣麻雀でも出したら、きっと麻雀を覚える女子が激増しますよ…。

とりあえず体験版でプレイできるのは、GRIND、Lamento、I'm in blue AI CATHの4曲。

難易度はスイート、レギュラー、ビターに分かれていて、その中でもGRINDが一番難易度が低いです。
こんこんとスイートだけ続けて、初めてGRINDでノーミスクリアできたときはパアア…となって思わずスクショ撮ってしまいましたが、ツイッタで「リズムカーニバル」でサーチしたら、もうビターも全クリしてる人が普通にいてブッフォってなりました…。

いまはさすがに慣れて、レギュラーにも着手し始めましたが、途端に難しくなってアワワワワワワワ…となってます。

余談ですが、母がDSの脳トレをやりこんでいて、すべてのゲームが楽々にできるようになってたので、新しいやつを買ってやったら「せっかく楽にできるようになったのに、新しいのでまたしんどくなるの嫌だ」と言って、古いほうばっかりやってるのです。
脳トレの意味とは…と思いましたが、その気持ちは少しわかる…。

やっとスイートで気持ちよく軽快にプレイできるようになったのに、レギュラーしんどい…ずっとスイートに引きこもっていたい…などと思ってしまう…。

あとシステムは他の音ゲーやってないんで、他と比べて快適かどうかはわかんないんですけど、PLAYボタン押してから始まるまでが早すぎる気がする…。キーに手を添えるまでにもう始まっちゃってるよ!
まあそのへんは体験版なので、もう少し調整されると思いますが…。

あと音ゲーって両手を少しも離せないから、鼻とか痒くなると困りますね…。なんか緊張するとあちこち痒くなるタチなんでけっこうツライ…。

しかしキラルの曲に合わせてゲームできる日がくるなんて夢にも思わなかった…。
GOATBED的にもすごいファンアイテムじゃない?これ?

とにかく発売までに腕をあげて、気持ちよくプレイできるようになりたいと思います。
発売日はライブでふんわり告知されましたが、いちおういまはまだ伏せておきますです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧