« 罪ナル螺旋ノ檻 クラウスルート感想ネタバレ ちょっぴり攻略 | トップページ | 罪ナル螺旋ノ檻 総評 »

2016年5月30日 (月)

罪ナル螺旋ノ檻 グレンルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

グレンルートもいちおう全部END回収。あと1個クラウスルートのEND回収すればフルコンプです。しかしコンプおめでとう絵とかは、なさそうです。

そしてグレンルートですが。
このゲームは三角関係がテーマで、ルートに入っても、入らなかったほうのお相手もけっこう物語に食い込んできます。

クラウスルートで接するグレンを見るにつけ、たぶん恋愛感情や結びつきは、グレンルートのほうが自然の流れになるのかなと思ったりしていました。

確かに結びつきはグレンルートのほうが自然でした……が、ほかがけっこう力技っていうか強引っていうか……。

以下おりたたみー。

序盤、クラウス様のお世話をしていたところを全部グレンと仕事することにして、クラウスからのデートのお誘いをグレンに断ってもらえばあっさりルート入り。

ルートに入るまでは簡単なんだけど、そこからがややこしい攻略……。

とりあえず記憶を思い出し、クラウスに復讐するべくグレンと結託するまでの流れは同じ。
そこでニコはグレンに「この決意を固めるために一発キメてくれ(意訳)」などと申し出る。
そしてこれから共犯者となるべく、誓いのセックスをするふたり。
ここはなかなかよかった…。

そして復讐計画が始動するわけですが、流れはだいたいクラウスルートと同じ。ニコはクラウスに取り入って情報を聞き出し、グレンはクラウスそっくりの筆跡を真似でき、さらに偽造に必要なもろもろも入手していて、さくさくと書類偽造などする。

そしてやっぱりクラウス本人に罪はないし…とヘタレだす。
お家失墜の最後のキメ手となる、フレド(クラウスの親父)の悪行を暴露する記事を新聞に提供しようとするグレンを止めようとするニコ。
そこで選択肢がでて、「公表するなと命令する」を選ぶと、グレンはニコの頼みを聞いてくれます。しかし交換条件としてグレンから身体を求められるように…。
この日もクラウスが出かけたあと屋敷の一室で乳繰り合おうとする。そこへ忘れ物を取りに戻ってきたクラウスにバッチリ目撃される。

「これはどういうことだ!グレン!」と怒り心頭で部屋に乱入するクラウス。「これはニコが望んでるんだ」と開き直るグレン。どうとも言えずひたすらキョドもニコ。
こういう展開おいしい…。そしてグレンはクラウスを挑発し、やがて3Pへとなだれ込みます。
そりゃあ~三角関係テーマにしていて3Pがないわけないよね!!!
しかし絡んでるときのクラウスの表情が、まだノリノリになりきれていない感じなのがよい…。そういうクラウス様好きよ…。

個人的にこのENDが一番めでたしめでたし感がある…。

選択肢に戻り「これで復讐は完結するんだな」を選ぶと、とりあえず復讐を完遂させようと決めるも、その話をクラウスに立ち聞きされてしまい「これはどういうことなんだ」と部屋に乱入。乱入多いな。

そこでグレンは公表前の記事を読ませ、すべての真相をクラウスに知らせる。
当然錯乱したクラウスは家を飛び出し行方不明に。

夜の森をクラウスを探すニコ。そしてやっと崖っぷちでクラウスを発見するも、彼はこめかみに銃を当て死のうとしていた、

必死で説得するも、涙を流しながらもうダメだ…と言い、クラウスは引き金を引き、川へと堕ちていく…。

クラウスの死体は見つからず、ニコたちの復讐は終りを告げる。

そしてプレストン家の当主になるニコ、クラウスルートではムショ入りでしたが、こっちでは死んでしまったので罪悪感も一層。
そして「忘れさせてくれ…」とグレンに身体を任せたりもする。

しかしクラウスの悪夢を見る日々。亡き兄アレクシスのように祈ってもみましたが、心が軽くなることはない。そこでグレンは「より神聖な礼拝堂で祈れば少しが心が軽くなるかも」みたいなこと言って、ふたりで馬車で30分の礼拝堂へ。

そこにはクラウスそっくりの修道士が!!
話かけるも、その男はニコのことを知らないご様子。
本当にクラウスが生きていたのか、それとも他人の空似なのか……。
そこにアバーラインさんが現れて、あれはクラウスで事故のショックで記憶を失ってるとのこと。だからそのままそっとしておいてやってと言うアバーラインにグレンは「元よりそのつもりだ」と言い、ニコはクラウスが生きていたにより罪悪感から解放され喜びの涙を流す。

そして前向きになり、勉強も頑張り、将来はヤフ人の地位の向上のために尽力したいとグレンに告げるニコ。ふたりは抱き合い、初めて愛を交わすセックスをする。

おお…ハッピーエンド…と思ったらその後の展開が、コーヒー噴きそうになるほどの超展開でした…。

ある日、情報屋キールから、クラウスが何者かに襲われたという情報を得る。
なんかグレンの様子おかしかったし、もしかしてグレンがとどめ刺そうと…と疑念がわくニコ。
その夜、出かけるグレンを追いかけるニコ。向かった先はクラウスのいる修道院で、ニコの視界にクラウスに襲い掛かるグレンが!慌てて止めようとするニコ、そして気がつくとクラウスを刺していたのは自分でした!!
なんだとおおおお?!??

なんかポルナレフのAA思い出しますよね…。

Photo_5

クラウスを守ろうとしたらいつの間にか自分がクラウスを刺していた…。
なんぞ??と思ったら、グレンが可哀想な人を見る目でニコを見ている…。

グレンが言うには前回クラウスを襲ったのもニコであると…。
しかし馬車で30分の場所なのに、よく徒歩でこれたな…。
いやそんなことはどうだっていいんだけど。

なんでも復讐の罪悪感から逃れるために、ニコの心には殺人衝動の強いもう一人の人格が生まれてしまったとのこと…。
えっえっ!なにその展開!?
そして「うわあああああああああっ」となったニコは、駆け出し、クラウスと同じように崖っぷちで自殺しようとする。クラウスが死のうとしたとき、必死で止めようとしたニコ、そして今度はニコが死のうとし、必死で止めるグレン。まさに因果の螺旋。

そしてクラウスと同じく、ニコもグレンの説得には応じず、自分の首をナイフで搔き切って海に落ちていくのでした…。
そこで主題歌が流れ始めましたが、もうクラウスルートで流れは掴んだので、比較的心穏やか。
海のなかでニコはアレクシスの声を聞き、自分を助けようとするグレンの手を掴み、生きることを決意します。

そして目が覚めたとき、喉を切った後遺症でニコは声を失っていました。
けれどそれも贖いだと納得し、ニコの心は晴れやかになります。
グレンはこの先一生ニコのために尽くすと言ってくれハッピーエンド…。
もうひとりの人格はアレクシスが連れてってくれたようです。それもちょっとご都合っぽいけど、それはそれでいい。あんなバーサーカーに居座られても困る。

しかしどっちのルートでも誰かしら不具にならないとハッピーエンド迎えられないのがすごい。でもやってることがやってることだからしょうがないんだけど…。

ラスト近くのとってつけたような二重人格の流れがブホッとなった以外は、けっこうジンとなった…。とはいえいろいろ言いたいこともある…。

そのへんは次回の総評で!

|

« 罪ナル螺旋ノ檻 クラウスルート感想ネタバレ ちょっぴり攻略 | トップページ | 罪ナル螺旋ノ檻 総評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 罪ナル螺旋ノ檻 クラウスルート感想ネタバレ ちょっぴり攻略 | トップページ | 罪ナル螺旋ノ檻 総評 »