2018年7月19日 (木)

よしなしごととADELTAの新作

後藤羽矢子です。
更新が空いてすいません。繁忙期も一段落ついたのでそろそろせっせと感想とか書いていきたいです。
その間にADELTAの新作とか、橋姫々の特典とかいろいろあってわーっとなっておりました。
々はステラワースとワンダーグーで予約しました。水上推しのMさんは当然アニメイト狙いだったのですが、昨日の段階で品切れになっていて「えーっ!」となる。「立ち直れない…」とへこんでいたMさんでしたが、次の日には予約できるようになっていて一安心。
まあ刷り数の見込みのための予約ですもんね。
しかし、橋姫々の公式サイトの特典情報がいまだカミングスーンなのに、もうすでに予約難民が出かかる状態ってのもすげーな…。ツイッターやってない人だったら、完全に情弱になってしまいますよ!
そしてADELTAの新作…。ウウウルトラC!!!
うわ~!可愛い~!雰囲気めっちゃ好み~!
3組の固定カップルのオムニバスものらしいですが、これってあれかな。ラストに3組が勢ぞろいして共闘するみたいなドラクエ4みたいな流れくる?!
いや…あまりそういう期待を膨らませるのはやめよう…。
キャラクターたちはまだ名前とふわっとした属性しかわからない状態ですが、私の好みとしては鈴×史郎にいきそうな気配が…。

ところでキャラの名前は昭和の漫画・アニメ・ドラマの主人公クラスの名前を冠している──とのことですが、全然わかんねえぞ!!!
昭和って長すぎますやん…。
まあ舞台が昭和47年だからその前後あたりだと思うんですが…。
かろうじて明と正太郎は、デビルマンの明と鉄人28号の正太郎から来てるぐらいはわかるのですが、あとが全然わからん…。
主人公クラスといってるから、必ず主人公ってわけでもないんだよな…。
夜美はバビル2世のヨミかもしれないけど…。ていうか夜美くんのデザインはバビル2世の浩一くんぽいけど。
うーん…私年寄りだからかなり昔のアニメに精通してるつもりだったんですが、ダメダメですね。
まあそのうちくろさわさんが答えを出してくれると思います!
夏コミはこの設定資料集のために一般参加します!
ところで略称はくろさわさんが「ウウウ、ウルトラC、好きなように呼んでください」と言ってましたが、たぶん私はウルCっていうだろうなー。ウウウだとうめき声みたいだし…。
話はいきなり全然変わるんですが、ブラチェでちょっとクスっときたこと。
リビングのホワイトボードに平田さんが当選の願いをしたためた短冊の落書きをしていて、いいオッサンが可愛いねえと思ってたら

1410

その2分後にあっさりと刈安くんに消されてて、ブッフォ!となった。

1412

ていうか2分後にリビングの絵が切り替わるの初めて見た…。ログインしなおしたわけでもないのに…。
あと先日、窓辺にアンニュイに佇んでる黒崎さんをつついたら「夜か…熱燗が恋しいな…」とひとりごちていて、ええっ黒崎さん、ドヤりながら赤ワイン飲んでるイメージなのに熱燗が好きなんだ…!可愛い…!とますます黒埼さんが好きになった私でした。
これが窓辺にアンニュイに佇んでる黒崎さんです。

Photo

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

ブラッディチェインの受けと攻め

後藤羽矢子です。
先日、久しぶりに松本さんが泊まりにきました。
いつものごとくくだらない話をしつつ、私がブラチェを見せて「こいつの武器がイエスノー枕でさー。この人なんてあんこ練るヤツで殴りかかってくるし」とかひととおりツッコミどころなどを紹介したあと、受け進化攻め進化の説明などもする。
ブラッディチェインのキャラのカード(以下レポートと表記します)は☆3までは、最初からレポートごとに受けか攻めかが決まっていて、例を私の推しである黒崎さんのレポートで説明しますと。

01

入手した時点で、左上に「開攻」と表記してあれば、そのレポートは黒崎が攻めになるシナリオしかありません。
そして

02

開受と表記されていれば問答無用で受けになります。さらに能力解放で進化させると、レポートの絵が受け度攻め度マシマシになります。
☆2ぐらいまでだと表情差分くらいですけど。
で、唯一☆4のレポートのみが、分岐で受けにするか攻めにするか選べるのです。
しかしここでちょっとややこしいことがあって。
普通この手のゲームは同じカードを重ねることで限界突破していくものですが、ブラチェに関しては3枚めからでないと限界突破できないのです。最初の2枚は受けも攻めもどっちも見られるための保管庫になっているのです。
親切というか、限界突破に☆4が3枚必要ってのがめんどくさいというか…。
とにかく受けも攻めも両方見たい!という貪欲なユーザーのニーズにはめっちゃ応えてくれています。
しかし──そうまでしてくれてるというのに、私は「このキャラ攻めだな」と思ったら、もうそいつの受けは見たくない!という気持ちなのです…。
なので、じつは私、西園寺烈と、若宮美土里くんの受けは一度も見てないのです…。
美土里くんはヤンデレ幼馴染枠で、この地味な粘着さが受けだと質が変わってくる感じがして…。
西園寺烈さんは純粋にこういう雄くさいタイプの受けがさほど好みじゃなくて…。
そんなわけでキャラは全員食ったものの、片方だけしか見てないキャラが多いです。
私の判定では
空木先生=受け
鬼塚さん=攻め
風間先生=攻め
葛木逆流くん=受け
刈安くん=攻め
河津桜威=受け
河津桃華=攻め
清岡さん=攻め
呉大雅=攻め
黒崎さん=受け
西園寺澪=受け
西園寺烈=攻め
藤堂巴=攻め
夜光=攻め
白兎=攻め
菱垣花梨=受け
日長春彦=受け
平田勇太郎=攻め
星川伊月=受け
若宮美土里=攻め
という感じです。
やや攻めが多いですが、だいたい半々になりましたね。
平田さんは、以前の記事にも書きましたが、受けレポートのシナリオが爆笑ものでこの人は受けにしたほうが楽しそう…と思ったのですが、その後入手した☆3の攻めシナリオを読んだら、ずるくてダメなオヤジ感が満載で、このずるさは攻めにしたほうが映えるな…と思って攻めに認定しました。
黒崎さんはシキさんに似てるし、彼を受けにするには忍びないんですが、なんか「雑魚が」とか「虫けらが」とか罵ってきたり絶えずドヤってるわりには、全体的に不憫キャラで、先日のイベントでも、紫ちゃんと一緒にクリームまみれにされてたり、なんか可哀想可愛くてつい受けに認定してしまいました。
まああくまで私の好みによる認定なので、真逆の方も多いかもしれません。
ところで松本さんに「☆4のカードを攻め進化させるとこういう感じになって受け進化させるとこんなふうに変わるんだよ」と見せてやると
「基本攻め進化させるとドヤ顔になって受け進化させるとブリ顔になるんやな」と言う。
そして「この攻め進化してドヤ顔になったヤツを受けにしたい」などと言い出す!!
ほんっっっっっっっと腐女子はめんどくさいですね!!!
拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "ブラッディチェインの受けと攻め"

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

ブラッディチェインとリビング

後藤羽矢子です。
久しぶりにブラチェの記事です。ゲーム自体はもちろん毎日やっています。
とりあえずすべての男は食いましたが、受け攻めに関しては色々思うところあり…。
それを記事にしようと思ったんですが、長文になりそうだし、ちょっとゲーム自体の説明も必要だから今回は後回し。
軽くブラチェのダイマ的な記事にします。
ブラチェの何が楽しいかというとホーム画面。
ブラチェの仲間たちはシェアハウス用のマンションで共同生活をしており、共有スペースのリビングで皆さん三々五々くつろいでいるのです。
この様子が時間ごとにけっこう細かく変わっていて、正確に把握はしていませんが30分ごとに変わってるかも…?
なんかライブカメラで様子を見ているみたいで楽しいんです。
つい最近、メインシナリオのほうでやっと黒埼(シキさんに似ている人)が仲間にはいったのですが、そうしたら黒崎がリビングに出てくるようになった!芸がこまかい!
といっても、黒崎のレポート(カードのことをブラチェではこういう)は仲間になる前から普通にガチャで入手できたので、メインシナリオのほうでは、ラスボス感漂わせて「フハハハハハ!」と高笑いしている軍人が、レポートの受けシナリオで紫ちゃんガツガツバックで掘られているのを見てあまりの落差に眩暈がしたものです。
そしてリビングには伝言用のでかいホワイトボードが置いてあって、ここに書かれる伝言や落書きを見るのがまた楽しい…。

04

このようにほっこりするものから

01

このように独り言っぽい落書きに容赦なくいれられるツッコミとか。
ちなみに「夜光ちゃんならできるよ!」と書いてるのはアイドルの伊月くんで「悲しくなるからやめてください」と書いてるのはショタの河津桃華くんだなというのがわかります。こんなふうに話し言葉だけで誰かわかるというのはキャラの作りこみとして大変よくできてるなと思います。
ちなみに夜光ちゃん(ねおんと読みます)とは、画面にいるピンク髪の人なんですが、こんなツッコミを入れられた落書きを前によく楽しそうに酒が呑めるなと思いました。
私は一時期、リビングに全員揃ってるスクショが撮れないかとけっこう細かく出入りしていました。残念ながらそれはまだ叶っていません。
あと紫ちゃんと美土里くんの幼馴染コンビは寄り添って談笑してることが多いんですが

02

時間が変わると美土里ちゃんだけが中空に向かって語っていたりします。

03

こえええよ!!!
また夜で部屋が暗いのが恐怖に拍車をかけています。
まあそんな感じで仲間がワチャワチャやってるのを見るのも楽しいブラチェであります。

| | コメント (2)

2018年4月18日 (水)

Bloody Chainヤバい

後藤羽矢子です。

Bloody Chainが色々な意味で面白すぎてヤバい。

先日見つけたこのブラチェのレビュー記事がもう死ぬほどおかしかったので、是非読んでみてください。これを読めば皆さんもブラチェがやりたくなるはず…!

しかしブラチェの公式はキャラアイコン素材とか配布してくんないかな~。そうしたらここでキャラの説明も画像貼ってやりやすいのに…。

いま仕事がたてこんでますが、落ち着いたら私もブラチェをダイマするための漫画でも描きたいと思います。
先日はヤクザとヒモ男を食いました。
また紫ちゃん攻めにしてしまいました。
なんか紫ちゃんがあまりにも古式ゆかしいBLゲーの総受け然としているので、受けにしてもよく見るような反応しかしなさそうな予感がしてしまって…。

ヒモ男、日長くんはすごかった…。
とにかくいつもイエスノー枕を手にしていて…ってイエスノー枕がなんなのかわからない若い方もいるかもしれないので説明すると、両面にイエスとノーがそれぞれ印刷された枕で、つまり夫婦が夜の営みのさいに求めたり断ったりを暗黙のうちにおこなえるためのアイテムなのです。
そんなものを武器にしている日長くん…。
そしていつものパターンで彼のプレオーグル異変を治すためにセックスに突入し、日長くんは紫ちゃんのチンポをしゃぶりながら、自分の指でケツをほぐし
「……俺の雄まんこが…あッん、紫ちゃんのチンポ欲しいって……ふ、くッ、んんッ!指じゃ物足りないって……」などと喘ぐ。
お、雄まんこって…おめえ……。雄っぱいと同じで雄まんこと書いて「おまんこ」と読むんでしょうね…。このゲームパートボイスなので、このセリフはボイスで聴けませんでした。

そして日長くんに上に乗っかられながら、「やれやれとんだ奴が仲間がなっちゃった…」みたいなことを考えてる紫ちゃん…。いいのかそれで。

こんな感じで始終ローテンションな紫ちゃんですが、何故かヤクザ相手のときだけ、もうすごい能動的になっててびっくりした!!
「この強くて大人の男を俺だけのものにしたい…!」みたいなことを考えながら強引にせまって自分からチンポしゃぶりだす!
ヤクザはそれを見ながら「綺麗な顔してえげつないしゃぶり方するのう……」とか言っててけっこうエロい!

ていうか紫ちゃんフケ専なのかな?
あきらかに若いやつよりオヤジ相手のほうがのってる気がする…!
そういう嗜好に思いを馳せるとけっこうグッとくるものですね。
メインシナリオはもうやれるとこまでは終わってしまったのですが、キャラは全員食えるので、エロシナリオはたっっっっぷり残ってるので、とうぶん楽しめそうです。

| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

Bloody Chainおもろい

後藤羽矢子です。

Bloody Chainやってますが、おもしろい…。

とりあえず現在、3人の男を抱いたぜ…!

案の定、主人公の紫くん、めっちゃヤリマンヤリチンになった…。
そしてキャラのすべてが受け攻め選べるもんで「えーこのオッサンも受けなの~!?」みたいな気持ちからそいつらを受けにする選択ばっかしてたもんで、本来主人公総受け好きな私としては、攻めてしまっています。

食ったのは、傭兵の鬼塚(アサト似)と軍人の黒崎(シキさん似)と議員の平田です。

シナリオが地味におかしくって笑いが止まらない…。

議員の平田さんとのエロは、オーグル変異してしまった平田さんに体液を与えるために、とりあえず近くにあった平田さんの選挙事務所にしけこみ、そこで平田さんが演説に使ってるミカン箱(実家のミカン農家から送ってもらってるらしい)に手をつかせてバックから犯すという…。
紫くんは総受けBLゲー主人公のテンプレみたいな容貌と性格なのですが、その彼が淡々と「平田さん、悪いがあのミカン箱に手をついて、オレに尻を向けてくれないか?」とクールに言い放つ。
それに対し平田さんは「えっ?ええっ?あれ、俺の選挙には欠かせない神聖なミカン箱だよ!?それなのにエッチな目的で使うの?」とキョドる。
犯されることよりミカン箱を使うということのほうが気になるんだ…!

しかも、紫くんの体液で変異を治す=セックスに当たり前のようになっちゃってるのがすごい…。
そして紫くんのほうも、急なことで勃ちが悪いんで自分でしごいたりして妙に生々しい…!

とにかく紫くんが攻めになる場合は、ほぼ治療の体裁です。

現在双子ショタとの3Pに突入しかけてますが、ここでは紫くんが受けで、これは治療でなくラブめいたエロになっています。

お話は戦闘を続けながら、行く先々で仲間を増やしていくという流れで、実際のキャラはガチャで手にいれないといけません。
しかし仲間の職業が、マッドサイエンティストや軍人や傭兵は普通に心強い仲間ですが、アイドル、オネェ、男の娘、議員、弁護士、ヒモ、和菓子職人と混沌を極めていきます。
ヒモとか武器がまくらだし…。

軽い気持ちで始めましたが、シナリオで感動しようなんて思わなければ充分に楽しめます。システムも良好だし…。PCとスマホの連携もできるし…。

稀代のヤリマンヤリチン主人公紫くんのこれからの活躍に期待です。

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

Bloody Chain始めてしまいました

後藤羽矢子です。

何故だか、うっかり、ブラウザBLゲーBloody Chainを始めてしまいました。

Cool-Bでも紹介されてたんで存在は知ってたんですが、ブラウザゲーは増やすと無間地獄になるので、城プロ以外はやる気なかったんですが、バナー広告に引き寄せられてふらっと…。

とはいえブラゲーでイケメンカタログ的なゲームは数あれど、完全にBLを謳ってるゲームはあまりないし、DMMR-18版なので、エロもあるだろうし、どういうものなんだろうと思い、とりあえずエロが出るまでは続けてみようと思い立ちました。

お話はゾンビアポカリプス+人外、さらに主人公の特別な血という、往年のBLゲームファンが涙でむせぶような設定が詰め込まれています。

お話の舞台は、数年前突然、ウイルスによる人々のゾンビ化(この作品ではオーグルと呼ばれている)により逼迫した世界。
主人公祠堂紫(しどうゆかり)くん。紫という名前のとおり髪も紫色です。
オーグルと戦うため徴兵制度が強いられていて、幼馴染の美土里くんとともにどっかの島で兵役に勤めていると島にもオーグルが現れて、美土里くんと逃げる過程で、傭兵だの研究者だの大学の同期だのアイドルだのが同行するようになって、ひとつりパーティに。
しかも彼らはプレオーグルといって、オーグルのウイルスに感染したものの、自我は失わず、人外の力だけ得たお得な存在に。
そして紫くんもウイルスに感染してはいたものの、プレオーグル化はせず、彼の体液がオーグル化の進行を抑えるための特効薬になっているとのこと。
なんというヤリマンフラグ…!
いちおう現時点では血だの唾液だのということになってますが、絶対精液も絡んでくるんでしょう?!わかってるんだからね!

とりあえずシステムはよくあるブラゲのそれ。
戦闘でシナリオを進行させ、ガチャで仲間を増やし、調達したアイテムで強化させ…みたいな感じ。
特筆すべきは「受け進化」「攻め進化」。
キャラをどちらかに進化させることでストーリーに変化があるらしい…けど、まだ私は全然そういう気配のするとこまでたどり着いていません。
いまの時点でとりあえず唾液摂取という名目のキスシーンがあったぐらいです。

シナリオが進行するにつれ、お仲間も増え、主人公たちが根城にしているシェアハウスにどんどん人が増えていくんですが、紫くんが姫というよりはアナタハンの女王的なやばみを感じてしまう…。
艦これの提督やとうらぶの審神者と違って、絶対君主なわけじやないし、それどころか捕食される側の危うさも含んでいて、なんかハラハラするなあ…。
とりあえずガチャで引いた一番強いキャラが、夜の街のオネェで、戦闘のたびに「キャー!乙女になにするのよお!」とか「さっすがねおんちゃんね!」と叫ぶので大変ウザイです。
この人ともエロ関係になれるのだろうか…。
それはまだわかりません。

とにかくエロっぽいことになので頑張ってみます!

| | コメント (0)