« アニバーサリーブック03きたー | トップページ | よしなしごと »

2016年9月 8日 (木)

囚われのパルマ エピソード2 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

火曜日は囚われのパルマの配信をそわそわと待っていました。先週もそうだったので、だいたい14時くらいの配信で確定みたいですね。

この時間はやっぱりあれだろうか…12時配信とかだと働いてる女子が昼休みを潰してしまいそうだから、そうしないための配慮だろうか…。仕事終ってからゆっくりやってね!みたいな…。

有料アプリだし、テレフォンイベントの内容からして、ユーザーは働いてる成人女子を想定してるでしょうし。

私もその時間は仕事してたので、終ってからいそいそとダウンロードしました。

以下おりたたみー。

ハルトの記憶喪失や事件やらの本筋は、またちょりっと進んだ。

島内をうろつく胡散臭い男、その男が落としていった謎の写真…ハルトの脳裏に一瞬浮かんだ謎の文字…。

そんなシリアスさとは別に、ハルとの交流はのほほんとしていて、バカさにも拍車がかかってくる…。

ハルくん羽矢子との交流により気分がアガってきたのか、シャワー浴びながら鼻歌歌うようになった!以前はシャワーのたびに「…疲れがとれない…」と口走ってたのに…。お前そんなに毎日疲れてんのかよ。一日中部屋にいるのに…いやまあ、閉じこもってるのも疲れるものだけど。

夢アプリのほうはアイテムの追加もないし、台詞も特に変わってないし、エピソード2以降に解放されるステージになんの意味が…?と思ったら新しいパンツが解放されて雑貨屋に入荷されるようになった!!!

今度は縞柄のパンツです。
なんなの…?もしかしてこれからずっと新しいパンツが入荷されていく流れなの…?

そしてハルにパンツを差し入れ。お礼のメッセージを送ってくるハル。

「下着を変えれば気分も変わるかもしれないよ」と言う羽矢子に
「それはあるかもしれないな」
この下着をはくたびに君を思い出してしまうかも

お前は何を言っているんだ。

そこで問答無用にメッセージイベント終了で、こっちは何もツッコむことができませんでした。

あと新たに行ける場所に図書館も追加され、そこの司書のオタク女と知り合いに。
この女とは気が合いそうだ…。呑みに行きたいなあ…と思うも、そういうゲームじゃない。

そうしてエピソード2も終ったわけですが、あれ?ストーリーのとこのスチル取れてない?

スペースが6個あって、エピソード1で1枚取れてるから、これ一章につき1枚取れる仕様だよね?私なにかヘマした?
考えられるのは面会で、ハルが思い出した謎の一文字。Nを逆さまにしたような文字とのことで、それをハルと一緒になぞるイベントが発生したのですが、突然のことで戸惑ってしまい失敗……。いちおうギャラリーのとこにある面会の回想でやり直せるけど、そこで成功しても何も起こらなかった…。

それと「次の面会まで」という期限つきの話題がけっこう残っちゃってたんだけど、とにかく面会できるようになると「面会じゃああああああああ!!!」ってなってドドドドって感じで面会室に飛び込んで行ってしまってたので、回収してない話題もあった。

でも昨今のゲームで、何かしくっても救済措置がないことはあんまりないので、なんとかなると思います。

そういえばギャラリーといえば、スペシャルのところに「いつもと違う面会のシチュエーションが楽しめます」みたいな有料コンテンツがあり、試しに「身分違いの恋」というのを買ってみる。
すると羽矢子が前世王女様で、ハルが王女にひそかに想いを寄せる従者という設定の会話が始まりびびる。
結局ハルの悪ふざけだったというオチだったのですが、イメクラかよ!!
面会の時間延長がピンサロなら、これはイメクラ!テレフォンイベントはダイヤルQ2だし(懐かしい)どこまでも風俗風味の囚われのパルマ。

シリアスな本筋とバカさが漂うコンテンツの匙加減がなんともいい味わいを醸しております。

次回も楽しみです…。

|

« アニバーサリーブック03きたー | トップページ | よしなしごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニバーサリーブック03きたー | トップページ | よしなしごと »