2018年6月24日 (日)

メビウスラインLINEスタンプ~

後藤羽矢子です。
メビウスラインちっちゃいさんのLINEスタンプが出たので速攻で購入。
同じく速攻で購入していたMさんとさっそくスタンプでやりとり。
しかし──
「これ「こんばんは」がないんですねー」とMさん。
「私もそれ思った!」と私。
わりと夜にやりとりすることが多いので「こんばんは」は欲しかったかも…。
京一郎さん、ゲーム内ではけっこう夜に館林さんちや時雨さんちに来て「こんばんは」って言ってるのにねー。
とはいえなかなか味わい深いスタンプではある…。
LINEスタンプは使い勝手のいいものより、いったいこれはどこで使えばいいのか…と悩んでしまうようなヤツこそが醍醐味といえます。
メビウスLINEにおいては、この

Photo

千家さんが無言でこっちを見ているやつがメチャクチャじじわわくる…。
いったいこれはどういう局面で送ればいいのか…。
相手を冷たい目で見下したいときに送ればいいのか?
今度松本さんに送ってみよう。
それと「お煎餅ください二枚!」も相当シチュエーションが限定されるし「あぼう!」はもはやメビウスライン知らない人に送ったら、意味不明すぎて楽しい!
ミサキさんがやたら乙女ゲーっぽい台詞担当なのも楽しいし、館林さんがやたら困ってるのも可愛い。
これ見ると、ああやっぱり館林さんは受難キャラだし、千家さんは空気読んでないし、ミサキさんはスパダリだし、時雨は真っ当だなあ…と各キャラの役割分担が浮き彫りになりますね。
LINEスタンプが暴き出すキャラの本質…。

| | コメント (2)

2018年2月28日 (水)

ちっちゃいさんBD来た~!

後藤羽矢子です。

aim∴aiは近々パッチ配布するとのお知らせがあったみたいですね。
まーやっぱバグだったんだなあ…。
でもパッチが出るならよかったよかった。
クリアしないと感想も書けないからなあ…。

そんな折、メビウスラインちっちゃいさんのBDがステラワースから届きました。

Img_4443

かっわい~~~!!
千京のアクキー、激萌えるやん……。

そして特典冊子だけ速攻で読む私…。
テレビアニメの特典だし、BL濃度は控えめかな…と思ってたらんなこたぁなかったぜ!!
エロこそありませんでしたが、甘々も甘々で大変美味しゅうございました。
特典SSだと時雨がわりとコメディタッチでばかうけすることが多いんですが、今回は千京がありえんほどウケた…。
内容は多くは語りませんが、嫌いな食べ物に関しての話で、嫌いを語る千家さんはいつもボギャブラリーが冴え渡ってて素晴らしい…!

時雨SSは時雨視点で萌えたし、館林はひとりエロスレスレの甘イチャをかましてたし、ミサキはちっちゃいさんでアニメオンリー派(いるのだろうか…)置いてきぼりだし。

大変満足でした。
しかし特典映像もはいってることだし、BDも観ないとな…。
5分(正味3分)だけど、続けて観られるのはいいですね。他のアニメと違ってこれ1本で済むし。
BDって買うのはやぶさかじゃないんですが、観るときディスク入れ替えるのがクソめんどくさくてやなんですよね…。1本で13話観られるディスクはないものか…。
ここにあるけど。

とりあえずこれから観ます!

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

先週久しぶりに東京に行ったら、おもくそ風邪をもらってきてしまい、一週間ほぼ寝込んでいました。久しぶりに38度5分まであがった…。

そんな状態でも、腐女子たるもの萌え話はしっかりできるものです。

Mさんが備忘録を終え「すごい…すごかった…」となってるのをニヤリとしつつ、LINEでこんこんとメビウス話。
そしてドラマCD4枚とビジュアルファンブックも購入するMさん。

遅ハマリだと、お宝がドッチャリ揃っている状態ですので、羨ましいですね。
とはいえあまりにもお宝が大量すぎると「どこから手をつけていいか…」と途方に暮れてしまうという側面もあるかもしれませんが…。

そしてドラマCDも聴き終わり「た…館林のが凄かった…」と言ってくるMさん。
ねーっ!京一郎がねーっ!淫乱聖母でねーっ!!
などとLINEでのやり取りを延々と続けてしまい、これが本当のメビウスLINE。
なんてね。

ところで内匠さんはメビウスラインが初BLだそうで、寡聞にして他のBL仕事をしているのかどうかはしらないんですけど(少なくとも鯱矛太郎名義ではメビウスラインだけ)
BL処女だった内匠さんが、派生が増えるごとに、泣きメス喘ぎの演技を冴え渡らせて、しかもそれがメビウスラインでのみなんて、それこそまさに淫乱聖母じゃないですか!
なんと贅沢なことか…。

明日はリアルでMさんと会う約束をしているので、とことんメビウスラインの話をする予定です。沼に落ちたての人の新鮮なリアクションを楽しむ古参の私…。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

メイン嗜好とサブ嗜好

後藤羽矢子です。

Mさんがやっとメビウスラインを終わらせ、とっても面白かった!と言ってくれ、さらにすでに備忘録のプレイを始めています。

やったね!

Mさんに「誰がよかったですか?」と聞くと「え~決められない…。どれもルートごとにそれぞれの良さがあって…」わ!!か!!る!!

私も終わった直後は、誰か決めかねてる状態でした。いまだって僅差で千家が一位ですが、ほぼ全員同じくらい好きです。

その話を松本さんにしたら「あー私も全員好きで、一番は決められないなあ」とのこと。

「ルートでいうなら、館林のBADが一番好きだけどね」

って、おめえそれ館林死んでるじゃねえか!!

「あと千家の左手のやつも好き」

だから死んでるっつーの!!!!

本当に松本さんときたら、やもめとか未亡人が好きで困る…。

そういえばちょっと話が飛ぶんですが。

以前に松本さんが「男女やおい」というものを提唱していました。
なんやそらって感じですが、松本さんが言うには「男同士に感じる萌えを男女カプにも感じることがある。そういう男女カプを男女やおいと呼んでる」とのこと。

たとえばエヴァならアスカではなく、シンジ×綾波、コナンだったら蘭ではなく灰原、Fateだったら葛木×キャスターなどが男女やおいを感じるんだそうです。

私はそれを最初に聞いたとき「なんか…幸せになれる未来のなさそうなカップルばっかりだね」と言いました。
「そうやねん!」

しかしそれが松本さんが男同士に感じるときめきというのなら、なかなか難儀やな…と思いました。
そういえば、松本さんがいま活動してるジョーカーゲームも、佐久間×三好で、本編ではもう三好死んでるもんなあ。

「なんていうか、いずれは道が分かれる、ずっと一緒にいられないことがわかってる、それでもいまこの瞬間、寄り添い合わなくてはいられないふたり!っていうのが萌えなんですよ」

と、そのときに松本さんはそう言うてはりました。

私もそういうの好きだよ!でも私にとってはそれメインの嗜好じゃなくサブの嗜好かも…。
人間好きなものはひとつだけじゃないですからね!

私は…たとえ未来が暗いものでも、互いに死ぬまで抱き合っているようか関係が好きかな…。紅天でいうところの「骨がらみ」ってやつです。

たまにこうやって自分の嗜好を見つめ直すといろいろ見えてきますね…。

私は昔はHAPPY END至上主義で、歳とってBADも美味しいね!となったクチですが、逆の進化を辿った人もいるだろうし、それでもやっぱり根っこの部分ではハッピー好きだと思います。

Mさんの萌えについても詳しく聞いてみたいものです。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

メビウスライン備忘録ドラマCD 千家編感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

遅くなって申し訳ありません。やっと千家編の感想です。

ジャケ絵…神懸っている…。ふたり手を繋いでの波打ち際。夜明けの薄青い空と光の眩さ、そして千家さんの背中の厚みと尻のラインが素晴らしいとしか言いようがない。
あと陽の光が透けてる千家さんの髪がなんとも言えず美しい…。

今回どのジャケもみんな絵画かよ!っていうくらい情念が篭ってて、とこしえに眺め続けられる…。ジャケ絵タペストリーにして部屋に飾りたい…。

そして冒頭で京一郎が言う「大正メビウスライン帝都備忘録オーディオドラマ…」ってタイトルコール…。これいつもちょっと気恥ずかしくて、無いほうがいいかも…と思ったりしてたんですが。
4作品ぶんのタイトルコール、聴き比べると、演じ分けに「おおお~~っ」となります。
特に千家さんの京一郎は、タイトルコールから冷徹さが滲み出ていた大変によい…。

南洋への出征を一週間後に控えた日、日本軍は連戦連勝で士気も上々。けれどその一方で千家さんは呪詛でぐったりんぐ。
それでも「思ったよりひどくはない」と言う千家。京一郎の血を飲んでるからかもと言い、血を寄越せと言ってくる。
もちろん、血の儀式=エロですので、そのままエロになだれこみます。ちゅっちゅしながら「私を欲しいと言ってください…」とくぐもった声で囁く京一郎がエロい。しかしイチャついてるシーンなのにBGMはなんだか不穏で、このふたりの営みは、傍から見たらおぞましいものなんだろうなあ…と哀しくなる。

まだ前半ですのでエロはフェードアウト。
事後、ぼんやりと「海に行こう…」とあどけなく呟く千家。血の気が引く京一郎。
千家の正気がじわじわ失われていることに京一郎も薄々気づいていて、千家が狂ったら京一郎は千家を殺すと約束していて。
けれど京一郎はそんなこととうにできなくなっていた…。

次の日、千家の大将の親任式に京一郎が代わりに行き、皇后と謁見することに。
蛇の腐女子との茶番タイム。
千家の具合が悪いことを聞き「まっ…かわいそ…伊織……オッホホ」と皇后、めっちゃ煽りよる…。ギリリッとなるのをこらえる京一郎。

千家へせめてもの餞にと元帥刀を授ける皇后。それを京一郎は抜きはらい、皇后へと刃を向ける。
「血迷いましたか!」と言う皇后に「あいにくこの上なく正気です」と返す京一郎。
あっこれ本編の「さだめられたものEND」のときの千家と皇后のやり取り…。

京一郎は皇后に、皇后ではなく蛇の妖として、亡者を盾にして呪詛を除ける術を教えろという。それへ「無理ねえ~(せせら)」と妖の素の部分を出してみせる皇后…。
この演じ分けがまたすごい…。
皇后モードのそらぞらしい上品さから、素を出したときのふてぶてしい色気…。そしてそっちのほうがいい感じ…。

術は教えてやってもいいけど、陽の気を持つお前には扱うの大変よ。気を抜くと盾の力が弱まるからこれからおちおち寝られなくなるわよ的なことを言う皇后。
皇后に負け時とふてぶてしく言い返す京一郎。
この丁々発止いいわあ~。

かくて皇后に術を賜り、京一郎はこっそりと帰宅、千家宅のサンルームへ。
そこには千家のお姉さんの霊がふわふわしていました。
京一郎はお姉さんの霊を亡者の盾としようとし、お姉さんもまたそれを受け入れようとしている。
「弟をよろしくね…」と儚く囁くお姉さん……でも声、皇后の人…。

亡者の盾で無事呪詛除けして、目覚めた千家さんはすっきりさわやか。
京一郎と一緒にホッとなる私。
そして京一郎は千家さんが床に臥せってる間に、使用人に暇を出し、館をふたりきりの場所にしていたのでした。
出征までの4日間、「その間…なんだって(セックス)できますよ…」と悪戯っぽく囁く京一郎。
けどそのあと「こんなささやかな自由が欲しかったんです…」と涙ぐむ京一郎がせつない…!
この後、当然ムチャクチャセックスするわけなんですが、興が乗って京一郎の服を脱がせてやるという千家に普段と逆じゃないですか。「いつもだったら脱がせろ舐めろ跨れ動けというばかりで…」と千家のマグロを暴露する京一郎。
痛いとこ突かれた千家は意趣返しに京一郎の乳首を激しく責めたてる!
「ん~?」と言いながらネチネチ京一郎を責める千家…。京一郎もとろとろの前後不覚になって、挿入されれば泣き喘ぎの匠の技が冴え渡る…内匠なだけに。
イクときなんて「いくっいくっ…いぐうっ」って声に本気汁が入ってましたね…。

その後数日間は、やりまくりだったらしく「いま、何日だ…」と時間の感覚もおぼろになるほど。
やり疲れで京一郎が寝てしまった隙に、すべてを悟ってる千家がお姉さんの霊を祓ってしまう。ていうかお姉さん、一部始終見てたの…?
しかし再び呪詛を受けることになっても、京一郎の陽を翳らせたくはないという千家…。
千家ええええええええええええええ!!!
辛い…。

夜が空けて旅立ちのときがくる。「海へ行こう。自由を取り戻すために」と千家は京一郎に囁く。
あー…聴き終わってからジャケ絵見返すと「すべてを終えて自由を取り戻すふたり」がモチーフになってるんだろうけど、(この世の)すべてを終えて自由の海(あの世)に向かっているようにも見える…。
ふたりの行く末がどうなるかは…たぶんもうわからないんだろうな。派生もこれがラストだろうし。でもどういう結末を迎えるにしろ、ふたりは一緒に死ぬだろうし、幸せであると思う…。

正直、泣いた…。でもこの崖っぷち感こそ千京の醍醐味だから…!

そんなわけで、ドラマCDも出揃い、メビウスラインも一区切りって感じですね…。
あ、ちっちゃいさんの特典とかコミカライズもありますけど!
あと東京メビウス綺譚も時々出してくれれば嬉しいなー…。

などと全然区切りがついていない私でした。

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

メビウスライン備忘録ドラマCD 館林編感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

遅くなってすいません!館林編の感想です。
(追記:昨日酒飲みながら書いたら、誤字脱字や書き漏らしが多かったので、修正しました)

ジャケの帯に「私の体力の果てを思い知らせてやってもいいのだぞ──」などと書かれており「おいおい館林さんよぉ…」という気分になりましたが、実際はそんなエロいシーンの台詞でもなかったです。エロい意味ではあるんですが。

お話は本編から6年後──

伊勢馨さんは、薫の墓を作るために三重県へ帰省中。京一郎と館林、ふたりきりの館林隊。
馨のぶんまで仕事が増えてすまないという館林。ほんとだよ増員はよ。と私は思ってしまいましたが京一郎は内心ウキウキな感じ。いちおう仕事中で上司と部下の体裁を保っているものの、イチャイチャな空気はダダ漏れ…。この無意識バカップル感…いい…。

しかし京一郎の運転での帰途の途中、「停めてくれ」と車を降り、街の喧騒へ消えていく館林。
その行動の意味をもう京一郎はもう知っている。それはかつての部下、時任さんの魂を探しているのでした。

時任紘恒さんは、時任灯子さんの夫であり、館林さんの部下だった人。本編館林ルートでは彼の魂を探して送ってやることを館林さんは目的としていて、また灯子さんは夫の死体を死霊兵として使役していたという切なさを見せて、かなりルートに噛んでいるキャラなものの、ビジュアルはないし、人となりもあまりわからない人でありました。

ひとり帰宅した京一郎は、爺やさんに紘恒さんの話を聞く。
眼鏡をかけた文系青年らしく、灯子さんとのなれそめや、館林さんとの3人の関係は青春っぽい甘酸っぱさで、あーーーーこういう関わり合いめっちゃ好みだわーーと膝を打つ私。

後日──仕事で月命日の墓参りに行けない館林さんの代わりに、青山霊園へと時任さんの墓参りに行く京一郎。しかしそこで死霊になった時任さんが京一郎とニアミス!
もはや顔もどろんどろんで誰かもわからない状態になっているものの、かけている眼鏡がアルバムで見た紘恒さんと同じものだったことから、それが紘恒さんであることに気づく京一郎。
どろどろゾンビ状態で、眼鏡かけてるってちょっとブフッてなるけど、そうでもないとわかんないしな…。
紘恒さんは、生前の自分のことを知らずに、自分を祓える異能をもつ人間を待っていた…とのこと。ああ…。妻や友人にはこの姿、見られたくないんだ…。それはそうだよね…。
とにかく自分を祓ってくれええと懇願する紘恒さんに、それじゃダメだ!と思う京一郎は、紘恒さんを自分の身体に取り込んで館林さんのところにお届けすることにする。

ぶっ倒れて軍の医務室に運ばれる京一郎。京一郎!!バーン!!と医務室に飛び込む館林さん…。軍医の人が爺やさんと同じ人なんですが、あんまり演じ分けができてない感じ…。めっちゃ爺やの人~ってのがありありあとわかってしまいます。

それはともかく、紘恒さんの魂を取り込んだものの「余計なこと館林隊長に言わんといて!」という紘恒さんが京一郎の口をきけなくさせてて゛「なんでこんなことに?!柊!柊ーーーーーっ!」とテンパってる館林さんが可愛さとマヌケさの絶妙なコラボレーションをみせていて最&高でした。
京一郎が館林の手に文字を書くことでなんとか意思疎通し、そこから館林さんの紘恒さんの魂送りの儀式。
祝詞を詠唱する館林さんに、苦しむ京一郎&紘恒さん。
京一郎はもちろんとして、紘恒さんもなかなかいい声出すね…!などと邪悪な笑みを浮かべる私。

無事紘恒さんの霊を成仏させ、へろへろながら元に戻った京一郎と一発キメるターンに…!
もう毎度、ラブデリドラマCDのエロの濃さには慣れてるつもりでしたが、聴くたびにさらに上のステージに行くので戸惑いを隠せない…!
今回も京一郎がエロすぎてやばかった…。
前戯で一回イッたあと、館林をフェラでいかせ。その後の満を持しての結合…!
フェラのときの館林の喘ぎがエロい…。京一郎が尽くす系エロすぎて頭がクラクラする…。
「出してください…口に…貴方の濃いの…heart」完全に語尾にハートが見える…。
館林をいかせたあとも「まだです…」と言って口のなかで再勃起させる京一郎。
このとき「まだです」が「まだれふ…」になってて完全にエロキャラ。いや確かにR18キャラなんだけど。
ハメてからは京一郎がうわごとのように「気が狂う」「あなたがいないと」「好き」「愛しています」と零すのですが、それに律儀に館林さんが返答しているのが可愛いというかいとおしいですね。

館林邸の離れのほうで行われたエロでしたが、しっかり爺やには聞かれていたらしく、その後マドレーヌお預けの刑を食らう館林さま…。
「京一郎様に無体を働いて…」と爺やさん言ってたけど、いやあれは京一郎のほうがノリノリやったで…。

ところでマドレーヌって私は一般的な貝型を想像してたんですが

Pl201489342555

アニメのOP観るとこっちの形っぽいですね。

Pl201488287236

このためにわざわざ写真素材サイトで写真を購入した私…。

それにしても爺や、ほんとリベラルやね…。

というか、館林さんをここまで公私ともに支えられるの、京一郎しかいないもんね。
そりゃありがとうございます…ありがとうございます…!って気になると思います。
どのルートだろうと京一郎の真摯さに打たれない人はいないよおおおと思う私です。

そんなわけで、帰結感もエロもすごくて、たっぷりと色々楽しめる館林CDでした。

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

Paradiseの感想の途中ですが、年末進行という超繁忙期に入ってしまったので来週いっぱいまではできそうにありません。
感想書くのなんだかんだで2時間以上かかるんで…。

ちっちゃいさんとか館林CDとか書きたいこともたてこんでるし…。

ちっちゃいさんは、最初はBDまでは買うつもりなかったんですが、怒涛の特典がつくとしって、買うしかない…となり、だったらもういっそ観ないほうがいいかなと2話ぐらい観てなかったんですが、11話観たら「うおっ?!」となり、こうきたか~と唸ってしまいました。
なので最終回はちゃんと観て感想も書きたいと思います。

あとドラマダのタペストリーも買いました!

Dqwxxajueaaxhphjpg_large

でっかああああああい!
久しぶりの新規ドラマダ絵が五臓六腑に染みる…。

紅雀がなんか一個一個手作業してるっぽいのに、ノイズはなんかチートしてるっぽい対比とか、クリアが5周年記念グッズをプレゼンしてるけど全部クラゲかよ!とか、セイさんが注文管理とかしてるんだろうけど、エロ動画観てる人みたいだなとか、元締めまさかの東江かよ!とかすんごい隅っこのほうにいる竜峰が目に隈作っててブラックみを感じるなとか、隅々まで楽しめて眼福でした。
蓮はオンラインモードかー珍しいなと思ったけど、セイさんが一緒にいるからか!

そして蒼葉ちゃんは配達姿が最高に似合う…。勤労尊い…。紅雀が前髪をピンで留めてあるの可愛い…。よく見たらみんなニトスト工房って書いてあるエプロンつけてる…。欲しい…。それをグッズ化してくれ…。
蓮ポーチが届いて喜んでる子蒼葉ちゃんもおる…。ナインさんすごい子煩悩そうな顔…。この世界線では蒼葉ちゃんのこと置いていかないであげてね…。

と、眺め始めると延々脳内でブツブツ言い始めてしまう恐ろしいタペストリーです。

私の部屋の壁はほとんどキラルが占有しています。一枚だけ自分の絵があるけど…。

Img_4301

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

メビウスライン備忘録ドラマCD 時雨編感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

やっと時雨編の感想です。聴くのは発売日に聴いてるのに、何故か感想書くのに、胸の裡で熟成させる時間が必要なのでした…。

ジャケ絵は小雨に濡れたふたりで、いつもの快活な時雨さんとはまた一味違う雰囲気…。
京一郎のYシャツが濡れて、少し肌色が透けて見えてるのがいいフェチさ…。

冒頭、京一郎に洋装の着付けを手伝ってもらっている時雨さん。いつぞやの特典SSで洋装でキメて京一郎と帝都おデートする話がありましたが、こっちはさらにフォーマル度の高いモーニングらしい。いちおう持ってはいたけど着るのは初めて…とのこと。
ちょっとちょっと!!そういうのは絵で見たいんですけど!二度も洋装時雨さん出しておいて想像におまかせしますじゃ生殺しですよ!髪の毛も結わずにおろしてるらしいし、元々モダン好きな時雨さんだから、着慣れなさを補って余りあるかっこよさに違いない…。
それを実際に見ている京一郎は「惚れ直すよheart」などと言いつつイチャイチャ…そして当然のように入ってくる臣さん…という定例のやりとり。

もうさあ…臣さん絶対に部屋の外で聞き耳たてて「よし…頃合でござるな…せーの…若ぁーっ!」ってやってるよね…。

ところで何故、時雨がそのような格好をしているかというと天司様からのお呼びたてがあったからなのでした。
天司様といったら館林の管轄というイメージがあったので、時雨を呼び出すのがちょっと意外…。
時雨を見送りながら、その物々しさに不安を感じる臣さんと京一郎…。ふたりのつきあいも長いせいか家族みたいな雰囲気醸し出してる…。
一方、天司様と時雨、天司様はりりしい青年になったものの、声は愛くるしいショタ声のまま…。まあその姿は成長したように見せかけた擬態なので、声までは変えられなかったのかもしれません。

で、時雨への依頼というのが、皇居追い出されて京都で無念の死を遂げた皇后が怨霊化しちゃってるから、祓い清めてさらに神にしてという、無茶ぶり。
あの腐女子、千家ルートのみならず時雨ルートにまで害を及ぼしてきやがった…!黙って逝っとけ!と思うのですが、執念深い蛇の妖だからなあ…。

さすがにヤバみを感じた時雨さんは、京一郎にわけも話さず単身乗り込む決意をする。
それについて、臣さんに「京一郎に話したところで、京一郎が苦しむだけだし無事に帰ったら武勇伝として話すサ!」みたいなこと言って、臣さんも納得した…と見せかけてしっかり京一郎にリーク!
苦しみだって分かち合いたいという京一郎の気持ちも臣さんもわかっているんだね…としんみり…。しかし、臣さんの式、犬なのか…。臣さんの声で喋る犬って可愛いね…。それについては時雨が「臣が戌年だから…」と言っていましたが、時雨亥年だけど雀使ってるじゃん…関係ないやん…。

それはともかく、京都に向かう特急つばめの車内でしんみりしていると突如現れる京一郎!うろたえる時雨と、有無を言わさんとばかりに立て板に水のように喋りまくる京一郎の対比がおかしすぎて、ハイライトシーンと化してる…。
しかし「仕事はどうしたんだよ」と問う時雨に「仮病使って休んじゃった☆」とテヘペロ感だして答える京一郎。有給ないんかいと内心でツッコミましたが、調べたら有給が導入されたのは戦後かららしいです。国家公務員なのに昔はブラックだったんだなあ…。

などと大筋と関係ないところに思いを馳せてるうちに、禍々しさ渦巻く京都に到着し、今晩の宿の寺の庵に。
まだ無理に明るく振舞おうとしていた時雨ですが、そんなこともお見通しの京一郎に絆されて、とうとう「怖い」という弱さを京一郎に見せてしまいます。
ローザさんが発売前のツイッターで、「今まで言ったことのない言葉を時雨が初めて言う」という内容のツイートをされてましたが、「怖い」だったんですね~!

このときの、時雨の絞り出すような心情吐露と、京一郎にすがりつくときの震え声が、三浦さんのイケボによって最大級の萌えに昇華されていました。
「優しくできそうもない、ごめんな」と言いつつ、京一郎にむしゃぶりつく時雨。
このときのケダモノみも、普段の時雨っぽくなくていい…。今回はふたりとも切羽詰ってるせいか、実況はやや控えめでしたが、それでも京一郎の泣き喘ぎはいつも以上で、何度途中で停止ボタン押したか…。
もしかしたらこれが今生の一発になるかもしれないと思えば濃くもなるってものですよね。

そして朝が来て、戦いの場へと向かう時雨。京一郎は鳥居の向こうで祈るしかできない…。
このシーンがね~…なんともいえずよかった!技巧が凝らされてるというか…。
時雨の祝詞詠唱のかっこよさと、京一郎の祈りがシンクロするところと、時雨が「贄として」自分の命を捧げる(と思わせてハラハラさせる)ところのコラボレーションが…!
もう音声だけだというのに、映像まで目の裏に浮かんでくる!

時雨が捧げたのは、「子供の頃の自分」で、そのせいで、時雨は子供時代の記憶も、かつての自分の名前も一切忘れてしまいます。
過去の自分を知る身内は、もう誰もおらず、記憶をなくせば子供時代の自分は完全に消える。けれど、京一郎が覚えていてくれる。時雨の弟たちの名前も、時雨の本当の名前も。
これ聴いた直後に思わず備忘録の薄墨桜のシーン見返してしまいました…。
辛いこともあったけど、それでもかけがえのない記憶だって、しみじみする…。

過去の自分を差し出してしまったことを悔やむ時雨に「僕が教えてあげるよ」優しく慰める京一郎の慈母っぷり。
「君の本当の名前はね…」と耳元で囁くところでEND。上手いシメ。
しかし時雨の本当の名前…弟が喜助に嘉助だから、やっぱり助がつく名前なんだろうなあ…。でも「助」のつく名前って時雨に合ってるような気もする。

それにしても、ミサキがいっつも京一郎が死にかけるのに胸を痛めるポジションと以前に書きましたが、時雨ルートはいつも京一郎が時雨が危険に晒されるのに祈るしかできなくてしんどい…。とはいえ、今回はガチ死にかけた前回よりは多少辛みがマイルドでよかった…。ラストは恒例の膝枕を列車の中で堂々とやってくれたし!

昔の列車はけっこうぎゅうぎゅう詰めのイメージがあるけど、やっぱり向かいの席にも客がいたんだろうな…。さぞ目のやり場に困ったことだろう…。

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

Cool-Bよしなしごと

後藤羽矢子です。

隔月下旬恒例の、Cool-B予告ツイート…。

表紙が橋姫でびびったあああああああ!!
しかも川玉!カップル表紙で来るとは…。

川瀬の右手のあたりにモザイクがかかってるので、一瞬右手にいかがわしい物でも持ってるのかと思ったぞ!
蛙男も怯えてたし…。
そこはスクープ記事を隠しているのですね…。隠すほどのスクープってなんだろう…。
GALTIAのコンシューマー移植はもう発表になってるから、そんなスクープでもないよね?
私としては橋姫のFD発売決定ぐらいでないとスクープとは認めんぞ!
いやまあ私が認めたってどうということはないんですけど。

詳細は来週に出されるので楽しみです。

それはそうと気になるのがラキドVita版の記事にある「キャスト発表」のアオリ…。
こ、これはもしや長々と噂されているキャスト変更疑惑にとうとう決着がつくのでしょうか。
移植に際してこんなアオリがつくことって普通ないですよね?仮にサブキャラのキャストにしたってわざわざ言うことでもないですよね?

うーん…そうなったらそうなったで受け入れる覚悟は前々からしてたんですけど、いざそうなったら違和感で悶え苦しみそう…。
せ、せめてジュリオだけは変わらんでくれえええええええええ!!!
ジュリオはあの声でないとダメなの!あの声込みでジュリオは完成するの!!!
と意味のない慟哭をしてみる。

これがもし「いままでやきもきさせてごめんね☆キャストはこのままってことを改めて発表しま~す!!」だったら小躍りしますけどね…。

でもたぶん違うんだろうな…。
そしてキャストが変更になる場合、下手に一部前任を残すよりは総とっかえしたほうが違和感がなくなっていいと思うから、総とっかえになると思う。

まあどうなろうと受け入れるよ…。ラキドだからね!

ちなみにちょっと前に松本さんに「ラキドのキャスト変更になるかもって噂があるんだよねえ」と言ったら「わい、声優の声とか全然わかんないから変わっても気づかないと思う」と言っておいいいいいいいいいい!!となった…。

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "Cool-Bよしなしごと"

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

ピルスラの新作Paradiseの体験版が公開になったから、いそいそとダウンロードしに行ったけど、なんか解凍してもフォルダのなか空なんだけど??
ダウンロード元が二箇所あるものの、もうひとつは無情にも503になってるし…。

なんか軽い気持ちでやるか~って感じだったのに、できないとわかるとムラムラとやりたくなってくる…。私は俺様攻めかよ…。

Paradise、マツダ以外いいと思えるのがいない…と当初は思ってたものの、ギャラリーにスチルが増えてくると、あ、ショタっぽいのもわりといいじゃん…みたいな気持ちに。
こういう感じで最初あまり期待してなくても、後から加点されるのがピルスラ式というか。

シマダとか正直、モブ顔すぎて「これ本当に攻略キャラなの?本当に?」ってなったし、ホンゴウにいたっては「これ添乗員とか嘘でしょ?!イメクラの店長じゃないの?!」って思いました。
逆にここまでBL感をそぎ落としたキャラデザにすると、新しい扉が開きそうな気がするし、どのみちすでに予約してあるので、毒を食らわば皿までの気分でとことん楽しんでやろうと思います。毒かよ。

そして橋姫の玉森くん朗読CDは、11月末発売予定なのにまったく公式動きがないから延期するだろうなーと思ってたものの、Cool-Bのツイートでさら~っと来年発売と告知されてました。
まあ月末は館林CDもあるし、萌えがたてこんでいるので、延期でもおとなしく待てます。
むしろ橋姫で辛いのは仲間が少なすぎること…。
いまの時点でMさんしかお仲間がいないので、ふたりで隙があれば橋姫呑みをやってる…。じつは数日後、カラオケボックスで川瀬CDをかけながら喋る宴を催す予定です。
もっと橋姫ファン増えろや~!

こんな感じの日々です。

そういえば先日、とある女神とオフしたのですが「後藤さんって本当にBLゲーム好きですよね」と言われ「ええ…もうBLゲームしてないと生きてる気がしなくて…」と日本酒を煽りながら答えたバカな私です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧