« 2023年12月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月26日 (月)

ラメステ アサトルートやあれこれ感想

後藤羽矢子です。

21日にアサトルート観て、3ルートコンプ特典もいただきました。フェッフェッ!

Img_6159

しかしその後、老体にムチ打ったツケがきて数日ぐったりしていました。もう若くないんだ…。
そして自分がいい歳になると、バルドのたいして歳でもないくせにやたら年寄りムーブかますとこ、ちょっとウゼェ…!と思うようになりますね。
まあ肉体的な年齢より、何もかも諦めて心が老いてしまっていた…というのはわかってるんですけどね!

それはそうとアサトルートも大変よかった!
一心に懐いてくれている子を置いて別の雄のルートに入ってしまうのは心苦しかったので、思う存分かまわれるアサトを観るのはほっこりしました。
ナチュラル無銭飲食シーンもあってよかった!ラメステって小道具がちゃんとある時と、心の目で見て!とばかりに省略する時があるんですが、盗んだむお肉が用意されていたのはちょっと笑った。

ライにもツン、バルドにもツンだったコノエたんがアサトには甘々なのには、本当にいい滋養がとれます。
花畑が舞台に投影される演出いい…。花畑での発情シーンもその演出のおかげでどことなく神聖な雰囲気…。まあ思いっきり股間に手を突っ込んだりしているのですが…。
あ、あとエロスなシーン、アサトは寝バックでやってて、ちゃんと原作の体位踏襲してるのがすげーな…と思いました。(実際は寝バックは事後ですが)
ラスボス戦、コノエたんが腕切断するとこはどーすんだろ…と思っていたら、マントで右腕を絶妙に隠してるの上手いなー!となりました。
ラスト、コノエたんがちょっと儚げなとこ、演者さんすごい…!ちゃんとアサトルートを理解している…!

全ルート観終わって、やっと感想を解禁して、読みまくりましたが、多くの人がアサトのピュアさに堕ちてたのがフフッてなりました。

そして昨日は大千穐楽 をライブ配信で観たのですが、さすがに大ラスとあってカテコを3回もやったりサービス満点でした。
最後全員から一言のコーナーがあったのですが、最後とあってみんなふざけるふざける!シュイさんがふざけてリークスはクールを保ってるのがキャラの領分守ってる感じでいいし、シュイさんも根が天然だからふざけててもあまり違和感はなかった。

私は没入感を高めるために役者さんの情報はあまり入れてなかったのですが、ライ役の加藤将さん…めっちゃ早口の重たいファンみたいになっててバリウケた。もしかしてこの人…面白い人?!なんかふわ~っと関西イントネーションになってるし。その後ウィキ見て情報入れました。
今後チェックしていきたいと思います。

私は当初ラメステを観る人はLamento履修済みかと思っていたのですが、感想読む限り、けっこう役者さん目当てで来ている人も多く、そういう方々がBLゲームの仕様に面食らってるのが「だよね~~~~!!」と懐かしくも嬉しくなった。
私も最初に咎狗やったとき、ルートごとに違う男と恋をし、セックスをするというシステムにすごいドキドキというかムラムラというか、得も言われぬ気持ちになったなあ…。主人公がルートによって違う一面を見せるというのも、当時はすごく新鮮でエモかったわー…。

BLゲームがやや勢力を失っているいま、若い世代にこのムラムラを伝えたい…!
などと本気で考えてしまいました。
でも本当にBLゲームと2.5次元って相性がいいと思います。アニメとかだったら1ルートしかできないので、全ルートの要素をぶちこんでごった煮にするしかないですが、舞台ならルートごとの特色を全部味わえる…!

そんなわけで、本当に楽しめました。令和6年にこんなにLamentoを浴びられるとは…。
ここまできたら、もう狗ステもやるしかないっしょ!!!
何気にキラルが舞台関連のアカウント作ってるし、絶対あると信じたい!!!

期待してます!!!

 

 

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

ラメステ ライルートバルドルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

18日に行ってきました!ラメステ!
マチネのライルート、ソワレのバルドルート。最初ソワレを19時開演と勘違いしてて、空いた時間どこで潰そうかなあと思っていたのですが、前日に18時開演と気づき「やべえ!気づいてよかったあ~」と身体が震えました。注意力散漫すぎる。

そしてマチネが終わってからソワレの開場まで1時間半ぐらいの空き時間だったので、フードコードでメシ食ってたらすぐでした。
逆にそれぐらいの休憩時間しかなくて大丈夫かと演者さんの疲労が心配になりました。

そんなことはどうだっていいんですけど!

ラメステは最高でした!!
入場して埋め尽くされてる客席を見て「こんなにLamento好きな人がいるんだ…」とまず感慨に浸る。
まあLamento未履修な方もいるだろうけど、未履修でも観たいと思ってくれるのが嬉しい。

語りたいことが山ほどあって収拾がつかないので、イラストレポでまとめました。

 


_001
クリックで画面が大きくなります。

まずびっくりしたのが歌うたいの存在感!
歌うたいさんといえば儚げなイメージですが、ラメステで顕現したのは生前の天然シュイさんでした。
冒頭、キャストそろい踏みでLamento歌詞違いバージョンを熱唱するのですが、シュイさんの力強い歌唱にまず面食らう。
その後はナレーション&進行役として、ずっと舞台のあちこちにいるのですが、なんかもう…とにかく所作がいちいちカワイイんですよ。
イラストにも描きましたが、毛布にくるまるコノエを表現するのに、後ろから毛布をファッサァ…とかけてナイナイしたり、じゃらしの花を本当に猫じゃらしとして活用してたり。ちなみにバルドルートではネズミのおもちゃを吊るした棒を持って「チューチュー!」と言っててさらに可愛かったです。
_002
お茶目といえば悪魔たちもで。
序盤でコノエを夜な夜な悪夢で苛むところは、恐ろし気な存在に見えますが、リークスに力を奪われて一時休戦になってからは急にウェイ勢に!
特にヴェルグなどは元々ウェイな悪魔だったので、水を得た魚のようでした。
リークスの情報収集のために空を飛んでいたのを「バッサァ…」と口で言いながら両手で羽ばたいて表現。さらに軽く台詞を噛んでしまい「働きすぎて噛んじまったじゃねえかよ!」とアドリブ入れてたのめっちゃウケました。
図書館探索シーンでは久しぶりに照明係ラゼルが観られてよかったです。
にしても、悪魔たちライルートではフラウドに見せ場があるし、バルドルートではヴェルグに見せ場があって、当然アサトルートではカルツに見せ場があって…。このままじゃラゼルの見せ場が照明係しかない…。
まあこの見せ場の不均衡さは原作でもそうなんですけどね…。

_003_20240221095801
ところでBLゲーの舞台といえば気になるのはエロスなシーンですが。
なんかどんどんきわどくなってない?
ドマステではセックス暗喩ダンスだったのが、スプステではスケスケ風呂開脚オナニーショーをブチ込み、ラメステでは目隠しからの猫ちゃん交尾ですよ!マントで身体はほぼ隠れてますが、それがかえってエロい。バルドルートではバルドがコノエの太ももさわさわしつつ、エプロンの下に手突っ込んでてオジエロさ全開だったのがまたヨシでした。
ゲーム本編でもエロシーンはバルドのが一番興奮したからね…。ちょっとNTR風味もあるし…(ライ的に)
あとエロスなシーンとは別に、耳舐めたりしっぽ舐めたりするシーンでは、わざわざ「シュベルラッ」みたいな舐めSEを入れてくるので、それもエロくてよかったです。
あとライがおのれのフサフサしっぽをコノエに見せつけてくる、しぽハラ(しっぽハラスメント)もなんかそこはかとなくエロスでした。

_004
アサトに関しては今日観に行くので多くは語れませんが、アサトの声めっちゃいい声…!と思いました。
春野風さんの声質とは全然違うんですが、すごい好きなタイプの声…。
今日、アサトの歌声が聴けると思うと楽しみです。

そう……歌!!!
こんなに作中で歌うとは思ってなかった!
ZIZZが舞台用の楽曲を書き下ろしたとは聞いていたのですが、流れる曲かなと思っていました。歌うんだ!この場で!
これラメステというよりラメミュですやん!と本当に驚きました。
コノエとライの歌声がハモったときには「私は夢でもみてるのか……?」と思いました。
しかもルートごとに歌も違うみたいで、コノエ役の人すごすぎる…。

賛牙の歌、心の通じ合うさま、哀しみ、希望。それらをすべて歌で表現していて、まさに音楽劇!でした。
リークスとシュイが一緒に歌うのは予想外でちょっとブォッとなりましたが。
しかしリークス様、歌めっちゃ上手かった。声にハリがあってよく通って…。いろんな意味で耳福でした。

ところでちょっと話変わるんですが。

舞台劇という制約上、表現できることに限りがあるのはしかたないことで。
コノエの耳と尾が黒く染まった…!ってシーンもなんも変わってなくて、観客の見立てに任せていたのですが。

最終決戦で、ウルがキルの生首を自分の身体にくっつけて出てきたシーン。キルがグレーの布で身体を覆って首だけだしてる、よもぎ蒸しみたいな状態で出てきて「ここ表現するんだ!!!!」って内心でめちゃくちゃ爆笑しました。

とにかくそんな感じで最高に楽しめました!あっという間の2時間50分!
カテコのダンスも可愛くてかっこいいし、本当にLamentoを好きでいてよかったああ~…と心から思いました。

そしてラメステをきっかけにLamentoを好きになる人が増えますように…。

アサトルート観終わったらまた感想書くと思います!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

明日はラメステ!

後藤羽矢子です。

ラメステも始まりましたね~!

私は明日と21日の参戦です。
しかも明日はマチネ、ソワレの連続観劇で体力がちょっと心配ですが、なあに!ドマステの時もやったし大丈夫大丈夫!(たぶん)

むしろ心配なのは尿意かもしれない…。公演時間2時間50分ってすごいですよね…。ドマステが2時間10分だったのに比べると40分も長いわけですから…。Lamento本編の長さを思えば当然だし、原作の美味しいところをできるだけ掬いあげるぞ!という制作サイドの意気込みを感じます。
とりあえず利尿作用のあるカフェイン飲料はやめて、水を最小限とるだけにします。夏じゃないしそんな水分摂らなくても大丈夫でしょう。

いまはできるだけ初見の感動を大事にしたいので、カテコ動画なども観ないようにしています。
早くラメステで検索しまくりたい…!

それにしてもLamentoの舞台なんて、Lamentoに狂いすぎてた18年前(!!!)の自分に教えてやったらぶっ倒れてたかもしれません。
長生きはするもんじゃのう…。

そんなわけで明日は楽しんできます!!!

 

| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年3月 »