« 古書店街の橋姫々 後日談水上ルート感想ネタバレ | トップページ | 古書店街の橋姫々 後日談花澤ルート感想ネタバレ »

2018年9月30日 (日)

古書店街の橋姫々 後日談川瀬ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
なんかツイッターでは橋姫のキャラソンが出るということでざわめていおりますね。
最初私はイメージソングと勘違いしてしまって「ああ…キャラのイメージに沿った歌詞の曲……私らがよく勝手に認定してるような感じの…」と思ってたら、本当にCVの方が歌うヤツなんですねー!
いや…びっくりした…。ていうか私人生の大半はオタですが、自ジャンルでキャラソンが出るというのは初めての事態のような気がします。
う、嬉しいんだけど…私は果たしてこれを正常な精神で聴けるのか…?という不安が押し寄せます。
以前にくろさわさんが言っていたありえないCDというのはこれのことだったん゛てすねー。いやーまさか橋姫にキャラソンが来るとは思わなかったんで、心底びびりました。

しかし現在歌唱力がわかってるのはマルクスさんだけなので、どんなものになるかドキドキです…。
すっごい勝手なイメージなんですけど、なんか坂巻さんはあまり歌が上手くなさそうなイメージがある…。ごめんなさい!本当に勝手なイメージなんですごめんなさい(博士っぽく)
BLゲーオンリーを前に燃料が出すぎて溺れそうです…。
それはともかく後日談川瀬ルートの感想です。

以下おりたたみー。

のっけから「帝劇ノ噺」で始まる川瀬ルート。
オセローが終劇し、呆然とする玉森くんとしらけきってる川瀬のスチル。
おおう…玉森くんのスーツ…黒のスーツを着てても玉森くんは可愛いという印象しかない…。

その後オセローの話しながら幻想に迷い込むシーンですが、尻穴に剣を突っ込まれて掲げられる蛙男がまんまるすぎて吹く。そのくせお尻は妙にぷりっとしてて、いけないものを見ているような気分になる…。
そして連れ込み宿に入り……ここからマルクスさんが私たちを殺しにかかるターンに入ります。
はあー…すごい…。
「…それともこの関係、まだ慣れない?」とか
「今日の観賞券くれたの…誰?」とか
「そんな気分だ」とか
「それじゃあいつも通り優しくしてあげるから。…口、開けて」とか!
そこで玉森くんが本当にア、と発してるのがすごい!可愛い!エロい!声優さんの技量をひしひしと感じる…!
そこから本来ならエロになだれこむところを、なんと玉森くんが「今夜はそんな気分なのである」と渾身のキス待ち顔をしてきた!!でもけっこう間抜けな顔になってるっぽい…。そんなところも愛しいよ…。
で、エロに入る前に、川瀬が壁を蹴り倒してミッチェル爺を暴き出すわけなんですが、思ったより可愛い爺だった…。このように自分たちの想像との差異を楽しめるのも既存SSのゲーム化のいいところですね!

しかしまるっと抜かれたエロのなかにあった「やってるときお互いに目を逸らさないルール」とか「川瀬しか知らない玉森くんがいることが川瀬の心を何より満たす」こととかそういう記述も一緒になしになっちゃったのが残念です…。
でも後日談は公式サイトにあるもので、PCゲームと違って、いつでも誰でも読めるものなので、Vita版しかやってない方は是非この一連の後日談を読んでください…!萌え死ぬから!

その後川瀬が三條くんに映写機のレクチャーを受けるとこですが、カーテンから顔を出して外をうかがう玉森くんの顔芸がすごい…!可愛いくせにこんな顔芸してるBLゲー主人公なんて玉森くんとオメガヴァンパイアの刑一くんぐらいだよ。
そして玉森くんの恥ずかしいフィルムが再生されてしまうわけですが…。キス待ち顔どまりになってて、それでも玉森くんはメチャクチャ恥ずかしいモヨウ。
「お…お…お!」とうろたえる玉森くんの声の可愛いこと…。初めて後日談読んだとき、本編に比べ、玉森くんがあまりにも魅惑の受けになっててびびったんですが、今回声が加わってさらに魅惑がパワーアップしてますね…。
それにしても、エロはなくなりましたが、川瀬的には玉森くんの裸体やエロ顔を他の人間に知られなくて済んで幸いですね。

ラストの膝枕スチルで、川瀬が家では書生姿ということが判明しておお…となりました。てっきりもうプライベートでも洋装かと思った。

萌えの情報量の多さにぶしゅ~となりましたが、次の花澤ルートでさらにすごいことになろうとは、そのときの私はまだ知る由もなかった…。

|

« 古書店街の橋姫々 後日談水上ルート感想ネタバレ | トップページ | 古書店街の橋姫々 後日談花澤ルート感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古書店街の橋姫々 後日談水上ルート感想ネタバレ | トップページ | 古書店街の橋姫々 後日談花澤ルート感想ネタバレ »