« badegg 没スチル捜し | トップページ | badegg デイバン編感想ネタバレその3 »

2019年1月23日 (水)

badegg ステラワースの特典CD聴いたら爆笑した

後藤羽矢子です。
すいません。いま原稿がキワッキワなんでデイバン編の感想は書けないんですけど。

やっとステラワースのジュリジャン特典CD聴いたら、ゴブフォォォッ!となったので、慌ててこれの感想だけ書きにきました!!

なんの前情報も入れずに、アフターのCDかなと思ったら、badeggの世界線のジュリジャンなんですね!これ!

そして…もうダメだこれ。
これ、ジュリオのブレなさに爆笑するCDだった!!!!
は…はらいてえ~…!

以下おりたたみー。

のっけからジャンさんが、やさぐれた口調で「俺はすべてを失って…踏み潰されて犯されてゴミクズみたいに放り捨てられて!!」などとCR:5への恨みつらみを切々と語る。

このへんのジャンさんの憎しみは、自分で勝手に募らせてね?とは思うし、わりと多くの人が感想でツッコんでいるのですが、無理やり憎しみを募らせることで、自分を焚きつけて踏ん張らせてるんだろーなーとわかる。

そしてCR:5のやつらに復讐する…まずはジュリオだぁ!!とめっちゃ悪役ライクに言い放つジャンさん…。

場面変わって、すでに屋敷を銃撃、焼き討ちにしてどこぞのアジトにジュリオを拉致済み。
ていうか、よくジュリオを拉致できたな…!!
気がついたジュリオの前に立つジャンさん。

「お前あんな屋敷に住んでるお坊ちゃんだったんだな。ま、その屋敷もいまやただの焼けぼっくいだがなぁぁ!」とめっちゃせせら笑いながら煽るも
「ジャンさんご無事だったんですね!」と嬉しそうにガンスルー。ここですでに怯んでるジャンさん…。

とにかくジャンさんは、ええとこのお坊ちゃんのジュリオに屈辱を与えようとするんですが、ジュリオの辞書に屈辱の二文字はなかったという……。

「この泥んなか這いずって来いよぉ!」と言えば「はい…」(ズリッズリッズリッ)だし。
「男の、俺のちんぽ咥えてみろよ!」と言えば「えっ…いいんですか?」とご褒美感覚。
そして嬉しそうにちんぽをしゃぶりまくるジュリオにドン引きながら快感に呻くジャンさん…。

この、内心で引きつつも、なんとかマウント取ろうと口汚く罵るも上滑りしていくジャンさんの口調がもう絶妙すぎて萌えながら爆笑。

そしてしゃぶらせながらジュリオに自分のも扱くように命令。ジャンさんに顔射されながら自分もイクジュリオ…。
「そのお綺麗な顔にザーメンぶっかけられて自分もイクのはどんな気分だぁ?」とジャンさん言葉責めするも「はい…気持ちよかったです…
ジャンさん的には屈辱を与えてくやビクさせるつもりだったのでしょうが、ジュリオ、もう最初っから堕ちるとこまで堕ちてるから…ジャンさんという沼の底に…。

最後の無茶ぶりとばかりに「他の幹部たちを生かしたままここに連れてこい」と命令するジャンさん。しかしそんなのもジュリオはあっさりと聞き入れる。
一応、一秒くらいためらってるのが、ほんの少しの救い…。
「マジかよ…」(おま…それはちょっと抵抗しろよ)という内心の声が聞こえてくる…。
「まあ…期待はしてないし、逃げたっていいんだぜ?」との言葉にジャンさんの迷いが透けて
みえる…。
しかしジュリオちゃんと遂行するんだろうなあ…。CDはそこで終わりましたが、この先こそが本当の地獄やんな…。まあジュリオと違って他の幹部たちはジャンさんのお望みの反応してくれるだろうし…。

そんなわけで、久しぶりにジュリオのナチュナル狂気をたっぷり味わえました…。
まあbadeggもずーっと狂いっぱなしだったけど…。

|

« badegg 没スチル捜し | トップページ | badegg デイバン編感想ネタバレその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« badegg 没スチル捜し | トップページ | badegg デイバン編感想ネタバレその3 »