« Paradise タカラルート感想ネタバレ | トップページ | 謹賀新年 »

2017年12月31日 (日)

Paradise 総評

後藤羽矢子です。

今年最後の更新はParadiseの総評となりました。
来年もBLゲー充な年でありますように…。

スロダメはやっとチラシでたけど、もうちょっと情報…。まあキラルは停滞してるように見せかけてある時どどっと来たりするから…。年明けにサイト更新とかないかなー。

それはともかく総評です。
もう一ヶ月以上経つので隠しナシでいきます。

一言でいうなら安定のピルスラ!という感じ。お話も「先が気になる」という点では大変面白かった。ただ萌えの部分はかなり弱い…。
男たちを極限状態にブチこんで、そこで起こる人間関係の変化を見守るというサバイバーとあいのりを一体化させたようなコンセプトですが、本来、BLゲーと極限状態はすごく相性がいいのです。つり橋効果やストックホルム症候群などのもろもろでホモを発動させやすいのです。
しかしParadiseの場合、極限が行き過ぎて萌えを上回ってしまった…という感じ…。

マツダルートの飢餓描写はほんとに辛かった…。甘いもの食いながらプレイしている自分が申し訳なくなるほどに…。

そして攻略キャラは5人であるものの、シマダはマツダルートの、ホンゴウはミツギルートのBAD要員であり、タカラは真相キャラですが、恋愛にまでは発展はしていません。(恋愛に見えないだけで心のつながりはちゃんとあります)
タカラはどちらかというと「4人の関係はここからリスタート」って感じで、そう思うと「BL」を楽しめるのは実質マツダとミツギとふたりだけだなあ…

でも面白かったし読み応えもあった…。マツダルートは私にしては珍しく本気のドン引きをしてしまいましたが、つまりそれだけガツンとくるものがあったということでもあります。

マツダルートの感想にも書きましたが、ライターの休養沢ライチさん、すごく暴力というものに真摯に向かい合っているなと思いました。だからこそキツかったんですが。
暴力性を抱える者、暴力に従わせられる者、アヅマは暴力を受けなれている側ですが、その機微が妙にリアルなんですよね…。抵抗するにしても「相手のマジギレに抵触しない程度の抵抗」を無意識に計算しているところとか。
肉体の痛みの描写も丁寧かつリアルで「うぐ~…」となるし、アヅマ本人が語らない心の痛みのほうもチラチラ見えてくるのがしんしんと辛い。

そういうわけでわりと鬱にもグロにも慣れてますし~と舐めた気でいた私に新しい方面のトラウマを与えてくれました。さすがのピルスラです。

とはいえ!
別に私はトラウマだけ欲しいわけでもないんで!
飴と鞭じゃありませんが、もうちょっと甘い部分も欲しかった。
今回びっくりするほど、攻略キャラたちのバックボーンが見えてこないのが気になった。
タカラは真相だけあってある程度はわかりますが、マツダやミツギ、特にミツギは亡くなった恩師のことが伏線っぽく出てくるものの、過去に何があったかとかは語られず…。

もしかしてFDでも出たときに攻略キャラサイドの物語が語られるのかなあ…とか思ったりしました。

そして絵に関してですが。
安定したデッサンと、ほどよい筋肉感でスチルはおおむねご褒美レベルではあります。
攻めたちの肉体もみっしりした厚みがあって生々しくエロい。
けど、なんかもうひとコク欲しい…みたいなもどかしさが。
あとエロシーンじゃないスチルはいいのに、エロスチルになるとアヅマの目が妙にでかくなるのが少しだけ気になった。
好きなスチルはミツギのガンつけと、バスルームでやってるのと、マツダに地下倉庫で犯されてるのと、マツダのラストのキスと、アヅマが野菜クズ食わされているとこです。
すべてひっくるめて個人的に一番好きな絵はジャケ絵です。

とにかく感想を一言で言うなら「面白かったけどギブミー糖度!」という感じです。
作品としては完成してると思うけど、BLゲーは嗜好品なので…。
しかしラストでいきなり甘々になられても、作品のテイストのバランスが崩れるだろう…というのはわかる。
ドラマダのミンクルートだって、リコネでやったこと本編にねじこんできてたら蛇足感あっただろうしな。

そんなわけで今後の派生に期待したいところです。

|

« Paradise タカラルート感想ネタバレ | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Paradise タカラルート感想ネタバレ | トップページ | 謹賀新年 »