« 鈴史SSまた書いたよー | トップページ | 魅惑の受け »

2020年11月20日 (金)

スロウ・ダメージ体験版感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

最近のキラルってばスパダリ並みに突然のサプライズを仕掛けてきますが、本日突然に出された体験版!!

えーっ!こないだの本気でスロウ・ダメージのときに体験版があるって言ってなかったよね…?
トゥクン…となりながらもつつがなくダウンロード。

まあ体験版といってもキラルの場合、ルートの途中までをプレイしてもらうというよりは、名場面ダイジェストのお披露目…という側面が強く、Lamentoもスイプーもそんな感じでした。

スロダメもキャラのお披露目とチュートリアルという内容でしたが、けっこういろいろびっくりした。

まず最初の驚きが、キャラの立ち絵がまばたきしたり口パクしたりするとこ。
これについては本気でスロダメの時にチラッと言ってた気がするような…しないような…(どっちだよ)

でもいい感じだと思います。最近はキャラの立ち絵が絶えずヌルヌルうごいてる演出のゲームもありますが、あれはちょっと気が散る…。

冒頭、つけっぱなしにしているテレビから流れる悲鳴で目を覚ますトワ。
あっ!今回のテキストは三人称なんだね。正統派キラルという感じがします。
そして滲んだ絵の具のようにボワボワしたテキストウインドウがシャッレッオッツ~~~!!!
本当にこのへんのシャレオツさはキラルがてっぺんとってるよな…。
しかし名前欄のとこにいちいち小さくローマ字がふられているのは、いるのか…その情報…?と思わないでもない。

というか、藤枝の登場シーン、まだ名前が判明してない状態で、他も名もなきモブはUNKNOWNと表示されてたりしましたが、藤枝は「スーツ姿の眼鏡を掛けた男 」となっててなげえええええええよ!!!!
しかも

        スーツ姿の
眼鏡を掛けた男

こんな表示になっててたかが名前欄のくせに映画のタイトルみたいな風情醸してるやん…。

しかも脇には「BESPCTACLED BUSINESSMAN」と書かれてて、どこまでオシャレにすれば気が済むんだ!と内心でツッコみました。

話は戻って、冒頭しばらくは、トワの環境の説明やタクやレイの人となりの説明タイム。
このへんはすでに前日譚コミカライズなどで説明されてますが、古なじみの医者、タクの営む病院の3階に住み込みながら病院の受付として働いてるトワと、本業はバー勤めだけど、昼間の空いてる時間にタクの病院を手伝っているレイ。
レイさんは料理上手らしく、お昼時には手料理を持参してふるまってくれたりします。

その後は探索パートと心理パートのチュートリアル。
探索パートは、新香味じゃない新神海の街を歩きつつ、出会った人間と会話し「インスピレーション」なる単語を集めていく。これはのちの心理パートに用いられるらしく、的確に心理パートをクリアできるようええ感じのインスピレーションを集める必要があるっぽい。
これはなかなか…攻略がややこしそうだぞ!!なんか楽しみになってきた!!

その後は各キャラとのふれあいシーンのダイジェスト。
班目は過去に因縁があったという男で、人心を手玉にとることが得意なトワにとって難敵…らしい。監禁っぽい流れになってるし俄然楽しみになってきた!
藤枝さんはこの時点ではとうとう「スーツ姿の眼鏡を掛けた男」のままでした。
彼の見せ場は本編までおあずけのようです。

そんなわけで内容もだいぶわかってきて、いよいよだなあ…という感じ。
いろんな意味でキラルの本流といった作品になりそうです。

 

 

|

« 鈴史SSまた書いたよー | トップページ | 魅惑の受け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴史SSまた書いたよー | トップページ | 魅惑の受け »