2019年8月18日 (日)

Paradise極 途中経過

後藤羽矢子です。

Paradise極 現在タカラルートまで終わって、いまはシマダさんの途中。

ミツギルートの感想があまりにもネガな感じで、読んでる人も楽しくないだろうなーって感じで申し訳なかったんですけど、タカラルートは面白かったです!!!
物語の根幹に関わる部分だし、結で消化不良だった部分がきっちり描けていたし。
あとナンジョウの株が爆あがりした……。

ところでナンジョウにもルートがあるとは聞いていたんですが、島でのファーストコンタクトからミツギルートを経て、この人徹頭徹尾下等生物扱い崩さないし、どう考えてもラブが発生するとは思えない……。せいぜいちょっと興味が湧いてペット扱いしつつのセックス三昧ENDだろうな…と勝手に思っていました。

しかしピルスラからドラマCDナンジョウ編のジャケが公開になり、度肝を抜かれました。

ええええええええええー!!こんなラブラブになっちゃうの?!何がどうなって??!!と俄然興味が出てきました!!
これ一応全員終わってから解放されるのかなあ…。いちおうミツギルート内に「ナンジョウを追いかける」というそれっぽい選択肢があるものの、いま現在はどうにもならないし……。

そんなわけではよナンジョウルートがやりたいです!!

もしかしたら極においては最萌えになるかもしれない…。この人の内面の鬱屈、けっこう萌えツボを刺激しそうで……。

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

Paradise極 ミツギルート感想ネタバレ(けっこう辛口)

後藤羽矢子です。

Paradise極の感想なんですが……正直書きづれえええええ~という気分でなかなか腰があがりませんでした。

現在はマツダルートを終わらせたところで、マツダルートはややマシでしたが、それでも………タルい。

そう……パ極は、タルい……展開が。
BLゲームなら体力の限界までやり続けてしまう私が、やってると眠くなってしまい、2時間以上続けられない。

島を出て、ミコシバさんが出てくるまでは、けっこう面白かったんですけど、そこから計画を進めていくのが、あまりにも地味すぎてタルい…。

ファントムの冒頭よりタルいものがあるかと思っていましたが、令和初のBLゲーで忍耐を試される私…。

Paradise本編は、黒幕が誰かもわからない四面楚歌の極限状態がハラハラしっぱなしで、クリックが止まらない状態だったんですけど。
そして、BL的にも釣り橋効果やストックホルム症候群などでホモらせやすい状況でもあって。
パ極も、明日をも知れぬ閉塞的な状況ではあるんですが、わりかし雰囲気は呑気で、計画を進めるという描写は延々とミーティングを繰り返しているという絵面で地味なことこの上ない。
ずーっと同じリズムの音楽聴いてるようで頭がボケてくる……。

肝心の作戦決行も、なんかふわ~っとしてカタルシスがないし…。とにかくスカッとしないんですよ!!!

とはいえ、本編ではすでにできあがってるふたりが、別の世界線でもう一度恋愛しなおす過程を見るのは悪くない……。
まあこのふたりの場合、やっぱりクソほどいい身体の相性のおかげなんですけど。

ちょっと話逸れるんですけど、昨日、天気の子観に行ったんですよ。
そこで主人公の男子と女子が好き合うようになるんだけど、そこに理由の描写は一切ない。
まさに出会ってしまったからとしか言えない。
誰かにそばにいて欲しいときにたまたまそばにいたから、としか。
でも恋愛なんてじつはそんなもののような気がする。
それでも恋が発動してしまったら、それはぐんぐんと育っていく。

氷点下の関係から、じわじわ温まっていくのはミツアヅの醍醐味で、そのあたりは何度繰り返しても良いものだ…。

絵のほうはといいますと。
思ったよりは絵柄の違和感はない…。アヅマの表情がちっと固いような気がするけど許容範囲です。

ただひとつ許容できないスチルがあって…。
それはミツギときガチエロシーンで、ミツギがアヅマを中腰でガン掘りしてるスチルなんですけど……。

ミツギの乳首の位置が……。
真ん中に来すぎっていうか……。
でも、すごい貧乳な娘のAVとかあんな感じになってたりしますね……。

(画像はやっぱり記事を見返してあかんなって思ったので削除しました)
というか攻めの乳首はあんなピンクかつ艶やかに塗らなくていいと思う!!
攻めの乳首は普通にささやかでいい…。

そんなわけで私にしてはかなり辛口のレビューになってしまいました。
ミツギは推しだから余計辛くなってしまいました。

次回はマツダです。

| | コメント (2)

2019年8月11日 (日)

Paradise極 始めました

後藤羽矢子です。

やっと始めたパ極。昨日ミツギルートを終わらせました。

冒頭はParadise本編の出来事をもう一度丁寧にやり直していて、受肉したオギノが居酒屋でアヅマにめっちゃ粉かけてるのにアヅマはまったく頓着してなく、そしてオギノの出番もそれっきりだったのに吹いた。

出航当日の港で、アヅマがタカラの荷物を持ってあげようとするまでは同じなものの、そこでうっかり荷物をぶちまけ、謎の包みを側溝に落としてしまう。これが本編と極の運命を分ける出来事だった……。

とはいえログハウスが火事になるへんまで本編と同じ流れで、この並行世界いつまで続くのかなあ…と思っていたのですが。キレやすいヒゲクマ男キドさんがいいとこ見せ始めたり、ウチムラが絞殺されたり、ウチムラの死にキドさんがむせび泣いて脇カプ感漂わせていたり、違うイベントがじょじょに起こり始め…。
この少しずつ本編との差異が出始めるところがワクワクして面白かった。

キドさんがいいヤツになる流れは特によい。いいヤツじゃん…と思うと立ち絵もよく見えてくるから不思議だ。人間やっぱり中身だなと思わざるを得ない。

ところで冒頭側溝に落としてしまった謎の包みは、タカラが島で食べる用の人肉弁当なわけで、それを失くしてしまったがゆえに禁断症状で具合が悪くなっていくタカラ。そしてとうとう発作を起こし、皆の前で金髪マッシュのこんがり死体にかぶりつき企みが露呈してしまう。
それにしても人肉弁当はどういう状態だったんだろう…。生なのか調理してあったのか……ていうかどこから人肉調達してるんだろう…。

それはともかく、タカラは皆に自分が黒幕であったことと、何故こんなことをしたかという理由も説明。そして計画は失敗したから中止ね!という感じで救援を呼ぶ。

しかしヘリでやってきたのは、タカラの兄ナンジョウと兵士十数人。タカラはもう担当はずされたからこれから俺が担当な!とせせら笑いアヅマたちを拉致しようとする。
ショタとインテリメガネな外見の兄弟が、ジャンプ漫画のバトルみたいな喧嘩をおっぱじめ、マツダたちもやすやすと捕まるかよと兵士たちと攻防。
そのなかでキドさんがアヅマを庇って撃たれてしまう……!!
えええええええええ!!!キドさあああああああああああああああああんんん!!!

かくてヘリを奪って脱出はできたものの、キドさんは死んでしまう……。
泣き濡れるアヅマ……これからのみんなの行く末は……?

と、まあ、ここまではとても面白かったんですけど。

そこから先が……特にミツギルートなんですけど、なんか微妙にタルいというか盛り上がりに欠ける……みたいな?
もしかしたら真相に一番近いタカラルートならもっと面白いのかな…?

そんなわけで進めていきたいと思います。

拍手お返事折りたたんでます。

続きを読む "Paradise極 始めました"

| | コメント (2)

2019年7月26日 (金)

Paradise極発売!…だけど

後藤羽矢子です。

今日はParadise極の発売日!仕事がたてこんですぐにはできないけど、来るの楽しみだな~!
と…思ってたらなかなか来ない。

あれ……私予約してあるよな…?と思ってアニメイトに確認しにいったらしてなかった……。
念のためステラとかおおまかな特典のあるとこチェックしてみたけど、してなかった…。

そういえばしようと思ったけど、まだ特典できってないな…と思ってもうちょっと様子みようと思ってしなかったんだ…。

んなあああ!とりあえずアニメイトで注文しました…。

最近はちょっと間があくと何を予約して何を予約してないか忘れますね…。
自分はミツアヅなのですが、Paradise無印はマツダ特典を選んでたのです。
で、今回アニメイトのほうで無印のミツアヅ特典SSが復刻するそうなので楽しみです。
しかしそのSSのタイトル汚部屋」って……ど直球すぎる……。
BLゲーの特典SSのタイトルじゃねーぞ!
でもそれがピルスラのいいところ……。

現在お盆進行真っ最中で、まだコミケの原稿が無の状態です。すべてを終わらせてゆっくり酒呑みながらプレイしたい…。
果たして飲み食いしながらやってもいい内容なのかはまだわかりませんが…。

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

Paradise結 マツダルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ミツギルートの感想から半年以上の間が空いてしまいましたが、やっとマツダルートの感想です。

もう発売からだいぶ経ってるので隠しもしないで全開でいきます。

私の推しはミツアヅですが、マツアヅのほうがメインテーマというかこの作品の根幹の部分を担っているカップルだと思う。
闇を抱えた者同士の共依存というか…。

のっけから夜中にうなされているマツダ、それを優しく背をポンポンして宥め再び眠りにつかせるアヅマ。マツダがうなされているのは、島での記憶が原因。キドを殺したのは自分ではないのかという疑惑に苛まれて……。

まああんなことがあったら、そりゃPTSDにもなるよね…。私はいつもゲームキャラのPTSDを心配してるな……。

しかしさすがにマツダの家の寝室は綺麗だな…。ミツギの部屋の容赦ない汚部屋を見たあとだから、ことさら綺麗に見える…。

朝がきて、場面はリビングへ。
その部屋の絵面を見たとたんブッッッッホホホとなる私。

壁に燦然と掲げられている魚拓!!!

魚拓!!!

さかなクンじゃなくてもギョギョッ!?!ってなりますよ!!!
やっぱりマツダが自分で釣った魚で作ったんだろうなあ……。自作の魚拓を部屋に飾る27歳……。
これは背景を発注するときに「魚拓を入れてくれ」とピルスラ側が注文したのだろうか…。まあそれしかありえないんだけど…。
確かに魚拓を部屋に飾ってたら「このキャラは釣り好きだぞ!」ってことが一目でわかるけど。
ミツギの汚部屋も執拗なまでに汚く描写してたし、ピルスラはキャラ性をダイレクトに部屋に反映させすぎではないだろうか。

魚拓の衝撃が強すぎて頭が白くなりましたが、シーンは朝ごはんを作りながらイチャイチャしているマツアヅの美味しいシーン…。
そこでマツダがオムライス好きということが判明。「オムライス、グラタン、カレーは恋人に作ってもらって嬉しい三大メニューだろうが」と言い切るマツダ。それどこ統計?確かにBLゲームではオムライス好きの男が妙に多いけど。

その日の夕方。会社が終わったあとのマツダと待ち合わせて、ほのぼの買い物タイム。オムライス作るよーというアヅマに嬉しそうなマツダ、和気藹々のところへ突如現れるオギノ!

本編ではグラもないサブもサブでしたが、このたびめでたく受肉。しかもめっちゃイケメン!やばい…ビジュアルだけなら一番好みかもしれない…。
声は……あ、CVウチムラと一緒の人なんだ…。なかなかいい声だよな。ウチムラもキドとやってるときの喘ぎはよかったしな……。
他になにやってる人なんだろ…と思ってぐぐったら、あっドラマダでベニやってたんだ!まあ当然ながら全然わかりませんでしたね。

まあそれはともかく「俺も先輩のオムライス食べたいな~」と屈託なくグイグイくるオギノにビキキッとなるマツダ。
「オムライスならそこのコンビニでも売ってるぞ」と怒りを押し殺した棒読みがめっちゃウケる!!
そのあとの「お前の鼻血をケチャップ代わりにオムライス食うか?あ?」と聞こえない程度にドスを効かせた呟きもボイスセーブ待ったなし!
間に割って入り、なんとかオギノ来襲を阻止するアヅマ。
ヒヤヒヤしたものの、マツダがやきもち焼いてくれることをちょっと嬉しがるアヅマが可愛い。

その後夕食を食べ、風呂上りのまったりタイム。しかしマツダはPCとにらめっこ。
マツダは島を出るときにタカラと約束した「救助を呼ぶ」ことを律儀に果たそうとしているのでした。しかしどこに要請してもなしのつぶて…。
まあ普通に考えたらもう絶対手遅れだと思うんだけど。数ヶ月経ってるし。でもそれを諦めないのはマツダにとっての贖罪なのでしょう。そして、マツダの心を罪悪感で捉えているキドの亡霊に嫉妬するアヅマ。
「逃げて何が悪ぃよ…」と萎れるアヅマをマツダがよしよしし、なんとなくエロいムードになっていく二人……。

そしてリビングでおっぱじめてしまうわけですが、なんとリビングにもローションを常備している!!!
寝室にも置いてあるけど、リビングでもよくやるんでリビングにも置くようになったって……。
そんな勢いじゃそのうち全室にローション置くようになってしまう…!風呂でだってやるだろうし、台所でもやりそうじゃん。あの二人。

それにしてもミツギ相手だと人間ローションだったアヅマですが、マツダとでは普通にローション使ってるんですね…。まあそれでもよく濡れるほうだと思うけど…。

そしてチンポと一緒にマツダの暴力衝動も受け入れ「殴れよ」と誘うアヅマ。ためらいながらも挿入したままアヅマをぶん殴るマツダ……。
このへんのアヅマの心理、完全に共依存のそれなんだけど、マツダのやばい性癖を肯定して受け入れることで、マツダを独り占めしている実感を得られる……。また弟殺しの過去があるアヅマからすれば、そういうマツダの後ろ暗さはほっとする部分でもある……。

捻じれた感情を裡に抱えながら寄り添うふたり……。ぐっとくる……。

次の日の休日、ふたりは釣りへ。
そういえば本編では島で釣りをやるも、まったく釣れなかったマツダですが、あれはやっぱり食糧を調達させないために、ホウライが島付近の魚を乱獲したのだろうか…。その絵面を想像するとちょっと笑える。
ここでは大漁でご満悦のマツダ。あー…タチウオ美味しいよね…。フライとか最高だし。そしてほくほくと帰りの車中、気がつくと後ろから付いてくる車がいて。その車が突然の発砲!カーチェイスの末なんとか逃げ切りますが、命を狙われていることで、まだ「島での時間」は終わっていないことに気づく二人。

数日後、バイトが終わった連絡をLINEかなんかでマツダに入れるアヅマ。
ていうかマツダのアイコンが黒鯛って!!
黒鯛!!!
ほんっとブレねえなマツダ!
きっと自分のなかで最大の大物だったんだろうな~!
自慢したくてアイコンにしたんだろうな~!

ちなみに全然関係ありませんが、私のアイコンはもなかです。
このもなかすごく美味しいんですよー。孤独のグルメにも出てきたよ。
Photo_3
そんなことはどうだっていいんですけど。
信号待ちの横断歩道の前、ふと見た向こう岸にアヅマはタカラの姿を発見!!
初めて出会ったときのように屈託なくアヅマの目の前に来るタカラ。
何故の嵐が吹きすぎて、上手く話せないアヅマにタカラは「明日の夜、23時。ナグモ第5ビルの屋上で待ってる。絶対来て。マツダも一緒にね」と言い残し去る。

こうなれば、もう当然タカラが黒幕だろうと見込んだふたり、気を引き締めつつ約束の場所へ。
マツダの几帳面さから、タカラより先に着いてしまうのがちょっとブフッてなった。
タカラにも「黒幕が遅れてくるとか格好つかないじゃん」とか文句言われてたし。

その言葉どおりタカラは黒幕で。わけのわからない二人に事の経緯を説明するタカラ。
そしてタカラは、アヅマとマツダを海外へと逃がしてあげるという。
何故と問うマツダに「マツダが約束を守ろうとしてくれたのがちょっと嬉しかったから」と。

でも本来のタカラだったら「嬉しかったからお礼に丁寧に殺してあげるネ!」な人なはずだけど、やっぱりアヅマと触れ合っていた日々はタカラの情緒にもなんらかの影響を与えたのでしょうか。まあ手を下せるのが自分じゃないから、他の人に渡したくないという気持ちもあったんだろうけど。

タカラを信じて、海外逃亡を決意するふたり。
準備期間中に仕事の引継ぎなどに勤しむマツダ。ミツギもそうだけど、そういう社会性のある描写が挟み込まれるのいいですよね。

そしてオギノとのお別れ会…。ビキビキとした空気のなかで始まった飲み会ですが、酔うに従ってマツダとオギノのアヅマ情報お披露目会みたいになってきて爆笑!
しかし最後にさらりとオギノのアヅマへの恋心が吐露される。アヅマは寝たふりしてたけど…。「また会えますよね」と言うオギノの言葉は先の見えないふたりへのささやかな希望になった……。

そして南米っぽい国に渡航したマツダとアヅマ。仕上げとばかりに最後にまたエロシーン!
バックからアヅマをガン掘りしてるところを後ろとか映したスチルなんですが……。

マツダのアナルが見えてる……。

えー!攻めのアナルが見えてるスチルってBLゲームじゃこれが初めてじゃない?!
だいたいアナルどころか攻めの尻が描かれることすら稀なのに…。

そういえば帝都備忘録のVFBでラブデリは攻めの尻を描かない方針と名言されていたなあ…。どうりで館林さんの尻に不自然に布がかかってると思った…。
ピルスラはあいかわらず自由奔放だな…。
でもこのマツダのアナルは「この体位をこのアングルで描けば尻の穴ぐらい見えるだろう」というような、あるべきものをただ描いただけという感じの素っ気無いアナルでした。

そしてガッツリやったあと、抱き合って眠るふたり…。未来のことはわからないけどふたりで生きていられればそこは楽園──血肉というか生命力というかそういう力を感じるENDでした。

次回はタカラ…ですけど…たぶかまたちょっと間が空くかもしれません。
でものんびり待ってくだされば幸いです。

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

Paradise 総評

後藤羽矢子です。

 

今年最後の更新はParadiseの総評となりました。
来年もBLゲー充な年でありますように…。

 

スロダメはやっとチラシでたけど、もうちょっと情報…。まあキラルは停滞してるように見せかけてある時どどっと来たりするから…。年明けにサイト更新とかないかなー。

 

それはともかく総評です。
もう一ヶ月以上経つので隠しナシでいきます。

 

一言でいうなら安定のピルスラ!という感じ。お話も「先が気になる」という点では大変面白かった。ただ萌えの部分はかなり弱い…。
男たちを極限状態にブチこんで、そこで起こる人間関係の変化を見守るというサバイバーとあいのりを一体化させたようなコンセプトですが、本来、BLゲーと極限状態はすごく相性がいいのです。つり橋効果やストックホルム症候群などのもろもろでホモを発動させやすいのです。
しかしParadiseの場合、極限が行き過ぎて萌えを上回ってしまった…という感じ…。

 

マツダルートの飢餓描写はほんとに辛かった…。甘いもの食いながらプレイしている自分が申し訳なくなるほどに…。

 

そして攻略キャラは5人であるものの、シマダはマツダルートの、ホンゴウはミツギルートのBAD要員であり、タカラは真相キャラですが、恋愛にまでは発展はしていません。(恋愛に見えないだけで心のつながりはちゃんとあります)
タカラはどちらかというと「4人の関係はここからリスタート」って感じで、そう思うと「BL」を楽しめるのは実質マツダとミツギとふたりだけだなあ…

 

でも面白かったし読み応えもあった…。マツダルートは私にしては珍しく本気のドン引きをしてしまいましたが、つまりそれだけガツンとくるものがあったということでもあります。

 

マツダルートの感想にも書きましたが、ライターの休養沢ライチさん、すごく暴力というものに真摯に向かい合っているなと思いました。だからこそキツかったんですが。
暴力性を抱える者、暴力に従わせられる者、アヅマは暴力を受けなれている側ですが、その機微が妙にリアルなんですよね…。抵抗するにしても「相手のマジギレに抵触しない程度の抵抗」を無意識に計算しているところとか。
肉体の痛みの描写も丁寧かつリアルで「うぐ~…」となるし、アヅマ本人が語らない心の痛みのほうもチラチラ見えてくるのがしんしんと辛い。

 

そういうわけでわりと鬱にもグロにも慣れてますし~と舐めた気でいた私に新しい方面のトラウマを与えてくれました。さすがのピルスラです。

 

とはいえ!
別に私はトラウマだけ欲しいわけでもないんで!
飴と鞭じゃありませんが、もうちょっと甘い部分も欲しかった。
今回びっくりするほど、攻略キャラたちのバックボーンが見えてこないのが気になった。
タカラは真相だけあってある程度はわかりますが、マツダやミツギ、特にミツギは亡くなった恩師のことが伏線っぽく出てくるものの、過去に何があったかとかは語られず…。

 

もしかしてFDでも出たときに攻略キャラサイドの物語が語られるのかなあ…とか思ったりしました。

 

そして絵に関してですが。
安定したデッサンと、ほどよい筋肉感でスチルはおおむねご褒美レベルではあります。
攻めたちの肉体もみっしりした厚みがあって生々しくエロい。
けど、なんかもうひとコク欲しい…みたいなもどかしさが。
あとエロシーンじゃないスチルはいいのに、エロスチルになるとアヅマの目が妙にでかくなるのが少しだけ気になった。
好きなスチルはミツギのガンつけと、バスルームでやってるのと、マツダに地下倉庫で犯されてるのと、マツダのラストのキスと、アヅマが野菜クズ食わされているとこです。
すべてひっくるめて個人的に一番好きな絵はジャケ絵です。

 

とにかく感想を一言で言うなら「面白かったけどギブミー糖度!」という感じです。
作品としては完成してると思うけど、BLゲーは嗜好品なので…。
しかしラストでいきなり甘々になられても、作品のテイストのバランスが崩れるだろう…というのはわかる。
ドラマダのミンクルートだって、リコネでやったこと本編にねじこんできてたら蛇足感あっただろうしな。

 

そんなわけで今後の派生に期待したいところです。

| | コメント (0)

2017年12月29日 (金)

Paradise タカラルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

 

やっと年内の仕事も終わり、Paradiseの感想の続きです。
しかし、ゲーム立ち上げようとしたらディスクが入ってませんと言われ、んも~ピルスラはこのご時勢にディスクレス不可とかやめてよね(タカラっぽく)とか思いました。

 

それはそうとしてタカラルートです。

 

マツダやミツギのルートはHAPPY ENDでもなんだかスッキリしませんでしたが、さすがに真相だけあってスッキリと謎が解けて気持ちいい…。

 

しかも謎解き以外でも驚くほど爽やかな終わり方でした。

 

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise タカラルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

Paradise ミツギルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

 

Paradise、ミツギルートですが、声がフラウドさんや竜峰さんの人なもんだから怪しさしか感じていませんでしたが、意外や一番の癒しルートでした。

 

そう思うと、やっぱり攻略順的には、マツダ→ミツギのほうがいいのかもしれません。やっぱり癒しルートは、きっついのの後にやらないと癒し効果が薄くなるから…。
じつはマツダルートの時点から、周りが切羽詰った状態になってるのに、ひとり理性的で「ああ…すごく頼りになる…安心できる…」と株がかなりあがっておりました。

 

ただ、ミツギはキャラ的には最萌えになったんですが、ルートじたいの大筋は若干弱い…。

 

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise ミツギルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

Paradise マツダルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

 

フルコンプもしたので満を持して感想です。
私にしては珍しく体験版もやらなかったので、かなりまっさらな気持ちでのプレイでした。
ピルスラはガチ買いメーカーなので、前情報も最低限にいれる…という感じ。

 

それにしてもキャラクター…。
ミリしらを誰かにやってもらったら、実際のプロフとはかけ離れたものが飛び出てきそうなやつらばかり。

 

アヅマ、メンズヘアカタログの読モ。
マツダ、スポーツジムのインストラクター。
ミツギ、ホスト。
ホンゴウ、イメクラの店長。
タカラ、おじいちゃんちに遊びに来た中学生。
シマダ…は唯一カメラマンに見える。モブ顔ではあるけど…。

 

ミツギの建築士というプロフは聞いてもいまだに信じられない。
しかもミツギ、声がフラウドの人じゃないですか。
もうそれだけで胡散臭さ100倍。

 

主人公のアヅマは、刺草ネトルさんで、ルムナンに続き、また旅行先の島でひどい目に遭うという役回り。
いったいどういう枠なんだ。島枠?!
マツダは刀剣の馴れ合わない人で、いまこの人、旬なんだな~というのが肌で感じ取れる…。

 

それはともかく、まずはざっとしたあらすじから。

 

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise マツダルート感想ネタバレ"

| | コメント (2)

2017年12月 4日 (月)

Paradise タカラルート攻略

後藤羽矢子です。

 

Paradiseタカラルートも終えてフルコンプー。

 

とりあえずマツダとミツギ終えて、余った選択肢潰すと出てくる大雑把なBADをクリアしたのち、最初から始めるとタカラの選択肢が出てきます。

 

タカラルートの攻略は超簡単!

 

以下おりたたみー、

続きを読む "Paradise タカラルート攻略"

| | コメント (0)