« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月27日 (金)

メビウスライン備忘録ドラマCD ミサキ編感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

もうすぐ発売から一ヶ月経ってしまいそうですが、やっとドラマCDミサキ編の感想です。

覚悟を決めて聴き返したものの、やっぱりエロシーンで堪えに堪えてたものの、途中で「ギャーッ」てなって止めてしまったりしてた…。
男の喘ぎにもすっかり慣れたつもりでしたが、自分もまだまだだな…と思いました。
近年、あそこまで激しい喘ぎもなかなかないぜ…。

それについては後述するとして。

このCDで、備忘録の「同中二人」ENDは完全に完璧に完結したといえます。
今後派生があるとしたら、京一郎が転生するほうになるだろうなあと思います。

冒頭は、ミサキによって育み直された京一郎をミサキが目覚めさせるところから。
目覚めを促す祝詞を重々しく唱えるものの、そのあとすぐに「京一郎…起きろよ。このねぼすけが」と甘々になるミサキ。ときおりちゅっちゅ音も聞こえてきて、開始20秒でこのイチャつきぶり…。

次のシーンは、悪霊退治道中になっていて、ふたり協力プレイも堂にいっています。
悪霊退治してるときはキリッとした感じの京一郎ですが、それが終わるや否や「だっこheart」とせがんだり子供のように甘ったれる。それをやれやれと言いつつ受け止めるミサキさん。

一見バカップル道中記のようですが、京一郎の身体はやっぱり不安定で、露天風呂に二時間浸かってても平気なくらい体温が低くなってたり、退魔のあとに目の色が赤く変わってたりと、人外めいたものになっています。
 それ以外にも、謎スキルを体得していて、魂を飲み込んで「無」にしてしまうというもの。
輪廻の輪からはずれた哀れな魂などをそうやって楽にしてあげたりします。
この魂を飲み込んでいく京一郎、きっとスチルとかで見たら、儚げかつ色っぽいんだろうな…と思ってしまう。
そしてこんなスキルが伏線になっていないわけがなく…。いやな予感をさせつつ、ふたりのイチャイチャでとりあえず気を逸らさせようとする憎い演出。

その後、どうも桃木村に何かが起こっているということで15年ぶりに、故郷の村を訪れるふたり。
京一郎は顔バレしたらまずいだろうと「襟巻きで鼻から下から隠しておけ」というミサキ。
そんなんでいいんかい。
しかし村は廃村のごとく活気を失っていて、男衆が徴兵されているのを抜きにしても雰囲気やばげ。
そこで根の道におりてみると、なんかやばいのいたああああああああああ!!!
それは死霊でも妖怪でもなく、稀人というこの世に災厄をもたらす神で別名疫病神。
これがやってきたら、近々とんでもない災厄が訪れることは間違いなく、それはたぶん戦争がらみ。そして神であるから、ミサキたちにもどうにもできるものではない…とのこと。

そこで京一郎は「神にも人にもどうにもできないことでも、神でも人でもない自分だったらなんとかできるかも」とか言って、例のカービィ的スキルを稀人に使おうとする。
当然止めようとするミサキを真壁で足止めさせて、稀人を捕まえようと傷ついていく京一郎。喉も枯れよと叫ぶミサキさん…。

ああー…。もうミサキって本編でも備忘録でもドラマCDでも、いっつも京一郎が死に掛けるのに胸を痛めるポジションで可哀想になってくる…。
人間に恋するって神様にとってはやっぱり辛いことだよね…。人間、儚すぎる…。

なんとか稀人を飲み込むも、息絶えてしまう京一郎、嘆き、やけくそになったミサキは上司である神様を脅して、なんと京一郎を八百万の神の一員にしてしまう!!

京一郎、神に??!!!
まあ八百万のって言ってるから、神様といっても平社員ぐらいのポジションだと思うけど…。
そしてなんの神様かってのは、京一郎が皆まで言うなみたいに止めてて、結局わからずじまいだけど、なんの神様なんだよ…。

もしかして煎餅の神様??

それはともかくとして、完全に人でなくなってしまった京一郎にすまなさを感じるミサキと、これからミサキと永遠にいられる幸せを訴える京一郎。

柊家の社(結界張り済み)で、このあと滅茶苦茶セックスした──

これがもう…ほんとに凄かったんです…。

実況セックスは、ラブデリドラマCD名物ともいえるので、ある程度は予想してましたが
「乳首……噛むぞ」とわざわざ宣言してから乳首を噛むミサキさんや、アナルに指挿入されて「ああっ…中ぁっ…指、開いてくうっ…」と指の動きまでこっちに伝えてくれる京一郎にあわわわわ…と慄く私でした。
しかしまだこれは序曲にすぎなかった…。

とうとう挿入という段には、もうミサキさん「ふんっ…!んっんーっおおっ…くっふっんうー」って感じで唸りまくってるし、京一郎はメス喘ぎから、前後不覚になっての泣き喘ぎをこってりと聴かせてくれました…。

いやー…内匠さんって最近はわりとガチムチで男くさい役が多いけど、このメス喘ぎは本当に素晴らしい。ミサキのケダモノっぽて唸りといいコントラストになっていた。
もっと大勢の人に内匠さんのメス声を知ってほしい…などと思ってしまうほどでした。

そしてセックスも終わり、社を出て柊家から離れようとすると…。
後ろから声をかけてくる女性、見ればそれは妹の櫻子ちゃんでした。
「貴方様がたは…当家に御用でしょうか?」と問う櫻子ちゃんに他人のフリをしつつ
「いえ旅の者です」としれっと言う京一郎。
「でもいま、社のほうから…」(不審げ)
「あまりに清らかなたたずまいのお社でしたので、つい祈りを捧げたくなりました」
つい今しがたまでセックスキメてたのに、おくびにも出さずに言ってのける。

京一郎はたぶん口元隠すだけのゆるゆる変装だし、櫻子ちゃんも「いやあんたどう見てもお兄様だよねえ?!」みたいな疑惑と混迷が交じり合った反応してましたが、さすがに柊家の人間なので「あっ…(察し)」みたいな感じに。

そして櫻子ちゃんから両親はすでに鬼籍に入ってることや、赤ん坊の名前がそういちろうであることなどを知らされる。
旦那さんは出兵中とのことで、この家に櫻子ちゃんだけなのかーと思うと辛い。
でも備忘録のもうひとつのルートのほうで櫻子ちゃん「わたくしの子らを」って言ってたから、旦那さん戻ってきて、また子供さん生まれるんだろうな。

この赤ん坊が、後々の転生京一郎のおじいちゃんになるのかと思うと感慨深い。
京一郎とミサキも赤ん坊に祝福を送ります。

そしてふたりはまた旅立つ…。今度は永遠の道中。

と、途中の特濃セックスには顎がはずれかけましたが、本当に神聖な感動に包まれました。
それにしても京一郎が神様かあ…。二次創作でいじりがいがありそうなネタだなあ…。
とりあえず京一郎には大黒屋の発展と繁栄をお願いします。

勝手に煎餅の神と決め付けてるけど。

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

大正メビウスラインちっちゃいさん 第三話感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

なんかちょっと間が空いててすいません。
ミサキのドラマCDの感想も書きたいんですが、書くためにはもう一度聴かなくてはならず…いや聴きたいんですけど聴くとすごい消耗するんで、元気なときでないと聴けないっていうか…。

思えばラブデリのドラマCDっていつもこんな感じで、紅天のドラマCDも一回聴いたら二回めを聴くのにすんごいインターバルを必要としたなあ…。
ぷしゅうううううう…って感じになるんですよね…。私もだいぶドラマCDにも男の喘ぎにも慣れたな!と思ってたんですが、やっぱりラブデリは濃いわ…。

そして近々発売の時雨編もすごそうな予感……!当のローザさんですらツイッターで怯んでたし…。そんなのを聴いたらいったい私はどうなってしまうのか…。

それはそうと、ちっちゃいさん三話めです。
今回は館林隊サイドのお話で…っていうか、正直話は1ミリも進んでないんですけど、館林さんの人となりがよく出ていて面白かった…。
こういう事態(ちっちやいさん化)して一番パニくるのは、やっぱり館林さんだよなあ…。

伊勢兄弟は、薫がすんなり受け入れてて、馨が驚愕していたもののさりげなく「お前も可愛いゾ☆」とイチャつきを入れてくるのが流石ですわお兄様。

そしてギャグシーンに乗じて、作画コストをこれでもかとばかりに削ってきてるのがアリアリとわかる…。でもちっちゃいさんだから気にならない…。ちっちゃいさんにしたのは本当に正解でした。BLゲーのアニメ化でここまで心穏やかに観られる作品があっただろうか…。いつも作画のことでヒヤヒヤしっぱなしだったから…。

とはいえ、もう少し話は進んで欲しいものです…。次回は千家さん出てくるかなー。
そしてこのペースで話はいったいどこまで進むのか…。

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

通販のお知らせと川瀬のこと

後藤羽矢子です。

こないだ出した川玉本がちょっと余ったのでBOOTHで通販します

よろしければよろしくです。

川玉はいまめっちゃ書くの楽しくて、次の話も考えてあり、できれば今月中にアップしたいなと考えてもいるのですが、ちょーっとまだ川瀬という人間が掴みきれてないというか…。

MさんにLINEで「(川瀬について)たとえば地獄に堕ちるとしても、玉森くんの罪は俺が肩代わりして俺だけ地獄に堕ちるよって言いそうな気もするし、二人で地獄に堕ちて一緒に煉獄で焼かれようねって言う気もする」と言ったら

「地獄に堕ちるーとかだったら、一緒に焼かれようって言いつつ、玉森くん欺いて最後は自分だけ焼かれようとしたら、あれ玉森くんついて来ちゃってて、君何してんの?!的な」

とMさん。

それだ!!!!

とまあ、まだ咀嚼しきれてないもの、噛めば噛むほどいろんな味のでるこの時期は楽しいものですね。

次の話は、玉森くんが担当の作家先生に迫られそうになるネタを考えております。
地雷な方がいたらすいませんが、自重はしません。(注意書きはします)

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

大正メビウスラインちっちゃいさん 第二話感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ちっちゃいさん、案の定全然リアタイで観られない…。平成うっかりさんな私です。
Gyaoで観られるのありがたいありがたい…。

第二話は、朝起きたらちっちゃくなってた時雨さんから始まり、臣さんとワチャワチャしたり。
時雨、枕元にサイダア置いてる…。しかも起き抜けにそれをグビグビやってる…。
昨夜の飲み残しじゃないの?ちゃんと歯磨いた?サイダア気ぃ抜けてない?といろんなことが脳裏をよぎる私でした。
一方、大黒屋でおせんべいを買おうとしている京一郎。
なんかコミケの企業ブースかよってぐらい混み合ってるんですけど、大黒屋そんなに有名店だったのか…。

そこへきんつばを4つ注文する青年が…。うわっ!藍丸じゃん!!!まさかのサプライズ!
ちょっと着ているものが素っ気なかったけど…。あの黒の羽織着させてやってよ~!
しかし本当にラブデリファンのためのアニメになってるな…。ニコで配信していないのが悔やまれる…。ファン同士でコメントを送り合いたかった…。
そして京一郎も「お煎餅ください!二枚!」をやってのけ、無事せんべいゲット。

公園で京一郎が幸せそうにお煎餅を食んでいると、ピキーン!と死霊の気配。
行ってみると、時雨と館林隊がにらみ合いの真っ最中。
帝国陸軍遊撃隊隊長館林開ともあろうものが、随分と縮んだものだな」と、めっちゃ館林さんの紹介をしてくれる時雨さん。
一方時雨のほうは雄馬さんが「五本刀頭領、時雨」と紹介してくれます。
そして伊勢兄弟八号を召還したところで引き──!

おお…なんだかんだでちゃんとメビウスラインのストーリーになってるやん!!
このペースでどこまでやれるかわかんないけど…。
まあ最後までは絶対できないだろうし、できたところで誰ルートになるんだって話だし、途中のいいとこまでやって「この続きはゲームでね!」って感じになるのかなあ…。

ちっちゃいさんはメビウスファンのためのアニメであり、メビウス販促のためのアニメでもあるのでしょう…。

短いながらもファンサービスもいい感じにはいってて、ちっちゃいさんなので作画の乱れにハラハラすることもなく、穏やかに観られていいですね!
次回は千家さん登場かなー。

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

Cool-B11月号 博士SS感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

9日のBoys Limited4でスペースにお越しくださった方々ありがとうございました。

差し入れなども嬉しかったです。

コスの方もけっこういて、すごく可愛いコノエたんがいて、目が釘付けになったりもしました。

無配のペーパーはPixivにアップしたんで、よろしければどうぞ。

そして話変わって、だいぶ日が過ぎましたが、Cool-Bの博士SSの感想です。

発売からだいぶ経ってるんで、隠しなしでいきます。

お話は博士の愛車、ブリキのリジーがエンストしてしまい、ふたりで黄昏のなかを手繋ぎして帰るという、微笑ましいお話。玉森くんのツンデレぶりが冴え渡っている…。

玉森くんは基本的にツンデレ属性で、完デレなのは花澤相手ぐらいですが、博士に対してはツンとデレの振り幅がすごいというか…。

自分の左目を移植させるという献身ぶりなわりに、怒ると胸倉掴んで殴りかかってくるし、そのわりには敬語は使ってるし、敬語使って罵ってくるしすごい。

エンストしたときに、玉森くんが博士に「鍵です、鍵。鍵」と言うのが、なんかすごくヒステリックな感じで逆に「いいわあ~」と思ってしまった…。

まあ博士も、しおらしい態度見せてるわりに、かなり図々しいとこあるんで、これぐらいツンな態度でいないと、何されるかわかんないみたいなとこあるのかもしれません。
図々しいという語弊があるんですが、つまりかなり意志力が強い。

だから玉森くんのツンぐらいでちょうどバランスがとれているんだと思う。

博士の玉森くんは、内助の功っていうか、博士のやる気を焚きつけたり、支えたり慰めたり時には叱ったりと、そういう役割に「なろう」としつつ、いまひとつ上手くいってなくて玉森くんも時にへこんだりしてるのが、なんというか、すごくいい…。
そりゃそうだよな…。玉森くん自身もそんなしっかりしてるタイプじゃないし…。

なんか子供同士が支えあってるようなハラハラ感がある…。一番年上なのにね…博士。

あと今回、珍しく、くろさわさんのあとがきが入っていて、それによればラスト近くのセンテンスは「数十年後のふたり」の描写だそうです。
つまり、この話は、何十年も経って、しわしわになった博士が「昔あった同じような出来事」を思い返しているという筋立てだったんですね~!

うん!私鈍いからこのあとがきなかったら気がつかなかった!!

でもしわしわになっても、ふたり一緒にいられているという未来がわかって、幸せな気分になれます。
玉森くんは店主みたいな容貌になっているんだろう…。

余談ですが、SSを読んだMさんが「自分が思っている以上に、博士が自分の大きいものに自信を持っていて玉森くんもメロメロだった」という旨のことを言っており「あー!」となりました。

確かに「長くて濃い」というフレーズだけで、それを自分のチンコスペックに結びつけるなんて相当自信がないと無理ですよね…。
このように明確なエロ病者がなくても、ほんのりと性生活が垣間見えたりするのが萌える…。

しかし数十年後に博士がカスタマイズを重ねたリジーはどんなありさまになっているんだろうか…。もう戦後の高度成長期にはいって、普通の車が闊歩してるなかで、まだあの馬車みたいな形のままなんだろうか…。そしてそんな形だけどすごいいろんな機能を備えた高性能だったりするんだろうな…。

なんかんロマンがあるなあ…。

そんなわけで今回も萌え楽しみました…!次回はカオルルートなんだろうけど、どうなるんだろう…。

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

Boys Limitedインフォメーション

後藤羽矢子です。

しなくてもいいような気もしますが、いちお~う、明日のBoys Limited4のインフォメします。

スペースはE35 いぬみみです。

新刊は川玉小説本「ヒスルカ」があります。
あと4コマ漫画のはいった川玉ペーパーも持参します。

それとノイ蒼小説本と紅蒼小説本の既刊をすこーしだけ持って行きます。

新刊のほうもめっちゃ小部数ですので、書店委託はしませんです。余ったらBOOTHで自家通販しようと思います。

ひとりぼっち参加なので途中買い物でスペースを開けるときがあると思います。
ご了承ください。

こんなもんでいいかな~。

一応初めて参加するオンリーなんでドキドキしますな…。

よろしければよろしくです。

| | コメント (0)

大正メビウスラインちっちゃいさん 第一話感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ちっちゃいさん第一話鑑賞。

思った以上に一瞬であった。

しかし思った以上にメビウスラインであった!

もっとメインストーリーそっちのけで、ちっちゃいさんたちがキャッキャウフフしているアニメかと思ってたら、ちゃんとおっきい京一郎が上京するところからやってたし、京一郎が霊視体質であるところも説明してたし。

死霊が視えることを憂いた京一郎が「せめて死霊がもっと可愛ければいいんだけどなあ…」などと思ったせいで、帝都に着いたときには、ちっちゃいさんになっていました…というミラクル。
ミサキと千家さんもちっちゃくなっていました~!どうもミサキさんが京一郎のために死霊を可愛くしてやろうとしたら、間違って自分たちが可愛くなってしまいましたということらしい…。そうきたか~!そして館林さんや時雨は出てきませんでした!

と、まあ、メビウスラインを知らない方々が観たら、何がなんだかわからない状態ではありましたが、EDでゲームのスチルのイチャつき絵を流していましたので「ああ…BLなんだな」と言うことはバリバリにアピールできていました!

マジでいきなり千家とのキスシーンが出てきたときは度肝を抜かれたよ!
しかも次の瞬間には館林とイチャついてるし!

知らない人が観たら「この主人公、どんだけビッチだよ…」と思うかもしれません。
帝都でアバンチュール感満載のEDですが、そこがBLゲーの醍醐味だからね!

作画に関しては、美麗作画!というほどではないけど、ちゃんと普通に観られるので充分合格という感じです。
もう咎狗やドラマダでだいぶ鍛えられてしまった…。まあ一番作画がよかったのはSLだったというのは否めませんが。

色々言ってますが、メビウスラインのBGMに乗って、京一郎が喋ってるだけでもすげえ!と謎の感慨があります。

次回からは京一郎を奪い合って男たちが丁々発止するのでしょう…。
楽しみです。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

Cool-B11月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

やっと仕事波越えた…。最近月末と月頭がいつもキツキツ…。

そういえば今日から大正ちっちゃいさん始まりますね!
開始時間21時54分とか微妙だから忘れないようにしないと…。でも深夜アニメと違って眠気と闘う必要がないのが気が楽でいいですね。

そしてCool-B…。ツイッタの公式がBL界を震撼させる超弩級スクープ!とやたら煽ってて、なんなんだろう…と思ってたら、ラキドのVita移植。

へええ~!とは思ったものの、正直それほどの衝撃ではなかった…。
ていうかスマホのアプリになってるから、ちょっと今更という気分にすらなった…。

移植において気になるのは追加要素ですが、記事を読むとストーリー的な追加要素はないけど「ここスチルにして欲しい~」という要望のあった部分などに新規スチルを加える…とのこと。

へえ…。時間経ちすぎてるから、当時の絵といまの絵で浮いたりしないかと思いましたが、由良さんは器用な方だから大丈夫だろう…。

移植といえば新規要素!という感覚なので、このベタ移植加減は古参としては、ちょっと物足りないですが、でもPCゲーム市場が縮小ぎみな昨今、Vitaでご新規ユーザーが増えてくれればなあ…と思います。

badeggもよううううううううううううううやくシナリオが完成して出す出す詐欺から脱するみたいですが、もう発売日が決定するまでは、静観の構えです。
そのbadeggのほうの新規お披露目は、バクシーがジャンさんをレイプした後っぽいスチルとテキストで、バクシーとセックスするんかあ…という不思議な気分に。
なんかバクシーってやたらマンコとか下ネタ連呼するけど、LHLとかいままでのSS読む限りでは彼から不思議なほど性の匂いを感じないんだよなあ…。

いや、まあ本編ルキーノルートでジャンさんレイプしようとしてたけど…。その後のSSとかでは、ケダモノのようなピュアとイノセンス…みたいなイメージになってて…。

考えればバクシーのエロシーンって初めてだし、彼がどういうセックスするのか楽しみです。すっごい雑で気持ちよくなさそうだけど…。

そのほかの記事はー。

こちらはbadeggとは対照的に、発表からあっという間に発売日が決まったピルスラの新作、主人公のCVが刺草ネトルさんなのでちょっと楽しみ。
正直いうと現時点で、攻略キャラにいいなと思うやつがいないんですが(強いて言うならマツダかなあ…)考えてみればピルスラのゲームはいつもそんな感じではあった…。
それでも蓋を開ければいつも絶対楽しめるので、期待しています。

girls★dynamicsの新作、「PrincessBritania~ミューズの宝剣~」も色っぽいスチルがお披露目されたり、順調な感じで安心。
しかしこのタイトル、プリンセスブリタニカでから、通称プリブリになるのだろうか…。いやいいんだけど…。
キラルのほうは、リズムカーニバルの記事で、特に目新しいものはなし。
スロダメの情報があまりにも皆無すぎるせいか、先日は外郎さんがツイッタで「開発してます!」のツイートとともに写真をアップしたりしていました。
いまが水面下の活動中なのは重々承知なので、浮上してくれるのを待つばかりです。

橋姫のSSについては、ちょっと別記事にします。

ところで今回ちょっとブッとなったのは、後ろのほうにひっそりと、女性用ラブグッズirohaのショートストーリーが載ってたこと。よく見たらVol.2とか書いてあるけど、全然気がつかなかった…。内容は、男の一人称で彼女にラブグッズ「RINGOTORI」を使ってイチャエロするという話。そして商品の写真と説明も入ってる!

タイアップとしては、なかなか新しいアプローチだな…と思いました。

そんなわけで今月も楽しめました。

ところで予告に「特報!皆様すでにご存知かもビックリ移植その2」と長すぎる見出しが出ていましたが、何だろう…。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

Boys Limitedの新刊入稿できた~!

松本さんが素敵な表紙を描いてくださった!

Photo_2

沈丁花の香りの練り香水が出てくるんで沈丁花飛ばしてくれ!とリクエスト。
松本さんは「自分の絵だと花って滅多に入れないんだよな~」とおっしゃる。

しかし私は松本さんに絵を所望するとき、よく花を注文するのでした。

だって花って素敵じゃん…。

よく花入れるの表現として古いって言われるけど、私は自分の絵でも花を飛ばすのが大好きだ…。

そんなわけで忙しいのに、素敵な絵を描いてくださった松本さんに感謝…。

そして作業中には、メビウスライン備忘録のミキ京CDを聴いていたわけですが…。

もう…エロシーンが激しすぎて、ブッフォ…!となるほどでした。

ちょっといま仕事がキワキワすぎてるんで、感想は後日になりますが、出すごとに激しくなっていく、メビウスドラマCDのエロシーンに慄きを隠せない私でした。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »