« 予告 | トップページ | 大正メビウスラインPSP 千家ルート感想ネタバレ »

2014年3月 3日 (月)

大正メビウスラインPSP 時雨ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

時雨ルートも終りました。
ハア…。面白かった。

時雨ルートの完成度の高さを再認識いたしました。
そして時雨の声が本当に耳に心地いい…。

時雨が祝詞を詠唱するとそのたびにボイスセーブして、結局PC版とほとんど同じライブラリーになってしまった…。そうですね…馬鹿です。

そういえば館林ルートの「そうですね…馬鹿です」は新録だったなー。
PC版の「そうですね…馬鹿です」はどう聴いてもチンコ入れられてる声だったからしょうがない。

それはともかく。
以下おりたたみー。

時雨ルートの特筆すべき点は、やはりハッピーエンドがふたつあること。

そのどちなも納得のいく流れで、人の幸せというのは決してひとつではないんだなと思わせられます。

まずは農耕ENDからの回収。あ~…普通の男子っぽい京一郎カワイイ…。それにしても改めて読み返すと京一郎よく食うな…。どんぶりメシおかわりして「普段は丼一杯で済むんだけど…」とか言ってて、普段からどんぶりかい!とツッコミたくなった。

あ、でも昔の人ってめっちゃメシ食ってたみたいですね。
米の消費量が減ってるっていうのも、もちろんパン食や麺類食べることが増えたのも理由ですが、食生活が豊かになって、昔のように少ないオカズでメシいっぱい食うスタイルじゃなくなったというのもあるそうです。

メビウスラインの頃は、一汁一菜でメシたくさん食う時代だったのでしょう。
時雨んちは麦飯も食ってるので脚気になる心配もありませんね!

まあそんな食生活に想いを馳せつつ進めてると、京一郎のオナニーが始まりました。
ここも当然ですが、下半身が見えないようにトリミングされてます。
しかしテキストのほうは直接話法を使わないというだけで、読めばやってることはだいたいわかるようになってます。
昨今、アナルだチンコだとストレートな表現に慣れきった身としては、このはんなり感が逆に新鮮でもあります。

そして小さな嫉妬や意地の張り合いの末に素直になったりと甘酸っぱいことを繰り返しつつエロシーンに突入。
あー…やっぱりだけど時雨のフェラなくなってる…。
貴重な攻めフェラが…!
しかし代わりに事後、二人でサイダアを飲むシーンが追加されています。
いままで飲む飲む詐欺だったサイダアをようやく飲むことができた二人…。
スチルの京一郎が100%事後な色気でたまんないね!

そしてごぎょうばくむの術を発動させて、根の道通って京一郎の田舎へ。あれ?千家が二度目の分かち身の術に騙されるのってここじゃなかったっけ?なんか記憶が…。PC版、旧パソに入ってるから確認がしづらい…。
もしかしたらあまりに千家がマヌケだからカットされたのかしら…。

スタッフロール後に後日談。
館林が持っている雄真ま遺品を受け取りに二人で帝都に。
あら。館林が前髪おろしてる。かわいい…。
京一郎はスーツでキメッキメ。時雨は着物を着ていますが、何故か下にハイネック着用。
農民になったのに忍者っ気が抜けていない時雨さんでした。

五本刀復権ルートのエロは、ちゃんとバックスタイルで完遂。その後の京一郎の「時雨さん」もあったし、臣さんのセックス指南もちゃんとあってホッとしました。しかし言葉をぼかしてるのは最中だけで、それ以外ではけっこう普通にセックスを示唆する言葉使ってますなあ。

あ、でも時雨が花街に行ってただろうしみたいなところはカットされてましたね。
やっぱり攻略キャラが風俗行ってちゃダメなんですね!

ここはEND後の追加エピはありませんでしたが、途中に、回想で時雨と臣さんと雄真さんで星読みをするシーンがあります。
時雨18歳くらいかしら…。かわいいな。ちょっといまよりやんちゃな口調もいい。少し若い雄真さんも素敵です。臣さんはあまり変わってないけど。
それにしても時雨の星読みがすごい…。ごぎょうばくむで職失っても占い師やればいいんじゃないかと思いました。星を読むのは術じゃないから大丈夫なんじゃないかなー。

そんなわけでエロについてにしか言及してないみたいですが、それ以外の部分はあまりPC版と変わってないのではしょってしまいました。

しかし本当にメビウスラインは面白い…。

次回はいよいよ千家ルートです。

|

« 予告 | トップページ | 大正メビウスラインPSP 千家ルート感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予告 | トップページ | 大正メビウスラインPSP 千家ルート感想ネタバレ »