« アニメDRAMAtical Murder 第1話感想ネタバレ | トップページ | アニメDRAMAtical Murder 第2話感想ネタバレ »

2014年7月10日 (木)

東京陰陽師 四谷ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

少し間が空いてしまいましたが、四谷ルートの感想です。

四谷は外見的にかなり好みだし、共通ルートや他ルートで出てくる彼は飄々とかっこよく、穏やかそうに見えて、ちょっと気分を損ねさせたら一瞬で殺される危険も孕んでいて、かなりときめきました。

しかし肝心のルートはというと、ちょっとん~???

なんか謎のミラクルルールに始まり、謎のミラクルルールで終った…という印象です。

以下おりたたみー。

四谷さんはバサラと同じく、ゲーム開始時にすでに肉体関係があるおつきあい。

バサラは式神だし(しきがみで変換すると敷き紙と出る…でもあながち間違ってもいない)肉体関係といっても、ご主人様の体を慰めてさしあげる、いわば性欲処理係のようなものです。

そして四谷との関係はあくまでも取引。借りを返すという名目でキスしたりセックスしたりしています。

さらに話を進めていくと、天現寺橋の初めての相手が四谷ということが判明します!!
ってどんだけアドバンテージ!!
四谷との初めてのシーン、回想でドタチュンでしたが、頑なでうぶな感じの天現寺橋が可愛い…。上大崎ルートの学生時代にも似たピュアさ…。
そんな天現寺橋をあんなアンニュイでスレたエロさ漂う男に仕立ててしまうなんて、四谷さんどんな手管を使っていたのでしょうか。

それはともかくお話のほうは、四谷一紋の妖が行方不明になる事件が続いて、四谷が天現寺橋に調査を依頼。調べていくうちに青山という陰陽師が噛んでいて、四谷がそいつに親族7人まで呪殺される呪詛を食らわしたら、なんとそいつが天現寺橋の親戚だったというものすごいうっかり!しかも一番最近会った親族から順に死んでいくというオプション付き!!かくして7日後に死ぬまでになんとか呪いを解かなくてはというタイムトライアルが始まります。
とりあえず逃げ出した青山をとっつかまえ、解呪を試みますが、解呪が成立する前に何者かに殺される青山。かくて呪詛は天現寺橋におっかぶせられ、さらにひどい事態に。

青山を裏で操ってたのが、ゴスパン甘党キチガイの凶骨さんという人で、彼はいつもペッキー(ポッキー)を手にして甘いもの大好きアピールをしてますが、ポッキーってそんな甘くないよね…?

まあそれはともかくとして、その凶骨さんと四谷がやりあうと微妙が四谷が力負けしている。それを凶骨さんが煽ってくるんですが、その煽り方がめちゃくちゃイラつく~~!

                        ∩___∩
     __ _,, -ー ,,             / ⌒  ⌒ 丶|     今、どんな気持ち?
      (/   "つ`..,:         (●)  (●)  丶        ねぇ、どんな気持ち?
   :/       :::::i:.        ミ  (_●_ )    |
   :i        ─::!,,     ハッ  ミ 、  |∪|    、彡____
     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●    ハッ    / ヽノ      ___/
    r "     .r ミノ~.      ハッ   〉 /\    丶
  :|::|    ::::| :::i ゚。            ̄   \    丶
  :|::|    ::::| :::|:                  \   丶
  :`.|    ::::| :::|_:                    /⌒_)
   :.,'    ::(  :::}:                    } ヘ /
   :i      `.-‐"                    J´ ((


これを思い出しました!

とりあえず天現寺橋の呪詛を抜く方法はあるんですが、その方法、追儺をすると今度は四谷が死んでしまうという手詰まり状態。

このルートはどちらかを選んだらどちらかを捨てなくてはいけないのか、両方を望むことは無理なのかという苦渋をテーマにしています。「ふたつの願いはひとつしか叶わない~♪」「ふたつの願い」(by槙原敬之)状態です。

このテーマは四谷だけじゃなく、じつは凶骨にも被っていて、凶骨もかつて、友人が村かの取捨選択の末、村のほうを選んでしまったという哀しい過去があり(その友人が四谷の生みの親)そのテーマはすごくいいと思うし、切ないものもあるのですが、展開や見せ方がどうにもこうにも消化不良が否めません。

あとラストの追儺を選択して、四谷があわや死にかけるシーン。結局なんで解決したのかよくわからない…。いや四谷の真名がどうたらこうたらと言ってるのですが、なんでそれでチャラになったのかが、ミラクルルールすぎて置いていかれる気分。

こういう場合、四谷が食われた右腕がそのまま復活しないとか、なんらかのペナルティがないと、すごいご都合主義に見えてしまいます。実際そうなんですが。

巨大化した凶骨の3Dが街で大暴れしたり面白い演出も取り入れてるのに、なんかいろいろそそくさとしすぎた印象です。
なんか惜しい。もどかしい。

それでもセフレでしかなかった四谷と天現寺橋がじょじょにお互いを想いあって、慣れない感情にとまどうところや、甘酸っぱい萌えどころもいっぱいあって楽しめもしたんですが。

とにかくなんだか「惜しい!」の一語に尽きる四谷ルートでした。

バサラルートはめっちゃおまけなんで割愛します。

次回は総評です。

|

« アニメDRAMAtical Murder 第1話感想ネタバレ | トップページ | アニメDRAMAtical Murder 第2話感想ネタバレ »

コメント

いつも楽しく記事を拝見しています!
私も当作品をプレイしている最中です。
今のところ、ルートごとにイメージが違うな、という印象なのですが、
後藤さんの総評を楽しみにしております!
これからもブログがんばってください!

投稿: かの | 2014年7月17日 (木) 11時20分

遅くなりましたが総評書きましたー。もうかの様はコンプしましたでしょうか。とりあえず自分は一番は目黒かなーという感じになりました。でもどのキャラも魅力的で甲乙つけがたいですね。ワイワイやってるのも見てて楽しいです。

投稿: 後藤羽矢子 | 2014年7月22日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニメDRAMAtical Murder 第1話感想ネタバレ | トップページ | アニメDRAMAtical Murder 第2話感想ネタバレ »