« アニメDRAMAtical Murder 第6話感想ネタバレ | トップページ | アニメDRAMAtical Murder 第7話感想ネタバレ »

2014年8月16日 (土)

紅蒼ドラマCD 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

昨日はコミケ一日目、参加された皆様はお疲れ様でした。
私も松本さんの手伝い&企業の買い物で参加してたのでつつがなくキラルセットゲットできました。
ニトキラのブースでは、関連映像を流しており、リコードのOPも流れていました。
でしゅんが「ちょっとだけ変わってる」とツイッターで言ってたのでガン見したところ、ミズキが参戦していました。このミズキのスチルかわいーなー!!
それにしてもリコード、追加ストーリーの部分だけでなく、こういうところにも新規スチルがあるのがなんか嬉しいですね。
他にもあったりするのかなーと思うとワクワクがとまりません。
ほにゃららさんの絵の眼福ぶりはハンパないから…。

そして帰宅してさっそくタペストリーも飾りました。
もう何も怖くない!

Tape

そして今日はドラマCDをいそいそと聴きました。
紅雀とクリア、両方一気に聴いてしまったらキャパオーバーになりそうだったので、反芻する時間も含めて、最初に紅蒼聴いて、3日ほどおいたらクリ蒼を聴くことにしました。

そんなわけで今回は紅蒼CDの感想です。

以下おりたたみー。

平凡の店内、羽賀さんに配達のお願いをされるところから始まり。
それにしてもドラマCDにほぼ必ずあるといっていい、声優さんがタイトルを読み上げるのがこのCDにはなくて、それが地味によかった…。あれ、なんだかちょっと気恥ずかしいんだよね…。

魂送り(精霊流しっぽい?)の行事を前に、なんだかあちこち慌しい碧島。蒼葉ちゃんもせっせとお仕事に励みます。配達途中、青空美容院を営む紅雀にたかるビッチギャルどもを発見。
紅雀が髪切るハサミのSEがちょっとリアルでんな。確かにこういうリズムで切るよなー。美容師さん。
「あいかわらずだよなー紅雀のやつ」とか蒼葉がボヤくと、「でも以前よりだいぶ落ち着いた」と返す蓮。しかし気になるのが蓮、蒼葉と紅雀の関係知ってるのか?なんか知ってたらこういう言い方はしないような気がする…。

配達先のひとつにミズキの店があり、お届けにあがるとミズキはバーコーナーにいて、そこで紅雀たち紅時雨メンバーが飲んでいました。
そーっと背後から近づいて、女の子の声マネして紅雀を吹かす蒼葉。
そーでえーす!蒼葉でえーす!」という蒼葉がもうクッッッッッソ可愛くて歯を食いしばる…!!
そしてここあたりのミズキや紅雀の軽口のやりとりがまた可愛い!
「ありがとうございまーす」「どういたしましてー」のリズムとか。

しかしそんな世間話の合間に、紅雀が元気ないのに気づく蒼葉。
魂送りを紅雀と一緒に行きたい女子のお誘いが激化して、ちょっと疲れてしまったという紅雀。
そんな話をしていると蓮が「そろそろ仕事に戻らないと」みたいなことを言う。このとき蒼葉ちゃん「どわっ」って言ってて可愛い!アニメでもそうなんだけど、蒼葉ちゃんて「どわっ」て時々言うんだよねー。「おわっ」でも「うわっ」でもなく「どわっ」。アニマダ1話で暴露さん覚醒のときも「どわっ」て言ってたなー。最近では蒼葉ちゃんが「どわっ」て言うたび「どわっ!いただきましたー!」という気分になる…。

そして「あっ蓮くーん!」とパァァとなる犬好きコウくん。
コウくん蓮のことくんづけしてたのか…。もう友達感覚やな!それにしてもコウくんの声ベニの声と一緒だったのか…。もちろん全然気づいてなかった私です。
別れ際に「ワンワン!」とコウくんにリップサービスする蓮のソツのなさ。

次の日、仕事に出てこない紅雀と、紅雀待ちで道にたまる女子。もはやバンギャ並み。
紅雀に連絡しようにも、電話してもでないいうコウくん。蒼葉が電話したらあっさり出てブッと吹く。「蒼葉さんだと出るのか…!」と呟く萩間にまた吹いた。

紅雀のメンタルが落ちてるのが気になった蒼葉は仕事帰りに紅雀の家に寄る。
「会ってくれるかな」と呟く蒼葉に「蒼葉がその点を心配することはないだろう」という蓮。

ん?やっぱり蓮は蒼葉と紅雀の関係知ってるのかな?このへんが最後まではっきりしなかった…。まあ蓮は蒼葉がグレてる時代にも蒼葉のプラベートにはあまり口出ししない主義だったからな…。

とりあえず会ってはくれたものの、まだ一人でいたそうな紅雀の意志を汲んで「今日は(部屋に寄るの)やめとく」という蒼葉ちゃん。ハアア…このへんめちゃくちゃ萌える…。
空気読みつつも「俺がいるんだし…」と恥ずかしそうに言ったり「ダメじゃねーよっ」と優しく言いながら紅雀を軽く叩いたり「お前の迷惑ならいくらでも引き受けますし?」と言ったり。
優しくて大人で可愛いよおおー!やっばり蒼葉ちゃんなんだかんだで23歳男子だね。

その後紅雀も無事復活。蒼葉と一緒に魂送りの準備に精をだす。
一度に持てる椅子の数を紅雀と張り合おうとする蒼葉可愛い。なんか紅蒼の蒼葉、けっこう男っぽさにこだわってる感じ?

魂送りの日を迎えて、しんみりしっとりと流れていく燈篭を見送るふたり。
そこで本土に母親の墓参りに行きたいから休みとれないかと蒼葉に持ちかける紅雀。
「ああ行く」「俺も紅雀のおふくろさんに会いに行きたい」と力強く返事する蒼葉。
蒼葉カッコイイ…!と思いつつ、次のチャプターで旅行の準備で大慌ての蒼葉のグダグダさ…。当日に準備とかねーべ…。「なんで起こしてくれなかったんだよ~」と蓮にボヤく蒼葉の情けなさ…。

そして本土に到着!それにしても相変わらず場所がはっきりしない…。
そしていきなり宿!風呂上りの蒼葉ちゃんに窓辺で酒を飲んでる紅雀。
なんで一緒に入ってないの?!!!
部屋についてる露天風呂なんて、おめーカップルが一緒に入ってイチャイチャする以外ねーだろ!!!!せっかくベニと蓮も空気読んで寝てるというのに!!

なんていうかCDトラックも半分を過ぎると、いつエロが始まるかということに意識が集中してしまうんです。
その後布団に入って紅雀が「こっちこいよ」と言うのでキター!と思ったら、なんと手を繋いでそのまま就寝!!紅雀さん意外と我慢が効く人なんだね…。

次の日墓地へ向かうバスに乗り込む。窓の外は紅葉が始まりだした林、そこでベニが紅葉のメカニズムを説明してくれるものの、話がまわりくどいので、途中で蓮がサクッと簡潔に説明してしまい、ベニがふてくされる。ここも可愛い~!なんだかんだでオールメイトの仲ではベニと蓮が一番相性がいい気がする…。
ところで紅葉のメカニズムは私も初めて知りました。ありがとうベニ、蓮。

ひと気のない墓地、遠くで鳴く鳥…ウッ!デジャヴが…!!
これで墓参りのあと青姦が始まったらどうしよう…と一瞬ビビリましたが、そんなこともなく。
ここで紅雀が「長いひとりごとを言う」と前置きして長い長い心情吐露が始まります。
それは辛い過去の話だけど、紅雀の辛さは自分の辛さではなく母親の辛さであり、自分の無力と未熟への無念。そして碧島での蒼葉と過ごした日々がどれほど楽しかったかということを伝えます。
この後の蒼葉の行動と言葉がすごく染みたあ…!
このさりげなさというか紅雀の矜持を尊重している感じというか…。
「泣かねーぞ」と強がりながらも静かに泣く紅雀がまたいい…。

そして子供の頃の回想がちょっと入るんだけど、でもそれやるんだったら、紅雀と別れるシーンとかそれでやって欲しかったなあ…。

場面変わって再び宿。「あ~さっぱりした~」と風呂からあがる蒼葉…ってまたひとりで入ってたのかよ!!!2日連続でひとり風呂とか許されざるよ!!
しっぽり会話なんてしてるうちに髪の話になり、紅雀が蒼葉の髪を切る前にいろいろ弄ってたことが判明。まあそりゃいろいろしたいよねー。そこで何故か蒼葉が「自分の紅雀の髪を切りたい」とか言い出し、え、ちょっとなんで?と思う私。
紅雀が蒼葉の髪を切りたいと言い出したのは確実に処女厨心というか、蒼葉の初めてになりたいという想いからなのは明白ですが、蒼葉も紅雀にそういうものを感じたのでしょうか。蒼葉もやっぱり男だね~。
そこで適正をみてやるといいつつ、蒼葉に自分の髪を触らせる紅雀。そんなことしてるうちにエロいムードにやっとなりました!!!

キスをして、火がついて蒼葉を抱きかかえて布団の上にダイブ。
このとき「…するの…?」って小さく言う蒼葉があああああああああああめちゃくちゃ可愛いよおおおおお!!ハア…蒼葉やばすぎる。ここからはもう殺し文句の連続で、マジで息が切れるかと思った。
それにしても蒼葉の喘ぎってちょっと独特っていうか、苦しくてパクパクしてるっていうか、助けを求めてるみたいっていうか、そこがまた男子っぽくていい…。

しかしエロちょっと短いよ!!!!!
紅雀が「そろそろお前のなか入りたい」って言い出したときは「もうかよ!」と素でツッコんでしまいました。
でもその後のピロートークが激萌えたっていうか、むしろピロートークが本体というくらい美味しかったのでいいですけど。このへんは台詞のすべてが萌えだった…。
蒼葉ちゃんのちょっと舌たらずなとこが、事後っぽくてピロートークの雰囲気を甘さマシマシにしますね。私市さんの声はもはや事後声と言ってもいいと思う…。

そして無事碧島に戻ってきた二人。紅雀さんどうも自分のお店を持つ気になったようです。
もしかして蒼葉ちゃんが紅雀の髪切りたいとと行ったのも今後の伏線…?
蒼葉ちゃんが紅雀のお店手伝うようになる…?
そしてカミングアウトもそのうちしそうな紅雀さん。
確かにいまのままじゃ、紅雀狙いの女の子引きそうにもないしな…。

そんな感じで新しい未来を匂わせて爽やかにEND!いとうかなこさんの歌も前向きな明るさでよかったです。

2時間のボリュームで聴きごたえもあって楽しめました!
本当に私市さんの声というか口調が本当に耳福だった…。
私が蒼葉ちゃん以外で寡聞にも私市さんの声をあまり知らないせいもあるんですが、もう私のなかで私市さんの声が蒼葉ちゃんそのものになってて、蒼葉ちゃんて実在すんじゃねーの?ぐらいのリアリティを醸していました。

|

« アニメDRAMAtical Murder 第6話感想ネタバレ | トップページ | アニメDRAMAtical Murder 第7話感想ネタバレ »

コメント

初めまして♪いつも楽しく拝見させて頂いております!ドラマCD、なかなかのボリュームみたいですね。ノイ蒼発売が待ち遠しいです~。

ノイズ中毒なので、ついついノイズをひいきめに見てしまうのですが、客観的にコメントされている後藤さまの突っ込みはとても参考になります。。

投稿: Haschen | 2014年8月17日 (日) 15時31分

事後声、名言だと思います!

投稿: M | 2014年8月19日 (火) 10時08分

>Haschen様
ノイズもミンクも待ち遠しいですね~!
イチオシカプはもちろんいますけど、キラル作品には嫌いなキャラがまったくいないので、どの派生も全部美味しく楽しめるのが素晴らしいな!と思います。

>M様
ありがとうございます~。私市さんの甘ったれた舌足らずな喋りは本当にエロいなー…とつくづく思います…。

投稿: 後藤羽矢子 | 2014年8月20日 (水) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニメDRAMAtical Murder 第6話感想ネタバレ | トップページ | アニメDRAMAtical Murder 第7話感想ネタバレ »