« ADELTAいろいろ | トップページ | 橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ »

2018年11月24日 (土)

斗目アートワークス買ったー!

後藤羽矢子です。
千家さんのフレグランス、やっぱすごい押し強い…。ちょっとゴミ箱に振ってみたら、もう芳香剤いらずってくらい香りが長持ちしてます。千家さんをゴミ箱に振ってすいません。

そんな折り、ステラワースから斗目さんのアートワークスが届きました。
地元の本屋で買おうか迷ったけど、特典ペーパーには抗えなかった…。

メビウスラインと参千世界遊戯のイラストが余すところなく詰め込んであり、その全部に斗目さんのコメントが入っています。
斗目さんの文章……なんかけっこう面白い。
よーし!面白いこと書いちゃうぞー!という感じでは全然なく、大真面目に書いてるのになんかじわっと面白い感じ……。

特に面白かったのは、備忘録館林ルートの、のっけの一発のスチルに対するコメントでも転載は憚られるので要約すると「館林の尻にかかってる毛布が動いてるうちにずり落ちるんじゃないかと思われるかもですが、攻めの尻は見せないという指定があってこうなりました。尻も腿もけっこう汗かくからはりついてるんですよ、きっと」とのこと。
このコメントで、ラブデリは攻めの尻を見せないようにしているのかー!と知りました。

攻めの尻見せについてはけっこうユーザーでも意見が分かれるところだからなあ…。
Paradise結ではマツダが尻どころかアナルまでバッチリ見せてたけど…。
まあピルスラはその自由さも込みでピルスラだから…。

あとラフ画も収録されているのが、こういう本の醍醐味ですよね!
ラフ画って完成された整った状態より、描き手の頭にあるものがダイレクトに反映されている感じが好きなのです。
特典絵の、館林さんが京一郎の尻揉んでるイラスト、線画の状態だとかなり尻に指を食い込ませているのがわかってエロいですね…。それであのドヤ顔…素晴らしい。

参千世界遊戯のほうは、Vita版のスチルのリファインも収録されていて、塗りのほかにちょっと肉を削ったりパーツの位置を変えてるのがわかって興味深かったです。
過去絵って描いた本人にしかわからない粗が目について「あーっ直したい!」ってなりますよね…。

表紙絵のメイキングもあって、大変参考…には私は画力のステージが違いすぎるのでなりませんでしたが、目に楽しい。
表紙のふたりも本当に素敵だ…。
トモエさんの肉感と可愛いめのお衣装のギャップがいい…。ふくらはぎの肉にブーツが食い込んでるとことか…。
京一郎さんは普段地味めな色合いの服が多いんで、こういう赤をあしらった衣装が新鮮でいい…。唇がうるツヤなのも可愛い…。ちょっと子供っぽい表情なのもいいですね。

そんな感じで眼福の詰まった一冊でした。

|

« ADELTAいろいろ | トップページ | 橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ADELTAいろいろ | トップページ | 橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ »