« よしなしごと | トップページ | Cool-B1月号 感想ネタバレ »

2015年12月 5日 (土)

GOATBEDのライブとカラオケの鉄人

後藤羽矢子です。

昨日はGOATBEDのライブに行ってきました。

今回はMさんもやっと来られました!じつにMさんにとっては1年ぶりのゴートのライブです。 Mさんにとっても感慨深いものがあるらしく「この一年、石井は二次元だった」とか「今回石井がTKBを出してくれるかどうか…」とかなり極まっていました。

MさんKさんS女史が揃ったのもじつに久しぶりで「いや~もう本当に一年が早いね~」などと年寄り全開トークを交し合っていましたが、今回のMCで石井氏も「本当に一年が早いですね」などと言っててブホッとなりました。

今回の石井氏は黒髪。ロングのエクステをつけていて、ちょっとだけ蒼葉ちゃんぽい!と思うような髪形でした。お召し物は黒地に白の水玉のテロテロのシャツ、ジーンズにサスペンダー、そして前も後ろもガバッと開いた、石井氏が着てなかったら変質者だよ!みたいなデザインのジャケット。ダークさと萌え感を両立させたお衣装でした。

そしてライブはいつものようにバックに映像を映し出していくスタイルでしたが、途中でその映像が落ちてしまい、PAの男子がそのことをそっとステージの隅から伝えにきたのですが、石井氏が「え?なに全然聞こえない」と言いきり、PAくんが石井氏のそばまで来て、耳元まで顔を寄せてコソコソ告げている絵面がなかなかに萌えでした。

ライブはおなじみの曲も多いのですが、ちょこちょこアレンジを変えてきたりするのが楽しい。「Deeds, not words」 はゲームで使われたバージョンは歌唱部分がめっちゃ少なくてキラルナイトでは手持ち無沙汰な石井氏が拝めたりしましたが、ライブではもっと歌唱しております。

MCではツアーのお知らせとともに、スタッフやファンに感謝の言葉を述べ始め、石井氏がデレてる…?と会場がどよめく始末。
今回乳首は出ませんでしたが、石井のプロポーションは余すところなく拝めたし、眼福耳福なライブでありました。

ライブを終えたあと、私たちはカラオケの鉄人に直行。
いまキラルとのコラボをやっているからです。

コラボルームがあるのは歌舞伎町店らしいのですが、さすがにそこまで行くのは時間的に無理とのことで近場の渋谷店に。

Karatetu01

蒼葉、紅雀、ノイズ、クリア。

私はノイズを頼みました。まごうことなきメロンソーダでした。
このお子様っぽさがノイズ~って感じがするし、ライブの後で喉渇いてたんで美味しかった。
そして箱の中ごそごそやってコースターがもらえるのですが、それがキラル全作品ごっちゃ状態だったので、哲雄、コノエ、セイさん×2という結果でした。

Karatetu02

じつをいうと私以外のメンバーはドラマダしかやっていないという状態なので、哲雄とコノエも私がいただいてしまったのですが、それがちょっと申し訳ない気分…。

そして飲み物も一瞬で飲み終わり「2杯め頼もうかー」と電話で注文しようとしたら「時間がかかります」と言われたので、1時間しかいられない私たちは諦めました。
何でやねん!ミンクさんなんかただのコーヒーやぞ!と思いましたが、「実際ミンクさんが淹れるコーヒーならじっくりドリップで時間かかりそうだよね!」みたいな話になりなんとなく納得できました。

そうして歌いもせず、ただゴートの曲を流しながら、今後のイベントの予定など話し合い、時間は過ぎました。

そして帰途に一時間半ぐらいかかる私はそそくさと渋谷を後にしたのでした。

じつはその前の日に、KさんMさんと池袋で5時間も立ち呑みをしていて、かなり足腰にきましたが、楽しい一日でありました。

次のGOATBEDは3月4日!

|

« よしなしごと | トップページ | Cool-B1月号 感想ネタバレ »

コメント

相変わらずGOATBEDの石井さんは、優雅でしたねぇ✴
しかし、本八幡でのcali≠gariのライブでは状況が(人格が)違い終始ほとんど半裸で、しかも最前のお客様はおさわり放題状態💧
いくつもの手があのバディに触れている光景は、なかなか衝撃的でした󾬆Σ(゜Д゜)
GOATBEDではおさわり出来る空気は無いですよねσ( ̄∇ ̄;)

投稿: くりぃむぱん | 2015年12月 7日 (月) 17時40分

すごいですね!GOATBEDはいろいろゆるいノリですがcali≠gariはまた違うんですね~!
おさわりされてる石井を私も眺めてみたいですね~!
次のツアーは3月ですね!両日行く予定ですー。

投稿: 後藤羽矢子 | 2015年12月12日 (土) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よしなしごと | トップページ | Cool-B1月号 感想ネタバレ »