« 橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ | トップページ | Cool-Bと橋姫雑談 »

2018年12月 3日 (月)

badeggマスターアップと魔夜の娘

後藤羽矢子です。
いま現在かなり切羽詰った仕事をしていて、せっかく来た紅天二藍をインストールすらできない状態ですが、badeggがやっとマスターアップしたと聞いたからには、何か書かなくては…ときた所存です。
マスターアップおめでとうございます!!

しかし同時に複雑な気持ちでもある…。キャスト変更やこれでラキドのコンテンツも完結なのだろうかとか、悲喜こもごも…。
キャスト変更については、納得したつもりでも、時々寄せては返す波のようにつらみが押し寄せてくる…。でもジャンためにボイスがなかったことを考えると、もう2012年の時点で前キャストは都合がつかなくなってたんだろうなあ…。それを考えればしかたがない。

はっ!マスターアップ祝いに来たのに、なんかしんみりしてしまった…。

楽しみなのは本当です!年末年始はbadeggにどっぷり浸りたいです!

ところで、先日「魔夜の娘はお腐り申しあげて」を購入しました。
これは魔夜峰央の娘さんの山田マリエさんが、父親のことや自分の腐女子話を綴った実録漫画で、Web連載してるときから楽しみに読んでたんですけど。

コミックスの描きおろしが、友人の猛プッシュでラキドにハマったうえに、ラキステのベルナルド杉江さんがバレエスタジオの生徒さんの関係者で、そのツテでインタビューを敢行するという内容でブッッッフォアッてなりました。

この友人の猛プッシュが「ウチがもうず~っと好きな作品やからマリエも絶対好きになると思って!発売から9年ずっと好きで好きで一生好きやねん!ラキドはほんまやってほしい!むしろやって!」という本当にすごい勢いで、私は心のなかで「全文同意!」と思いました。

山田マリエさんはガチムチ好きなので、ルキーノに行くかな…?と思ったら、ベルジャンに行ったみたいで意外!
といっても意外なところにハマるのがBLゲーの醍醐味というか、むしろ自分の本来の好みからはずれたところに転がされるのが楽しい!みたいなとこありますよね…。

そしてインタビューはクルビでもお目にかかれないような濃い話で短いながらも、一見の価値ありです!
いやー意外な方面からラキド充できて満足です。
というか私は魔夜峰央の「親バカ日誌」のシリーズをずっと読んでたので、あのちっちゃかったマリエちゃんがラキドにハマるなんて…と近所のおばちゃんのような目線で感慨深いのでした。

|

« 橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ | トップページ | Cool-Bと橋姫雑談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ | トップページ | Cool-Bと橋姫雑談 »