« 2017年7月 | トップページ

2017年8月22日 (火)

川玉SSまた書きました

後藤羽矢子です。

また橋姫の川玉SSを書きました。

以前にMさんに話した、ふたつのあらすじのうちのひとつなのですが、なんか考えてるうちに「書かなきゃいけない情報多すぎない?全部書いてたらテーマブレない?」と思って、ひとつの話をふたつの分けました。なのでそのうちさらにこれの続きとなる話も書くと思います。

本編より数年後の話ですが、関東大震災の描写はスルーさせてもらいました…。

大正ものはどーーーーーーーーしても関東大震災と戦争は避けられませんなあ。
メビウスラインは、大震災とラスボス戦を上手く融合させてたけど。

ところで、水上後日談SSの、冒頭にでてくる大きな地震が関東大震災であることに、最近になって気がつきました…。おっせえ!!!

いやすごく全編のんきな雰囲気だったから、まさかね…と思ってたのでした。大震災ともなれば、もっと上を下への大騒ぎだと思ってたから…。しかしよく考えたらテレビもネットもない時代だし、情報の伝達も遅かったんだろうなあ…。

というか本当にマジで鈍すぎるな私…。以前松本さんに「そんなに鈍くてよく面白い話作れるね」とアゲられてんだかサゲられてんだかわからないことを言われましたが、受け手としてなら多少鈍いほうがいろいろ驚けていいんじゃないかな…。

そして川瀬後日談SSが本編からちょうど一年後の6月なわけだから、あの3ケ月後に大震災きちゃうのかよ~!大丈夫かよ~!とめっちゃ周回遅れな心配をしている私です…。
まあ池田邸なら倒壊はしないと思うけど…。

話は逸れましたが、読んでいただければ嬉しいです。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "川玉SSまた書きました"

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

GOATBEDのライブ行ってきたー

後藤羽矢子です。

昨日はGOATBEDのライブにいつものメンバーで行ってきました。
Mさんはのっぴきならない事情で欠席(このパターン多い…Mさん可哀想)

場所は恵比寿クレアート。この日は天気予報では雨でしたが、私が家を出る頃にはカンカン照りで、傘持って行かなくていいかあ~とナメた気分で向かいました。

しかし恵比寿駅に着いたあたりで、雨がぽつぽつと降り始め…。
慌ててコンピニで折りたたみ傘を買う私。開場前の待機列でKさんS女史と合流。
その頃から雷がゴロゴロ言い出し、たたきつけるようなゲリラ豪雨になってきました。
傘は差してるものの、横から吹きつけるような雨は私たちを容赦なく濡らしていきました。

で、私は最初に整理番号を確認するためにチケットを手にしたまま、何故かずっと持ったままでいたのです。本当になんでだか自分でも謎なんですけど…。

そして開場になりチケットを受付のお姉さんに手渡したら…。
「あの…半券は…」
「え?!」
見るとチケットからいつの間にか半券がなくなってる!!!!
どうも濡れたチケットからいつの間にか半券が取れてたらしいのです。
一瞬パニックになりかけましたが、別のお姉さんがチケットを見て「あ!大丈夫です」と言ってくれたのでホッとしました…。
お…おいぃぃぃぃぃ…チケットの半券を雨風で失くすとか自分でも意味わかんないんですけど。

S女史には「ブログのネタができましたね~!」とか言われるし、情けない話です…。

そんなこともありましたが、無事入場できました…。今回は整理番号が遅めなので、最後列で観ました。石井氏は近くで拝めないものの、のんびりペースで鑑賞できてこれはこれでいいものです。

石井氏は今回、全体的にナチュラル。髪もワックスやエクステもなく、かなり素の状態って感じ。逆に新鮮で萌える。

訓戒のテーマは「明るく…楽しく…元気よく…」と全然そんな感じじゃないテンションで石井氏が言っていましたが、そういう感じのセトリでした。

今回、MCが妙に長くて「多摩川の花火大会どうなったんでしょうね。中止になったんでしょうかね」と石井氏。会場から「中止になったみたいですー」と声がすると
「なんで花火大会のことを気にしてるかっていうと、昔バンドやってた友達…俺は友達がいないから知合いなんですけど、そいつが多摩川の近くのでコンピニの店長をやってて、花火大会には、コンビニ駐車場で肉焼いたり、祭りみたいなことしてるんですよ」などとおっしゃる。
花火大会が中止になると、その人も経済的に打撃を受けるだろうと心配してらっしゃる、優しい石井氏。

あと今回、無料配布のCDが間に合わなくて、後日郵送ということで、送り先を紙に書いたりしたんですけど、この、間に合わなかったことが石井氏的にすごく痛恨だったらしく、何度もそのことを言ってるのが面白かった。

そして石井氏の口から「お盆進行」だの「年末進行」というワードが出てきて、そういうのに翻弄されてるのは、出版業界だけかと思ってたら、CDのプレスとか音楽業界にもそういうのがあるんだなということが知れました。

あと「音楽はもっと自由でなきゃいけないと思うんですよ」とも言ってました。
「youtubeとかでPVを20秒だけ流してたりするじゃないですか、あれは自分たちの首を絞めているとしか思えないんですよね」と言ったあとに「音楽がもっと自由になったら俺なんてSMAPの曲リリースしまくりますよ」と言って笑いをとる石井氏。

しかし「チケット譲ってください勢」にはちょっとマジで憤ってるご様子。
「まだチケット全然あまってるのに「譲ってください」って何で?って思って。最初はインフォメーションが行き届いてないのかなと思ってたんですけど、アレなんですね。いまから取っても整理番号が遅いから、早い番号を譲ってもらいたいってことなんですよね」

あーあー…!なるほど…そんなこと全然考えもしなかった。
でも結局それだとチケットの売り上げ的には「1」にしかならないと石井氏はおっしゃる。

行けなくなった人の都合とかいろいろあるものの、悩ましいところだなと思いました。

アンコールは「曲はオンリーファイナリーなんとかかんとか用意してんですけど、何か歌って欲しい曲あります?明るく楽しい曲で」と客に振ってきて「え…ザワザワ」って感じに。
急に言われると出てこないものですね。しかし誰かが「デコラティーボ!」と言い、「デコラティーボ…デコラティーボ!」と何回も念を押す石井氏が可愛かった。

デコラティーボをやった後に最後に「オンリーファイナリー!」と言いつつ違う曲(こないだ出した新曲)をやって私たちは「???」となりました。恒例のファンをケムに巻くスタイル?

そんなわけで雨に打たれたけど楽しかったです。次は12月10日!
1日2回公演になるそうですが、2回とも行くぞー!

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

こつこつリズムカーニバルをやっていますが、Sweetですらまだノーミスでクリアできない曲があって、どんだけ下手なんだよ…って感じです。

とりあえずツイッターで「リズムカーニバル」で検索すると、豪の方々のツイートが出てくるのですが、ノーツ…?シーケンス…?裏拍…?なんか聞きなれない言葉が色々出てきて、自分の初心者ぶりを思い知ります。

こんなどのつく初心者でも、とりあえずSweetならクリアできるのが本当にありがたいです。

ビターのほうまで行けるとはとても思えないので諦めてますが、せめてレギュラーだけでもできるようになりたい…。

ゲームってやってると、しんどいけどまだ昇っていけると感じられる部分と、もうここから先は行けないと絶対的な壁を感じる時があります。
GRINDのレギュラーはまだ頑張れば行けそうと思うのですが、Only finally there is the free endのレギュラーには早々に壁を感じてやばい…。

まあ時間はたっぷりありますので、人間の可能性を信じて頑張りたいと思います。

ところで昨日、松本さんちに強襲をかけ橋姫と副読本を押しつけてまいりました。
Mさんが松本さんにプレッシャーをかけるために贈与し、あまつさえ「是非プレイしてください~」とメッセージ入りの葉書まで添えてたので、これは一刻も早く渡すしかない!と思いまして。
松本さんはかなり面食らって「こんな激しい布教されるのも久しぶりだからなんだか新鮮だわ」と言いつつ、インストールまではしてくれました。
あーねー…10代や20代の始めの頃は、なにかにハマったらなりふり構わない布教とかしてたよねー。私もハマったアニメのプレゼンイラストとか描いたりしたもんです。

「いまは仕事が詰まってるからそれが終わったら…」と言っていましたが、こんな私らの激しいゴリ押しを前に積む勇気はないだろう…。

ところで、9月のキラルライブですが、落選しました…。
Mさんに至ってはコミケ前のバタバタで、申し込みを忘れていたとのこと…。
一般販売があるかどうかはわかりませんが、あったら今度は念を込めて申し込みたいです…。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "よしなしごと"

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

リズムカーニバル買いました

後藤羽矢子です。

昨日はMさんとノリというか勢いで、コミケに一般参加してきました。

じつは一般参加は生まれて初めてで、慄いていたのですが、12時過ぎに会場に行ったら拍子抜けするほどあっさり入れました。

ミッションをいろいろ果たし「あんまり列が凶悪じゃなかったら、キラルのブース行ってみますか」ということに。
刀剣のブツを売るようになってから、列が恐ろしくてキラルのブースに行くのをためらっていた私ですが、今回はでじたろうが客捌き頑張る!的なことを言っていただけあり、列は長くとも進みが早く、キラルセットをゲットできました!

ちなみに、リズムカーニバルは体験版を入れたままだと、インストールできなくなるので(たぶん)、体験版をアンインストールしてからインストールしよう!

そして始めて…もうクリアしてしまった…。

といってもSweetモードでやったからですけど!クリアするだけならかなりのヌルゲーマーでも大丈夫です!私もこれから上のレベルにチャレンジしていきます!

しかし…私は緊張するとあちこち痒くなるタチなのですが、プレイ始めると鼻とか頭とか痒くなって(搔けないと思うからよけい痒くなるんだろうけど)痒みに耐えながらプレイするのがつらい…。こんなの私だけでしょうか。

全体的には最高なんだけど、気になったのは、失敗して「あーもうヤメ!」ってなったときにすぐ止めることができないのと、カーソルを見失いやすいことかなー。

まあちょっとほったらかしてればすぐにゲームオーバーになるからいいっちゃいいんだけど、なんか「中断」と「ゲームオーバー」では気分が違うっていうか…。些細なことなんですが。

ともかくちょっと気分転換に1プレイみたいにサクッとできるし、これから長々とスルメのように楽しんでいけそうです。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

花澤朗読CD 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

花澤朗読CD届いたー!聴いたー!!

あ!そもそも朗読CDってなんぞ?と橋姫知らない人に軽く説明すると、ドラマCDではなくシチュエーションCDに近いっていうか、攻略キャラの皆さんが一人ずつ、玉森くんにお話を聞かせてあげるという構成になっております。

水上と博士のCDの感想はうっかり書きそびれてしまったのですが、水上は「熱を出して臥せってるものの寝つけない玉森に蜘蛛の糸を読み聞かせてあげる」話で、博士は「結婚式(!)の前日にお互い気が昂ぶって寝られないので博士が「白椿」を聞かせてあげる」お話です。
ただの朗読ではなく、時おり玉森がツッコミを入れてきたりします。実際はひとり芝居なんですが、聞こえないはずの玉森くんの声が聞こえてくる…そんなCDです。

もちろん最後のトラックには、キャラとしてではなく声優さん本人としての、きちんとした朗読もはいってます。
これ、けっこう演技に差があって面白い。

そして花澤の内容はというと…。

以下おりたたみー。

続きを読む "花澤朗読CD 感想ネタバレ"

| | コメント (0)

神保町で橋姫雑談

後藤羽矢子です。

昨日はMさんとステラワースのCool-Bくじ引きに行く予定でしたが、その数時間前にくじが終了したとの報を受け、予定を変更して神保町で呑みながら橋姫の話をしていました。

そこで、玉森くんの文才は実際のところどうだったのか?という話になり、私とMさんで「とりあえず文才はある」との結論に達しました。

公式のQ&Aで「川瀬は玉森の小説を実際はどう思っていたのか?」みたいな質問に「本当にクソだと思っていました。しかしもっとよくなると思って厳しくしていました」という回答。

れで玉森くんの小説が伸びると思ってたなら、川瀬の態度にも相当問題があるとは思いますが。

水上や花澤や博士が、玉森くんの小説を喜んでいるのは、喩えは悪いんですが、技術的には多少拙くても推しカプの小説なら喜んで萌えられる…みたいな。

玉森くんの小説は、この三人の琴線に触れるものであり、多少の技術の粗はどうでもよくなってるのでしょう。

川瀬だけは趣味が違っていて、本編でも「押川とか涙香とか怪奇小説を楽しめたら俺も…水上みたいになれたかな」と言っていて、趣味じゃないぶん客観的に読むことができたのかもしれない。

たぶん、あの4人のなかで、川瀬が一番玉森くんにプロになって欲しかったのかもなあ…とちょっと思いました。水上は玉森が創作活動できれば形は問わないみたいなとこあったし、博士は完全に妄信に目が眩んでたし。

しかし玉森くんが唯一作家になれたのが、この4人のいないルートってのが、本当にシニカルでいい…。

玉森くんの「作家になりたい」と言う夢はいわばガワであり「モラトリアム生活を維持したい」という手段であり、もっと突き詰めると「友の気を惹きたい」ためのもの。
玉森くんの真の夢は「友愛を得たい」であって、それが叶う4人のルートでは、特に作家になる必要性がなかったんだろうなあ…。

普通、夢を持っている主人公がいたら、その夢が叶うかどうかに焦点が行きがちですが「その夢って本当のとこどうなの?」と夢の建前を暴こうとしてくるのが、マジで刺さる…。

などとネチネチ考えてしまいました。

話は戻って呑み会では、松本さんに橋姫をいかに早くやらせるかという議題も持ち上がりました。
「松本さん、とらのあなで買いたがってるけど、いつまでもとらに入荷しないから「ご縁がないのかもねえ」なんて言い出して、いっそ私が買って送りつけようかと思って」と私。
「自分で買ったらあの人ゲーム積みがちになっちゃうから、人に送られたほうがやらなきゃと思うかもしんないし」と私が言うとMさんが
「だったら私から送りましょうか?そのほうがよりプレッシャーがかかると思うし
と、もう仲間を一人でも増やしたい女たちのなりふりかまわなさが、噴出していました。

その後Kさんも合流して、すでに橋姫をMさんから贈与されているKさんが「いつまでもラブが始まらなくて辛くなってるから、進められるように鼓舞して!」と言う。
ラブは……始まらない!でもやってー!」と二人がかりで喚きました。

そんな感じで神保町の夜は更けて、結局5時間も話していました。しかもまだ喋り足りなかった…。

花澤朗読CDもさっき届いたのでこれから聴きます。聴いたらまた感想を更新しますー。

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "神保町で橋姫雑談"

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

Cool-B9月号感想ネタバレ 色々編

後藤羽矢子です。

夏コミの入稿で根を詰めていました。これでやっと少し余裕ができた…。明日はというかもう今日ですが、Mさんとステラワースにくじを引きに行ってきます。景品まだ残ってるかわかんないけど…。

それはそうとCool-Bの感想です。

表紙は備忘録ハレ!Cool-Bの予告で小さい画像見たときからギャハー!となりましたが、改めて見ると眼福が過ぎる…!細かいところまで延々と舐るように眺めていられる…。

京一郎の爪、お月様まで描いてある…!健康な爪なんだね…可愛い…。時雨の結った髪の付け根の部分が色っぽい…。髪色が似てると寄り添ってる頭の部分の密着感がすごいな…時雨の顔は軽い表情だけど、繋いだ手はぐっと力はいってる感じでラブ度ハンパねーわ…とか思いつつ鑑賞していました。

記事のほうは、発売日間近とあって、けっこうエロスチルなど公開しつつVita版の見どころを御雄Pやローザさんがプチ解説。館林編は「色っぽいシーンの差し替え分です。PC版は色々激しかったので苦労しました」とのこと。だよねええええええ!

しかし、ということは、けっこう新規部分多いってことですよね。楽しみーーー!!

そして付録DVDには「PC版のエロエロ壁紙を収録」と身も蓋もないことが書かれており、いったいどんな…と興味が湧きました。でもうちのPC、Cool-BのDVDかけると何故か必ずと言っていいほど固まるんだよなあ…。

ラキド、badeggはグラビアのベルジャンがねっとりしたキスシーンでおおおおお!となったものの、しれ~っと発売日が18年になってて「おいいいい!」となりました。
まあ、待つことは苦ではないのでいいです。新規スチルもどえらいクオリティで期待が高まります。でも不穏な絵ばっかりやなあ…。エロい絵もそのうち来るのかな。

ご新規ブランドhobibox/fetishの水龍敬ホモランド「復讐帝国」は、あっという間に発売日が決まって11月末。キャストも発表になりました。

じつをいうと、いろいろな部分が自分の好みのツボからはずれていたので、スルーしようかな…と思ってたんですが、主人公がやじまのぼるさんで、受けになる攻略キャラに黒井鋼さんや早川凛太さんがいてかなり心が動かされました…。

黒井鋼さんの受けは、ノンケ一発ですでに経験済みですが、早川凛太さんの受け…。
うーん…気になる…。サンプルボイスが出たらちょっと本腰いれて購入検討してみます。

ご新規といえば、また新しいBLブランドが!嬉しいことです。

魔法使いの主人公と天使と悪魔の攻略キャラ…タイトルもまんま「魔法使いと天使と悪魔」です。主人公のビジュアルが、どこからどう見てもザ・魔法使い!って感じですが、キャラデザのコンセプトが「超がつくほどオーソドックスなアウトラインを目指しました」とのこと。

悪魔のほうも100%悪魔!って感じで清々しい。天使のほうは、私の天使のイメージは「金髪でウェービーなロンゲでローブ的なものを纏ってる」ですが、さすがにそんな感じではなく、金髪ではありますがショートヘアで、眼鏡。天使は天使でも白衣の天使的なイメージです。

ご新規ブランドはとりあえず買ってみることにしているので、楽しみです。ファンタジー系BLも久しぶりだし…。

アダルト乙女のほうはgirls dynamicsの新作が楽しみ。
戦う女主人公というブランドコンセプトは大変好みだし、攻略キャラのビジュアルはハズレなし。
ひと目見て「この人に行くかも…」と思ったキャラのCVが四ツ谷サイダーさんで、もう萌えが約束されたようなもんです。発売日もすでに12月22日に決まっていて、なんだかんだで今年もけっこうやるゲームあるなーって感じです。

そんなわけで今号も楽しめました。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

Cool-B9月号感想ネタバレ 橋姫SS編

後藤羽矢子です。

Cool-B最新号ゲットー!

今号も表紙から記事までいろいろ盛りだくさんでしたが、まずはともかく、とっても楽しみにしていた橋姫の花玉SSの感想から。

買ったあと、つい待ちきれずにうっかりカフェで読んでしまったら、ニヤニヤが止まらず、顔を平常に保つのに苦労しました。
竹内佐千子さんの「くされ女子!」のなかで、先輩が外でBL小説読むときはニヤけ隠し用にマスクをしているという話がありましたが、私もそうすべきだった…。というか、外でCool-B読むなよって話なんですが。

どうでもいい前振りになりましたが、以下おりたたみー。

続きを読む "Cool-B9月号感想ネタバレ 橋姫SS編"

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

フィギュア用アダルトグッズ

後藤羽矢子です。

お盆進行の波に呑まれて更新が滞ってました。まだ終わってないけど…。

ところで本日から、フィギュアセクシーアクセサリーセットZ:GOの予約が始まりましたね!!

私も光の速さで予約しましたよ!!

とにかくもうすごいとしかいいようがない!

リンク先の画像見てもらえばわかりますが、バイブ、ディルドー、電マ、ローター、アナルパール、オナホ、手錠、浣腸セット、コンドーム(パッケージと使用済み)などなどあり、どれもディテール最高。

これらが1セットになって3240円って安すぎない?激安すぎない?

もちろんこれは蒼葉ちゃんのエロフィギュアに余すところなく使う予定です。

とはいってもエロフィギュアじゃなくても、普通の蒼葉ちゃんフィギュアにコンドーム添えるだけでも、めっちゃビッチ演出できそうで面白そうですよね!
演出力が試されそう…。

発送は8月下旬とのことで。めっちゃ楽しみ…。

8月下旬には蒼葉ちゃんに陵辱の限りを尽くした画像があちこちでアップされるに違いない…!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "フィギュア用アダルトグッズ"

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ