« ミン蒼な一日 | トップページ | 睦バッグ効果 »

2014年9月27日 (土)

PigeonBlood 体験版 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ピルスラの新作「PigeonBlood」、体験版が発売日6日前になってやっとアップされました。

二週間前とかならすぐさまプレイしたでしょうが、今回珍しくやるかやるまいか迷ってしまいました。あと6日だし…。
しかし私はガチ買いのゲームほど体験版をやってしまうので、今回も結局我慢できずにやってしまいました。

ピルスラといえばトラウマブランドとして、一部に熱烈なファンのいるメーカー。

私もある意味その一部に入るのかもしれませんが、別に自分にトラウマ植えつけたいわけじゃなく、こういう我が道を行くみたいな姿勢が大変好ましいのです。

私はグロにはかなり耐性があるし、鬱に関しても歴代ピルスラゲーをすべてやってる身としては、けっこう慣れてきたと自負しています。

だからけっこうナメた気持ちでプレイ始めたのですが…。

きっちぃ…。別の意味できつい……。

以下おりたたみー。

とりあえずざっとあらすじると。

主人公、桐嶋和樹くんは、いいとこの家の次男坊。両親はすでに失く、年の離れた兄が当主を務めていたけど、その兄も二週間前に突然の心臓発作で亡くなってしまう。

この家に代々伝わる弔いの儀式を49日間続けるために、長野の人里離れた別荘で若い執事と使用人のオバチャンとだけで滞在中。
大好きだった兄の死と、当主となった責任の重さで鬱々としてると、そこに若い男が4人やってくる。

彼らは桐嶋家よりさらに各上のおぼっちゃんグループで、秘湯目指してドライブしてたら車が故障してしまい、助けを求めて立ち寄ったとのこと。

メンバーは
グループのリーダー的存在の、美作。
尊大荒くれ系の橘。
無関心系クール、雪ノ宮。
そしてちょっぴりおミソの香りがするやんちゃ系、水沢。

こいつらは桐嶋の家のことも知っていて、格下だとナメてかかってるのか、どいつもこいつも最初から微妙に感じ悪い…。
美作だけはとりあえず当たり柔らかですが…。

メカニック大好きらしい水沢が車の修理をこころみるも拉致があかないので、結局修理屋を呼ぶことにして、和樹は彼らを家でもてなすことに。

橘に兄をダイナミックにdisられて怒ったりしたものの、ムードメーカーの美作のとりなしによってなんとかなごやかな雰囲気に。

夜になり、美作に遊戯室での歓談に誘われる和樹。あまり交流上手でもなく、孤独と不安でくさくさしていた和樹は、嬉しい気持ちでそれに加わる。

しかし……。

気がつくと和樹はマッパにされ男4人に押さえつけられていました。

レ、レイプサークル!!??

和樹の手を押さえる水沢、和樹の体に愛撫を加える美作、挿入待ちの橘、その様子をビデオに撮ってる雪ノ宮…と完全に連携しています。
こいつら…やべえよ…。

あわや橘に挿入されかかるも、そこに突然シャンデリアが落下して…全員死亡。
と、いうのはウソで、気がつくと和樹は自室で寝ていました。
あれは夢か…と惑乱する和樹。しかし夢ではなく橘が「続きやろうぜ」と単独で襲い掛かってきます。
橘の腕に噛みついて部屋を逃げ出す和樹、怒り心頭で追いかけてくる橘。
こえええええええええええ!!館ものホラーになってるよ!!

身を守る武器を…と思い、兄の私物だった散弾銃を取りに兄の部屋へ行くと、そこに、美作に弄られて喘いでいる自分の映像がモニターに大写しになっていました。

愕然となる和樹。

精神的にずたずたになってる和樹に、「その銃で俺たちを殺してみなよ」とニコニコしながら挑発する美作……あーやっぱこいつが一番ヤバかったか…。

彼らを憎いと思いながらも怒りが体のなかを渦巻いていても、やっぱり銃の引き金を引くことができない和樹。それをせせら笑う橘。
そこへ美作が斜め上の提案をしてくる。

和樹の痴態を映したSDカードをこの屋敷のどこかに隠すから、それを一ヶ月の間に探したら、それは返してあげる。それか一ヶ月の間にこのメンバーのなかの誰かを殺すことができたら、そのときにはご褒美としてSDカードを返してあげる…と。

その案、脳のどこから湧いたんだよ!!と言わざるを得ないサタニックな提案に和樹は呆然としますが、自分に否定権がないことも痛感していたので、その案を呑むことに。
他のメンバーも和樹ナメまくってますので、退屈しのぎとばかりに了承。

かくて閉ざされた館のなかでのデスゲームが始まる……といった感じ。

それにしてもー!!この時点で攻略キャラ全員クズなんだけど!!!

美作はガチでやばい。コイビト遊戯でいえば和泉澤系のヤバさ…。
橘は自分の肉体的強さと家柄の強大さを嵩にきせてる傲慢野郎だし。
雪ノ宮は慇懃無礼の上から目線だし、水沢は沸点低そうだし。

とりあえず水沢はかろうじて性根は腐ってない感じ。手を押さえてるときも申し訳なさそうな表情だったし、このグループの空気に引きずられてるっぽい。

あと無理やりよかった探しするなら、橘も傲慢ではあるけど、卑怯ではないと思う。

しかし序盤のレイプサークルっぷりは、この時点で盛大な地雷になってる人も多いと思う…。
私も正直けっこう引いた。

しかし!!ピルスラユーザーならば、これぐらい折込済み!むしろここからどうひっくり返すのかという期待まで高まりますよ!

それにしても…誰から攻略すべきか。
通常は好物から攻略するんですが、なんかすでに心が疲れてるので無難そうな水沢からいくかもしれません。

|

« ミン蒼な一日 | トップページ | 睦バッグ効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミン蒼な一日 | トップページ | 睦バッグ効果 »