« 本気はまた今度! | トップページ | オメガヴァンパイア 源馬ルート攻略メモ »

2016年12月 3日 (土)

オメガヴァンパイア始めました

後藤羽矢子です。

オメガヴァンパイア始めました。
源馬ルートが終わり、これから白狼ルートに行くかーって感じです。

体感では1ルート7時間くらい…かな?分岐から始めれば次のキャラはもうちょっと短いかも…?

これが初花梨ですが、システムはまあまあ快適。
しかし選択画面でセーブができない!!しかも何故か時間制限がある!
これはいったいどうなのだ…。他の花梨のゲームもそうなの…?
まあ選択肢画面へのスキップとバックの機能があるので、選択し終わった直後にセーブすれば問題はないのですが…。やっぱりちょっとめんどい。

ウインドウの大きさを自由に変えられるのは大変によい!

コンフィグでフォントが変えられないのはちょっと残念。
デフォルトがゴシックなのは普通として、なんか妙に字間が開いててほんのちょっとダサみがある…。
読みづらくはないからいいと言えばいいんですけど…。

そして内容のほうはというと…。

以下おりたたみー。

時は20××年──横浜。

東京オリンピックはもう終わってるらしいので、2020年以降ですね。

主人公の守谷刑一くんはごく普通の高校生。普通…といっても生い立ちはあまり普通じゃなく、彼の両親はふたりとも男…オメガバースの子供なのです。
そしてその両親は刑一が小さい頃にヴァンパイアに殺されている。

この世界はヴァンパイアが存在しており、昔ほど化け物扱いされてるわけでもなく、ヴァンパイアの芸能人もいたりする。
共存のきっかけになったのは、碧井研究所が開発したエクスブラッドという人工血液。これを食料することができるようになって、ヴァンパイアも少しずつ社会に受け入れられるようになってきた。しかしヴァンパイアは身体能力も高く、暴力衝動も強いので危険視はされている。

刑一くんは両親亡きあと祖父に育てられていましたが、その祖父も亡くなり現在は一人暮らし。バイトで生活費を稼ぎ高校生活を送る本当に平凡な男子です。

しかし若干ヘタレ…。クラスでΩの男子がイジメを受けてるのを目の当たりにしても、どうすることもできません。

そんな刑一がとあるすったもんだの末にダンプに撥ねられ瀕死の重傷に。

そこで碧井研究所に運び込まれ、治療と称した実験の末、人工ヴァンパイアにされてしまいます。
その実験をしたのが、刑一の中学時代からの先輩の碧井刹那さん。
中学の先輩ってことは最大でも2歳しか違わないのに、研究所では実権握ってるしすげーな…。しかもハンバーガー屋のバイトでも先輩だったらしいし…。なんでそんなハイスペック研究者がハンバーガー屋でバイトしてたんだ…。何者だよこいつは。

それはともかく、激しい体質変化により、何故か属性もβからΩに変化してしまい、発情期とフェロモンに悩まされる身体に。

とりあえず研究所を脱走した刑一はあれこれあって、ヴァンパイアと人間の共存を目指すソサエティのトップ、大泉源馬さんのところに身を寄せることになる…。

駆け出しヴァンパイアであり駆け出しΩでもある刑一くんの戸惑いと成長の日々。
そして彼を狙う者たちとの丁々発止…みたいなお話。

正直序盤はやっぱり設定盛りすぎじゃね?!!と思ったものの、ルートに入ればかなりグイグイ読ませてくれるので面白かった。

オメガバースの設定は源馬ルート終えた時点では、やっぱり別になくても差し障りがないようには感じたけど…。もしかしたら他のルートでは生きてくるのかも…。

そんなわけでコンプ目指したいと思います。
終わったら攻略も書きます。

|

« 本気はまた今度! | トップページ | オメガヴァンパイア 源馬ルート攻略メモ »

コメント

いつもブログ楽しくは意見させていただいております。
花梨デビューおめでとうございます!
前作オメルタでも時間制限ありましたよ
ただそのときは、時間内に返答・行動を選ばないのも一つの選択という感じでルート分岐の際に重要でした。
今作は時間切れになっても特別何があるわけでもないっぽいです。
オメガヴァンパイア堪能なさってください!

投稿: えるだ | 2016年12月 5日 (月) 03時07分

タイマー制は伝統なんですね!主人公受け攻めありとか後半受けになる攻めも伝統のようですし、すごいはっきりしたブランドカラーですね~!すごく楽しめました!

投稿: 後藤羽矢子 | 2016年12月 7日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本気はまた今度! | トップページ | オメガヴァンパイア 源馬ルート攻略メモ »