« スロウ・ダメージ タクルート感想ネタバレ | トップページ | スロウ・ダメージ 藤枝ルート感想ネタバレ »

2021年3月 8日 (月)

スロウ・ダメージ 斑目ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

間が空いてしまってすいません。なんかスロダメクリアして、その後も何周かしてたらしばらくして、首が寝違えのような痛みを訴えだしまして、あんまりPCに向かってなかったのです。

まあたぶんスロダメのやりすぎだよなあ…。

Evsakkpvkacudk

トワくんは数日飲まず食わずで絵を描き続けることができますが、私は数日根を詰めてBLゲーやっただけでこの有様…。
もう若くないんだ…。
そんなわけで斑目ルートの感想です。

以下おりたたみー。

斑目ルートは、界隈では令和のシキルートと評判ですが、確かにシキルートのセルフオマージュであり、ある意味アンチテーゼなルートだなと思いました。

ストーリーは、どシンプルで昔の男とヨリを戻して日常と決別するというもの。
斑目ルートはいちおうタクかレイかどちらかをクリアすれば入れるものの、斑目を二番めにクリアした人は少ない印象。
私もそうですが、三番めにやった人が多いんじゃないかな~。
斑目ルートはいろいろ新事実も発覚するし、やっぱり三番めにやるのが個人的にはベストだと思う。
タク、レイはファミリーでありトワを日常に繋ぎとめる存在。この二人のルートを経てから彼らとの決別を迎えたほうがより哀しみというかやるせなさが増すと思います。

タク、レイは日常に繋ぎとめる存在、斑目は日常と決別させる存在、藤枝は過去と決別させる存在なんだよなあ。

斑目ルートはchapter1からの分岐なので、フレーズの絵を描くとこからスタート。この絵だけ他の絵と違って妙に時間かかってるのが不思議…。
一回見たシーンだけど、二週間ほぼ飲まず食わずってやめてよおおお…。せめて水分だけでも摂ってくれ…。
スロダメやってるとプレイヤーは皆が皆、心配性のオバチャンになってしまう…。
それはともかく他のルートでは同好の士を見つけますと前向きなメールを送っていた生稲ですが、このルートでは自殺している…。えええ!!!
やっぱり最後に突きつけたのが「心臓に突き刺さる」だったせいか…?

しかし絵を完成させたというのに、どことなく不完全燃焼なトワ、間もおかずに次のeuphoriaの相手を探し首絞めセックスなどに興じたりします。

そうこうしてるうちに斑目の幽霊が現れるという噂が流れたり、過去に斑目に貸しっぱだったオイルライターが戻ってきたりと、じわじわと斑目の影とともに「過去」が忍び寄ってきます。
そしてとうとうその姿を現す斑目…。トワのみぞおちぶん殴って気絶せてお持ち帰り…。

トワが気がつくと、そこは廃墟の一室。首輪を嵌められ、目の前には斑目。

この首輪に愕然となってるトワのスチルがいい…。基本トワって何されても平気だから愕然としてる表情じたいがレアなんだよね…。
さすが遠野に「NGはないんだろう?」と言わしめさせる男…。

斑目はトワを飼うと言い放ち、自由を制限されることを何より嫌うトワは野良猫のようにフシャーッとなってハンガーストライキに突入します。つっても斑目が用意してるのは栄養価の低そうな素っ気ないパン。
シキルートの監禁生活では、シキはアキラにバランス栄養食のソリド食わせてたからまだよかったけど…。
ていうかトワにこそソリド食わせてえよ!!!なんでスロダメの世界にはソリドがないんだ!!

とにかくハンスト期間が長くて、時々斑目が無理やり口移しで食わせたりもしてるけど、餓死しそうでハラハラした…。
しかもそんな状態で一発キメる斑目…。

四つん這いになってアナル丸出しなトワのスチル…。とうとうキラルもアナル解禁!!!
使い込んでいるわりには慎ましやかなトワのアナル…。若干色素沈着しているところがリアルでいい…。
とアナルソムリエみたいなことを心で呟きつつ、トワのアナルを凝視してしまった私でした。

そうこうするうちに、組の内部抗争で右目を撃たれた時のことを思い出したり、斑目と殴り合いのあとにセックスしまくってたのを思い出したりとだんだん「戻されて」いくトワ。
ところでこの組にいた頃のトワ、めっちゃ可愛い!金髪じゃん!子猫ちゃんじゃん!
トワの髪のはしっこだけ金髪なのって、もしかしてプリン頭のなれの果て?

やがてハンストもやめ、斑目といることに違和感を覚えなくなったトワ…。しかしあるときデスマッチエリアでレイとバッタリ。
再会を喜ぶも斑目から逃げようとしないトワに愕然となるレイ…。ここレイが可哀想だけどめっちゃ美味しい…。
そして斑目も「選べ」と言うが自分から選ぶことができないトワに斑目は「迷うような人間に用はない」とトワを解放する。

クリニックに戻り、レイとタクはトワの無事を喜ぶが、トワはずっと違和感を拭えないまま…。
やがて自分が「あちら側」の人間であることを痛感したトワは斑目の元へと戻る…。
このときトワを引き留めようとするレイとタクが辛い…辛いけどこれこれ…!これですよ…!

斑目の元に戻り、殴り合いの末の首絞めックス…。ふたりの関係じたいはこの時点でハッピーエンドなわけですよね…。

その後は斑目が組をぶっ潰すために動くターンに入り、じつは小太郎マユエイジが裏で斑目と通じていたことが判明したり、停滞していた空気が一気にスピーディになって面白い!!

遠野のカジノに潜入するために変装したトワがノーブルで素敵だ!しかし五十嵐に秒でバレてたのに吹いたけど。
このルートもいろんな顔のトワが見られて目に楽しい!

ところで。

斑目ルートを話じたいは面白くて好きなのですが、私は斑目には堕ちなかった…。

もし斑目が何かに屈したり弱いところを見せていたら、たぶん私は斑目に堕ちてた気がする。
そう。斑目ルートがシキルートと決定的に違うのは、斑目が最初から最後まで徹底的にブレずに強いことなのです。
斑目のeuphoriaがありえないほど難航してしまったのは、加賀のことで斑目に揺さぶりをかけられる「はずだ」と私が勝手に思い込んでしまったからなのです。
しかし斑目はそんなタマではなかった…。

私はこの斑目が弱さをみせないところをシナリオ的にすごく評価している…。斑目が弱さを見せたら陳腐になってしまうと思う。でもその強さゆえに私は斑目に堕ちないというジレンマ…。

あ!シキさんの弱さは絶対に必要なものだったからいいんです!あの人は己の強さを「高めること」を目標にしていたので、最強のナノを倒したことで軸がなくなってしまったんです。でも斑目は「頂点」に興味はない。彼が欲しいのは暴力が紡ぐ幸福と、それを分かち合えるたったひとりの人間だけだから。

かくしてふたりだけの幸福の世界を築き上げたトワと斑目。再び金髪に染めたトワの子猫ちゃんぷりがすげえ…!ラストは熱烈なキススチルで甘々…。
狂気ENDは、斑目と新しい組を立ち上げるも、殺人衝動にとりつかれたトワと斑目の殺し愛。
この、やや狂気に傾いている斑目のほうが私としてはグッときます。トワがやたら切られててイテテテテテテテテってなるけど…。

次回はやっと藤枝ルートの感想です。

|

« スロウ・ダメージ タクルート感想ネタバレ | トップページ | スロウ・ダメージ 藤枝ルート感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スロウ・ダメージ タクルート感想ネタバレ | トップページ | スロウ・ダメージ 藤枝ルート感想ネタバレ »