« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月29日 (日)

橋姫英語版 感想ネタバレその2

後藤羽矢子です。

橋姫英語版、現在博士まで終了。

白状しますとちゃんとやってるわけでなく、だいぶスキップも交えてやってます。気になるシーンはあとあとバックして見返したりしています。

そしてスクショを撮りまくる…。橋姫英語フォルダを作ってバンバン保存。

いやー英語の勉強になるわー!
そういえば母の友人でスイスで結婚して暮らしてる人がいて、娘さんはハーフだけどスイス生まれスイス育ちで日本語はほとんどできない状態だったのですが、ユーチューブで有吉さんぽを観まくって、日常会話ができる程度に日本語ができるようになったそうです。

やっぱり好きなものから入らないと勉強って染みませんよね…。

それはそうと川瀬のエロシーンですが…。

以下おりたたみー。

続きを読む "橋姫英語版 感想ネタバレその2"

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

橋姫英語版 感想ネタバレその1(おもにチンコのこと)

後藤羽矢子です。

橋姫英語版、まずは水上ルートクリア。

いやー楽しいですねー!

玉森くんの笑い方がちゃんと「Nyahahaha」だったり、おかっぱ頭が「Kappa-Head」だったり、あと晴彦さんの「オラ」はどう訳すのかなと思ってたら、「Ain't」で、どういう意味なんだ…。と思って調べたら、方言由来の短縮表現で、本来「~じゃない」とかそういう意味らしいです。つまり方言であるというニュアンスだけ強く押し出したモヨウ。
一人称の訳って大変だよね…。あの有名な「君の名は。」の私?僕?俺?が全部「I」と訳されていたシーンを思い出します。

あと名前も博士が「プロフェッサー」になってたのが、カッコエエエエ!!となりました。
プロフェッサーだよ!プロフェッサー!
店主が「ショップキーパー」になって、すごい軽い感じになってるのに対し、精鋭感マシマシになってる博士…。

そういう細かいところの差異も味わいつつ、いよいよエロシーンへ…。

以下おりたたみー。

 

 

 

続きを読む "橋姫英語版 感想ネタバレその1(おもにチンコのこと)"

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

入稿したー!

後藤羽矢子です。

ボブゲオンリーの新刊、無事入稿できました!

同人誌で書いた小説のなかでは最長になりました…。

Pixivにサンプルあげました。

そして橋姫の英語版もいそいそと購入。
まだ冒頭だけだけど「へー店主のことボスって呼ぶのかー。でも正式名はショップキーパーなんだな」とすでに色々勉強になってます。

そしてエロシーンはモザイクではなく黒ノリ修正だと聞いてるので早くそこまでたどり着きたいです。

玉森くんのちっちゃいチンコを拝みたい…!

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

はらだ先生のラキド

後藤羽矢子です。

橋姫英語版、明日発売ですねー。
とりあえずSteamに登録して販売ページをブクマしておきました。
これで英語の勉強するぞー!

それはさておき。

ちょっと前からツイッターではらだ先生のラキド絵が流れてくるようになって。
はらだ先生ったら私はほぼコミックス持ってるぐらい好きな作家さんなので「ひっ…ひええええ…はらだ先生のジュリジャン…」と慄きつつ絵を保存してツイッターもフォローしました。

どうもこれらの絵はPixivでライブ配信していたモヨウ。
はらだ先生のライブ配信は以前商業原稿のペン入れを観たことがあるのですが、なんかアタリ丸だけでほぼ一発描きしてない?とかなりスキルの差に打ちのめされたりしていました。

それはともかく昨夜の深夜、たまたまライブ配信やってるところに出くわし、ホクホクと観にいくと…。
おおおお!ラキドらくがき配信してるうううう!
今回はイヴァン多めで年下組好きとしては嬉しい!

そしてコメント欄にはときおり「ラキド始めましたー」というコメントがつき、そのたびにはらだ先生が「ありがとうございます!」とお礼を述べ、完全に布教する人モードになっていたのです。

はらだ先生はハマりたてホヤホヤらしいのですが、すでにSecret Diaryまで履修しているようで、SS小ネタを拾ったらくがきなどされていて、すでに剛の者の風格…。
ラキドはこのようにご新規さまでもかなり容易に追いつけるようにできてるのが、大変にユーザーフレンドリーなんですよねー。
あとやっぱり、てんねんは商売が上手い。

発売からしばらくでめちゃくちゃサービスとしてあげていた派生SSをのちのち商品として売り出し、遅ハマリの人に優しい環境にし、さらにわりと早いうちからスマホアプリにしてたのが先見の明がある。
やっぱりイマドキの若人はPCゲームやらんやろというのを見越してたんでしょうね。
はらだ先生もアプリのほう薦めてたし。


そんなわけでハマりたての人の熱量の注がれたらくがきを拝め、大変に眼福がキメられました。

10年経ってもまだラキドにハマってくれる人がいるのが本当に嬉しい。

はらだ先生の布教でもっとユーザーが増えますように……!

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

表紙描いてもらったどー!

後藤羽矢子です。

めっちゃ間があいてしまいましたが、その間、ボブゲオンリーの新刊をせっせと書いたりしていました。

まだできてないけど……。

そして先に松本さんが表紙を描いてくれました!

Photo_20190922171901

やったーーーー!!!

ちょっと前にツイッターで、字書きの人が小説本の表紙を絵描きの人に頼んで、なんとなくイメージ通りじゃない不満…みたいな話が話題になっていましたが、松本さんはいつも私の指定したイメージを上回る仕上がりにしてくれるので本当にありがたい…。

なんせ私のした指定がこれですからね…。

Photo_20190922172301

Photo_20190922172302

お前も一応絵描きなんだからもうちょっとマシなラフ描けや!!!って感じですけど、松本さん的にはあんまりガッチリしてないほうがいいっぽいです。もちろんガッチリ指定してくれたほうがいい人もいますし。そこは臨機応変にって感じでしょうか。

とにかくテンションあがってきた!!!
本文早くあげて入稿したいと思います。

表紙はけっこうダークめですが、ちゃんとエロもイチャもふんだんにありますんで!

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

東京24区キャストきたー!

後藤羽矢子です。

ちょっと箱根に2泊ほど湯治をしてきました。
その間に橋姫英語版発売の報があり「やったー!」となったりしましたが、今日は東京24区の話です。

発売日とキャストきましたねー!

12月20日!

正直いうと今年中に出るとはまったく思ってなかったので、え…早いな…という気分。でもBLゲームは延期になるのも様式美なので、まあ春に出ればいいかな…みたいな(まったく信用していない)

キャストはラブデリお得意の「数人有名どころを入れておいて、あとはフレッシュさんで固める」配役。
河村さんと茶介さん以外、初めて聞く名前ばっかりだー!
特に其扇さん役の宮尾章さん、変名の多い裏名声優界において、見事なまでに普通の名前…普通すぎて逆に目立ってる…もはや逆キラキラネーム…。
もしかしたらキャリアのある方が、別名義にしてるのかもしれないし、本当にフレッシュさんかもしれない。
個人的にはフレッシュさんのほうがいいかな。そういう人が表でじわじわ伸びていくのを見るのも楽しいし。

サンプルボイスが出るのが楽しみです。

そして茶介さん!
私この人の声好きでねえ…。白州さんは東郷さんの次ぐらいに気になっていたのですが、茶介さんの声が当たることにより、さらに好感度が増しそうです。
それにしても、主人公の其扇さん…。清廉そうな見かけなのに情報がじわじわ出てくるにつれ、枕取引してたり障子一枚向こうに秘書がいる座敷でバコバコに犯されていたりいい感じに爛れていますね。

そういうギャップも好物なので、これからの其扇さんのエロ活躍に期待したいです。

 

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

バウムクーヘンエンド

後藤羽矢子です。

今日ツイッターのトレンドにバウムクーヘンエンドが入っていて「何故??」と思っていろいろツイートを見てたら、どうも意味を真逆に捉えている人がそれなりにいて定義が錯綜していたみたいです。

一般的なバウムクーヘンエンドは「くっつきそうな二人がくっつかず、片方が結婚して片方がその式に参列。帰宅してから引き出物にもらったバウムクーヘンを一人で食べる…」という、失恋というほどじゃないけど、一抹の寂しさと、相手の幸福を願う気持ちの切なさ、バウムクーヘンの甘さが引き立てるほろ苦さといったエモの塊のようなシチュエーションです。

しかし広まっているわりにはバウムクーヘンエンドといえばこれ!という作品は特に挙げられていない…。私も思いつかない。商業作品というよりは同人に使われがちなシチュの傾向が強いかもしれません。

しかし橋姫…。
橋姫本編には出てきませんが、博玉END後に結婚式を挙げ、水上川瀬花澤が出席するというくだりは、まごうことなきバウムクーヘンエンド…。
この場合バウム度の高いのは水上だと思う…。玉森の幸せを願いつつも、しんみりと寂しいみたいな…。川瀬は完全に地獄にふりきっているし、花澤はこの時点では恋心は芽生えていないので純粋に祝福の気持ちしかないだろう…。

それにしても、よく川瀬出席したなあ…。どう考えても人生で一番つらい時間になるんじゃ?
そして引き出物にもしバウムクーヘンもらっても絶対食べないだろうな…。速攻でゴミ箱に捨てそう…。

この結婚式については、玉森くんとの婚姻の誓いと共に水上川瀬花澤との友情の誓いの儀でもあるらしく、川瀬としてはこういう形でも玉森くんと繋がっていたかったんだろうなあ…。

こういう切なさを味わいつつも、ちゃんとハッピーも味わえるのがBLゲームのいいところ!!!

そしてバウムクーヘンが食べたくなった私でした。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

ドラマダ舞台化??!!

後藤羽矢子です。本日二回めの更新…。

のんきにツイッター眺めてたらとっつぜんキラルがドラマダ舞台化の報を流してきて、ゴブフォォォォォォッッッッッとなりました。

ラキステの成功が後押しになったのは間違いがないとして。

いいんじゃないかな!と思う。みなさんの衣装、舞台栄えしそうだし!
ちょっと前に松本さんと観に行ったサイコパスの舞台、プロジェクションマッピングの演出がすげー効いてたんで、きっとドラマダの電脳空間もそんな感じになるんだろうなー!

当然観に行く気マンマンですよ!

ハコは品川プリンスホテルステラボールとのことで、調べてみたらキャパ750ぐらい。

ラキステの最初のハコがキャパ200ぐらいだったのを考えると、ずいぶん強気だな!と思いますが、それぐらい余裕があればチケット争奪戦もさほど熾烈ではないだろう…。

話というかBLみはどれくらいあるんだろうなあ…。
ラキステは毎回ガチキスしてたけど、どうせBLゲーを舞台化するならそれぐらいやってほしい!

あー…なんか驚きが落ち着いてきたらどんどんわくわくしてきたぞ!!!
最近GOATBEDのライブでしか更新してなかったドラマダタグがまた活発になるな!

| | コメント (1)

ウルCティザーサイト!

後藤羽矢子です。

ウルCのティザーサイトが公開されましたね~!!

頒布は今年の冬か来年の春…か。春でも全然オッケーっスよ!むしろお一人でやっててこの開発期間でできるのがすごい!
10月にはCV発表って楽しみだな~!神崎さんが出るのだけは知ってるけど、他の方も出られるかなあ…。CVはおそらくボイスコ方面の方多めだと思うんで、たぶん初見の方が多いだろうし新しい出会いがあると思うと楽しみです。
神崎さんはメインやるのかなあ、サブなのかなあ。
同じメーカーのゲームで、攻めをやってた声優さんが次作で受けになったり、その逆だったりするの、苦手な人もいるみたいですが、私は全然平気っつーか、むしろ神崎さんの受けが聞きたいな…、

ブログのほうではカプ傾向の解説もあり親切設計。狐塚×正太郎については「誓って地雷ゼロの安心安全王道CPです」と力説してますが、これは逆をいえば他のCPに地雷があるということでは…?地雷というか一筋縄ではいかない感じがひしひししてくる…。特に夜美と十郎…。

いちおう現在、私の狙い目は一色×史朗です。幼い頃の初恋の美少女が、成長してでっかい攻めになるというのはBLあるあるだったりしますが、キャラ紹介で盛大にネタバレしてるのがすごい。

こんなことは些細なエピソードっていうぐらい色々詰め込まれているんだなあ…と思うとわくわくが止まりません。

猛暑日更新は終わってしまいましたが、これからはサイトが定期的に更新されるみたいなので生きる希望が湧いてくる…。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »