« 2018年9月 | トップページ

2018年10月19日 (金)

古書店街の橋姫々 総評

後藤羽矢子です。
古書店街の橋姫々の総評です。
こういう移植作品については、どこまで新規要素があるかという部分が評価の対象になってしまうとこあるんですが、ここは後日談のゲーム化という超目玉でほぼ無敵という感じになっていましたね。
あれは本当に素晴らしかった。新規スチルも声優さんの演技も。あと何気にeyes onlyのオルゴールバージョンがありましたが、あれって新規曲…ですよね?少なくともサントラには入ってないし。こういう何気ない追加も嬉しい。

システム的には元のUIを尊重しつつ快適化を図っていてよかったです。ボイスセーブがないのがちょっと悔やまれますが、ログからクイックジャンプできるの、あれ便利ですね~~!スイプーもログからセーブできる機能があったけど、それをさらに便利にした感じ。ゲームのシステムは日々進化している…。
システムボイス仕様もよかったですね!
いまはやや廃れ気味ですが、昔はシステムボイス流行ってたな~!Cool-Bの付録についてたり、公式が特典につけていたり…。私も以前はPCをLamentoのシステムボイスにしていましたが、いつの間にかやらなくなったな…。こういうところからも、PC所持者が少なくなったことを実感しますね…。

あとこれは個人の事情なんですけど、私は液タブをモニターとしても使ってるんですけど、作業で目が疲れないようにかなり輝度を落とした設定にしています。
すると素がけっこう暗くて元が暗いスチルだとかなり真っ暗になってたなと、Vitaでスチルを見て感じました。
なので、回想シーンで子供の川瀬が橋から蛙を投げ落とすシルエット、PCのときには気づいていませんでした。Vitaの画面で初めて「あっこれ川瀬だったんだ!ただの暗い夜空かと思ってた…」と気づく始末。
あと関東大震災のシーンで助けを求める鳥羽くんを玉森くんが冷たい目で見ている表情も私のPCではかなり暗くて「こんな冷たい顔してたんだ…」と愕然となったり。

と、まあ私のほうの事情で勝手に新しい発見があってよかったです。

唯一の難点といえば、やっぱりエロのカットが多すぎることかな…。
せっかくのいいスチルが5、6枚もガサッとなくなってるのが惜しい…。
CERO:Dならラブデリくらいギリギリまで攻めてくれるものだと思い込んでいましたが、どうもDにしてもラブデリは攻めすぎだということに気づきました。
あと正直いうと改変がちょっと雑な感じ…。エロの代わりにイチャみのあるシーンで代替…という感じでもなかったので。まあでもこれでエロが気になる人はPC版やるだろうし、橋姫の更なる活性化になるならよいことです。

そんなわけで特典も含めて大満足の々でした!




| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

GOATBEDのライブ行ってきたー!

後藤羽矢子です。

あの狂気のサンリオピューロランドのライブからはや二ヶ月……。

今回は下北沢GARDENということで、通常運行のGOATBEDの安心感がありました。

あんな交感神経に訴えるライブが何度もあったらこっちがおかしくなりそうなんで。
前回の記事にも書きましたが、この日の昼はBLゲームオンリーに参加していました。
この日の私は前回のライブのキティちゃんコラボTと、蒼葉ちゃんバッグといういでたちで、どっから見てもドラマダ者って感じでしたが、ジャンルは橋姫というひずみを生んでいました。

まあイベントではドラマダ本もラキド本も買いましたが!
イベントあがって下北沢へ。

下北沢GARDENは二回めですが、待機列を地下3階の駐車場っぽいところに入れるのはいいなと思いました。集まった方々は、私を含めGOATBEDアパレルに身を包んでる人も多く、GOATBEDアパレルコレクションの様相を呈していました。

私たちの整理番号は40番台はじめで、まあまあ早い番号。
呼ばれて場内入りすると、最前列はさすがに埋まっていたものの、まだまだ前方はゆとりって感じでしたが、私たはやや後方寄りにある柵を確保しました。
柵は私たちの命綱なのです…。
柵のあるところは一段高くもなっていたので、舞台を観るのに差し障りはありませんし、私たちは「柵っていいですよね…」と讃えあいながら、柵に身をまかせるのでした…。

無駄な前置きが長くてすいません!

そして開演!

今回の石井氏はわりとラフなめなスタイルで、「PINK IS PUNK」と素っ気無いフォントで書かれたピンクのセーターをお召しになっていました。
ライブ後、KさんとS女史で「あんなセーターだけど、石井さんが着ているんだからお高いんでしょうね~」と言い合っていて、その後Kさんがブツを特定してきたんですが、なんとバレンチノの品で14万もするシロモノでした
Kさんが送ってきた画像を見たとき「ふーん…1万4000円かあ…え?!14万?!」と思わず二度見してしまいました。

「石井さんは果たして安い服を着ることがあるのか?」と言い合ったりもしましたが、さすがに部屋着とかはそこそこ安めの…それこそ自分とこのアパレル着てるんではということに落ち着きました。

それはともかく、今回は曲数がすごく多かった!20曲ぐらいやってた!
前回はピューロランドを意識して明るめかつメジャーめな曲が多かったですが、今回は攻めた感じでしかも息もつかせぬ勢いで機関銃のように歌いまくる石井氏でした。

しかしMCは相変わらずいい感じで気が抜けています。
「なんか…言いたくない言葉ってあるじゃないですか「どうもGOATBEDです」とか」
「あと「東京!」とか」
この東京に関しては意味がわからなかったのですが、あとでKさんS女史が「よく海外のバンドが日本で公演するときに「トウキョウ~!」とか「オオサカ~」とか言うあれじゃないですか」と教えてくれました。なるほど…って石井さん海外のバンドじゃないやん。
アンコール後のMCでは、ツインドラムのお二人とは今回で一区切りと告知。
そして突然、岡本なおこさんに「GOATBEDの中で一番好きな曲は?」などと質問する石井氏。
岡本さんは「え~…」と少し悩んで「ジョニーライド」と返答。
「なんか意外ですね…」と呟くと「ジョニーライドか~…今日やらないんだよな…」とひとりごちる石井氏。
客席から「やって~」という声があがるも「いややらないから」と即答。

そして舞台後方にいるゆーじさんにも同じ質問をする。ゆーじさんも少し悩んで「ジョニーライド」。
そしてさらに北野愛子さんにも同じ質問を。北野さんは「ここは天丼としてジョニーライドと言っとくべきか…?」的な雰囲気を漂わせながら「ジョニーライド」と言ったのですが、石井氏は「違うでしょそこは!」と急にキレる。
ライブ途中でも水飲んでる北野さんに「水飲んでる場合じゃないです」とか言ったりして北野さんにやや塩対応な石井さん。
「流れとしてここはVogue manって言わないと…」と石井氏が言うのでアンコール曲がVogue manということがわかりました。

相変わらず、一緒にライブやってても全然意志の疎通ができてないっぽい雰囲気が最高。

そしてVogue manも歌い終わり「ありがとうございました」と退場する石井氏とゆーじさん。しかしツインドラムのお二人はそのまま。
すると突然、テクノな曲が流れ、おふたりが激しくドラムを叩き始めました。

あっ…これYMOのテクノポリスだ…!石井さん本当に80年代曲好きだな~!
ツインドラムにより大トリはじつに素晴らしく、気持ちよくノれました。
次回からはまたふたりきりのGOATBEDになるらしいですが、ファンをケムに巻くスタイルだからいろいろ油断はできません。
次は12月!!

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

オンリー御礼と通販のお知らせ

後藤羽矢子です。
昨日はボブゲオンリーとGOATBEDのライブをはしごするというなかなかハードな一日でした。
ていうか春のオンリーもゴートのライブと被っててはしごしたんだよな…。
そしたら後日体調崩しちゃったので、今回も同行のKさんとS女史に「大丈夫ですか?!」と心配されてしまいました。前回で学んだので、出かける前にヴァームゼリー飲んだり、いろいろ体力温存に努めました。
GOATBEDのライブレポは明日にでも…。
オンリーではスペースにお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。差し入れやお言葉など大変励みになりました。
よろしければよろしくです。
今回の本の特殊紙が異様にトゥルットゥルで、机の上で雪崩を起こしたりして大変でした。
次からもうちょっとザラついた紙にしようと思いました。
拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "オンリー御礼と通販のお知らせ"

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

古書店街の橋姫々 後日談カオルルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
入稿は無事できました。
サンプルはPixivにあげてあります。
スペースはR17 いぬみみです。
あとParadiseのFDも届きました!しかも2本も…。
どうも予約してたのにしてないと思って改めて予約しちゃってたみたいなんですよね…。
脳のヤバみがすごい…。アニメイトとステラと違うところでしてたのがせめてもの救い…。

こっちも早急に始めたいと思います。
そんなわけでやっと感想再開です。
以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 後日談カオルルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

めちゃめちゃ同人やってた…

後藤羽矢子です。
すいません。橋姫々の感想が途中ですが、この数日ボブゲオンリーの新刊の原稿にかかりきりでした…。ていうかまだできてない。今晩中になんとか…。
そして今回も松本さんに表紙絵を描いてもらいましたー!

Photo

すごくいい感じ!玉森くん可愛い!
内容はというと、自分の萌えるシチュエーションを詰め込んでいったらメチャクチャ変な話になりました。あと今回も川瀬がなかなか可哀想なめにあいます。可哀想な川瀬萌えなんで…すいません。
そんなわけでラストスパート頑張ります!やっぱりイベントには新刊だしたい!

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

古書店街の橋姫々 後日談博士ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
いやー案の定キャラソンヘビロテ状態…。昨日、作業してる9時間の間、半分ぐらいの時間ずっとキャラソン聴いてた。なんたるシャブ。
博士の曲、サビのとこいいねえ…特に「北の空 銀に光るポラリスを抱いて」ってとこ何回聴いてもキュンとなってしまう…。
これで全員のキャラソンが揃ったら作業時間のすべてをキャラソン聴くことになってしまう…。
そんなわけで博士ルート後日談の感想です。
以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 後日談博士ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

橋姫水上博士キャラソン 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
後日談感想の途中ですが、橋姫キャラソンの水上編と博士編の配信が始まったので、速攻で購入。なので今日はこちらの感想を。
試聴がアップされてまず聴いてみたときは「水上……ぎこちないな」と思ってしまいました。
下手ではない。下手ではないが……ぎこちないとしか言いようのない歌唱。
でもそれが大変に水上らしい。副読本にある歌うまランキングでは9人中6位で、本当にそれぐらいの位置の雰囲気。聴いてると脳内で一生懸命歌っている水上が浮かび上がってくるほどです。
そして歌詞が…歌詞がやばい。
「積もる時の中でお前だけが唯一の光 でも狂わせるよ」とかやばくないですか?!
「別の誰かを想うとしてもまた花咲かすだろう」ってめっちゃやばくないですか?!
ルートで主人公とくっつけなかった攻略キャラ問題というのは、どのBLゲーにもついてまわるものですが、そこはどこもふわっとさせてあまり触れないようにしとくものですが、橋姫はめっちゃゴリゴリ攻めてくるな~!まして水上は想う時間の長さもハンパないから切なさがすごい…。さらにキャストコメントで神崎さんがくろさわさんの言葉を借りて歌詞の解説までしてくれて「梅と鶯というお似合いなのに結ばれないふたりをイメージした」と言っていて!
アニメイト特典SSで川瀬の切なさに涙し、今度は水上…。切なさのシーソーだよ!
そして博士の曲は……。
正直試聴の段階から「うまっ!」と思いました。博士は歌うまランキングでも3位だし(1位と2位は店長と玉森くんだから実質2位ともいえる)芸事も達者そうですしね。
曲調も明るくてアイドルソングだ!これ!清々と甘くてこういう曲大好き!
キャストコメントで遠野さんが「博士の陽の部分を音楽とか歌詞とかで表現した」と言っていて、博士の陽の部分で屈託なくてロマンチックでいいよなあ…。
ところですごくどうでもいいことなんですけど、博士って「橋姫」のこと「はししめ」って言いますよね…。々のトップで「古書店街の橋姫々」って博士が言うとき、いっつも「はししめって言ってるなあ…博士は江戸っ子だから…?」と思っていました。
それはともかく、どっちの曲ももうヘビロテが約束されてるというか、もうすでに5回以上リピートしてる…。どっちの曲もキャラのイメージ体現してて、これがキャラソンというものなんだなあ…。素晴らしい。
というかくろさわさんの歌詞センスもすごい…。くろさわさんのマルチすぎる才能が怖い。
次の川瀬と花澤も楽しみすぎる…。

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

古書店街の橋姫々 後日談花澤ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
花澤ルートの感想です。
…正直素晴らしかった。
というか花澤ルートは後日談と併せて完成なので…。リコネで完成したミンクルートみたいなものですよね。
なのでドラマチックさというか盛りあがりは随一で、サイトの後日談を初めて読んだときは文章だけでも相当興奮したんですが、これに絵と声と演出がついてしまったらもう…!
以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 後日談花澤ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ