« ノイ蒼燃料 | トップページ | オールメイト »

2014年11月 8日 (土)

DRAMAtical Murder re:code  総評

後藤羽矢子です。

そんなわけでリコード総評です。

一言で言えば、いい移植であった……。

以下おりたたみー。

今回一番強く感じたのが、CEROCとCERODの壁ですね。

CERODのメビウスラインが、表現マイルドにしつつもちゃんとベッドシーンありでそれなりに喘いでいたのに比べると、リコードは完全ドタチュン、しかも行為があったことをふわっと示唆されてたのも紅雀とノイズだけで、あとの方々は行為じたい無いことになってます。

しかし差し替えのシーンはたいそう萌えたし、何回も言ってますが、エロがないほうが流れとして自然なので、作品全体的にあまり問題はなかったです。

グロ系スチルをマイルドに改変してあるのも、なんか新鮮で楽しかったし。

アニメの蒼葉ちゃんを清純派アイドルとすると、リコードはグラビアアイドル的なお色気って感じでそのチラ見せ感が、くすぐったくて萌える。

もちろんPC版の巨根ブチこまれて、拡がりきったアナルを惜しげもなく披露している蒼葉ちゃんも最高です。
アニメとPC版とリコードを行ったりきたりすると、蒼葉ちゃんがいろんな顔を見せてこっちを幻惑してくるようで頭がクラクラする…。

そんなことはどうでもいいんですが。

追加のミズキルートも大変面白かったし、BADも補足があってPC版に感じた唐突感も減ったし、過不足ない感じで完成度は高いと思います。

あと、すっごい上から目線なんですけどすっごい上から目線なんですけど、淵井さんの文章力あがった気がする。
何をもってして上手いというのかは、私の語彙では説明できないんですけど、私は文章読んでて「美味しい」と感じるときがあります。
それは文章のリズムだったり、レトリックだったりいろいろなんですけど、今回は読んでて文章を美味しいと感じることが何回もありました。

あ、もちろんいままでだって感じてましたよ!でなきゃファンやってませんし。でも今回、特にミズキルートは、いままで以上にそれを感じたのです。

演出面も大変よかった!
一番はやっぱりギャラリーの新規CGタップすると心の声が聴こえてくるアレ!
心の声ってところが、ドラマダのテーマにも合ってるし本当にいい…。特にノイ蒼のは本当に焼け死ぬかと思った…。

そんなわけで、とても満足のいく仕上がりになっていました。

これからやる人にどっちをオススメするか…となると以前は絶対PC版!と言っていましたが、リコードでもいいんじゃないか…という気になってきました。

むしろリコードやった後にリコネに行って、清純ラブラブ風味だったカップルたちがいきなり熟れた匂いを放ちながら、どセックスするさまを見て「ギャーーーーーーッ」と叫ぶのも乙なような気がしてきました。むしろ記憶なくして私がやりたい。

とにかく楽しかった!!
でもドラマダのコンテンツがドラマCDが出終わったあと、ひとまず終了なのが寂しい…。

リコネも移植……は無理かさすがに。

|

« ノイ蒼燃料 | トップページ | オールメイト »

コメント

アニメからドラマダを知り、自分で驚くほどハマり、こちらのブログ(私的にはありがたい歴史民俗資料館な存在です)にもたどり着けました。
ドラマダを知って4ヶ月…楽しく美味しい時間がもっと続いて欲しいです。ホントに…
以前から知っていた方々が過ごしてきた時間が羨ましい‼

投稿: くりぃむぱん | 2014年11月 8日 (土) 22時02分

アニメからご新規さま!
歴史民族資料館としてお役にたてて幸いです。
遅ハマリはその時点でグッズや燃料が出揃ってるぶんあわわわわわ…となりそうですね。

投稿: 後藤羽矢子 | 2014年11月12日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノイ蒼燃料 | トップページ | オールメイト »