« 東京陰陽師 上大崎ルート感想ネタバレ | トップページ | 東京陰陽師 攻略 »

2014年6月29日 (日)

東京陰陽師と紅天

後藤羽矢子です。

東京陰陽師、現在目黒ルートに入りました。
けっこう個別ルート入るの大変っていうか、ひとつの選択ミスでけっこう大胆にフラグがへし折れます。後で覚書として攻略記しておきたいと思います。

それで前々回の記事でもチラッと書きましたが、このゲーム、紅天と世界観が繋がってて紅天のキャラ出てくるよーと発売前から公式のアナウンスがあったのです。

一応わかってはいたものの、突然出てくるとけっこうサプライズですね。

以下おりたたみー。

紅天キャラの出てくる依頼は、妖がらみだけあって四谷狙いにしてると出てきます。
一週目で「闇組織の式神」は選ばないほうがいいと思います。

二週目の「調査依頼」をなーんにも考えずにやっていると。
殺人事件の調査依頼を受けて、現場のラブホに行く天現寺橋とバサラ。担当の刑事は桜井といって、声が丈隆史さんでした。
ふつーここで気づくものなのに、私は「へー桜螺の声の人だな」と思うだけだった。我ながらニブい!!
しかもその後上司の名前が九鬼だとか言ってるのにまだ気づかない私。

結局、彼の持っている拳銃に蝶がついてるところで、やっと「あああ!!これ桜螺の生まれ変わりだああああああああ!!!」と気づく始末。おっせ!!
よく見たら髪形も似てるしな…。

しかし鏡丞も一緒に生まれ変わってるのか…。いったいこの世界線では藍丸は誰とデキてるんだろう…。

3週めの「偵察者」で、まさかの弧白!
出てくるとは思ってなかったからびっくりしたあー!
キャラデザインは紅天の面影ないほど別人でしたが、正直…カッコイイ…。好み…。
そして声もちゃんとルネッサンス山田さんでした。
このためだけに呼んだんかい!!!

しかし久々に聴く弧白節、嬉しかったー。ところで弧白さんの字、狐妖怪だからうっかり狐白と思い違いしてしまいそうですが、弧白なんですよね…。書き間違いしないようにちゃんと確認しました!

4週めの「預かり屋」
ここは発売前から公表されてた襲さんが出てきます。
でも襲さんは紅天ではサブだし、このシナリオでも天現寺橋に依頼しにきただけなのでさしたる感慨もなく、へーみたいな気持ちでクリア。

そんなわけで余禄ではありましたが、久々の紅天燃料がちょっと嬉しい私でした。

|

« 東京陰陽師 上大崎ルート感想ネタバレ | トップページ | 東京陰陽師 攻略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京陰陽師 上大崎ルート感想ネタバレ | トップページ | 東京陰陽師 攻略 »