« Lkyt攻略 全ルート | トップページ | Lkyt 按護ルート感想ネタバレ »

2020年8月30日 (日)

Lkyt 長流ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

鉄は熱いうちに打てというし、興奮がさめないうちにサクサク更新することにします。

paradeといえば総攻めゲーの星ともいえるブランド、しかも一貫して攻め主人公は攻略受けキャラたちより年若く小柄、いわば小型犬が大型犬相手にサカってるような世界観です。

さらに攻略キャラたちは全員ノンケであるという強いこだわりを持っていて、なかなか難易度が高め。

ノーサンにおいてはハルは男も女もバッチこいの肉食系人たらし、ルムナンはセックスしないと出られない部屋にぶちこまれ、謎の組織から受け攻めまできっちり指定されてたので否も応もなく。

しかしLkytの主人公与くんは最年少であることに加えて、身分も平民。攻略キャラたちはひとり傭兵がいるだけであとは名家の人間、さらには天子様までいるし、どうやったら攻められるんだよ…この人らを…と心配になってました。

以下おりたたみー。

お話をざっとあらすじると。

舞台は汀の国。

そこは人々が呪術を備え、「虚」と呼ばれる黒い魔物に剣と呪術で戦っている国。
土地は虚がまき散らす穢れがじわじわと広がり荒れてはいるけど、呪術のバフによりなんとかやっている。

主人公の与くん(20)は平民の兵士。この日も虚の出現場所の調査隊に入って遠征していた。年下の新太くんは初めての遠征に遠足気分。
しかしもう虚はいないと思われていた洞窟内に虚がいっぱい!!
応戦するも数の多さに圧倒されていると、そこへ颯爽と駆けつけた一人の男!
彼が皇子であり天子様の弟である長流様!ロンゲポニテの美人さんです。
攻めでも受けでも美人が好きな私は、この人を最初に攻略しようと決めました。

援軍により助かりましたが、新太くんは右手に虚の穢れを負い…。汀の民は少々のケガなら呪力によって治癒できるのですが、呪力にも限りがあるので治癒が間にあわないと穢れがまわって死んでしまうのです。
新太くんはいま穢れを負った右腕を切り落とせば、死なずにすむのですが「いやだああああっ!戦えなくなるなら死んだほうがマシだああ」と抵抗します。そりゃそうだよね…。

そんな新太くんに「生きてくれ!新太」と言って、新太の腕を切り落とす与くん…。
ゲーム開始十数分でこの鬱展開よ…。

それからのち、冥刻という数百年に一度の虚による厄災の予兆があって…?
果たして与たちは冥刻を食い止められるのか?虚とはいったい?愛は世界を救うだろうか?というお話…。

それぞれのルートのキモとなるのが結魂という儀式。
文字どおり魂を結び合わせることでお互いの能力を高め合い、さらにはテレパシー的なもので会話もできちゃう。

私は最初、結魂の情報を得たとき「そうか!結魂するにあたりよりお互いを深く知るためにセックスするんだな!」と思いましたが、わりと違った…。まあそういう流れの人もいるけど…。
まずは天子様が超~フランクに「私と結魂してくれまいか」と与に申し出る。
「え~…でもそれってお互いのこと知ってる同士でないと…」と戸惑う与に「私にはできるのだよ」と天子パワーでゴリ押し。

結局、結魂は相成ったのですが、ほとんど通信機がわり…。朝っぱらから歯磨きしてる与に「起きてる?朝ごはん食べ終わったらすぐ城まで来て(意訳)」と直接脳内に語りかける!!

皇王、与の父、按護様含む精鋭の討伐隊と連絡がとれなくなったので救出に行ってとの命により、長流様、ヤエルさん、与たちで隊を組み、目的地へ。

果たして、皇王、与の父らはもう…という状態で、ただ一人生き残った按護様も右腕と左足を失っていた…。

えっ!共通ルートの段階ですでに欠損て、これはルートに入っても不可避?

悔しさとやるせなさを抱えつつ帰還…。次の日、長流様に呼び出された与は「君に結魂を申し込みたい」とプロポーズされる!

えっ…結魂てひとりじゃなくていいんかい!!

天子様とはチートですぐに結魂できたけど、自分にはそんな力はないし、これから地道に親密度あげていきたい。なのでこれからの行動は一緒にする!という意味のことを言う長流様。

もちろん断る理由などない与は、謹んで申し込みを受け入れる。
かくしてふたりの絆アップライフが始まる…。

しかし結魂…。
天子様との結魂はチートだしノーカンなのかな…と思いましたが、与の母親もダンナ以外に姉ともしてるらしく「若かったからね~。軽い気持ちでしちゃったのよ」とデキ婚かよ!みたいなふわっと感。
まあとにかく欧米諸国の離婚率並に、結魂は結んだり破棄したりが可能なモヨウ。

長流様は後略キャラのなかでは一番若く、与とも歳が近く、それゆえの青臭さと生真面目がある。
なので「男同士が親密度あげるにはまずは酒だろう」と、デートマニュアル?!みたいなノリで与を自分ちに招いて酒盛り。

与は酒には慣れてなく、あんまり美味しいとも思えないようですが、酒じたいは強いらしく、長流様が勧めてくる酒をカパカパ呑みます。
ええ感じに話もはずみ、長流様の家にお泊りし、さらには一緒に朝風呂にも入っちゃう!

そんなある夜。城壁の見回りをふたりがしていると、いきなりの爆発!
どうも詰め所に爆弾がしかれられていたモヨウ。
汀の国の人間は常に虚に対しての戦いをしてきて、他国のような人間同士の争いにはピンときてないお国柄。
仲間である民の中に裏切り者がいるかも…という事実に愕然となる与。

その一方で親密度アップイベントも進んで行き…結魂を申し込んだからにはご母堂にも会っておかねばと与の家を訪れる長流様。

手土産に羊肉を煮込みにしてもらい(美味そう)皆で囲み、夜更けに母と妹が寝室に行ったあとは、ふたりでしっぽりと酒盛り。

そこでふいに長流様相手に股間がムズ痒くなってしまう与。

与自身は童貞で、性的には淡泊なほうという自覚があったので、自分この突然の変化に驚き、キョドるあまり長流様に「恋人はいるんですか?」的なことを聞いてしまう。
その質問をどう受け取ったのか、長流様は「つまりお前は結魂するにあたり伴侶になりたいというわけか」などと言い出す。じつはこの時点で長流様はかなり酔っぱらっていたわけですが。

キョドる与をよそに与のチンポをほりだす長流様…。男同士の経験は長流様もないそうで、与のチンポを大真面目に観察したのちシゴキだし、さらには咥えてしまう!!
長流様に咥えられたときの与の驚きと快楽の混じった声がなんとも絶妙。
与の声の人、今回初めての出会いでしたが、なんかエロになるといきなり輝きだすな…!

結局長流様のお口で射精までいってしまったものの、その日はそこまで。
エロに細かく段階を踏むのもparadeのお家芸だから…。

その後、虚を信仰して、人里離れた洞窟に住んでるカルト集団を探したり、その教祖である「姫」と呼ばれる人ならざる姿をした女性とコンタクトをとったり、さらにはその姫から、虚と汀の民は根源を同じくする種族ということを知らされたりと衝撃の展開。

行き場のない気持ちを打ち合いをすることで晴らそうとし、けれどそれだけでは足らず、やがて二人は草むらに倒れこみ貪るようにくちづけ合い、すがりつきながら互いのものをしごき合う…。

お互いの強さも弱さも受け入れ、理解しあったことを確信したふたりは、満を持して結魂の儀式おこない、無事成就させる。
そしてとうとうガチセックスをし、身も心もひとつになるでした…。

ところで受け攻めのポジションですが。

わりと長流様も攻め気質だし、実際過去二回のエロは長流様が押してる感じではあった。

けど与は長流様を抱きたいと思っていて、口には出さないけど長流様もそれをわかっていて「お前に委ねる」と言ってくれた。
この本来なら攻めをやるような男が、相手を想って受けにまわってあげるという図式が、大人~~って感じでじつによい…。

与くんも初めてながら、長流様を悦ばせるために一生懸命になってて、少年が大人の階段あがる甘酸っぱさがすごい。

かくて結魂で繋がりパワーアップしたふたりは、ラスボス戦──虚の母体があるダンジョンへと向かう…。

攻略キャラですら容赦なく欠損する世界観だから、与と長流様も腕も一本や二本ふっとばされるかもな…と私も覚悟を決めつつプレイしました。
まあ…そんな覚悟も生ぬるかったことが後でわかりますが…。

ラスボス戦なので闘いはめっちゃ熾烈を極め、サブキャラたちもどんどん死んでいきます。もうダメだーっとなりかけたとき。
父親の残したナイフから彼が伝えようとしたことを察した与。虚の母体は死者しか食らえず(なので魔物の虚を傀儡として殺させる)生きる者には無力な存在。それに気づいた与は母体のコアを飲み込んで、生きた身体で封印するという荒業に出た。

かくして虚は与の体内に閉じ込められ、魔物の虚は綺麗さっぱり消え去りました。

凱旋し、ご褒美に長流様のご奉仕セックスを賜る与…。このときの上になってノリノリな長流様がエロ可愛い…。

ここで終わればHAPPYENDなんですけどねえ…。終わらないのがparadeなんですよねえ…。

与が城で養生してると、御盾という武家のジジイがお祝いの宴を開いてくれるという。
もうやだああ!嫌な予感しかしないいい!!!

果たして予感は的中し、酒に薬を盛り、虚の母体を身体に入れてる与を殺そうとする!
助けようとした長流様も薬のせいで上手く動けず、首を跳ね飛ばされる…。与の目の前にゴロンと転がる生首…。
ぎゃああああああああ!!!そこスチルでやるかああああああ?!!!えげつないよお!!!

そして抵抗もむなしく与も殺され、案の定、与の死体を食らうことで虚は復活してしまうのでした。バーカバーカ!!!

長流様は永羽様が自分の髪の毛を部品に使って蘇生されますが、それは半分虚のようなパーツでできた化け物じみた身体。

「虚はまたあの洞窟に戻ろうとしてるけど、与の魂はまだ残ってる。結魂で繋がってるお前ならおびき寄せられるから行って封印してきて」
という意味のことを非情に告げる永羽様。

命令に従うというよりは、与を求める気持ちで彼を追う長流様。

虚の母体を呪木で突き刺し封印し、与と長流の魂はひとつになり…やがて一本の巨木になりました…。

そしてENDロール…、タイトル画面に戻ると与ひとりだった画面に長流様が追加され…。
Lkytのタイトルが…。

Love
kills
you
twice
に変わっていた!!

愛はあなたを二度殺す!!!

だあああああああああ!!!こう来る?!!!

Lkytが英文の略でLはLOVEだろうなと予測はしていましたが…。paradeひどい…ひどすぎて最高。

ていうか途中でわりとよくある感じのBADENDがありましたが、そっちのほうがよほどマシと思えるような極悪さです。

まあ、とにかく本当にめちゃくちゃびっくりしました…。

でも、じつはシナリオはけっこう後半ハンコなので(この言い方好きじゃないけど)これは初回限定の驚きって感じですね。

とはいえ次の按護ルートもじつにじつにえぐいルートだったのです…。

そんなわけで次回は按護ルートです。

|

« Lkyt攻略 全ルート | トップページ | Lkyt 按護ルート感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lkyt攻略 全ルート | トップページ | Lkyt 按護ルート感想ネタバレ »