« メビウスラインLINEスタンプ~ | トップページ | 玉森くんお誕生日 »

2018年6月27日 (水)

ブラッディチェインの受けと攻め

後藤羽矢子です。
先日、久しぶりに松本さんが泊まりにきました。
いつものごとくくだらない話をしつつ、私がブラチェを見せて「こいつの武器がイエスノー枕でさー。この人なんてあんこ練るヤツで殴りかかってくるし」とかひととおりツッコミどころなどを紹介したあと、受け進化攻め進化の説明などもする。
ブラッディチェインのキャラのカード(以下レポートと表記します)は☆3までは、最初からレポートごとに受けか攻めかが決まっていて、例を私の推しである黒崎さんのレポートで説明しますと。

01

入手した時点で、左上に「開攻」と表記してあれば、そのレポートは黒崎が攻めになるシナリオしかありません。
そして

02

開受と表記されていれば問答無用で受けになります。さらに能力解放で進化させると、レポートの絵が受け度攻め度マシマシになります。
☆2ぐらいまでだと表情差分くらいですけど。
で、唯一☆4のレポートのみが、分岐で受けにするか攻めにするか選べるのです。
しかしここでちょっとややこしいことがあって。
普通この手のゲームは同じカードを重ねることで限界突破していくものですが、ブラチェに関しては3枚めからでないと限界突破できないのです。最初の2枚は受けも攻めもどっちも見られるための保管庫になっているのです。
親切というか、限界突破に☆4が3枚必要ってのがめんどくさいというか…。
とにかく受けも攻めも両方見たい!という貪欲なユーザーのニーズにはめっちゃ応えてくれています。
しかし──そうまでしてくれてるというのに、私は「このキャラ攻めだな」と思ったら、もうそいつの受けは見たくない!という気持ちなのです…。
なので、じつは私、西園寺烈と、若宮美土里くんの受けは一度も見てないのです…。
美土里くんはヤンデレ幼馴染枠で、この地味な粘着さが受けだと質が変わってくる感じがして…。
西園寺烈さんは純粋にこういう雄くさいタイプの受けがさほど好みじゃなくて…。
そんなわけでキャラは全員食ったものの、片方だけしか見てないキャラが多いです。
私の判定では
空木先生=受け
鬼塚さん=攻め
風間先生=攻め
葛木逆流くん=受け
刈安くん=攻め
河津桜威=受け
河津桃華=攻め
清岡さん=攻め
呉大雅=攻め
黒崎さん=受け
西園寺澪=受け
西園寺烈=攻め
藤堂巴=攻め
夜光=攻め
白兎=攻め
菱垣花梨=受け
日長春彦=受け
平田勇太郎=攻め
星川伊月=受け
若宮美土里=攻め
という感じです。
やや攻めが多いですが、だいたい半々になりましたね。
平田さんは、以前の記事にも書きましたが、受けレポートのシナリオが爆笑ものでこの人は受けにしたほうが楽しそう…と思ったのですが、その後入手した☆3の攻めシナリオを読んだら、ずるくてダメなオヤジ感が満載で、このずるさは攻めにしたほうが映えるな…と思って攻めに認定しました。
黒崎さんはシキさんに似てるし、彼を受けにするには忍びないんですが、なんか「雑魚が」とか「虫けらが」とか罵ってきたり絶えずドヤってるわりには、全体的に不憫キャラで、先日のイベントでも、紫ちゃんと一緒にクリームまみれにされてたり、なんか可哀想可愛くてつい受けに認定してしまいました。
まああくまで私の好みによる認定なので、真逆の方も多いかもしれません。
ところで松本さんに「☆4のカードを攻め進化させるとこういう感じになって受け進化させるとこんなふうに変わるんだよ」と見せてやると
「基本攻め進化させるとドヤ顔になって受け進化させるとブリ顔になるんやな」と言う。
そして「この攻め進化してドヤ顔になったヤツを受けにしたい」などと言い出す!!
ほんっっっっっっっと腐女子はめんどくさいですね!!!
拍手お返事。折りたたんでます。
24日3時の方
badegg、Cool-Bでは着々と新スチルなどがお披露目されてますが、まだ発売日も決定してないのが怖いですね~。キャストも心配だし…。それでも信じて待つしかないですけど…。
ジョジョはちょろっとしか通ってないので知りませんでした。イギーはラーヌに似てるなあとは思ってました(逆!)5部もアニメ化するしチェックしてみますねー。
23時の方
貴方日記のイベント、チャット小説なんですね~!最近Pixivでもチャットストーリー形式の小説作れるらしいし、時代を感じますね~!

|

« メビウスラインLINEスタンプ~ | トップページ | 玉森くんお誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メビウスラインLINEスタンプ~ | トップページ | 玉森くんお誕生日 »