« 贄の町コンプ~ | トップページ | 贄の町 あすくルート攻略 »

2018年7月 6日 (金)

ラキステ再演行ってきたー!

後藤羽矢子です。
ラキステの再演に行ってきました!
今回はジュリオルートというのでテンションも高くなるというものです!
しかし…舞台はよかったけど今回、箱がイマイチだったというか…。
今回はG列の真ん中あたりの席だったんですけど、けっこう私の前の人の頭がドーンと視界にあって、ここ千鳥配列じゃないんだなー。だったら私の後ろの人も私の頭が立ち塞がってるんたろうなー…仕方ないか…と諦めたものの、舞台の真ん中がほぼ見えず、キャストが端に来るときしか拝めないのがなかなかにストレスでした。とはいえラストのジュリジャンのキスシーンだけは絶対観たい!と首をニュッと伸ばして拝みました。

座席もシートが薄くてお尻が痛くなったし、次に再演があるときはシアターサンモールじゃないとこがいいな…。でも小さい劇場ってどこもこんな感じなのかな。
しかし舞台はよかったー!
じつをいうと前回の公演のときには、ジュリオに関して「CVがジュリオじゃない…」という気分が強かったのです。ビジュアルに関しては細くて長身で完璧にジュリオなのですが、ジャンさんが異様なほどジャンさん声なので、ジュリオの声が輝海さんの声であることに違和感があったのです。(すいません)
しかし今回で完全にジュリオになった!
ジュリオ可愛くてかっこよかったよお~!
笑いどころは、序盤のコーサノストラとしての生き方をジャンがジュリオに問うシーン。
「すいません…俺はソルダートなので…他の幹部ならジャンさんの望む答えを出せたと思うのですが…ごめんなさいお役に立てなくて…」としょんぼりしてたのに急に
あ、思い出しました」としれっと言うとこ。場内爆笑。
ここ原作だともっとさりげないのに、見事に笑いどころになってる…。
それとジャンさんが看守とやる回想シーン、それを見るジュリオのリアクションがより「はわわ…!」という感じになってて可愛かった!
あとイヴァンがどうも毎回一発芸をやらされてるらしく、今回は「プレゼントフォー肩幅っ!」とやって、ジャンさんが苦笑。この滑ってる感が見事にイヴァンを表現している…。

それとベルナルドがジャンを飲みに誘い、舞台の端にあるテーブルに向かうのですが、ジャンさんが「なあ、どれくらいで着くんだ?」と問うと「10歩ぐらいかな」と返すベルナルドにまた爆笑。
セットも前回とは少し変わってて、場面の切り替えもよりスムーズになってテンポよく楽しかったー。2時間ずっとガン見しっぱなしでした。
お話はベルナルドルートが基盤なのですが、ジュリオがジジイよりジャンさんを選ぶシーンを山場に持ってきて、ちゃんとラストシーンでLOVEになる下地も作ってくれます。
そしてラストシーン…。

バックのカーテンに十字架を映してちゃんと教会になってる。
そこでしゃがみこみながら花占いをしているジュリオ…。
「ジャンさんが好き…ジャンさんが嫌い…。ジャンさんが好き…ジャンさんが好き…」とやってる…。可愛すぎるだろ!!
そこへやってくるジャンさん。
「懐かしいなあ~」「そうですね…」
このへんは正直、原作やってないとちょっとわかりづらいと思うけど、ジャンさんの口にそっと飴を押し込むジュリオとか原作の萌えどころがすべて内包されてる…。
ふたりで向かい合うときの身長差…マジ原作どおりじゃんよお~。そしてゆっくりと重なる唇…。さらにジャンさんの肩に両手をまわしての後ろ抱き…。やばすぎ!!
そしてカーテンコール!今回もサービスたっぷり!キャストが舞台から引いて、ジャンさんとジュリオだけになって、ふたりで寄り添いながら退場するとことか、ありえないほど萌えた…。
そんなわけで今回も最高でした。
ジュリジャン推しではあるけど、やっぱり全ルート観たいな!
カテコでジュリオが「これからどんどんラキステの世界を広げていきたい」みたいなこと言ってたので、今後もありますよね。
次もチケットとれますように!

|

« 贄の町コンプ~ | トップページ | 贄の町 あすくルート攻略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 贄の町コンプ~ | トップページ | 贄の町 あすくルート攻略 »