« ドラマダ舞台化??!! | トップページ | 東京24区キャストきたー! »

2019年9月 9日 (月)

バウムクーヘンエンド

後藤羽矢子です。

今日ツイッターのトレンドにバウムクーヘンエンドが入っていて「何故??」と思っていろいろツイートを見てたら、どうも意味を真逆に捉えている人がそれなりにいて定義が錯綜していたみたいです。

一般的なバウムクーヘンエンドは「くっつきそうな二人がくっつかず、片方が結婚して片方がその式に参列。帰宅してから引き出物にもらったバウムクーヘンを一人で食べる…」という、失恋というほどじゃないけど、一抹の寂しさと、相手の幸福を願う気持ちの切なさ、バウムクーヘンの甘さが引き立てるほろ苦さといったエモの塊のようなシチュエーションです。

しかし広まっているわりにはバウムクーヘンエンドといえばこれ!という作品は特に挙げられていない…。私も思いつかない。商業作品というよりは同人に使われがちなシチュの傾向が強いかもしれません。

しかし橋姫…。
橋姫本編には出てきませんが、博玉END後に結婚式を挙げ、水上川瀬花澤が出席するというくだりは、まごうことなきバウムクーヘンエンド…。
この場合バウム度の高いのは水上だと思う…。玉森の幸せを願いつつも、しんみりと寂しいみたいな…。川瀬は完全に地獄にふりきっているし、花澤はこの時点では恋心は芽生えていないので純粋に祝福の気持ちしかないだろう…。

それにしても、よく川瀬出席したなあ…。どう考えても人生で一番つらい時間になるんじゃ?
そして引き出物にもしバウムクーヘンもらっても絶対食べないだろうな…。速攻でゴミ箱に捨てそう…。

この結婚式については、玉森くんとの婚姻の誓いと共に水上川瀬花澤との友情の誓いの儀でもあるらしく、川瀬としてはこういう形でも玉森くんと繋がっていたかったんだろうなあ…。

こういう切なさを味わいつつも、ちゃんとハッピーも味わえるのがBLゲームのいいところ!!!

そしてバウムクーヘンが食べたくなった私でした。

|

« ドラマダ舞台化??!! | トップページ | 東京24区キャストきたー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマダ舞台化??!! | トップページ | 東京24区キャストきたー! »