« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月24日 (木)

ウウウルトラC 水晶の夜(蝶番史郎ルート)感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

蝶番史郎と一色鈴…。プレイ前からこのカップルが推しになるだろうな…と予想はしていましたが。

見事にぶっ刺さりましたね!

蝶番さん、クラスタの間では川玉の子供と呼ばれており、本当に川瀬のスペックに玉森くんの性格という、最高なんだか最低なんだかわかんないキャラに仕上がっています。
これで堕ちないはずないじゃない…?

幼い頃の子役時代。共演した美少女ベルちゃんとした結婚の約束……。その後もベルちゃんを忘れられず27歳の今日まで純潔を守ってしまっている…って最高すぎる。

しかもそのベルちゃんがじつは男だということは、公式サイトの人物紹介で堂々とネタバレされている。
こんなのサプライズのうちにはいんねえよ!と言わんばかりの公式のアクション…。

まあ実際その後サプライズにつぐサプライズだったわけですが…。

以下おりたたみー。

続きを読む "ウウウルトラC 水晶の夜(蝶番史郎ルート)感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

ウルC元ネタ一覧(訂正版)

後藤羽矢子です。

ウルCは昭和の特撮モチーフの世界で、キャラの名前は昭和の特撮やアニメからもじっているとくろさわさんも仰ってましたが、発売前はけっこうわからなくて「昭和生まれの名がすたる!」と思ってましたが、プレイしてみたらなんかいろいろわかったので、わかる範囲での元ネタを羅列していきます。まあこれも副読本が出たら全部わかるんでしょうけど…。

情報の一部を訂正しました。

以下おりたたみー。

続きを読む "ウルC元ネタ一覧(訂正版)"

| | コメント (2)

2020年9月21日 (月)

ウルC 設定覚え書き

後藤羽矢子です。

やべえ…ウルC3回ぐらいリプレイしてやっと話の全貌がわかった…。

頭悪すぎない?って思われるかもしれませんが!!!なんか創作って大事なとこは「ここ大事なとこなんすよ!」みたいな演出で語ってくるじゃないですか。

でもウルCってば、すっげー大事な情報を一行ぐらいで流しそうめんのようにシュルッと出してくるんで、よっぽどギンギンに見てないと見逃す…。

私はわりと酒呑みながらBLゲーやることも多いんですが、ウルCはシラフでやったというのにこの有様…。

あ!それと今回スチルがめっっっちゃくちゃ多いぶん、文章での説明をかなりシェイプしてるなと思いました。

たとえば怪獣に変身するシーンとかで、怪獣になったスチルを出して、怪獣になったという説明は入れない。

奈須きのこ(敬称略)もノベルゲーは絵とテキストとの兼ね合いだから、スチルでわかる部分はあえてシナリオの説明部分を削ったりするとか言ってましたもんね…。

つまりウルCは絵もテキストもかなり入れ込んで見る必要があるんですね…。恐ろしい作品だ…。

でも考えてみれば橋姫もそんな感じではあった…。
私は副読本も一緒に購入したからも謎部分はすぐにわかったというだけだった。

とりあえず細かい設定もろもろを覚え書きとして置いておきます。
ネタバレの塊なので、未プレイの方は見ないでください~。

以下おりたたみ。

続きを読む "ウルC 設定覚え書き"

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

ウウウルトラC 若き太陽(正太郎ルート)感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

そんなわけでルートごとの感想ですが、いつものようにストーリーに沿いながら感想を書いていくというスタイルはとれません。

というのも、私がいまだに話の全貌をいまひとつかみ砕いてないというか…。

とにかくエピソードがポンポンポンポーンとすごい勢いで流れていくので、大変というかノベルゲーなのに、なんだこのついていくのがやっと感は!

そんなわけで、プレイした人にしかわからない、やや不親切な感想になりますがご了承を。

以下おりたたみー。

続きを読む "ウウウルトラC 若き太陽(正太郎ルート)感想ネタバレ"

| | コメント (0)

ウウウルトラC始めました終わりました

後藤羽矢子です。

ウルC、午前中にはステラとアニメイトから届いてたんですが、仕事がたてこんでて始められたのが21時半ごろでした。

けっこう遅い時間になっちゃったし…眠くなったらキリのいいところで切り上げよう…。と思ったのですが、切り上げられずに最後までやってしまいました。もう私本当にBLゲーはいつも根詰めてやってしまう…。
総プレイ時間は9時間ぐらいかなー。

しかし本当にめっっっちゃくちゃ面白かった!!!

推しカプは予想どおり、ベル×史郎になりました。

全話完走して、ギャラリーでスチルでも観返すか…と思ったら、ギャ…ギャラリーがねえ?!?

まあ1000枚以上あるスチルを収めるのは大変だったかもしれません…。つまりスチルが観返したかったらもう一回プレイしないといけないわけですね…。

これからオキニスチルをスクショしまくる日々が始まる…。

いまは興奮が頭がボーッとしてますが明日あたり感想も書いていきたいです。

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

Lkyt総評

後藤羽矢子です。

そんなわけでLkytの総評です。

まずはネタバレに抵触しない部分から…。

システムはいつものparadeで実に快適。セーブスロットも潤沢。ボイスセーブも健在。バックログのテキストからシーンにジャンプできるのもヨシ。スチルも大変によく、すべてご褒美レベルの眼福さ。
CVも初めての方ばかりでしたが、皆さま大変に合っていって気になるところはまったくないほどの自然さでした。
特に与くんの人はよかったな~。男らしさと男の子らしさを併せもっていて…。受けの方々よりよっぽど喘いでましたが、自分の快楽をまだコントロールできてない初々しさも良いです。

そんなわけで非の打ちどころがないか…と言われれば、じつはうーーーーーーーん……と悩んでしまうのですが…。

以下おりたたみー。

続きを読む "Lkyt総評"

| | コメント (0)

Lkyt 永羽ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

いよいよ大トリの永羽ルートです。

Lkytの攻略キャラは皆、与より年上で立場的にも目上だったりしますが、永羽さまにいたっては最年長の36歳、立場も国でこれ以上偉い人はいないという天子様!!

天子様が攻略キャラってすげえな…。メビウスラインだって天子様はFDで美青年に成長したけど攻略キャラになることはなかったのに…。
不可侵領域を軽々と飛び越えてくるparade…攻めてます!!

とはいえ永羽さま、按護ルートでこっそりエッチな気分になっちゃう香油で按護さまのマッサージさせたり、ちょこちょこ茶目っ気のあるとこ見せてたんで、きっとルート入りしたらそういう部分が全開になるんだろうな…と期待していました。

以下おりたたみー。

続きを読む "Lkyt 永羽ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

Lkyt ヤエルルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

いちいち間が空いてしまってすいてません。もうすぐウルCも発売されるというのに…。ウルCが発売されるまでには総評にたどり着きたいです。

そんなわけでヤエルさんルートです。

ヤエルさんは唯一の異国の人。銀髪褐色に眼帯付きという、かなり私に刺さり気味な外見なので楽しみでした。
CVはキャストの中で唯一知っていた虎沢猫助さん。
しかし虎沢さんは私の知っているなかではパ結のミツギの会社の社長だったり、パ極のミコシバだったり、badeggのマックスだったり…。

つまり私のなかでは気のいいオッサン枠なのですね。普通のエロ声すら聴いたことがないのに、いきなり受け喘ぎを聴くことになるなんて…。なんかこう…知り合いのオジちゃんの濡れ場を見てしまうような後ろめたい気分です。
まあでも、神学校の校長のキモ演技の印象が強烈すぎた縞馬男爵さんも、GALTIAのディアゴの色悪演技はすんなり馴染んだので大丈夫でしょう。

それはともかく、以下おりたたみー。

続きを読む "Lkyt ヤエルルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

Lkyt 按護ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

けっこう間があいてしまってすいません。

仕事してたのもあるんですが、按護ルートの感想書くにはもう一度プレイする必要があって、でもあのルートしんどすぎてやるのが辛い…!とうだうだしてしまっていました。

辛いけど…好き!

受けでも攻めでも美人好きな私としては、按護さまはさほど注目株ではなかったのですが、共通ルートで早々と右腕と左足を欠損していて、欠損好きな私は途端に前のめりに。
欠損した按護さまの行く末が気になった私は、按護ルート入り。

といっても二次元における欠損は、ミラクル度が高い作品ならミラクルパワーで元に戻ったり、そうでなかったら科学や魔力の力をもって、動作に遜色のない義手や義足がつけられたりして、見た目的にもほぼ元通りみたいになるのがほとんどです。

按護さまもだいたいそんな感じだろうな…とぼんやり思っていたのですが…。

以下おりたたみー。

続きを読む "Lkyt 按護ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »