« プレゼントSS | トップページ | Cool-B9月号感想ネタバレ 橋姫編 »

2019年8月 2日 (金)

Cool-B9月号感想ネタバレ BゲームL大賞編

後藤羽矢子です。

Cool-Bゲットー。
今月はBLゲーム大賞の発表。

中間発表は予想どおりのbadegg無双で、これからそれほどの変動はないだろうなと汲んでおりましたが…。

主人公部門、まさかのアヅマが逆転1位!!!
しかも2位のGDジャンさんに倍近くの差をつけて!!!

いやー…びっくりした…。アヅマを見くびっていたわけではありませんが、ラキドファンの一枚岩を砕くのは困難だろうなと思っていたので…。

でもこういう変動があったほうが私としては面白い!!

ところで主人公部門、13位にブラチェの紫ちゃんがいて、意外な健闘ぶりにおお…となった。

そして前回からの3年の間に良作がいろいろ発売されていたおかげで、その他のランキングも入り乱れていて見ごたえがあった!
私自身、部門ごとにどれに投票しようかかなり悩みましたもん…。

キャラクター(攻め)部門は、安定のバクシー1位、2位が川瀬、3位ミツギと鉄板の順位。しかしそれ以降の順位が個人的に意外で新鮮…。
贄町、あすくが人気なのかー…。あすくも可愛いけど人気は笑男さんかなと思ってた。私は成臣担ですが、成臣は人気トップじゃないだろうなと思ってた。

こういうの見ると本当にしみじみ不思議ですが、キャラの魅力というか人気というのは、なかなか計算してできるものじゃないなと。
いやもちろん狙って、本当にウケを取れることも多いと思いますが。
これは勝手な推測ですがラキドの制作陣は、発売当初ジュリオが人気キャラになるとは思ってなかったんじゃないかなー。けっこう珍味キャラだし、少数のコア人気なタイプに本来ならなってただろうなとジュリジャン者の私ですら思いますもん。

それとびっくりしたのが、ビジュアル部門で2位の贄町のPの受賞コメントで。
「元々私が学生時代から厘の先生の漫画の大ファンで「贄の町」の原画としてお声がけさせていただいて…」とあって、えーーーっ!じゃあ本当に普通にオファーしたんだー!と。

以前、私と松本さんで「これは絵師さんは絶対制作陣の学生時代の友達か何かという繋がりがあって「今度BLゲー作るんだけど原画やらない?」「うんやるやるー!」みたいな話があったんだよ」と言い合ったりしていたのです。(メチャクチャ勝手な想像)
漫画家にBLゲームの原画を依頼するというのは、普通ちょっとないルートなんで…。エロゲ黎明期には漫画家が原画をやることもたまにありましたが、本来漫画を描くスキルと原画を描くスキルは似て非なるものと思うので。
しかも厘の先生、別にBL描きでもないのに…。
しかしこの無謀ともいえるPのチャレンジにより、贄町が爆誕し、あの素晴らしいビジュアルが体現できたと思えば、本当にやってみるものだと思いますね。そうさ!100%勇気!!

ところで中間発表のときに、くろさわさんがブログで「玉森がランクインしてたら、1位から10位までのキャラを描く」と仰っていましたが、無事玉森くんが4位に入っていたので。描いてもらうこと決定!!

京一郎とアキラ描いてもらえるなー…。できればコノエ描いてもらいたかったけど惜しくも15位…。

今回はキラルが農閑期だったせいで、キラル作品がちょっと弱かったですが、次回の大賞までにはスロダメ発売して頑張ってほしいです!

そして何度も言いますが、次回にはエロ部門、ギャグ部門、トラウマ部門など、珍味作品をフォローできる部門も作ってほしいです。

|

« プレゼントSS | トップページ | Cool-B9月号感想ネタバレ 橋姫編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレゼントSS | トップページ | Cool-B9月号感想ネタバレ 橋姫編 »