« badegg ロックウェル編 感想ネタバレ | トップページ | badegg デイバン編感想ネタバレ その2 »

2019年1月18日 (金)

badegg デイバン編感想ネタバレ その1

後藤羽矢子です。
すいません。繁忙期でまた間あいてしまいました。

そしてこれまではプリズン編ロックウェル編と一回の感想でまとめてましたが、さすがにデイバン編の密度はハンパないんで数回に分けて感想書きたいと思います。

ちょっと間があいたんで確認のためにbadeggデイバン編からやり直してたら、面白すぎてまたねぶねぶテキスト読んでしまった…。

以下おりたたみー。

金もなく武器もろくになく、人員もないというすかんぴん状態でデイバン入りするジャンとバクシー。途中の村で日雇いのバイトしたり、列車にこっそりタダ乗りしたりとカチコミというよりは若干のロードムービー感…。

デイバンに入るやいなや、シカゴギャングが堂々と酒の密売現場を目撃したりと、荒れてる雰囲気を嗅ぎとるジャンさん。
幹部たちはデイバンに戻ったはずなのに…なんでこんなことに?とジャンさんと一緒に混迷が深まるプレイヤー…。
この別れて以来、まったく幹部側の現状がわからないのが、気になりすぎてクリックが止まらない…。
一方その頃、港には不景気で食うや食わずになっている男たちがたむろしていた…。

大柄で肉体派っぽいリッカルド、小柄で知性派っぽいヴァルター、チャラ男っぽいけど、服の着こなしに一瞬ジュリオみを感じてしまうランドルフォ、そして飄々とした日本人のテシカガさん。
テシカガさん日本人だけど、耳慣れない名前だなー。もしかして勅使河原さんが、なまってテシカガさんになったのかな…。欧米人にはテシガワラって言いにくそうだし…と勝手に思ってたのですが、ぐぐったら北海道の地名でした。漢字だと弟子屈と書くそうです。
あとテシカガさん声が茶介さんで、ワタシ的には蝶毒以来の再会なんですが、私はこの方の声かなり好きだな~!
そんなわけでテシカガさんには最初からかなり好意的な私でした。

それはともかく。

ほんっとうに皆さんシケッシケで、ちょっと羽振りがいいのはヒモやってるランドルフォぐらい。
港で溜息まじりに燻ってるとやってくるジャンさんとバクシー。
テシカガさんはジャンさんをひと目見てそのオーラに驚愕。テシカガさんいわく「まるで龍脈が人の形をとっているような…」ってすっごいな!!ジャンさんそんな眩いんだ…。さすが太陽神ジャンさん…。
ジャンさんたちが港の屋台でゴハン食べてると、ショバ代巻きあげにやってきたシカゴのチンピラ、勘弁してくださいという店のおばあさんを蹴飛ばし、あまつさえ店に火を放つ。
遠巻きに見ていたリッカルドたちも歯噛みするが、逆らえる空気ではない…。
そこへ!!そこへ!!
お約束だけどジャンさんがチンピラをぶちのめす!バクシーなんか腕とか切断しちゃうし!

もうさー!!時代劇ですよこれ!農民に無体を働く悪代官をバッサリ斬ってく正義の侍ですよ!ベッッタベタだけどもうそれが気持ちいい!痛快!
チンピラたちをまとめて海に沈め、集まってきた野次馬労働者たちを前にジャンさんは一説ブツ。
虐げられて生きるなんて嫌だろうと…自分たちはギャング、ドッググレイブ団、うちに来れば稼がせてやるぜと…。
こんなシーンにもさりげなくハルヒネタが混じってるけど…どんな局面にもネタを盛り込むことを忘れない菅沼さん…。
その場では怯んでしまったリッカルドたちですが、しばらくしてジャンさんの言葉と現状のしんどさが響いてきて、ジャンさんの下に行くと決意。ランドルフォだけは「え~~」って感じでしたが、みんながついて行くなら~というノリに…。この子流されやすそうだな…大丈夫か?でもこういう子がいるとなごむよね…。

その後マンマテレサがスポンサーになって「お金は出すからデイバンからシカゴヤクザを追い出して」ということに。慎ましい修道院だと思ってたのにめっちゃ金溜め込んでるやん…。意外と生臭かったマンマにワタシはちょっと驚きを隠せませんでしたが、これで資金は確保。

そしてジャンさんに就こうとしているけど、声をかけづらく後ろからちょこちょこついてくるリッカルド一行…。おめー先輩に告白しようと影からコソコソついてくる女子中学生グループじゃねえんだから…。
軽くすったもんだののち、なんとかジャンさんに入団の意志を伝えるリッカルドご一行。
奇しくもリッカルドはルキーノ、ヴァルターはベルナルド、ランドルフォはイヴァンの管轄の仕事をしていたとのこと。となるとテシカガは…。しかしテシカガさんは「流れぶった切ってすいません。自分はCR:5とはなんの関係もないんです。自分が、ジュリオさんでしたっけ。その人の部下ならキレイなんですけど」と妙にメタいことを言う。
いや私もCool-Bでこの人たちが紹介されたときに「ルキーノの部下、ベルナルドの部下、イヴァンの部下ときて…君は関係ないんかーい!!」と心の中でツッコミいれましたけど。

そして深夜食堂で皆さんにゴハンを奢ってあげるジャンさん。出た~菅沼さんのメシ節!
焼いたベーコンはさんだサンドイッチやらサラダってだけなのに、どうしてこうも美味そうに見えるのか…。また連中が「昨日から何も食べてない」なんて状態ですごい嬉しそうに食べるから多幸感もすごいね…。
バクシーは酒は飲まずに常温のコーラなど飲んでたんですが、そのときの瓶を咥え込むバクシーの口元を見て、ふわっとフェラ連想してしまって、軽くムラッときてしまうジャンさん…。
えっ…?あれ?もしかしてこのふたり、描写してないだけで、デイバンに来る道中とかもセックスしてた…?
などと憶測してしまいましたが、どうも後から実際そうだったっぽいことが匂わされる…。
うーんいいねえ!こういうのも!男っぽくて!

それはともかく、メシのあとに軽い運動…みたいなノリで、シカゴギャングの手に渡ってしまったルキーノの店にカチコミをかけるDG団!ここでも悪い奴らの胸糞が徹底的に描かれ、それをグッシャグシャ叩き潰していくバイオレンスのカタルシスを味わわせてくれます。


そしてヴァルターの手筈で、設計ミスでトマソン物件化した倉庫をアジトにしていよいよDG団本格始動…。この秘密基地感もいい…。
なんですか。この男の子のワクワクを全部詰め込んだようなBLは…。でもちゃんと萌えもあるし、マジで感覚の玉手箱だよ…badeggは…。

その2に続きます。

|

« badegg ロックウェル編 感想ネタバレ | トップページ | badegg デイバン編感想ネタバレ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« badegg ロックウェル編 感想ネタバレ | トップページ | badegg デイバン編感想ネタバレ その2 »