« 鈴史女体化SS書きました | トップページ | かわいそうな川瀬 »

2020年12月19日 (土)

スロウ・ダメージコミカライズ 3話感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ちょっと遅くなりましたがスロダメコミカライズ3話の感想を。

物語じたいはまだ世界観の説明って感じであんまり進んでないんですが、ここまで読んでしみじみ思ったのが、世界の造りが大人になってる…!ということです。

ものすごく世界と情勢と生活が噛み合ってる…!
これ言うと腐してるみたいで言いづらいんですが、キラルの世界って箱庭的というか、主人公たちがいる半径10キロから外の世界が想像しにくいというか……。それが一番顕著なのが咎狗で、トシマからしてここインフラどうなってんだ…と思うし、世界の在りようそのものがENDごとに違うみたいなゆるふわ感があって、そういう部分は他のイケ感でねじ伏せる!!みたいな力業の世界なわけです。

もちろんキラルはそういう緩い部分があっても、面白いし萌えるし滾るし痺れるからいいんです。世界観がちゃんとしてて辻褄が合ってたっておもんない創作はいくらでもあるし!

しかしスロダメは、なんというか、格差社会、貧困、鬱屈、暴力など描きつつも、ちゃんと市井の人々が生きている感がするし、ヨロヨロしつつも社会が回っているリアルさがある。
トワにしたってあんな社会性からほど遠いようなキャラでありつつ、社会のなかで生きているひとりの人間っぽさがすごくある。
キラルが大人になった…みたいな妙に感慨があります…って何から目線だよって感じですが。

そしてどんどん明らかになるトワの過去…。お母さんが鷹郷組の組長の愛人でトワはたぶん組長の子供だろうとか、妹がいたらしいとか、母親と遭った事故のせいで過去の記憶がほとんどないとか。このへんがあとあとストーリーに絡んでくるんだろうなあ~~と思うと大変楽しみです。
いまはビッチのトワの初体験の話とかもやってくれるでしょうね!相手が班目だったら萌えるんですけど!

いま唯一心配なのが、レイが昼は病院、夜はバー勤務と働きすぎなことです。休日も炊き出しとか手伝ってるし…。
いつ寝てるんだよ…レイさん。
まあオネエだけど身体もでかいし筋肉もあるし、体力オバケなんだろうと思いますが…。
私もレイがよそってくれる豚汁食べたい。

|

« 鈴史女体化SS書きました | トップページ | かわいそうな川瀬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴史女体化SS書きました | トップページ | かわいそうな川瀬 »