« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

古書店街の橋姫々 後日談川瀬ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
なんかツイッターでは橋姫のキャラソンが出るということでざわめていおりますね。
最初私はイメージソングと勘違いしてしまって「ああ…キャラのイメージに沿った歌詞の曲……私らがよく勝手に認定してるような感じの…」と思ってたら、本当にCVの方が歌うヤツなんですねー!
いや…びっくりした…。ていうか私人生の大半はオタですが、自ジャンルでキャラソンが出るというのは初めての事態のような気がします。
う、嬉しいんだけど…私は果たしてこれを正常な精神で聴けるのか…?という不安が押し寄せます。
以前にくろさわさんが言っていたありえないCDというのはこれのことだったん゛てすねー。いやーまさか橋姫にキャラソンが来るとは思わなかったんで、心底びびりました。

しかし現在歌唱力がわかってるのはマルクスさんだけなので、どんなものになるかドキドキです…。
すっごい勝手なイメージなんですけど、なんか坂巻さんはあまり歌が上手くなさそうなイメージがある…。ごめんなさい!本当に勝手なイメージなんですごめんなさい(博士っぽく)
BLゲーオンリーを前に燃料が出すぎて溺れそうです…。
それはともかく後日談川瀬ルートの感想です。

以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 後日談川瀬ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2018年9月28日 (金)

古書店街の橋姫々 後日談水上ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
後日談早く見たくてしょうがなさすぎて、未読スキップでかなりあれこれ飛ばし気味にやってしまいました。
そして待ちに待った後日談…。上から順番にやっていくことにしました。
後日談は後日談だけあって、けっこう新規の背景も多かったけど、最初は何枚かは専門の背景絵師さんに頼んだのかな?と思ったんですけど、(駅舎の内部とか)スタッフロールにそれらしいスタッフがいなかったので、もしかしたらこれらの背景も全部くろさわさんが描いたのだろうか…。川瀬後日談の連れ込み宿は完全にくろさわさんだなと思ったけど。
なんか私はいつも、くろさわさんの仕事量を心配してるな…。
それはそれとしてまずは水上ルートです。

以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 後日談水上ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

古書店街の橋姫々 雑多感想その1

後藤羽矢子です。
橋姫々を粛々とプレイ中…。
現在川瀬まで終わりました。
最初はルート別に感想書こうと思ったんですが、思った以上に変化がないので、ここは思いつくままのダラダラ感想をタレ流していきます。
まずは環境設定。システムボイスはランダムにして、BGMとシステム音は少しだけ下げる。
じつは最初パッチを当てないまま、水上ルートの中盤までやってたのですが、テキストが小さすぎて目がいてえええええ~!
するとMさんがパッチを当てるとフォント大きくなりますよーと。
じつをいうと私はよほどの深刻なバグでもない限り初回プレイはパッチをあてずにやりたい派なのです。何故かというとところどころにある誤字とか見るのが楽しいから…って微妙に悪趣味ですね…。
しかしこのフォントの小ささはふぉんとーに目にしんどいのでパッチ当てることにしました。
Mさんは「公式はパッチあててもセーブデータに影響はないって言ってたけど、(公式にセーブデータの引継ぎはできないとありました。すいません!幻覚を見てました)私はセーブデータふっとびました」と言ってて「マ…マジかよ…。イチバチかでパッチ当てたら、やっぱり私のセーブデータもふっとびました。
しかし水上ルートの中盤ぐらいだったので、スキップでなんとか追いつきました。
以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 雑多感想その1"

| | コメント (0)

古書店街の橋姫々 特典感想

後藤羽矢子です。
橋姫々届きました~!
さっそくプレイして水上ルートを終えたんですが、それについては次の記事で。
特典SSもさっそく堪能したんですが、これが…もう…すごいの一語に尽きる!!
萌えるのから微笑ましいの、笑えるの、そして胸がギリギリ痛むようなのまで…。
特にアニメイト…やばいよこれ反則だよ。
泣くわ!!!こんなん!!!
以下おりたたみー。

続きを読む "古書店街の橋姫々 特典感想"

| | コメント (0)

橋姫々発売~!

後藤羽矢子です。
本日いよいよ橋姫々発売!
Vita充電しとかなきゃ…。
くろさわさん自らのイラストリクエストカウントダウン企画も楽しかった~!私のリクエストはショタ川玉だったんですが、通らず…。でも今後の派生の参考にしますとおっしゃってたので、いつか公式でショタ川瀬が見られることに期待しよう…。
それにしても、くろさわさん何でもお一人で頑張りすぎではないか?!と心配になる…。
特典もSSにイラストにと全部やん…。せっかく企業が携わってるのだからドラマCDくらい作ってもらえば…などと本当に余計なお世話なことを考えてしまった…。
でもすごいサービス精神というか、めっちゃファンと繋がるのが好きで、めっちゃファンを喜ばせたい方なんだなーというのが伝わってくる…。
ただでさえ公式とユーザーの距離が近いBLゲーの、さらに距離の近い同人ゲーであるからなんだろうなあと思います。
くろさわさん以外でも、神崎さんが水族館デートイラストに即興で声をアテてくれたり、桜花太夫さんが、花澤誕生日漫画を描いてくれたりと、距離の近さゆえに和気藹々さが出てて、微笑ましかった。
いまの規模だからできる蜜月感…。その甘さをいまは存分に味わいたいと思います。
昼になったら々が届くぞー!
楽しみすぎて震える…!
拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "橋姫々発売~!"

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

よしなしごと

後藤羽矢子です。
10月14日のBLゲーオンリーですが、申し込みはしております。
新刊は川玉小説本の予定です。あと漫画のペーパーなども作りたいです。
いまカウントダウン企画でいろんなネタが投下されているので、みんなでディズニーランド行くネタや中華玉森くんがモブに襲われそうになるネタや川瀬と玉森が温泉旅行に行くネタの本が出るのかと思うと楽しみです。
今回も松本さんに表紙を描いてもらいます。
で、前回の川玉本の表紙と先日Pixivにあげた水玉SSの表紙を描いてもらったお礼に、以前から松本さんが欲しがっていた冷凍庫をあげることにしました。
アマゾンで選んだブツのリンクを「これにしようと思うんだけど~」と松本さんに送り「ありがとう~」と松本さんも了承。
さっそく次の日に送られてきたのですが、それは松本さんの予想をはるかに超えるデカい冷凍庫だったのです。
配達の人は、玄関に置いて行っただけで、非力な松本さんには動かすこともできなかったので、手伝うために松本さん宅に駆けつける私。
うちにも冷凍庫があり、私はそれぐらいのサイズのつもりで買ったのですが、松本さんはもっとミニマムなものを想像していたモヨウ。
それの入っていた段ボールがまたデカくて、私は松本さんをその中に入れて写真を撮って遊びました。

Dnraozhvaaa1n4zjpg_large

ちなみに松本さんが着ているのは、何年か前に行われたキラルプチオンリーのノベルティTシャツです。
「キミ物持ちいいな!」と私が言うと「けっこう生地が厚くてものがいいから傷まなかったんだよー」と松本さん。
あー、ノベルティとか物販のTシャツってものいいよね…。
その後、ふたりを茶をしばきながら橋姫の話をしていたのですが、私が々の体験版をダウンロードした話をし
「システムボイス仕様になっててねー。セーブしようとすると玉森くんが「セーブするのだ!」とか「ロードするのだ!」って言ってくれるんだよ」と私が言うと
「ハム太郎かよ」
と松本さんが言うのでブホッとなった。
むしろハム太郎みは、玉森くんの真似をして「セーブするのだ!」と言っている蛙男のほうに感じたけど…。
そんな松本さんは引越しのときのごたごたでVitaがまだ見つかってないとのこと。
「々が発売するまでに見つけろ!」とせっつく私でした。

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

水玉SSを書きましたー

後藤羽矢子です。
以前からMさんに「後藤さんの水玉読みたいな~heart」とおねだりされていたので「よし!じゃあMさんを萌え殺すようなやつを書くか!」と思い、書きました。
橋姫は川瀬がトップでありますが基本箱推しなんで、全員のSS書きたいぐらいの勢いです。
とはいえ水上はキャラ性が複雑なので、噛み砕くのに時間がかかりました。あの微妙にズレた倫理観とか能天気な雰囲気に乗せてけっこうゴリゴリ来るとことか、一筋縄じゃいかない部分が多いですよね…水上。
でもそんなふうにキャラを自分なりに解釈していくのが二次創作の醍醐味なので書いてて楽しかったです。
あ、でも村の年寄りが使う会津弁を書くのはけっこう難しかった…。「こんなの会津弁じゃない!」とおっしゃる会津の方がいましたらすいませんです…。
そして今回も表紙は松本さんに描いてもらいましたー。

Photo_3

いつも本文がギリギリなせいで、タイトルとあらすじとモチーフだけ伝えて描いてもらうのですが、今回はちゃんと本文読んで描いてもらったので、松本さんの読後感が絵に入ってる感じで満足です。

感想などいただけましたら嬉しいです。

| | コメント (0)

みにくいモジカの子 思いつくままダラダラ感想

後藤羽矢子です。
みにくいモジカの子やっと感想です。
キャラ別にせずに一気にダラダラ書きます。
毎度ニトロの演出は斬新ですが、今回もかなり斬新というか、主人公の種崎くんの目線ですべてが進行していく。
種崎くんは「人間とは思えない」ほどのブサイクさで、学校中から忌み嫌われている存在。それと併せて目線を合わせることで人の心を読む(文字化させる)能力があり、それを見たくないがために顔を俯けて過ごしている。なので彼の視界はほぼ地面と人の足元。
なので基本はほぼずっとキャラの足元で地面の背景ばかりで展開していきます。
これちょっと背景描くの楽でいいな…と思ってしまった私…。
そしてUIも斬新で、テキストは画面の真ん中に一行でるだけ。
しかし表示が一行ずつってだけでテキスト量は普通に多いんで、クリックする回数がむやみに多くなってラストのへんは手が痛くなりました。オートにすりゃええやんって言われそうですが、オートはオートでたるい…。
そして攻略する女の子たちですが…。
以下おりたたみー。

続きを読む "みにくいモジカの子 思いつくままダラダラ感想"

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

タグ追加と今後の購入予定

後藤羽矢子です。
みにくいモジカの子はもうコンプしてるのですが、なんというか、実に感想の書きにくいプレイ後感というか、面白かったんですけど萌えは欠片もなかった…。
やっぱり感想にしても、萌えがないと書きにくいものですね…。本当に面白いことは面白かったんですが…。
そのへんの戸惑いも含めて後日いろいろ書きます。
ところで拍手コメントで「エゴと公開のジレンマのプレイ予定はありますか?」との質問を受けました。
申し訳ありませんが、いまのところはプレイ予定はありません。
でも最初はスルー対象だったNO THANKYOUもあとから評判を聞いてやり始めたということもありますし、絶対やらないとは言い切れないです。(玉虫色の返事)
ついでに今後の購入予定なども自分メモも兼ねて記しておきます。
古書店街の橋姫々 購入予定予約済み
Paradise 結MUSUBI 購入予定予約済み
魔法使いと天使と悪魔 購入予定
ラッキードッグbadegg 購入予定予約済み
紅色天井妖忌綺譚 二藍 購入予定
あと四ヶ月の間にこれだけ買うんだから、今年はなかなか潤沢であったと思います。
その代わり来年が農閑期になりそうで怖いけど…。
それとコメントで、攻略はタグで分けてもらえるとありがたいですとあったので、攻略タグを追加しました。
といっても、真面目に攻略を書き始めたのは3年くらい前からなんですよねー。
PigeonBlood なんて水沢の攻略しか書いてないし…。なのであんまり攻略サイトとして役にたってないと思いますが、見やすいに越したことはないかな…と。
拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "タグ追加と今後の購入予定"

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

みにくいモジカの子始めました

後藤羽矢子です。
やっとニトロの新作「みにくいモジカの子」始めました。
買うのは発売日にしてたのに、一ヵ月半も始められなかったのは「超絶醜く、スクールカースト最底辺の主人公が、人の心が見える能力モジカを駆使して周りに復讐していく」という何をどうしたって愉快そうじゃないあらすじに怯んでいたからでした…。
私は本当に作中ストレスに弱い人間で…。
愛と狂気は大好きだけど、純然たる悪意はとても苦手なのでした。
しかし勇気を出して始めてみたらば、メチャクチャ面白くて一日中ぶっ通しでやっていました。
何も考えずにやっていたら選択肢が出なかったんで「あれ?もう一度最初からプレイしなおすヤツ?」と思いそうしたら、次のルートにいけたものの、三回目で早くも詰まり、攻略を検索したところ…。
ずーっと俯いて下ばかり見てる主人公が「顔をあげて相手を見るか見ないか」が選択肢だったモヨウ。
わっ…わかりづれえええええええ!前情報なんにも入れてなかったから全然気づかなかった…。
そういやスイプーは事前情報に齧りついていたから、理性本能の選択肢も熟知してたけど、もしかしてなんの前知識もなしにふわっとVita版とかやってたら、やっぱり選択肢で「??」となる人とかいたのでしょうか…。
まあこのへんさすがのニトロ演出って感じ…。
しかしシステムはいつになく使い勝手がよくて、そこは意外…。
そして話は面白いけどもやっぱり愉快でないというか、いまのところほぼ全員メリバで、唯一HAPPY ENDかと思われた花椿ルートも最後のどんでんで不穏な終わり方で、すごいしんどい!しんどいけど面白い!
そんなわけでやっぱりニトロは楽しませてくれる…としみじみと感じ入りました。
フルコンプしたら感想書きますが、キャラ別にはやらず、一気に書きちらしたいと思います。

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »