« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

Paradise 総評

後藤羽矢子です。

今年最後の更新はParadiseの総評となりました。
来年もBLゲー充な年でありますように…。

スロダメはやっとチラシでたけど、もうちょっと情報…。まあキラルは停滞してるように見せかけてある時どどっと来たりするから…。年明けにサイト更新とかないかなー。

それはともかく総評です。
もう一ヶ月以上経つので隠しナシでいきます。

一言でいうなら安定のピルスラ!という感じ。お話も「先が気になる」という点では大変面白かった。ただ萌えの部分はかなり弱い…。
男たちを極限状態にブチこんで、そこで起こる人間関係の変化を見守るというサバイバーとあいのりを一体化させたようなコンセプトですが、本来、BLゲーと極限状態はすごく相性がいいのです。つり橋効果やストックホルム症候群などのもろもろでホモを発動させやすいのです。
しかしParadiseの場合、極限が行き過ぎて萌えを上回ってしまった…という感じ…。

マツダルートの飢餓描写はほんとに辛かった…。甘いもの食いながらプレイしている自分が申し訳なくなるほどに…。

そして攻略キャラは5人であるものの、シマダはマツダルートの、ホンゴウはミツギルートのBAD要員であり、タカラは真相キャラですが、恋愛にまでは発展はしていません。(恋愛に見えないだけで心のつながりはちゃんとあります)
タカラはどちらかというと「4人の関係はここからリスタート」って感じで、そう思うと「BL」を楽しめるのは実質マツダとミツギとふたりだけだなあ…

でも面白かったし読み応えもあった…。マツダルートは私にしては珍しく本気のドン引きをしてしまいましたが、つまりそれだけガツンとくるものがあったということでもあります。

マツダルートの感想にも書きましたが、ライターの休養沢ライチさん、すごく暴力というものに真摯に向かい合っているなと思いました。だからこそキツかったんですが。
暴力性を抱える者、暴力に従わせられる者、アヅマは暴力を受けなれている側ですが、その機微が妙にリアルなんですよね…。抵抗するにしても「相手のマジギレに抵触しない程度の抵抗」を無意識に計算しているところとか。
肉体の痛みの描写も丁寧かつリアルで「うぐ~…」となるし、アヅマ本人が語らない心の痛みのほうもチラチラ見えてくるのがしんしんと辛い。

そういうわけでわりと鬱にもグロにも慣れてますし~と舐めた気でいた私に新しい方面のトラウマを与えてくれました。さすがのピルスラです。

とはいえ!
別に私はトラウマだけ欲しいわけでもないんで!
飴と鞭じゃありませんが、もうちょっと甘い部分も欲しかった。
今回びっくりするほど、攻略キャラたちのバックボーンが見えてこないのが気になった。
タカラは真相だけあってある程度はわかりますが、マツダやミツギ、特にミツギは亡くなった恩師のことが伏線っぽく出てくるものの、過去に何があったかとかは語られず…。

もしかしてFDでも出たときに攻略キャラサイドの物語が語られるのかなあ…とか思ったりしました。

そして絵に関してですが。
安定したデッサンと、ほどよい筋肉感でスチルはおおむねご褒美レベルではあります。
攻めたちの肉体もみっしりした厚みがあって生々しくエロい。
けど、なんかもうひとコク欲しい…みたいなもどかしさが。
あとエロシーンじゃないスチルはいいのに、エロスチルになるとアヅマの目が妙にでかくなるのが少しだけ気になった。
好きなスチルはミツギのガンつけと、バスルームでやってるのと、マツダに地下倉庫で犯されてるのと、マツダのラストのキスと、アヅマが野菜クズ食わされているとこです。
すべてひっくるめて個人的に一番好きな絵はジャケ絵です。

とにかく感想を一言で言うなら「面白かったけどギブミー糖度!」という感じです。
作品としては完成してると思うけど、BLゲーは嗜好品なので…。
しかしラストでいきなり甘々になられても、作品のテイストのバランスが崩れるだろう…というのはわかる。
ドラマダのミンクルートだって、リコネでやったこと本編にねじこんできてたら蛇足感あっただろうしな。

そんなわけで今後の派生に期待したいところです。

| | コメント (0)

2017年12月29日 (金)

Paradise タカラルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

やっと年内の仕事も終わり、Paradiseの感想の続きです。
しかし、ゲーム立ち上げようとしたらディスクが入ってませんと言われ、んも~ピルスラはこのご時勢にディスクレス不可とかやめてよね(タカラっぽく)とか思いました。

それはそうとしてタカラルートです。

マツダやミツギのルートはHAPPY ENDでもなんだかスッキリしませんでしたが、さすがに真相だけあってスッキリと謎が解けて気持ちいい…。

しかも謎解き以外でも驚くほど爽やかな終わり方でした。

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise タカラルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

ラキド舞台化?!!

後藤羽矢子です。

年末進行最後の追い込みをしつつ、ツイッターを覗いておりますと

ラキド舞台化の報がRTされてきました。

思わず二度見してしまった私です。

マジかよーーーーーーーーーー!!!!!!

しかも来年の3月ってはええな!

ミュ関係とか自分には縁のない世界だわ…と思ってたのに、思いもよらないところから球がきたな!
会場の東京都 六行会ホールをぐぐったら、キャパ200人前後の小ホールらしい。
うん妥当だと思います。
もちろん行くつもりですが、チケットってどれぐらいの争奪戦になるのかなあ…。舞台方面って全然知識ないから勝手がわかりません…。

それにしても年の瀬にすごいニュースが飛び込んできたものです。
これでいよいよ2018年はラキドが熱くなりそうです!
いまからでもご新規さんカモーンと叫びたい!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "ラキド舞台化?!!"

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

Paradiseの感想の途中ですが、年末進行という超繁忙期に入ってしまったので来週いっぱいまではできそうにありません。
感想書くのなんだかんだで2時間以上かかるんで…。

ちっちゃいさんとか館林CDとか書きたいこともたてこんでるし…。

ちっちゃいさんは、最初はBDまでは買うつもりなかったんですが、怒涛の特典がつくとしって、買うしかない…となり、だったらもういっそ観ないほうがいいかなと2話ぐらい観てなかったんですが、11話観たら「うおっ?!」となり、こうきたか~と唸ってしまいました。
なので最終回はちゃんと観て感想も書きたいと思います。

あとドラマダのタペストリーも買いました!

Dqwxxajueaaxhphjpg_large

でっかああああああい!
久しぶりの新規ドラマダ絵が五臓六腑に染みる…。

紅雀がなんか一個一個手作業してるっぽいのに、ノイズはなんかチートしてるっぽい対比とか、クリアが5周年記念グッズをプレゼンしてるけど全部クラゲかよ!とか、セイさんが注文管理とかしてるんだろうけど、エロ動画観てる人みたいだなとか、元締めまさかの東江かよ!とかすんごい隅っこのほうにいる竜峰が目に隈作っててブラックみを感じるなとか、隅々まで楽しめて眼福でした。
蓮はオンラインモードかー珍しいなと思ったけど、セイさんが一緒にいるからか!

そして蒼葉ちゃんは配達姿が最高に似合う…。勤労尊い…。紅雀が前髪をピンで留めてあるの可愛い…。よく見たらみんなニトスト工房って書いてあるエプロンつけてる…。欲しい…。それをグッズ化してくれ…。
蓮ポーチが届いて喜んでる子蒼葉ちゃんもおる…。ナインさんすごい子煩悩そうな顔…。この世界線では蒼葉ちゃんのこと置いていかないであげてね…。

と、眺め始めると延々脳内でブツブツ言い始めてしまう恐ろしいタペストリーです。

私の部屋の壁はほとんどキラルが占有しています。一枚だけ自分の絵があるけど…。

Img_4301

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

Paradise ミツギルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

Paradise、ミツギルートですが、声がフラウドさんや竜峰さんの人なもんだから怪しさしか感じていませんでしたが、意外や一番の癒しルートでした。

そう思うと、やっぱり攻略順的には、マツダ→ミツギのほうがいいのかもしれません。やっぱり癒しルートは、きっついのの後にやらないと癒し効果が薄くなるから…。
じつはマツダルートの時点から、周りが切羽詰った状態になってるのに、ひとり理性的で「ああ…すごく頼りになる…安心できる…」と株がかなりあがっておりました。

ただ、ミツギはキャラ的には最萌えになったんですが、ルートじたいの大筋は若干弱い…。

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise ミツギルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

GOATBEDのライブ行ってきたー

後藤羽矢子です。

Paradiseの感想の途中ですが、GOATBEDのライブに行ってきました。
今回は昼と夜の2回公演で、いつものメンバーでの参加だったのですが、S女史が朝に突然の体調不良で昼の部に行けず、Mさんも諸々の都合で行けなくなったのでした。

Mさんは8月も諸事情で行けなくなって可哀想…ということでできるだけ詳細なレポを書きたいと思います。

場所は渋谷duo MUSIC EXCHANGE。ラブホ街のど真ん中にある箱です。しかし渋谷って本当にライブハウス多いですね。ゴートのライブで何回も渋谷に行ってますが、行くたびに違う箱のような気がする。
Kさんと合流し、整理番号40番台だったので、けっこう前のほうに陣取れました。柵は取れませんでしたが…。
今回はいつもわりとはじっこにいるゆうじさんが、わりと真ん中のほうにいて、しかもいつもわりと闇に紛れがちなのが、きちんとライトが当たっていて一挙一動がよく見えました。
Mさんはゆうじさん好きでもあるので「Mさんに見せてあげたかったねえ」とKさんと言い合う。

今回の石井氏のお衣装は、黒のライダースジャケットに白のダボッとしたシャツ。襟首の部分を大きく後ろにずらしていて、そこから長いリボンがだらーんと垂れ下がっているという、毎度石井氏でなければ成立しないような着こなし。

冬は石井氏の露出度が低いなあ…と思いましたが、途中ジャケットを脱いでシャツだけになると、バックライトに照らされて、シャツから石井氏の身体のシルエットが透けていたのがちょっとエロかったです。

ところでそのジャケットからはベルトがだるんと垂れ下がっていたのですが、序盤、そのベルトがイヤモニに当たって、音を切ったり、ボリュームを大きくしたりと邪魔をしていたようです。いま思うと確かにもぞもぞとした動きをしていた石井氏。

今回は昼も夜も比較的アップめの曲が多かったのですが(夜のほうがアップ度は高かった)客席のノリはいつも以上にまったりで、石井氏も「今日はいつも以上にシーンとして…」と言っていました。地蔵度があがっている私たち…。とりあえずKさんと「夜は頑張ってノろう!」と言い合いました。

今回物販は開場前ではなく、昼の部が終わってからの開始だったのですが、うっかりノンキにドリンクなんて飲んでたら、物販列が尋常でない長さになってて「ええええーっ」と驚きました。普段ゴートの物販列こんなにならないよねえ?!と愕然となりました。
今回、物販が異様に気合いが入っており、パーカー2種、Tシャツ、折りたたみ傘、ベレー帽2種、お守り、靴下3種、CD2枚というラインナップ。
グッズの多さもありますが、やっぱり音源が欲しいという人が大半で、私たちの後ろに並んでた男子2人は「音源とグッズで列分けて欲しかったわー」と言っていました。
結局2時間並んでたのですが、時間切れになって買えずじまいでした。うっかりコートをクロークに預けたまま並んでしまったので身体が冷え切りました。

負け戦に打ちひしがれながらも、Kさんとロイホに避難してあったかい物食べたら、心身ともに温もって多幸感に浸れました。人間やっぱり多少しんどい目にあったほうが幸せをかみ締められるなと思いました。

夜からは復調したS女史が合流。夜はツインドラムも入って、テンションもいい感じにあがりましたが…!
途中からバックモニターに映像が映らなくなり、スタッフの人がPCをいじってもいかんともしがたい感じに。その間を石井氏が「地獄のトークタイム」で繋ぐことに。

その前に昼と夜で違うCDを恒例の無料配布してたのですが、それのケースと中身が間違っているということが発覚したとのこと。
昼と夜両方行ってる人からすれば、ケースと中身を入れ替えればいいだけだから、どうということはないんですが、石井氏はちょっぴりしくった気分だったモヨウ。
「中身は間違えるし…映像は映らないし…」などとひとりごちる石井氏が可愛かった。
トークはいつもの歯切れの悪いノリで「ROSE&GUNはGUNS N’ ROSESが好きでそれをひっくり返したタイトル」とか「歌詞や曲を作るときは、まっすぐ行こうとして右に曲がったり突き当りを左に曲がったり、そういう感じで作ってます」とか「3月か4月…できれば3月にアルバム出します。こうやってライブやって音源を配布したりそういうのばっかりだと閉じた感じになるというか…宗教感漂うじゃないですか」とかいろいろ話してくれました。

結局映像がどうにもならなかったので「もういいです。皆さんはこの映像(PCのモニター)観ててください」と言ってライブ再開。というか客はみんな映像じゃなく石井氏を観てると思うよ!

その後はいい感じに盛り上がりました。
久しぶりにRADICAL MATやってくれてよかったー!
アンコールはde SLASHでした!

で、今度こそ物販に出遅れないように!と終わるやいなや外に出た私たち。
今度はすぐに買えることができました!しかし物販のレジの異様なまったりさ…。コミケの企業の神速客捌きに慣れてる身としては、もどかしい気分になりました。

そういえば今回のTシャツは、石井氏の椎間板のMRI写真をサイドにプリントしたもの。
石井氏が「皆さんは俺の椎間板を背負って生きてください」などと言っていました。
しかしそんなイロモノ素材をオシャレにデザインできるのがすごい…。
とにかくゴートのアパレルは、オシャレでモノがいいのでマジ使いできる…。

そんなわけで物販は疲れたけど、今回も楽しかった!
次回は4月の東京!両日行きます!

| | コメント (2)

2017年12月 7日 (木)

Paradise マツダルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

フルコンプもしたので満を持して感想です。
私にしては珍しく体験版もやらなかったので、かなりまっさらな気持ちでのプレイでした。
ピルスラはガチ買いメーカーなので、前情報も最低限にいれる…という感じ。

それにしてもキャラクター…。
ミリしらを誰かにやってもらったら、実際のプロフとはかけ離れたものが飛び出てきそうなやつらばかり。

アヅマ、メンズヘアカタログの読モ。
マツダ、スポーツジムのインストラクター。
ミツギ、ホスト。
ホンゴウ、イメクラの店長。
タカラ、おじいちゃんちに遊びに来た中学生。
シマダ…は唯一カメラマンに見える。モブ顔ではあるけど…。

ミツギの建築士というプロフは聞いてもいまだに信じられない。
しかもミツギ、声がフラウドの人じゃないですか。
もうそれだけで胡散臭さ100倍。

主人公のアヅマは、刺草ネトルさんで、ルムナンに続き、また旅行先の島でひどい目に遭うという役回り。
いったいどういう枠なんだ。島枠?!
マツダは刀剣の馴れ合わない人で、いまこの人、旬なんだな~というのが肌で感じ取れる…。

それはともかく、まずはざっとしたあらすじから。

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise マツダルート感想ネタバレ"

| | コメント (2)

2017年12月 4日 (月)

Cool-B1月号 ネタバレほぼラキドのこと

後藤羽矢子です。

Cool-Bゲットー!

今月は橋姫のSSも載ってないし(表紙は嬉しいけど)情報的に一番気になるのは、ラキドのキャストのことですよね…。

果たして…。

以下おりたたみー。

続きを読む "Cool-B1月号 ネタバレほぼラキドのこと"

| | コメント (0)

Paradise タカラルート攻略

後藤羽矢子です。

Paradiseタカラルートも終えてフルコンプー。

とりあえずマツダとミツギ終えて、余った選択肢潰すと出てくる大雑把なBADをクリアしたのち、最初から始めるとタカラの選択肢が出てきます。

タカラルートの攻略は超簡単!

以下おりたたみー、



続きを読む "Paradise タカラルート攻略"

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

Paradise ミツギルート攻略

後藤羽矢子です。

ミツギルート攻略ー。

選択肢は多いですが、攻略じたいは比較的簡単で、なつっこく接するか、攻撃的に接するか、優柔不断に接するかでクリアできると思います。

欝度はマツダルートよりも随分とマイルドですが、2ルートこなしてもまだ謎が全然解明されなくてモヤる~…!

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise ミツギルート攻略"

| | コメント (0)

Paradise マツダルート攻略

後藤羽矢子です。

Paradise始めました。
最初から始めてマツダルートのENDを全部見るのに8時間ぐらい…だったかなー。

もう辛い辛い辛い辛い辛いと思いながらプレイしました。
はあ…もう大概の鬱には慣れたつもりだったけど、精神ゴリッゴリに削られた…。
面白かったんですけどね…。

感想はゆっくり書くとして今回は覚書も兼ねて攻略を。
前半、多少選択肢違っても、わりと軌道修正利く系のフローチャートです。

以下おりたたみー。

続きを読む "Paradise マツダルート攻略"

| | コメント (4)

2017年12月 2日 (土)

原レ

後藤羽矢子です。

昨日はMさんちで酒を持ち込んで、朗読CDかけつつ橋姫話をする、という爛れた呑み会をしてきました。

明治屋で酒とつまみを買ったのですが、ワインとかあまりに種類が多すぎて「何選んでいいか迷いますね~」とMさんが言うので「いっそのことジャケで選んだらどうですか?」と私。
「じゃあどちらが橋姫っぽいラベルを選べるか」とMさん。
私は蛙男のイメージでカエルのラベルのワインを選び、Mさんは玉森くんの目の色をイメージしたブルーのスパークリングワインを選びました。

そしてオムライスやその他つまみなど買って呑んでおりますと、ふいにMさんが
「そういえば最近瓶詰地獄読んだんですけど、昔映画で観たのと全然違っててびっくりしました」
「えっ!映画になってたんですか?」
にっかつロマンポルノで
ええええええええええええっ?!!

なんでもMさんの友人が日活でお仕事してて、そのツテで観たとのことですが、
「時代の現代になってて、なんか女を瓶に入れてたりしてたんですよ
「それめっちゃ原作レイプじゃないですか!」
「だから原作読んだとき、こんな綺麗な話だったのか~と思って」

帰宅して、ぐぐってみると、わっDMMで配信してる!

あらすじを見ると…

島田宏和、フィアンセの田村芳子、そして宏和の妹、恵の三人は亡父の別荘のある離島に向かってモーターボートを走らせていた。父は瓶のコレクターらしく、別荘には様々な瓶が並べられており、恵は書斎で鍵の入ったビール瓶を見つけた。

鍵の合う抽斗を開けると、そこには拳銃と日記帖があった。日記は、難波して南海の孤島に漂着した太郎とアヤコの兄妹の近親相姦が綴られ、瓶に詰められて流されて来たものだった。恵は日記に引きずりこまれていき、自分と兄の関係を想像した。

その時、リビングルームで貪り合う宏和と芳子の喘ぎ声が聞こえ、恵は、あの人とお兄ちゃんがしていると思うと、たまらず、ビール瓶を股間に挿入してオナニーを始めた。

一方、書斎から洩れる光が気になった宏和がドアを開くと、そこでは妹が自慰に枕っていた。恵は兄に見られて一層興奮する。浜辺に出た恵はビール瓶を拳銃で射ち、海の中に入っていく。ガウンを待って迎える兄。宏和は日記のことを知っており、二人は互いに求めていることを悟るが、その時、芳子の呼ぶ声で我に帰った。

すげえな!

いくらタイトルが瓶詰地獄だからといって、瓶でオナニーさせるとか無理やり瓶要素持ってこなくてもいいのに…。

そういえば、パノラマ島綺譚が原作の「恐怖奇形人間」も最近ようやくDVD化されたようですが、あれも大概原レらしいですね。
やはり古い文芸作品は好き勝手に弄られてしまうのか…と思いましたが、考えてみたら近年の作品だって普通に原レされてるし、原作というのはレイプされるものなのかもしれません。

ところでParadiseも届いたのでこれからインストールしたいと思います。
考えるとこれも孤島の話だな…。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »