« コミケの日にいろいろ届く | トップページ | 贄の町 成臣ルート感想ネタバレ »

2018年8月18日 (土)

贄の町 あすくルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
やっっっっっっっっと贄町感想の続き書きました。
あすくくんは常にテンション低めのわりにキレやすく、しかもキレスイッチの場所もよくわからず、選択肢によっては突然殴り殺されたりしますが、少しずつ距離を詰め、最終的に恋仲になったときは、恋愛のときめきよりも、猛獣を懐かせたような達成感を得ました。
サバンナでのアニマルレンジャーと野生動物のふれあい…みたいな。
以下おりたたみー。
ココさんに頼まれたおつかい、笑男に同行を頼もうとするも、まんまと逃げられあすくとふつりのおつかいに。
それにしても、このゲーム、立ち絵の使い方がすっごい上手いね。
日天があすくを呼び出してるうちに。そ~っと逃げるところは、そろ…そろと立ち絵を動かし、ふわ~っフェードアウトさせていいトンズラ感だしてるし。
ここ何度見ても笑ってしまう。
しぶしぶテンション低くおつかいにつきあい、日天に寄ってくる輩もぶちのめすあすく。
あすくくんの私服、白のダッフルにストライプのシャツにネクタイにピンクのベストってめっちゃ可愛いな!
こんなトラッドな服に金属バットというオプションをつけることで、じつにグッとくるキャラデザに仕上がっている…。
おつかいは無事済んで、ココさんにトルタカプレーゼをご褒美にいただきます。
トルカプはどのルートでもいただきますが、食べてるスチルが出てくるのはあすくルートだけ!
うんまそ~!私、ケーキはチョコケーキが一番好きなんだよね…などとどうでもいいことを考えてるとフォークを一本しか持ってこなかったということで、あすくにあーんさせて食べさせる何も考えていない天然の日天…。
さらには、うっかり落としそうになって、あすくが手で受け止めたケーキを「捨てるのはもったいないから」とあすくの手から食べる日天くん…。ムツゴロウさんかよ…。
内心の動揺を怒りに変えつつ、あすくは「早く帰ってほしいから」という名目で、喪服の青年探しに協力をします。
そうこうしているうちに、あすくの暗所恐怖症が発覚したり。だから部屋は電灯だらけなんですが、配線は足りてるのか心配になった。
そしてまた燈さんが突然に、あすくの過去を日天にリーク。燈さん説明要員すぎんよ~!
それによるとあすくは15歳のとき身代金目当てに誘拐されたものの、父親は支払いに応じず、犯人にも見捨てられ山小屋で縛られたまま一週間も放置されていたとのこと。
そんな過去を持つあすくは、ここでは触るもの皆傷つけるギザギザハートだったわけですが、日天の頭は潰さないし、あまつさえ日天の人捜しに協力してやっている。
それは日天が見返りに身体を提供しているからだろうとハアハアいいながら詰め寄ってくる燈さん。キモい。
その下衆な勘ぐりに怒るも、あすくの過去にショックを受ける日天…。
あくる日の朝、あすくを起こしつつ、うっかり過去の話を持ち出した日天はあすくの逆鱗に触れてしまう。
いままでバットを振り回されてきたものの、それは威嚇としてだったのに、今度はガチの殺意を向けてくるあすく。実際選択肢をしくるとここで殺されます。
必死で命乞いをする日天に、あすくの殺意も収まりますが代わりに「しゃぶって」などと言い出します。
たんなる朝勃ちだったものが、半泣きで命乞いをする日天にそそられて本勃起になってしまったそう。
それはそうと、壁ドンのポーズでチンコを日天につきだすあすくに、ちょっとブフッとなってしまう…。
日天も愕然となるも、殺されるよりはマシだと悲壮な覚悟でチンコにご奉仕。
ヘタなのを咎められる前に素直に「童貞だ」と申告すると、あすくの興がのったモヨウ。
「タマも舐めて」と指示しつつ、最後には日天の頭をガシッとつかんでガスガスとイラマチオ。
日天の咥内に発射して、やっと通常モードに戻るあすくでした。
日天のほうは初めての性的体験が口まんこで呆然とするも「まあいっか…女の子でもないんだし」大半のことはこれで済ませる日天。

そんな折、宿に新しい住人が入ってくる。
蒼という名の8歳のショタ。
「お空にいる」という父親会いたさに、空にダイブしてしまったとのこと。しかしあすくは「親に愛されなかった子供はこの世界じゃ珍しくもない。お前は別に特別じゃない」的なことをずけずけ蒼くんに言う。
大人げないあすくに怒るも、その目のなかに哀しみをこらえるようなものを見てしまった日天。
一回殺されかけたのに、また懲りずにあすくの心に踏み込もうとして日天は、再びあすくの怒りを買ってしまう。
あわや再び殺されそうになるところを成臣が来たことで助かりますが、ふたりの間に気まずいムードが…。これで気まずくならないわけがないですが。
しかし、こんな目にあっても、あすくを嫌いになれない日天。
あすくのほうもブチギレながら風邪をひいた日天を心配したりツンデレの極北を見せつけてきます。そしてうっかり一人で街に出て、案の定不良に拉致られて二重の意味で食べられそうになる日天をあすくが笑男と協力して助けにきます。
そんなこんなで、自分の弱みを日天に見せるようになったり、ずっとあんた呼ばわりだったのが「日天」と名前で呼ぶようになったりと、デレが見え始めてくるあすく…。

いやー…もうツンの部分が命に関わるほどデンジャラスなんで、デレの破壊力がすごい…。
飲み会で酔っ払ったあすくが、日天の背中にうっとりと擦り寄るところは、変な声がでるほどでした。
ところでそのスチルで日天が飲んでるジュースがメローイエローなんでゴフッとなった!いいこだわりです。

酔いつぶれたあすくを日天が部屋に運ぶと、まだ酔っ払ってる日天は「俺…あんたに嫌われてるの?」などと言い出し、ギャアアアアアアアアアアアアア!!!カワイイイイイイ!!

そして「誰も自分を品定めしない世界」で安寧を得ていたあすくが、日天の出現で自分や周りが揺れ動くのが不安で怖かったと心情を吐露しだす。
そんなあすくに「気にするなって。俺は何とも思っちゃいない」と言ってのける日天。

気にしなさすぎじゃない?とちょっと思うも、そこが日天のいいところだから…。
そうしているうちに「俺が嫌いじゃないなら…あんたを頂戴」とのしかかってくるあすく。
あすくは酔いにまかせて言ってるんだと思いながらも、その言葉に「いいぜ」と応えてあげる日天…。
その言葉にあすくは日天の下着をずりおろしいきなり咥える!
えええっ?!歯磨きフェラ?!ずいぶんマニアックな…。つーかBLゲーで歯磨きフェラのスチルって初めてじゃない?ノーサンやルムナンでもひょっとこフェラまでだったのに…。
玉舐めもあったし、何気にプレイがマニアックな贄町…。
初めて人の口で咥えられた快感にあっけなく達する日天と日天に出させただけで満足して寝入ってしまうあすく。可愛いな!
次の日、昨夜のことを思い出して「~~!」となり「お前を殺して俺も死ぬ!」とバットを振り回すあすくも可愛い!!
ふたりの関係はギスギスが取れてええ感じになりましたが、そうなると今度は蒼くんが心配になってくる日天。
その後蒼くんの帰る帰らないですったもんだが起きて蒼くんが行方不明になったり、乙女ママが意外な形で関わってきたり、いろいろあって、日天もすべてを思い出す。
兄の願いをかなえるために「元の世界で幸せに」ならないといけない日天。でもそのためにはあすくと離れなくてはならない…。
涙を流しながら日天は「お前が好きなんだ。お前じゃ意味がないんだ」とあすくに訴える。
表情差分だけど、このときの日天のかわいいこと…。
元の世界に戻れば記憶がなくなることに怯えるあすくに、日天は「俺は楽観してる。なんとかなる」と雑に力強くいいきる。あすくも帰る決心をし、とうとう結ばれる二人…。
前のプレイがマニアックだったのに対し、本番はじつに正統的な営み…。逆に萌える。

しかし。

元の世界に戻ってから、友好関係を結ぶまで、ココさん2年、笑男さん6年もかかってるし、あすくはどうなることか…と思ってたら意外な結末が!
なんとあすくは日天のことを覚えていた!けど、なんか違う人になってる!
あすくは宿のある世界に行くとき、精神分裂してしまってたそうで、現世では分裂したほうの人格が猛勉強をして医大に入学して、医師を着々と目指していました。
そこで戻ってきたあすくと人格が統合されたわけですが、あすくは穏やかで優しい人間になっていた…。
「完全に同じじゃない俺とは約束は無効…?」すっかり口調まで変わっちゃったあすくですが、そのなかに元のあすくの気配を感じ取った日天は「そんなことはない。あすくはあすくだ」と言ってのける。
そうしてふたりは手をとりあい、これからに希望を見出すのでした…。
爽やかなシメ!スチルの夕暮れが美しい…。
ちょっと変則的なところも妙味になってて、ENDとしてはこれが一番好きかも…。
BADENDの、蒼くん捜索の途中で爺さんに襲いかかられて、ところどころ食われちゃった日天をあすくが庇護するやつもよかった…。フランケン的な容貌になった日天を抱きしめるあすくの、無表情なようで慈愛がこもってる感じが…。
そんなわけでツンとデレの乖離の激しさに萌えたあすくルートでした。
次回はやっとトリの成臣ルートです。これはなるはやで更新します。

|

« コミケの日にいろいろ届く | トップページ | 贄の町 成臣ルート感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミケの日にいろいろ届く | トップページ | 贄の町 成臣ルート感想ネタバレ »