« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月29日 (土)

ついにLINEスタンプ!

後藤羽矢子です。

ついにキラルがLINEスタンプを出した…!

キラルナイト記念スタンプという三作品合同スタンプ…そして絵はええ感じに気の抜けたデフォルメ…。
気が抜けすぎててデフォルメキャラといえば可愛いものという既存の概念を捨てきっている…。
いや!これも可愛いといえば可愛いけど!
なんでシキさんあんな邪悪な顔やねん…。いや可愛いけど!ケイスケもはや心霊写真だろ!いや可愛いけど!源泉、喉仏がメインかよ!いや(以下略

とはいえもちろん速攻で購入しましたよ!!
とりあえず誰かに送りたい…と思ったのでMさんに紅雀を送ると、すぐに蓉司が返ってきた。当然のごとく即買いしてるさまにほくそ笑む私。

とにかく蓮の了解!の汎用性の高さよ…。これなら元ネタ知らない人にも送りやすいしな…。
蓉司の電車に乗ってるやつはどういう時に使えばいいんだ…。「いま向かってます」みたいな時かな?同じくミンクさんのもその用途で使えるかな。
蒼葉の土下座も使い勝手よさそう。横で一緒に土下座してる蓮がカワエエ~!!

しかし現在LINEで頻繁に会話するのが妹とMさんぐらいしかいないという現実…。
松本さんは最近やっとLINEを導入したものの、出先で待ち合わせのときぐらいしか使わないから…。
スタンプ好きでわりとひょいひょい買うものの、あまり使わないといううら寂しいリアルを実感しますが、それでもいい…。

できればデフォルメでない普通絵のキラルスタンプも出して欲しいなーと思う私でした。

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

Lamento10周年!!

後藤羽矢子です。

今日はLamento発売10周年!!

ええ~…もう10年…はええ…。寝食を忘れこんこんとプレイし、ライルートBADで号泣したのがつい昨日のことのようです。

とりあえず10年後の今日、廉価版をインストールしてプレイを始めたいと思います。

Lamento01

右が廉価版、左が旧版。背景の色味がだいぶ違いますが、それは特製のケースに入ってるからでトールケースのほうはまったく一緒です。

つつがなくインストール終了。さっそく立ち上げると…うわっ!画面ちっさいな!
近年のワイド画面に慣れてしまってるせいで、すごく小さく感じる。

オープニング始まった~!これは何度観てもわくわくするな~!

Lamento02

変なものが映ってますが気にしないでください。

本編が始まり…わ~…こういう出だしだったっけ…。めっちゃ忘れてるな。
雨のなかをひた走ってたコノエたんがおうちに着き、濡れたマントを放り出し「ああ…くそっ」と忌々しそうに呟く…。
あああーっ!そういえばコノエたんこんな感じだったああああああああ!!!

最近の派生では、キラル主人公のなかでは最年少であることや(たぶん)猫であることなどから、ちょっと子供っぽいカワイコちゃんキャラの役割を担ってるコノエたんですが、そうだ…序盤の彼、けっこうムスッとしててツンだった…。
まあツンとはいっても人慣れしてない野良の子猫みたいなもんなんですが…。

まだいまトキノと会ってるとこで序盤も序盤なんですが、ここから「Lamento長くてタルい」と言わしめる要因の80%である悪魔たちの四夜連続蛇プレイが始まるわけです…。なるべくスキップはしたくないけど、できるだけちゃっちゃと進めてはよライさんと出会いたい…。

まあそんなわけで10年経って、またこうしてLamentoがプレイできることを嬉しく思います。
新しくプレイする人も増えてほしいな~。

そして10周年なので絵も描いてみました。10年経っても似せる気まっくないし、私の描くコノエたんがすでにして子供っぽいカワイコちゃんだよ…。

Lamento161027

Lamento10周年おめでとうございます

| | コメント (2)

2016年10月24日 (月)

トラウマ

後藤羽矢子です。

沖縄から帰ってきたら直後に風邪ひいて大変でした。気温差にやられたか…。

今回はお土産に絶対これは買わねば!と思った紅いもタルト。

Beniimo

久しぶりに食べたらすごい甘さ控えめでなかなか美味しかった。

それにしても、誠二と大地、このさき自発的に沖縄に行くことは絶対ないと思うけど、彼女ができたり結婚したりで沖縄に行こうって誘われたりすることもあると思う。

ホテルの送迎バスに乗るときにトラウマが蘇って、悪い汗が出たり動悸が激しくなったりすると思うとかわいそうで仕方ない…。特に誠二。
PTSDは直後より数年後に来たりするといいますからね…。

でも誠二と大地は沖縄初めてだったみたいだし、その後楽しい時間が過ごせればトラウマも払拭でる…かも?

なんで私はふたりのその後をこんなねちねち考えているんでしょうか。

誠二に関しては早くいい彼女見つけてセックスして、オスの感覚取り戻して欲しい…とBLゲーユーザーにあるまじきことまで考えてしまってますからね…。
やっぱりこまでキャラがノンケとして作りこまれてると、ノンケとしての幸せを得て欲しい…と考えてしまう。
でも誠二自身が「もう忘れることはできないと思うし」と言ってるし、あの10日間の記憶はこの先ずっとふたりに居座り続けると思うと、それは生半可な恋愛遍歴よりもすごい。

友人としての距離感を保ちつつ、時おり互いのぬくもりや甘やかな感覚がふわっとよぎる。
それだって充分萌える!!!

なんか派生で10年後くらいのふたりのSS読みたいなあ…。
私は本来ゴリ押しホモ至上主義で、あざといの大好きだし「ほんのり匂いたつ程度のホモみ」とかしゃらくせえと思ってしまうタチでしたが、ルムナンで新しい扉が開きました。

ありがとうParadeさん!

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

沖縄行ってきます。

後藤羽矢子です。

めっちゃ仕事してました。

そして明日から3日間沖縄行ってきます。

ルムナンやった後に沖縄行くとか、ちょっと拉致されたらどうしよう…的な意味のない不安がよぎったりします。
でも久しぶりに紅いもタルトでも買って、ルムナン気分を高めようかなとか思ってます。いや、高めてどうすんだ…って話なんですけど…。

囚われのパルマもやってるヒマなかったんで、沖縄のホテルでのんびりやることにします。
旅行用にドラマダのモバイルバッテリー買ったし!

Ctpqm3_uiaeh97f

仕事をくつくつしてる間にキラルナイトのカウントダウンボイスが始まったり、ホリワが今度はバーをやるだの、バーのわりに17時までかい!とか10日後にはLamento10周年だしなんかやりたい!とかワタワタしてる日々です。

とりあえず帰ったら囚われのパルマの感想の続き書きます。

それでは行ってきまーす!

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

RoomNo.9 総評

後藤羽矢子です。

そんなわけでRoomNo9総評です。

作品としての完成度は素晴らしい!

システムはシンプルで洗練されてて、かつ親切。ロードするたびに普通は「このデータをロードしますか?」と確認ウインドウが出るものですが、それを非表示にすることもできる!
セーブスロットはたっぷりだし、ボイスセーブも健在。

スチルも攻略キャラひとりのミドルプライスにしては、びっくりするほど多い!

そもそも前作のNO THANKYOUが攻略キャラ4人で総スチル数(差分含め)3290枚に対し、ルムナンは攻略キャラ一人で2264枚。しかも、ノーサンは前回陰毛も非表示を選べたので、陰毛も差分に入ってたんですが、ルムナンは陰毛表示デフォルトですからね。

前回は体毛を非表示にした私ですが、今回は表示オンにしました。
自分が慣れてきたというのもありますが、誠二くんが元々そんな体毛が濃いタイプじゃなかったので…ケツ毛もないらしいし…。
やっぱり私的にはケツ毛はまだハードル高い…。

内容のほうも大変よろしく…。

以下おりたたみー。

続きを読む "RoomNo.9 総評"

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

Cool-B 11月号 BLゲーム大賞 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

Cool-B買ってきた!
表紙はラキド!見出しはでっかく「BLゲーム大賞!宇宙初り栄冠をかっさらったのは!?」と書かれてますが、まあこの全員が王冠被っているイラストから火を見るより明らかです。

それにしてもこのジャンさんのふてぶてしい表情…いいわ…。

そしてドキドキのBLゲーム大賞の発表…。

中間発表ではラキド無双でしたが、意外やけっこうな変動があった!

大賞はやっぱりラキド!おめでとうございます!
2位はメビウスライン!
3位咎狗!
4位スイプー!
5位鬼畜眼鏡!

咎狗、中間発表のときは4位でしたが巻き返した!

発表は20位まであり、それは割愛しますが、入賞した20作品のうち13作品をプレイしていた私…。でも全部プレイしてる人もいるんだろうな…。

主人公部門は

1位ジャンさん!
2位京一郎!
3位アキラ!
4位佐伯克哉!
5位蒼葉!
これは中間発表とほぼ変わらない順位。ただそのときは佐伯さんと蒼葉が同率4位でしたが、その後やや佐伯さんが票を伸ばしたモヨウ。

キャラクター(攻め)部門は

1位千家伊織!
2位シキ!
3位ジュリオ!
4位御堂孝典!
5位イヴァン!

中間発表ではジュリオ1位でしたが、千家さんが追い上げました!ベスト3、自分の本命尽くしなので大変嬉しい結果です…。

ビジュアル部門は

1位ラキド!
2位ドラマダ!
3位咎狗!
4位メビウスライン帝都備忘録!
5位Lamento!

1位はラキドに譲ったものの、さすがにこの部門はキラル強い…。

シナリオ部門は

1位メビウスライン!
2位ラキド!
3位新学校!

まったくもって文句のつけようのない順位です。というか私の脳内ランキングがそのまま反映されてるような。

音楽部門は

1位Lamento!
2位ラキド!
3位ドラマダ!
4位メビウスライン!

Lamentoはさすがに揺ぎない1位!!いまもってLamento以上に音楽のいいゲーム思い当たらないもんなあ…。歌の数は他のキラルゲーに比べると少ないんですが、そのすべてが神曲なうえにサントラに捨て曲がほぼないっていうのが凄すぎる…。

そんなわけで白熱の結果となりました。
いちおう雑誌のハガキのみ複数投票可だったわけですが、さすがに組織票にするにはCool-Bを100冊も200冊も買わなきゃいけないわけで、それは無理でしょうし適正なランキングであると思います。

ただもうちょっと部門の裾野というか、変化球な作品がフォローされるような部門があればなと思いました。

もし次にBLゲーム大賞を開催することがあれば、エロ部門とかギャグ部門とかトラウマ部門とかも欲しいなと思います。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "Cool-B 11月号 BLゲーム大賞 感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

RoomNo.9 DEFルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ルムナン、DEFルートの感想です。

このルートは大地のほうの課題をある程度こなす、いわゆるグロありのルートですが、びびるほどグロくは全然ありません。でも突飛さはないぶん生々しさはあり、背筋がそわそわするような気分にはなります。

しかし、私はプレイ開始前、大地の課題か誠二の課題かはプレイヤーが選べて片方だけをエスカレートさせてくことが可能かと思ってましたが、そんなことはなかった。

でもそれが正しいということがプレイしていくうちにひしひしとわかっていきます。

以下おりたたみー。

続きを読む "RoomNo.9 DEFルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

RoomNo.9 BCルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ルムナンが公式が推奨する略称ですが、なんとなく私はルームランナーを連想してしまっていまいち使いづらい…。でもルムナンでサーチするとみんな使ってるみたいだし、私もそれに倣うことにします。

そういえば大地たちもポイントでルームランナーレンタルしてたな…。

ところで、エロゲやエロ漫画であまた監禁ものはありましたが、私がいつも不満に思ってたのは監禁環境が悪すぎるところ
冷たい床に裸とかさあ…畳敷きの地下牢とかさあ…。
こんな環境じゃそのうち体壊す!とついつい思ってしまっていました。

その点ルムナンは環境だけはバッチリで、ご飯も美味しいし衣類もシーツも洗濯してくれるし、そこだけは安心できました。
まあそんなんでもそのうち「飯の味もしなくなる」ほどになってしまうんですが…。

それはともかくBCルートです。
ここが一番攻略に難儀しました。
何度も選択肢を掘り返してなんとか攻略し「やったー!」と思った直後にイージーモードの存在に気づく…。

でもまあ自力でやったほうが達成感あるし!と強がってみます。

以下おりたたみー。

続きを読む "RoomNo.9 BCルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

RoomNo.9 Aルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

RoomNo9の感想ですが、いつもだったらキャラごとの感想ネタバレを書きますが、これは1カプオンリー。
しかしルートは大きく分けて3ルートあります。
そのなかでさらに分岐して6種類のENDに到るわけですが。

そんなわけで今回はルートごとに感想を書きます。

それにしても1カプオンリーゲーってスイプー以来な気がする…。

以下おりたたみー。

続きを読む "RoomNo.9 Aルート感想ネタバレ"

| | コメント (2)

RoomNo.9 攻略

後藤羽矢子です。

結局DL版買って、いまさっきフルコンプしました。

特典もないのに無駄にダブリ買いしてしまったのがちょっと痛かったですが、自分のバカさが原因なので自分で償えばいいかな~と思いまして。
スイーツモリモリ食いながら至福の時間を過ごせました。

感想は後ほど書きますが、今回は攻略メモ。

攻略ですが、END名などで若干ネタバレも含みますので、そのへんはご了承ください。

【追記】やはりネタバレすぎると判断したのでEND名を変えました。

以下おりたたみー。

続きを読む "RoomNo.9 攻略"

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »