« きんとうか予約ー | トップページ | 断捨離 »

2017年3月 8日 (水)

FF15と大人になること(ネタバレあり)

後藤羽矢子です。

更新滞らせてなにやってたかといえば、FF15をやっていました。

いまやっとラストバトルに突入したところで、本当は感想などは終わってから書けや!って感じなんですが、これからもう一回レペルあげに励むので、感じたことを新鮮なうちに形にしておきたいと思いまして。

当初はプレイする予定じゃなかったので、けっこう自分からガンガンネタバレに突入していきました。
なのでおおまかな流れは知っていたのですが、いざ話が進むとびっくりするようなことが次々起こり、ネタバレしますとか言いつつ、皆さん本当のびっくりどころは放流せずにいたんだなあ…と最近の人々のネットモラルに感心したりもしました。

そして人様のネットモラルを褒めつつ、自分はここでガンガンにネタバレしますので、これからプレイするかも~と言う人は読まないでください!

以下おりたたみー。

お話は、ルシス国の王子ノクティスさん(以下ノクト)が、婚約者(隣国の巫女)と結婚式あげるためにニフルハイムに行こうとしたらその間にそことドンパチが起こり、王(父親)は死亡。
世界を救う王の責任が一気にのしかかって呆然とするも、気のおけない仲間たちとワイワイと旅をする。

仲間は、ガチムチのお父さん的役割のグラディオ、物静かで美味しいゴハンをいっぱい作ってくれるお母さん的役割のイグニス、そして王族と由縁のまったくない、親友ポジションのプロンプトくん。

男たちだけの気取りのない旅は、背景グラの美麗さとあいまって、すごいリアリティを醸し出しています。なんか土ぼこりま匂いや潮の香りまで感じられるような。
時々イベントによって女性キャラがパーティ参加してくることがあるんですが、そのときにちょっとだけ空気に緊張が走ったりするのがまたリアル…。車内が物静かになって女の子のほうから話振ってきたり。

で、しばらくはオープンワールドで好き勝手におつかいクエストをしたり討伐依頼を受けたりのサブクエストをだらだらと続けていきます。

これは正真正銘、モラトリアムの物語だなあと思いました。
モラトリアムは直訳すると「猶予期間」という意味ですが、ゲームの上でもノクトの心情的にも、このオープンワールドで過ごす日々は猶予期間です。
ノクトは、王子で、自分がいろんなものを背負ってることも、いつかはその責任を果たすこともわかってはいるけど、実感は乏しくパーティ内の立ち位置は「守られる子供」です。
そしてノクトとイグニスが2歳しか離れてないことにも驚愕…。
精神年齢的には10歳ぐらい離れてる感じがします。

婚約者のルナフレーナさんに対しても「幼馴染の好ましい女子」ぐらいの認識で、恋愛感情が育ってるとは全然思えないし。

男同士の気楽さがまだまだ楽しいお年頃…って感じで、釣りしたりゲームしたりバカ話したり、撮った写真見たり美味しいごはん食べたり。
ああああ~…この日々がずっと続いて欲しい~…とこっちも思うほどでした。
星空がさあ…綺麗でさあ…。

しかしストーリーの先も気になるので、メインクエストを進めてみたら…。
猶予期間はバッサリと終わりを告げる。

チャプター09から先は、オープンワールドに戻ることはできず(過去に戻るという体裁で戻ることはできます)、そこからもうずっと終わりまで、強制イベントオンリーになります。
このあたりが酷評の原因になってると思うんですが(酷評が多いのは知ってるけど読んでない)このあたりも私はリアルを感じたんですよね。

人が大人になるときってこんなものじゃないでしょうか。
「責任もとれるようになったしそろそろ大人になるか~」なんてほとんどの人は悠長に言ってられないですよ。
子供時代からベリッと引き剥がされるように、無理やり大人にならなきゃいけないことのほうが多いと思う。

多くのRPGの主人公は、最初から覚悟完了できてたりしますが、ぼんやりわかっていたけど全然覚悟ができていなかったノクトが、ぐぬぬ…となりながら覚悟を決める。そのヒリヒリとした大人のなり方が、私はすごく共感できた。

チャプター10にはいると、ノクトを影に日向に守ってくれたイグニスが、戦闘の怪我で失明してしまうんですが、本当ここはショックだった。
前かがみになって杖をついているイグニスの姿が弱々しくて、私も彼を守ってあげなきゃ!と思ってしまい、その感情もまた子供時代の終わりに連動して切なかった。

まあシナリオにツッコミどころがないとは決して言えないんですけど、ひとりのコドモ青年が大人になる物語としてはすごーく楽しめました。

って言ってもまだ終わってないんだけど!
ラスボス戦に挑むには地味にレベルが足りないっぽくて、これから過去に戻ってレベルあげするんですが、ノクトの運命を知ってしまったいま、オープンワールドの日々がさらに輝いて映るんだろうなあ…と思いました。

|

« きんとうか予約ー | トップページ | 断捨離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きんとうか予約ー | トップページ | 断捨離 »