« 2017年12月 | トップページ

2018年1月18日 (木)

メビウスライン備忘録ドラマCD 千家編感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

遅くなって申し訳ありません。やっと千家編の感想です。

ジャケ絵…神懸っている…。ふたり手を繋いでの波打ち際。夜明けの薄青い空と光の眩さ、そして千家さんの背中の厚みと尻のラインが素晴らしいとしか言いようがない。
あと陽の光が透けてる千家さんの髪がなんとも言えず美しい…。

今回どのジャケもみんな絵画かよ!っていうくらい情念が篭ってて、とこしえに眺め続けられる…。ジャケ絵タペストリーにして部屋に飾りたい…。

そして冒頭で京一郎が言う「大正メビウスライン帝都備忘録オーディオドラマ…」ってタイトルコール…。これいつもちょっと気恥ずかしくて、無いほうがいいかも…と思ったりしてたんですが。
4作品ぶんのタイトルコール、聴き比べると、演じ分けに「おおお~~っ」となります。
特に千家さんの京一郎は、タイトルコールから冷徹さが滲み出ていた大変によい…。

南洋への出征を一週間後に控えた日、日本軍は連戦連勝で士気も上々。けれどその一方で千家さんは呪詛でぐったりんぐ。
それでも「思ったよりひどくはない」と言う千家。京一郎の血を飲んでるからかもと言い、血を寄越せと言ってくる。
もちろん、血の儀式=エロですので、そのままエロになだれこみます。ちゅっちゅしながら「私を欲しいと言ってください…」とくぐもった声で囁く京一郎がエロい。しかしイチャついてるシーンなのにBGMはなんだか不穏で、このふたりの営みは、傍から見たらおぞましいものなんだろうなあ…と哀しくなる。

まだ前半ですのでエロはフェードアウト。
事後、ぼんやりと「海に行こう…」とあどけなく呟く千家。血の気が引く京一郎。
千家の正気がじわじわ失われていることに京一郎も薄々気づいていて、千家が狂ったら京一郎は千家を殺すと約束していて。
けれど京一郎はそんなこととうにできなくなっていた…。

次の日、千家の大将の親任式に京一郎が代わりに行き、皇后と謁見することに。
蛇の腐女子との茶番タイム。
千家の具合が悪いことを聞き「まっ…かわいそ…伊織……オッホホ」と皇后、めっちゃ煽りよる…。ギリリッとなるのをこらえる京一郎。

千家へせめてもの餞にと元帥刀を授ける皇后。それを京一郎は抜きはらい、皇后へと刃を向ける。
「血迷いましたか!」と言う皇后に「あいにくこの上なく正気です」と返す京一郎。
あっこれ本編の「さだめられたものEND」のときの千家と皇后のやり取り…。

京一郎は皇后に、皇后ではなく蛇の妖として、亡者を盾にして呪詛を除ける術を教えろという。それへ「無理ねえ~(せせら)」と妖の素の部分を出してみせる皇后…。
この演じ分けがまたすごい…。
皇后モードのそらぞらしい上品さから、素を出したときのふてぶてしい色気…。そしてそっちのほうがいい感じ…。

術は教えてやってもいいけど、陽の気を持つお前には扱うの大変よ。気を抜くと盾の力が弱まるからこれからおちおち寝られなくなるわよ的なことを言う皇后。
皇后に負け時とふてぶてしく言い返す京一郎。
この丁々発止いいわあ~。

かくて皇后に術を賜り、京一郎はこっそりと帰宅、千家宅のサンルームへ。
そこには千家のお姉さんの霊がふわふわしていました。
京一郎はお姉さんの霊を亡者の盾としようとし、お姉さんもまたそれを受け入れようとしている。
「弟をよろしくね…」と儚く囁くお姉さん……でも声、皇后の人…。

亡者の盾で無事呪詛除けして、目覚めた千家さんはすっきりさわやか。
京一郎と一緒にホッとなる私。
そして京一郎は千家さんが床に臥せってる間に、使用人に暇を出し、館をふたりきりの場所にしていたのでした。
出征までの4日間、「その間…なんだって(セックス)できますよ…」と悪戯っぽく囁く京一郎。
けどそのあと「こんなささやかな自由が欲しかったんです…」と涙ぐむ京一郎がせつない…!
この後、当然ムチャクチャセックスするわけなんですが、興が乗って京一郎の服を脱がせてやるという千家に普段と逆じゃないですか。「いつもだったら脱がせろ舐めろ跨れ動けというばかりで…」と千家のマグロを暴露する京一郎。
痛いとこ突かれた千家は意趣返しに京一郎の乳首を激しく責めたてる!
「ん~?」と言いながらネチネチ京一郎を責める千家…。京一郎もとろとろの前後不覚になって、挿入されれば泣き喘ぎの匠の技が冴え渡る…内匠なだけに。
イクときなんて「いくっいくっ…いぐうっ」って声に本気汁が入ってましたね…。

その後数日間は、やりまくりだったらしく「いま、何日だ…」と時間の感覚もおぼろになるほど。
やり疲れで京一郎が寝てしまった隙に、すべてを悟ってる千家がお姉さんの霊を祓ってしまう。ていうかお姉さん、一部始終見てたの…?
しかし再び呪詛を受けることになっても、京一郎の陽を翳らせたくはないという千家…。
千家ええええええええええええええ!!!
辛い…。

夜が空けて旅立ちのときがくる。「海へ行こう。自由を取り戻すために」と千家は京一郎に囁く。
あー…聴き終わってからジャケ絵見返すと「すべてを終えて自由を取り戻すふたり」がモチーフになってるんだろうけど、(この世の)すべてを終えて自由の海(あの世)に向かっているようにも見える…。
ふたりの行く末がどうなるかは…たぶんもうわからないんだろうな。派生もこれがラストだろうし。でもどういう結末を迎えるにしろ、ふたりは一緒に死ぬだろうし、幸せであると思う…。

正直、泣いた…。でもこの崖っぷち感こそ千京の醍醐味だから…!

そんなわけで、ドラマCDも出揃い、メビウスラインも一区切りって感じですね…。
あ、ちっちゃいさんの特典とかコミカライズもありますけど!
あと東京メビウス綺譚も時々出してくれれば嬉しいなー…。

などと全然区切りがついていない私でした。

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

絵かシナリオか

後藤羽矢子です。

ちょっと前に拍手コメントで「メタノンナのaim∴aiを購入する予定はありますか?」という旨の質問をいただきました。

とりあえずいまはご新規ブランドは買ってみる構えでいるので購入予定です。

とはいえ、このゲームに関しては私は非常に複雑な想いを内包しております。

自分の狭量を覚悟で言ってしまえば「くろさわさん、ただでさえ絵とシナリオ両方やってて、作業量倍なんだからADELTAの仕事のほうに専心して欲しいいいいいいい!!」と言うような…。

もちろんご本人がやりたくてやってるお仕事だろうと思うので、外野が言う筋合いではまったくないんですけど。

あともっと言ってしまうと、これが絵じゃなくシナリオのほうの担当だったら、私は迷いなく買っていただろうな…みたいな…。

もちろんくろさわさんの絵もすごく好きなんですよ!
でもやっぱり私はくろさわさんの文章センス(というか創作センス)に激しく惹かれてるんですよね…。

ていうか私がゲームに惚れたというときは、ほぼシナリオに惚れたということなんです。
シナリオに惚れれば、多少、絵にまずいところがあっても見逃せるんですが、シナリオが「あかんこれ…」となったら、もうどんなに絵がよくても惚れられません。

シナリオに惚れられて絵にも惚れられればもう最の高です。幸いにもBLゲームではそんな出会いが多いです。

ちなみにシナリオに惚れる=文章の完成度が高いというわけでは必ずしもないです。
もちろん上手いに越したことはないですが、なんか多少粗があってもグッと心を掴んでくるシナリオはあります。

とはいえ、ライターさんの技量がまったくわからない状態でゲームを選ぶときは、やっぱり絵で選んでるんですよね…。そういう意味で橋姫は絵も激しく私好みではあるのです。

最初は顔で選んでも、最後は性格…とリアルの恋愛だってそんな感じですよね。

なんだか色々煮え切らない文章をだだ漏らしてしまいました。

ぐだぐだ言いましたがaim∴aiのシナリオに惚れられたらすべてヨシですよね!

楽しみにしています!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "絵かシナリオか"

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

メビウスライン備忘録ドラマCD 館林編感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

遅くなってすいません!館林編の感想です。
(追記:昨日酒飲みながら書いたら、誤字脱字や書き漏らしが多かったので、修正しました)

ジャケの帯に「私の体力の果てを思い知らせてやってもいいのだぞ──」などと書かれており「おいおい館林さんよぉ…」という気分になりましたが、実際はそんなエロいシーンの台詞でもなかったです。エロい意味ではあるんですが。

お話は本編から6年後──

伊勢馨さんは、薫の墓を作るために三重県へ帰省中。京一郎と館林、ふたりきりの館林隊。
馨のぶんまで仕事が増えてすまないという館林。ほんとだよ増員はよ。と私は思ってしまいましたが京一郎は内心ウキウキな感じ。いちおう仕事中で上司と部下の体裁を保っているものの、イチャイチャな空気はダダ漏れ…。この無意識バカップル感…いい…。

しかし京一郎の運転での帰途の途中、「停めてくれ」と車を降り、街の喧騒へ消えていく館林。
その行動の意味をもう京一郎はもう知っている。それはかつての部下、時任さんの魂を探しているのでした。

時任紘恒さんは、時任灯子さんの夫であり、館林さんの部下だった人。本編館林ルートでは彼の魂を探して送ってやることを館林さんは目的としていて、また灯子さんは夫の死体を死霊兵として使役していたという切なさを見せて、かなりルートに噛んでいるキャラなものの、ビジュアルはないし、人となりもあまりわからない人でありました。

ひとり帰宅した京一郎は、爺やさんに紘恒さんの話を聞く。
眼鏡をかけた文系青年らしく、灯子さんとのなれそめや、館林さんとの3人の関係は青春っぽい甘酸っぱさで、あーーーーこういう関わり合いめっちゃ好みだわーーと膝を打つ私。

後日──仕事で月命日の墓参りに行けない館林さんの代わりに、青山霊園へと時任さんの墓参りに行く京一郎。しかしそこで死霊になった時任さんが京一郎とニアミス!
もはや顔もどろんどろんで誰かもわからない状態になっているものの、かけている眼鏡がアルバムで見た紘恒さんと同じものだったことから、それが紘恒さんであることに気づく京一郎。
どろどろゾンビ状態で、眼鏡かけてるってちょっとブフッてなるけど、そうでもないとわかんないしな…。
紘恒さんは、生前の自分のことを知らずに、自分を祓える異能をもつ人間を待っていた…とのこと。ああ…。妻や友人にはこの姿、見られたくないんだ…。それはそうだよね…。
とにかく自分を祓ってくれええと懇願する紘恒さんに、それじゃダメだ!と思う京一郎は、紘恒さんを自分の身体に取り込んで館林さんのところにお届けすることにする。

ぶっ倒れて軍の医務室に運ばれる京一郎。京一郎!!バーン!!と医務室に飛び込む館林さん…。軍医の人が爺やさんと同じ人なんですが、あんまり演じ分けができてない感じ…。めっちゃ爺やの人~ってのがありありあとわかってしまいます。

それはともかく、紘恒さんの魂を取り込んだものの「余計なこと館林隊長に言わんといて!」という紘恒さんが京一郎の口をきけなくさせてて゛「なんでこんなことに?!柊!柊ーーーーーっ!」とテンパってる館林さんが可愛さとマヌケさの絶妙なコラボレーションをみせていて最&高でした。
京一郎が館林の手に文字を書くことでなんとか意思疎通し、そこから館林さんの紘恒さんの魂送りの儀式。
祝詞を詠唱する館林さんに、苦しむ京一郎&紘恒さん。
京一郎はもちろんとして、紘恒さんもなかなかいい声出すね…!などと邪悪な笑みを浮かべる私。

無事紘恒さんの霊を成仏させ、へろへろながら元に戻った京一郎と一発キメるターンに…!
もう毎度、ラブデリドラマCDのエロの濃さには慣れてるつもりでしたが、聴くたびにさらに上のステージに行くので戸惑いを隠せない…!
今回も京一郎がエロすぎてやばかった…。
前戯で一回イッたあと、館林をフェラでいかせ。その後の満を持しての結合…!
フェラのときの館林の喘ぎがエロい…。京一郎が尽くす系エロすぎて頭がクラクラする…。
「出してください…口に…貴方の濃いの…heart」完全に語尾にハートが見える…。
館林をいかせたあとも「まだです…」と言って口のなかで再勃起させる京一郎。
このとき「まだです」が「まだれふ…」になってて完全にエロキャラ。いや確かにR18キャラなんだけど。
ハメてからは京一郎がうわごとのように「気が狂う」「あなたがいないと」「好き」「愛しています」と零すのですが、それに律儀に館林さんが返答しているのが可愛いというかいとおしいですね。

館林邸の離れのほうで行われたエロでしたが、しっかり爺やには聞かれていたらしく、その後マドレーヌお預けの刑を食らう館林さま…。
「京一郎様に無体を働いて…」と爺やさん言ってたけど、いやあれは京一郎のほうがノリノリやったで…。

ところでマドレーヌって私は一般的な貝型を想像してたんですが

Pl201489342555

アニメのOP観るとこっちの形っぽいですね。

Pl201488287236

このためにわざわざ写真素材サイトで写真を購入した私…。

それにしても爺や、ほんとリベラルやね…。

というか、館林さんをここまで公私ともに支えられるの、京一郎しかいないもんね。
そりゃありがとうございます…ありがとうございます…!って気になると思います。
どのルートだろうと京一郎の真摯さに打たれない人はいないよおおおと思う私です。

そんなわけで、帰結感もエロもすごくて、たっぷりと色々楽しめる館林CDでした。

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

ほろ酔いと泥酔

後藤羽矢子です。

正月は4日まで呑んだくれていました。今日からいろいろシャッキリしたいものです。

ところで私とMさんで松本さんに橋姫の猛プッシュを仕掛けていたことの顛末ですが…。

「面白かったし楽しめたよ!」と言ってはくれたのですが、二次に走ったりするほどには至らなかったようです。
酔いにたとえれば私とMさんがベロンベロンに酔ってる状態で松本さんがほろ酔いって按配だと思います。
この喩えは松本さんが言い出したことなのですが。

松本さんがサイコパスにどハマリしてたとき、私は本放送は全然観てなくて、ニコで一挙放送したときに全話観て「サイコパス観たよ!これできみとサイコパスの話できるね」と松本さんに言ったら「えっ…あ、う…う~ん…」とものすごく煮え切らないリアクション。

その後「こっちが居酒屋でべろべろになってるときに、きみが店に来て駆けつけ一杯呑んでる感じ」と説明してくれてああ…なるほど…となりました。
確かにその状態ではお互いが望むような会話はできないだろうなあと思います。

でも長くつきあってる友人とはこういうことは往々にして起こりますね。

友人だからといって、いつも同じものに同じ温度ではまれるとは限らないのです。
相手がぐでんぐでんになってるのを微笑ましく見ながら、こっちはちびちび呑んだり、また逆もアリという感じで。

とはいえこっちが小説を書いたときには、容赦なく絵を描いてもらいますけど。
もう少ししたらまた川玉SSをあげる予定です。

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

後藤羽矢子です。

元旦から飲んだくれて感想とか書くにはちょっと頭がバカになっているのですが、元日にはやっぱり更新したいなと思うので無理やり更新します。

今年はラキドが熱くなりそうなので、以前に描いて置いていた絵をあげておきます。
本当に今年こそはお願いしますよ!てんねんさん!

昨年はなんだかんだでけっこうBLゲーやったなあ…。移植も含めれば5本かあ…。
しかもハズレと思うものはひとつもなかったから、なんだかんだで10年前と比べれば発売本数は減りましたが、少数精鋭になってるなという感じがします。

ご新規ブランドの参入もありますし、今年もたくさんBLゲーで萌えられるといいな!

1801

それでは本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ