« 古書店街の橋姫 総評 | トップページ | 喘ぎ »

2017年6月24日 (土)

橋姫聖地巡り

後藤羽矢子です。

橋姫の話題ばかりですいませんが、いま脳内祭り期間なので…。

昨日、橋姫をお薦めしてくれたMさんと神保町巡りをしてきました。

Mさんは神保町に住んでおり、橋姫聖地界隈は庭のようなものです。
というかMさんが橋姫を始めたきっかけのひとつが舞台が神保町ということもあったそうです。
確かに私ももし小田原が舞台のBLゲーがあったら絶対やるだろうな…。

水道橋で待ち合わせ。

01

ここで水上が首を吊ったのか…」と傍から聞いたら物騒なことを言いつつ写真を撮る私。

02

「柳橋はこの先だからこっち側に流されていったんですねー」と土地勘のあるMさんが説明してくださる。

そして次はキカイ湯跡。
現在は普通のビルが建っていますが、かろうじて跡地の証明が残っています。

04

キカイ湯が実在してたのは、公式のブログかなんかで知っていましたが、なんでキカイなのかなーと思ってたら、ボイラー(機械)で湯を沸かしてたからだそうです。
そういえば池田邸もボイラーだったな…。大正ものってライフラインが井戸とか竃とか薪とかで家事が大変そうだなあ…っていつも思うので文明が介入してるとホッとする…。

三千堂のあたりは、現在は銀だこ。

07

梅鉢堂のあたりは駐車場っぽくなってたけど、判然とせず。
「まあ区画じたいが変わってるからしかたないんですけどねー」と言うMさんの手には、作中の地図と現在の地図をプリントアウトしたものが!

06

すげえ…!

じつは私もグーグルマップと見比べたことはあったのですが、元より地図が読めない女なので、全然わからなかった…。
位置の特定できるMさんがすごい。

その後エクレールがあっただろう場所などを巡り、東洋キネマ跡にあるクラフトビールの店でビールを飲みました。

08

そこでMさんと怒涛の橋姫トークタイム…。
Mさんは副読本を持参してきて、あまつさえ「後日談もプリントアウトしてこようかと思った」と言う…。「もうゲームの文章の一文ずつから語りたい!」すげえ!私もだけど!

ビール飲んだあと、東大発祥の地である学士会館のバーに河岸を移し、トータルで4時間ちょっと話してた…。
楽しかった…。
Mさんは無類の幼馴染好きであり、ドラマダは紅蒼だったわけですが、橋姫は「攻略キャラ5人のうち3人が幼馴染」という幼馴染好きには夢のようなゲームですな。

そんなわけで夢野久作が描写したら「腐女子地獄」というタイトルがつきそうな夜は更けていったのでした。おわり。

|

« 古書店街の橋姫 総評 | トップページ | 喘ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古書店街の橋姫 総評 | トップページ | 喘ぎ »