« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月29日 (木)

橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

橋姫キャラソン出揃いましたー!!
試聴ではカオルの曲が奇書の冒頭のアレンジで「こうきたかー!」となり、玉森くんは歌声から緊張がビリビリと伝わってきて、聴いてるこっちまでハラハラしてしまいましたが、フルコーラス聴いたらそうでもなかった。

カオルは、キャラとして歌うの、たぶん一番難しいと思うけど、じつにカオルらしい歌唱でした。
たどたどしさを残しつつ、イノセントに振り切ってないところや、ちょっと不穏さを感じさせるところとか…。
そしてカオルの歌詞はルートというより、橋姫という作品全体の概念のような…。
「ここはイロハのイよ」の箇所、時間跳躍すると、イの世界からロ、ハに移動するというのは、博士が説明していましたよね。
つまり10回跳躍した末の水上ENDの世界はヌであり、7回跳躍した川瀬の世界はトなわけですよね。
イロハのイってのは、つまり世界の始まりで「奇書の冒頭」ってことで、ルート全体を神の視点で見おろしてる感ある。
「離れていかないで」は違うルートに入らないで、最後の「迷わずここに来て必ず」は自分のルートにたどり着いてというふうに私は読み取れました。
間奏のギターにも驚いたし、いろいろと小技が効いてて楽しい。

キャストコメントは、美籐さんの素の声聞く初めてだからいろいろ新鮮でした…。まあほとんど人、素の声聴くの初めてだけど。
最初のカオルになりきっての「やったね、おじさん」ってとこめっちゃ可愛い!
そして素の声…優しくて綺麗な声だな。
「朗読CD、キャラソンと来て、次は朗読劇が来るかな…なんて個人的には思ってます」と言う美籐さん。

朗読劇やってほしいいいいいいいいい!!!マジでえええええええ!!!

本当にお願いしますよ!ていうかくろさわさんってかなり面白がりというか、珍しいことにチャレンジフルな方と勝手にお見受けしてるので、望みは持っていいかもしれない…。
ここで願いを垂れ流していると、わりと叶うことが多いので、存分に願います!

そして玉森くんの曲…。
この曲だけ、歌詞が六歌さん、くろさわさん監修という形なのですが、これもまた素晴らしかった。
六歌さんがツイッターで「各攻略キャラの楽曲をシングルのA面とした時に、どのキャラのB面(カップリング)にもなれる事を意識してます」と仰ってて、上手い構成だな!と思いました。
その後「当たり前のようにA面とかB面とか例えてしまったたけどこれ今でも普通に通じるのだろうか…?」と呟いておられましたが、余裕で通じます…。

歌詞にはすべての彼氏の要素が詰め込まれてて、言葉遊びもふんだんで、歌詞を見ずに聴くのと見ながら聴くのとで印象が変わるのも楽しい。

それにしても、なんて難しい曲なんだこれ!これ歌うのけっこう難易度高くない?
坂巻さん、よくこんな高い音、歌えるなあ…。すごい声域だ…。
そしてキャストコメントの坂巻さんの声が、妙に色っぽい…。
歌の収録のあとだから、ちょっとやり遂げた感で虚脱してたのかもだけど、なんか事後みがある…。「玉森らしくなかったかもだけどごめんなさい!」的なことを仰ってましたが、メチャクチャ玉森くんだと思いました!
歌声から、ヘッドホンつけて一生懸命歌う玉森くんの図が目に浮かんできましたから…。
水上のときも同じこと言ってたな私…。やっぱりこの二人は、歌うことに慣れてない感じが伝わってくるんですよね…。実際、ほとんどの人が歌の収録は初めてだったらしいし…。

このなかで一番、緊張のきの字もなく歌い上げてたのは博士でしたねー。博士もノリノリで気持ち良さそうに歌ってる図が脳裏に浮かぶ…。
というか全員の歌ってる図が容易に想像できるので、これはキャラソンとして大成功してるんじゃないでしょうか。

そんなわけで、キャラソンも出揃って喜ばしい反面、月末の楽しみが終わってしまって少しもの寂しい…。
なので美籐さんのコメントにあったように、さらなる橋姫の展開があればいいなあと思います!というか玉森くんの朗読CDまだ出てないしね!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "橋姫 玉森カオルキャラソン 感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

斗目アートワークス買ったー!

後藤羽矢子です。
千家さんのフレグランス、やっぱすごい押し強い…。ちょっとゴミ箱に振ってみたら、もう芳香剤いらずってくらい香りが長持ちしてます。千家さんをゴミ箱に振ってすいません。

そんな折り、ステラワースから斗目さんのアートワークスが届きました。
地元の本屋で買おうか迷ったけど、特典ペーパーには抗えなかった…。

メビウスラインと参千世界遊戯のイラストが余すところなく詰め込んであり、その全部に斗目さんのコメントが入っています。
斗目さんの文章……なんかけっこう面白い。
よーし!面白いこと書いちゃうぞー!という感じでは全然なく、大真面目に書いてるのになんかじわっと面白い感じ……。

特に面白かったのは、備忘録館林ルートの、のっけの一発のスチルに対するコメントでも転載は憚られるので要約すると「館林の尻にかかってる毛布が動いてるうちにずり落ちるんじゃないかと思われるかもですが、攻めの尻は見せないという指定があってこうなりました。尻も腿もけっこう汗かくからはりついてるんですよ、きっと」とのこと。
このコメントで、ラブデリは攻めの尻を見せないようにしているのかー!と知りました。

攻めの尻見せについてはけっこうユーザーでも意見が分かれるところだからなあ…。
Paradise結ではマツダが尻どころかアナルまでバッチリ見せてたけど…。
まあピルスラはその自由さも込みでピルスラだから…。

あとラフ画も収録されているのが、こういう本の醍醐味ですよね!
ラフ画って完成された整った状態より、描き手の頭にあるものがダイレクトに反映されている感じが好きなのです。
特典絵の、館林さんが京一郎の尻揉んでるイラスト、線画の状態だとかなり尻に指を食い込ませているのがわかってエロいですね…。それであのドヤ顔…素晴らしい。

参千世界遊戯のほうは、Vita版のスチルのリファインも収録されていて、塗りのほかにちょっと肉を削ったりパーツの位置を変えてるのがわかって興味深かったです。
過去絵って描いた本人にしかわからない粗が目について「あーっ直したい!」ってなりますよね…。

表紙絵のメイキングもあって、大変参考…には私は画力のステージが違いすぎるのでなりませんでしたが、目に楽しい。
表紙のふたりも本当に素敵だ…。
トモエさんの肉感と可愛いめのお衣装のギャップがいい…。ふくらはぎの肉にブーツが食い込んでるとことか…。
京一郎さんは普段地味めな色合いの服が多いんで、こういう赤をあしらった衣装が新鮮でいい…。唇がうるツヤなのも可愛い…。ちょっと子供っぽい表情なのもいいですね。

そんな感じで眼福の詰まった一冊でした。

| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

ADELTAいろいろ

後藤羽矢子です。
ウウウルトラCのシナリオ完成おめでとうございます。
ブログに記載されてる制作進捗グラフいいですね。ああいうひと目でわかる形にしていると待つほうも気が楽というか。
まあでもこれも、くろさわさんおひとりでやってるからできることなんですよね。
大勢でやってると、いろいろな事情により明瞭にできない部分もあるのだろうと思う…。

冬コミ発売が無理そうなのは、前回の進捗グラフ見た段階で察せられたので、のんびり待つ所存です。年末はbadeggやるしね!

早くてスパコミか、なんなら次の夏コミでもいいくらいです。
9年もbadeggを待ち続けてたり、3年近くティザーサイトのままのスロウダメージを待ってたり、BLゲーユーザーの忍耐力はハンパないですからね…。

現在は背景が一番進んでないとのことですが、背景ぐらいは別のところに委託してもいいんでは…?と思ってしまう。
いやまあ、背景もくろさわさんの世界のひとつだと思いますけど!でも特別でないフラットな背景ぐらいは…などとまたくろさわさんの労働量を心配する私…。
でも、手が早い人というのは、自分の意図を相手に伝える手間より自分で描いたほうが早いわ!ってなっちゃうんだろうなあ…。
特にウルCは昭和レトロの世界だし…。

とにかく待つのも楽しいどマゾBLゲーユーザーの私なので、小出しされる情報をちびちび味わいたいなと思います。
現在最萌えが予想されるのは、鈴×史郎のカップルです。
そして橋姫のほうは水上のぬいぐるみも発売されますねー!
これで川瀬玉森水上の幼馴染トライアングルが現実のものとなってしまう…。
水上ももちろん欲しいけど…、並べたら川瀬も水上もどっちも可哀想な感じになってしまいそうで…。これはもう一体玉森くんを買えということ…?でももう完売なんですよね…。
ステラもさすがに再販はしないだろうし…。
いろいろ悩ましいことです。

| | コメント (0)

メビウスラインフレグランス届いたー!

後藤羽矢子です。
しばらく雑談更新しますと言いつつ、雑談更新するヒマもなくて書くことが溜まってしまったので、今日は連続で更新したいと思います。
メビウスラインフレグランス届いたよー!
ここで画像をあげたいところですが、昨日スマホを飲み屋に忘れてきてしまったので手元にないのです。(今日取りに行きます)
千家と京一郎のペアにしました。
まずは京一郎のをいま着ているパーカーにシュッとかけると…。

あっ!うん!好きな匂い!
爽やかでフルーティめで…。これは普段使いできる!

そして千家さん…。
以前の記事にも書きましたが、攻めの香りは私にとって手ごわいものが多いのです。

とりあえず京一郎のと香りが混ざらないように今度は袖にシュッとすると。
攻めの香りと和の香りが混ざってる…。

和の香り…和風小物のお店なんかに行くと漂ってるお香みたいな匂い…。
しかも京一郎のよりかなり押しが強い!
この押しの強さがまた千家さんっぽいわ…。

まあ私がちょっとモロに吹きかけすぎたというのもありますね。
千家さんの香りは遠くからふわっとかけるぐらいがいいと思います。
和服着るときにかけるとかなり合いそう!

和っぽさと押しの強さとほんのりとした男性っぽさで、見事に千家さんを体現したフレグランスでした。
そして京一郎と千家の香りが合わさって千京の香りになってしまったパーカーは、むせ返るような香りを放ってきつくなってきたので洗濯機に入れました。

まるで千京のイチャイチャにあてられるモブのような私でした。

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

3P妄想 その2

後藤羽矢子です。

前々回の記事からずっと3P妄想をし続けてるんですが、花玉With博士ならイケる!と確信したので、近々そんなSSを書こうと決めました。
ワンダーグー特典の世界線の花玉なら…。といってもワンダーグー特典読んでる人どれぐらいいるのかな…。

それはともかく、他のゲームでは3Pどうだろ…と考えると、Paradiseの人らはめっちゃ3P容易だな!
こっちは全員非童貞の世界だし、そもそも公式がFDで3Pか4Pシナリオ追加するって謳ってますもんね…。まあカップルできる前の極限状態のBADっぽいけど、あの状態なら何が起こっても不思議ではない…。メイン攻略キャラじゃミツギが一番ノリが悪そうだけど、身体の相性がクソほどいいアヅマの身体に触れたらきっと歯止めが利かなくなるはず…!
マツダはもともとセックスには好奇心旺盛なタイプっぽいし、タカラも倫理観変だから抵抗はないはず。

ルートに入ってからを想定するなら、一番アリなのはタカラルートかなあ…。
逃亡先の海外で、男4人暮らしなんて何が起こっても不思議ではない(二度め)
タカラはアヅマのこと「自分もの」って思ってるし、執着はもちろんすごくあるんだけど、それと貞操は全然別物と考えてる感じがする…。
ご飯食べるのと一緒ぐらいの感覚…。

贄の町も全員3P可な気がする…。ヤリチンのココさん、スケベな笑男さん、衝動の強いあすく、日天大好きな成臣ときたら3Pどころか4P、5Pでも可能な気がする。
帰還END後は物理的に無理だけど、滞在ENDならカップルになったあとでもやれそうな緩い贄町の空気…。そして日天はセックスに関しては近年まれにみるほどの丸め込まれやすさだから…。セックス以外ならけっこう芯が通ってるんですけどね…。
なんならあの大広間で宴会の流れからの乱交になってもいい…。
酔った勢いでエロに流れ込むの、鉄板だけどわりと好物…。
あの世界倫理観ゆがんでるし、大家さんも目撃しても「やれやれ」ぐらいしか思わないだろう…。

そんな感じでねちねち妄想したりしていました。
考えるとBLゲーって公式での3Pって意外とないんですよね…。近年ではメビウスラインのFDくらいか…。そういえばメビウスラインでは、千家と館林にサンドイッチされてる京一郎のイラストがちょこちょこありますが、実際には館林も千家もぜぇぇぇぇぇぇぇったい3Pしなさそう…。それこそ操られたり脅迫でもされない限りは…。
しかしそういう頑ななキャラこそに3Pさせたくなるから腐女子の業は深いですね…。

| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

ブラチェ終了

後藤羽矢子です。
昨日、ツイッターにてブラチェ終了のお知らせ…。
いや…じつは私ももうやってなかったんだけど、思いのほか早い終了にびびりました。
タグまで作って更新する気マンマンだったのに…。すいません、戦闘があまりにも砂を噛むような味わいで…。あまりに複雑で難易度の高い戦闘もしんどいですが、もうちょっと戦略性が欲しかった…。
艦これはやることが複雑すぎて面倒になってきてやめ、刀剣は戦闘がつまんないわりには、難易度が高くてやめた…。

別にブラチェは男同士のくんずほぐれつがメインだから、戦闘は添え物なのはわかってるんですが、やっぱり戦闘が一番やることではあるんで、面白くないと本当に義務感ばっかりになるんですよね…。

うーん…やめといてなんですが、ブラチェには新しいBLゲーの形として頑張ってほしかったな。
とりあえず終了までにメインシナリオは消化したいので、もう一度始めようと思います。

| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

数珠繋ぎ

後藤羽矢子です。
ここ最近、私は玉森くんと川瀬と水上をどうしたら3Pさせられるかということを延々考えているのですが、結論としてはあの三人、3P無理だわということになりました。

川瀬は「数珠繋ぎ」発言してるから、一見積極的なように見えますが「俺しか知らない玉森くん」を誰かにおすそ分けしようなんて到底思えない…。実際副読本のQ&Aにて「玉森くんから「そんなことするわけない」という言葉を聞きたかったゆえの言葉」というアンサーが出されています。
ほんっと川瀬めんどくせえな!

以前の記事にも書いたけど、橋姫って水上以外にもしれっと嘘ついたり心にもないこと言ったりする人たちばかりで…。
川瀬なんて「遠雷」の歌詞、心にもないことのオンパレードじゃないですか!
最後の「離さなきゃよかった 君の雨傘」ぐらいですよ、本心なの。

むしろ3Pなら玉森くんと博士と花澤のほうがまだ可能性は高いかもしれない…。
博士は花澤にも心酔してるから、絆を深めるための数珠繋ぎなら案外喜ぶかもしれない…。
問題は花澤と玉森くんがそれをヨシとするかですが、そのへんは博士が作った得体の知れない薬かなんかでどうにでもできそうな気がする…。
しかし実をいうと私はいままでの二次創作人生で一度も3Pを書いたことがない…。
読むのは好きなんですよ…。ここの過去記事でも3Pの二次創作情報を募集してましたし…。
咎狗とラキドは3Pが充実しててよかったなー。
やっぱり3Pはスケベ親父がひとりいるとぐっとやりやすくなりますね…。

そういう意味で、橋姫ってスケベ親父がいないんだよな…。
さすが攻略キャラ全員童貞ゲーム…。

でも博士が一番年上で、変態だからそういう意味でやっぱり博士が一番やらせやすいだろうなあ…。
川瀬と水上はやっぱり生真面目すぎる…。
そして何故私が3Pをさせたいかと考えてるかといえば、純粋に玉森くんが二人がかりでエロエロにさせられるところを見たいだけなのです。
こういう純粋な欲求こそが二次創作の原動力…。

いまは妄想の域を出ませんがそのうち形にできればなと思います。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "数珠繋ぎ"

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

ナチュラル聖地巡礼

後藤羽矢子です。

々を譲渡された、親戚の娘ももっちは、その後花澤まで終わらせたそうです。
そして我慢できずにPC版をダウンロードで購入したとのこと。
計画通り──(夜神月の顔)

いやーあのドタチュンぶりは、気になるよね…。PC版ではどんなエロをかましているのかと…。
水上とか、こんなに体位変える必要ある?!ってくらい何回も体位変えててPC版のエロシーン見たら「水上ぃ!」ってツッコミたくなるかもしれません。
あーでもなんか逆に羨ましい…。ドタチュンの々から入って、PC版のエロが見られるももっちが…。
えっ?!あのキャラがこんなセックスを?!みたいな驚きがあるだろうし…。
花澤とか度肝抜かれるよね…。私が初見のPC版ですでに度肝抜かれたしね…。


ところで彼女は明治大学の学生なのですが「登戸の陸軍科学研究所って私の大学の跡地なんだよねwww知らん間に毎日聖地巡礼してました」と言ってきたのでブフォッとなった。

「大学の敷地内に登戸研究所記念館があるのー!偽札とか毒とか人体実験やら風船爆弾のなんかいろいろある」とももっち。
へえええええええ!面白そうー!
「毒の研究してたから大学の周りの土壌が悪いらしくてあんまり触るなって言われてる」
それもまた怪しくていい……。

東大聖地巡礼はMさんと行ったけど、花澤繋がりの聖地も巡礼してみたいですな。
私も今度行ってみようかな!

と、思わぬところから聖地の情報を得た私でした。

| | コメント (0)

女子大生と橋姫々

後藤羽矢子です。
Paradise結の感想の途中ですが、繁忙期と若干の体調不良(たぶん秋バテ)のため、しばらく感想の更新を中断して雑談の更新でお茶を濁します。
雑談だと30分ぐらいで書けますが、感想は2時間から3時間ぐらいかかるので…。
楽しみにしてくださる方がいるかはわかりませんが、どうもすいませんです…。

最近、複数買いした橋姫々を親戚の娘、ももっちに譲渡しました。
彼女が中学生の頃から咎狗TBを与えたり、メビウスラインポータブル与えたり、成人してからはドラマダを与えて18禁デビューさせたりと立派なBLゲーユーザーにするための育成をしていましたが、大学に入ったらすっかりリア充になってしまって、オタ抜けしちゃったかな…と思ってたんですが、橋姫に興味を示していたので「こりゃあ~!」と思って、送りつけました。
大学に行くまで1時間以上電車に乗ってるので、そこでプレイしているらしく、一瞬「おい…」と思ったものの、エロシーンほとんどないし大丈夫だろう。
水上が終わったあと
「水上が正妻すぎて草」とLINEを送ってくるももっち。
そこな!プレイヤーの100%が思うとこよな!

さらに「このゲーム浪人生に当たりが強くて辛い」とかつて浪人生だったときの傷を掻き毟られているモヨウ。
浪人生のときはメビウスラインやってたけど、京一郎さんが優秀すぎてあれはあれでしんどいものがある」と言うももっち。
そうか…。しかしももっち、メビウスラインプレイしてたとき、京一郎と同い年だったのか…。だったらわが身と比べてしまったりもするのかもなあ。私なんか離れすぎてて、孫を見るような気分だったよ。
いや孫のセックスを見て喜んでるのは相当ヤバイけど…。
「でもクズ森くんよりは勉強してたよ!」とももっち。さっそく○○森くんという呼び方を使いこなすとはやるな…。

そんなわけで、私にゲームを譲渡された者は私に感想を伝えなくてはいけないという慣習を設けているので、ももっちのその後の感想が楽しみです。

はたしてヤツは誰が推しになるのか…。いまのところは「博士可愛い」と言っていますが…。

| | コメント (0)

2018年11月 1日 (木)

橋姫川瀬花澤キャラソン 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

先週末から今週頭はキャラソンの試聴がいつくるかとそわそわしてばっかりだった…。

「火曜の晩には」とアナウンスがあった後は、日暮れからそわそわしっぱなしで、どんだけ楽しみなんだよ!と自分でつっこまざるを得なかった…。水上博士のキャラソン聴くまでは、聴くのが怖いと怯えていたのに…。
そして試聴が来たら「んごおおおおおおおお!!!」となったし、販売開始になったら光の速さで購入し、ついでにそれぞれに軽くBOOSTしときましたね…。

それにしても、水上と川瀬はなんでいつも切なさのシーソーゲームしてんの?!

アニメイト特典SSで川瀬が切ないことになってて、水上のキャラソンでは水上が切ないことになってて、今度また川瀬が切ないことになってる…。

しかし同じ切ないでも、水上と川瀬でベクトルが違うのがまた面白いですね。
水上はたとえ玉森が自分のものにならなくても、止まり木になろうとしてる。だから川瀬ルートでも博士ルートでも、玉森の佳き友でいてくれるんだよなあ。

川瀬は幼い頃から心身に傷を負いすぎてるから、痛みに麻痺してるというか、しらっと涼しげな顔しながら血ぃダラダラ流してるイメージ…。
「遠雷」はふだん遠ざけてる玉森くんへの想いのメタファーなんだろうなーと思いました。
歌詞のなかでずーっと玉森くんなんてイラネと強がっていた川瀬が、最後の最後で「離さなきゃよかった 君の雨傘」と弱音を見せるのが、本当に切なくて泣ける…!

その後で聴くマルクスさんのキャストコメント…。地声聴くの初めてだな…。ツイキャスでたまーにカラオケの合間に会話が聞こえてくることもあったけど…。
素でもけっこう川瀬っぽいなあ…。テンション低めな感じが…。
それにしても家に帰ったらまた肩を鍛えますとかマルクスさんどんだけ筋トレ好きなんだよ!
ていうか川瀬も筋トレしたらいいんじゃないかな。そしたらあのずず昏い思考も少しは忘れられるかもしれない。

一方花澤の曲はすごく力強くて花澤ーっ!て感じの曲調。最初に花澤のキャラソンと聞いたときは、いったいどんな歌い方をするんだ…?副読本の歌うまランキングではブービーだし「軍歌なら一級だ」と本人の弁。本当に軍歌っぽい曲になるのでは…と思っていたのですが、じつにいい曲だった!

岡田さんは「花澤として」歌ったとのことで、本当にびっくりするほど花澤だった…。
まっすぐで力強くて、小技とか効かせてないけど伸びやかな歌唱…。
岡田さんいわく「普通に歌うと中途半端に歌えるV系みたいになるんだって」とのことで、ちょっとそっちも聴いてみたい気もしますが、声優さんの技量は本当にすごいなと思いました。

あと歌詞!
力強くて前向きっぽい曲調に惑わされますが、けっこう拗れた歌詞やぞ…。
まあ花澤、内面の複雑さは川瀬以上だからな…。
試聴の段階では「せめて 賽の河原に石を積もうと守らばと」ってとこ、ああ、地獄に堕ちても玉森くんを守ろうとしてるのね…と思いましたが、フルコーラス聴いたらちげえ…。

賽の河原で石を積もうと=地獄に堕ちても=人の道をはずれても
つまり人の道をはずれても国を守ろうと軍事に傾倒してる花澤なんですよね…。

二度と戻れぬ場所は、一見「元いた時代」かなと思いますが、これは玉森くんと無邪気に過ごした幼い頃だと思う。
彼岸花が玉森くんのメタファーなのは明らかですが、それを「散らして歌にしよう」というのは、国のために玉森くんを犠牲にしようと言ってるんですよね…?

「帰り路など踏みにじられていた」は、もう後戻りできないところまで来てしまったということだし、偽りを重ねて、まほろば=素晴らしい場所=よりよい日本を作るぞという妄信。

で、最後に、せめて一輪 彼岸に咲いたこの花=世界でたったひとりの玉森くんを。
散らずにそばで眠ろう=大事にして共に生きよう
という感じでシメてる…というのが私の解釈です。
もしかしたら全然違うかもしれないけど…。
くろさわさんの歌詞センス、マジですごいな…。語彙力ないとできないよ…。

そんなわけで、歌唱も歌詞もまんべんなく楽しめました。
次はいよいよカオルと玉森くんですが、どんな歌になるかまったくもって予想がつかない…。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »