« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

寝っころがる蒼葉ちゃん

後藤羽矢子です。

なんとなーくベッドに寝っころがる蒼葉ちゃんのGIFアニメ作ってみました。

13884173692ukdbsrzvouqu8w1388417369

作ってる途中で疲れからの体調不良でムチャクチャ気持ち悪くなって、吐き気を堪えながら作ってました。なんでここまでしてやってんだろう…と思いましたが、GIFアニメは一気に作らないとダメなのです。

まあ自己満足なのです。

| | コメント (3)

2013年12月30日 (月)

ポスター

後藤羽矢子です。

昨日は松本さんのお手伝いでコミケに参加してきて、とりあえず企業はシニシカントのセットだけ買いました。

今日はかなりヨレヨレですが、とりあえずポスターだけは貼りました。

といっても私の部屋は壁一面が収納のドアになってて、スティックポスターとか小さめなポスターしか貼れないのです。

しかしドアにはなんっとかギリギリ貼ることができました。

Poster

ドアのすぐ前で私はパソ作業してるので、すごい威圧感です。蒼葉ちゃんの熱視線を感じます。

ウイトリのほうは…さすがにホモホモしすぎるので、家族とかアシさんの手前、自重しました。

明日には部屋を綺麗にして、屏風のほうも飾りたいと思います。今日は疲れてて掃除する気にもなれない…。

| | コメント (0)

2013年12月28日 (土)

ニトロプラスミュージアム行ってきたー!

後藤羽矢子です。

最近仲良くしていただいてるドラマダ者のMさんKさんSさんから「ニトプラミュージアム行ってパセラでキラナイDVD観る集いやりませんか」と誘われ、ふたつ返事。秋葉原電気街に集合しました。

しかしニトキラのやるこのテのイベントは、読みの甘さがつきもの。
案の定行ってみたら道路をまたいでの長蛇の列。
しばらく4人で並んでたものの、30分ぐらいしてもジリっとしか動かないし、寒いしで、年寄り集団の私たちはさっさと離脱。
もしかしたら夕方なら空いてるかもという希望的観測で、先にパセラに行くことにしました。

DVD鑑賞会といっても誰がDVD持ってくるんだろう…。もしかして全員が誰かが持ってくると思って誰も持ってこないかもしれない…。と、漫画家は粗忽者が多いという経験則に基づき、私もDVDを持参。
そしたら全員がそう考えていたらしく、全員がDVDを持ってきていました。

せっかくだからとケースを合体させて一枚絵にしてみました。

Dvd

素晴らしい…。

そしてSさんの以外の皆がサインライトを持参。さらにいうとMさんはキラナイリストバンドをはめ、KさんはゴートのTシャツを着ていました。

どんだけ気合いはいっとんねん!!!

そんなわけで鑑賞会は大盛り上がりでした…。

4時間ぐらいをパセラで過ごし、ゲーマーズの前まで戻ってみると、整理券を配布していました。

最初からそうしろし。

私たちは18時半の整理券をもらい、クイーンズドルチェで時間をつぶしました。

キラルカフェ以外の通常営業のドルチェに行くのは初めてでしたが、普通に賑わっていて(何故か男の人が多かった)そして通常営業なのに、カウンターからは店員さんの「蒼葉がー」「ノイズがー」という声が聞こえてきて、かなりオタ度の高い空間でした。

ところでお客さんの中に外見が碇ゲンドウにクリソツなおじさんがいて、店員さんが激しくゲンドウに似てることをツッコんでて、その様子を見ていたMさんがぼそりと「あの人友人の会社の同僚かもしれない…」と呟いていました。そしてどうも本当にそうだったようです。世間は狭い。

そして時間になり、やっとショップに入れました。
品揃えはなかなかのもので、過去に出たキラル作品のオフィワやサントラは全部揃ってたし、ずっと欲しかったあんほんカバーやマグカップもありました。

他にもいろいろ欲しいものはありましたが、年明けにもう一度行く予定があったので、一万円ぶん買ったところで「今日はこれぐらいにしといたるわ」と呟く私。
キラルくじを二枚もらいました。

当たっていますように……。

そんな感じでした。たぶん明日からは最初から整理券が配られると思います。
本当にいつも読みの甘いニトキラだなあ…と思いました。

| | コメント (0)

参千世界遊戯始めました

後藤羽矢子です。

参千世界遊戯が無事発売されました。

前日にロボットレストラン行って大はしゃぎしたら、今日になってありえないほどの疲労に見舞われ、しばらくぐったりしてたのですが夕方になって元気も回復したので始めました。

乙女プラグイン実装!!!

とりあえず誠士郎ルートは終った…かな?

途中で松本さんとチャットしながらプレイしてたので、正確なプレイ時間があやふやになってしまったのですが、たぶん6時間ぐらいじゃないかと。

システムはとっても快適。セーブスロットは300もある!えらい!そしてボイスセーブも実装されてます。こちらも余裕たっぷりの300スロット。

ただ、ボイスがなんか微妙に遠い…。音量マックスにしてもなんだか遠い。

あと、スチルとシーンの回想がキャラごとに分かれてない。
だからそれするとEND回収率がわかりづらいっちゅーねん!

絵はちょっと硬い感じはしますがおおむねご褒美レベルです。トモエさんのおっぱいがかなり男性向けチックにでかくていい感じ。

背景はすごく上手いのとすごくダサいのが混在してて、困惑します。
主人公側の世界は近未来社会だというのに、繁華街の背景とか先祖がえりしたかのようなダサさです。

お話は1ルートクリアだけでは、いまひとつ世界の謎とかわかんない状態なので、フルコンプしてから判断くだしたいと思います。
萌えはとってもありました!
そしてたぶん最萌えは誠士郎のまま動かない予感がする…。

誠士郎ルートのちゃんとした感想は後日に。

明日はお友達とキラルショップ行って、次の日はコミケでかなりヨレヨレになることが約束されてるので…。

| | コメント (0)

2013年12月24日 (火)

アニバ本でメリクリ!

後藤羽矢子です。

メリークリスマス!

と言っても私は艦これのクリスマスイベントにかまけまくり、松本さんは同人誌のキワキワ入稿で、大破した艦娘みたいになってるしで、クリスマスとは無縁の殺伐さです。

そんななか、アニバ本がやってまいりました!

当たりカードは入っていませんでした。でもいい!

ハア……幸せ……。

とりあえず読んだ順から、感想箇条書きにしていきます。

イヴァン編

イヴァンとジャンの寝てるベッドでけーな……。

色違いおそろいパジャマカワイイ……。

イヴァンちゃん、靴も脱がずに寝るほど用心深かったのに、いまはちゃんとパジャマ着て寝てることに感動。

カジノにいるデブジジイが、いまてんねんサポートのアイコンになってるから、なんかてんねんの人に見えてくる…。

ジャンさんを個室に引きずり込むスピード感すごい!

結合部のどアップはいい…。これがあるとエロ漫画読んでる~って気持ちになる…。

なんかイヴァンちゃん背、伸びたなー!

「お前がついてんだ!負けねえよ!」って台詞萌える!!

ジュリオ編

あ!ベーコン出てきたら「これはない」って思ったんだ!ジュリオ欠けてるから、いま生きてる豚とベーコンは別とか考えてそうと思ったけど、なんかすごく人間ぽい!

豚をなでなでするペレットさんカワイイ!

おそろいのパジャマ!!!!!

ナイフじゃなくて缶切りで豚を脅すジュリオ…缶切りってとこがカワイイ!!
脅しつつも本気の殺意を向けているわけじゃないのがいい。

突然スイッチ入るジュリオ!すごい…激しい…。乳首弄りながら素股からの~挿入!
このときのチンコがぶるんってなるのは、ちょっとブッてなったんですけど、由良さんのエロって汁気と躍動感がキモだから…すごく由良さんぽいなーと思った。
あとジュリオが上スーツ着たまま、下マッパになってるのが、なんか新しいって思いました。
ほらBLの攻めはこういうとき、チャックからチンコだけ出すか、脱いでも半ケツぐらいで全部脱ぐってあんまりないから…。

ぶっかけられて、猿轡はずされてるときのジャンさんの表情が至高。

「あの巨大なパンチェッタはまさか…!」のジュリオの台詞に吹く。ジュリオ本当に人間になったねえ……。

ラストのキスシーンに心底癒される……。

ルキーノ編

黒猫に横切られたルキーノさんにツイてないことばかりが起こる話なんですが、目玉焼きが両面焼きだったことも何気に不幸にカウントされてて笑った。
しかし食べ物を粗末にしちゃいかんよ。
そして相変わらず地味にメンタル弱いルキーノ。

エロシーン、なんか新鮮なシチュエーション……。あぐらかいたまま、ちょっと身を屈めて血ジャンさんのチンコ舐めるルキーノさん、なんかすごくこなれた二人って感じがエロい…。

右手使えないから、ジャンさんにケツ広げさせてるのもエロい…。
そしてネクタイきっちり締めたまま、大股びらきしてるジャンさんの「待ちきれない」みたいな表情がクッソカワイイイイイイ!!!

エロはルキーノが一番萌えたかもしれない…。

あと髪おろしたルキーノも新鮮でした。

ベルナルド編

ちっさいジャンさんみたいな子供をお守りする話。
お話はこれが一番好きかな…。

ベルナルド、「この子を俺たちの養子にしないか」って…。俺たちって!あんたたちは結婚してないでしょ!どっちの養子にするんだよ!
その後すっかりその気になって自分のこと「パパ」とか言ってるベルナルドに爆笑。
でも子供というか、自分を繋ぐものを残したいと考えてるベルナルドがちょっと切ない。

エロシーンは、ジャンさんにフェラさせながら足コキするベルナルドという、これまた新鮮なシチュエーション。なんていうか皆さんエロが円熟してますね。
そういう関係になって数年、エロの密度が増してる感じがします。

イヴァンだけがあいかわらず性急だったけど…。

ラスト近くで、ベルナルドを引き止めるJrとそれを抱きしめるベルナルドの流れがすごくいい。なんだか…キュンとなった。

すっごい箇条書きですが、こんな感じで楽しめました。
あと上から目線ですが、由良さん漫画力あがったなーと思いました。
ラキドの特典のイヴァジャン漫画は、正直ちょっと読みづらかったんで…。
すごく読みやすくなってたし、面白かったです。

またちょっとねぶねぶ書くかもしれませんが今回はこのへんで!

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

メビウスライン一周年!

後藤羽矢子です。

今日はメビウスライン発売一周年!ちょうど今頃の時間は、千家ルートをあらかた終えた頃でした。
一年経つのは早いですね…。

そして一周年企画として、ユーザーからの質問にキャラたちがお答えするコーナーが公式のブログに設けられていました。

じつは前作の紅天でも、ユーザーからの質問に定期的に答えるコーナーをブログやっていたのですが、そのときは顔アイコンなどを駆使して、かなり面白いものになっていました。

ここなんですけど。

まあ紅天をやってないとちょっとわからないことだらけですが、やっぱり顔アイコンがあるとグッと面白いでしょう?
メビウスラインのも顔アイコン入りでやって欲しかったなーとちょっと贅沢なことを考えてしまいました。

それにしても質問コーナーは面白かった…。

第一問めから、攻めのほぐし足りない問題に切り込んで行くとは…。
そして「俺はした!」と堂々と言い放つ時雨と無言の館林。
いたたまれなさMAXの京一郎とのっけから混沌が渦巻きます。

質疑応答は全部面白かったんですが、なかでも館林さんの馬の名前の話とか受けた。
「セ号」なんて大雑把な名前だから、ついRPGで名前を「ああああ」にしちゃう系の人なのかと思ったら意外にちゃんと謂れがあった…みたいな。
でもやっぱりざっぱだと思う……。

あと時雨が京一郎の言えに行くことはないんですか?の質問に「行きまくり」と答えてたのが吹いた。可愛い!
まあ五本刀衆に声を聞かれないよう気をつけるというエピソードがあるくらいだし、だったら京一郎んち行ったほうがのびのびセックスできるよね…。

あと千家は煎餅を食わない…。なんでだろう。ぼりぼり音が出るのが嫌なのかしら。
ローザさんもツイッタで言及していましたが、プロフに好物は「手が汚れないもの」って書いてたのに…。でも煎餅は手づかみ前提だからなあ…。ていうか京一郎があーんして食べさせればすべて解決なんじゃね?と思いました。

そんなわけで何気にサービス豊富な一周年記念企画でした。

本当にラブデリはテキスト優先ブランドですなあ。そのほうが好きだけど…。

拍手お返事。反転してます。

21日の方
興津さんてほわ~んとしてる方なんですか!わー楽しみですね!じつはあんまり素の声聞いたことないので、本当にいまから楽しみです。内匠 靖明さんの素もよく知らないのでどっちも期待です!

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

碧島のビッチと穴兄弟

後藤羽矢子です。

前回の記事をあげてから半日ぐらいなんですけど。

蒼葉ちゃんが女遊びに興じてたのはほんの数年前だし、碧島というか旧住民区は狭いしで、蒼葉ちゃんが遊んでた女と紅雀が遊んでた女が被ってたりしないのかなと、ふと考えてしまいました。

でも蒼葉ちゃんはその頃、ライムの記憶消されてたりとか色々あって、記憶もふわっとして、たぶん女の顔とかあんまり覚えてない。

紅雀にキャーキャー言ってたかってる女の中に、蒼葉ちゃんとヤってた女がいて、女のほうが蒼葉ちゃんに気づいてハッとなり

紅雀さんの前で余計なこと言うんじゃねーぞ」という念を込めたガンを蒼葉ちゃんに飛ばす。
でも蒼葉ちゃんは女のこと覚えてないから「うわ~…紅雀のファンに睨まれちゃったよ…こえ~…」とか思ってたりしてそう。

そんな想像をしてしまいました。

っていうか、先々、紅雀が蒼葉の女履歴を知ってショック受けるSSを書こうかと考え中なんですが、そんな話は地雷でしょうか…。

でも穴兄弟ってちょっと萌えませんか?いや萌えないか…。

| | コメント (6)

蒼葉ちゃんと即尺

後藤羽矢子です。

SS書いてたりすると情報の確認のためとかで、オフィワ読み返したりゲームやり直したりするんですが。

そのたびに「なんて蒼葉ちゃんてフェラ好きなんだろう…」と思います。

風呂に入る前の洗ってないチンコをフェラすることを風俗用語で「即尺」って言うんですが、蒼葉ちゃんは即尺全然平気ですよね。

ノイズルートでの即尺したあげく精飲は、ノイズのリアクションが薄いせいで、なんとなくこっちも自然な行いのように錯覚してしまいがちですが、エライことですよ!!
ノイズも顔はしらっとしてましたが心のなかではきっと「なにコイツ……?」とか思ってたはずです。

そのくせリコネで、自分がフェラされたら異様なほどキョドってるし。
しかも蒼葉ちゃんのは、ちゃんとシャワー後のキレイなチンコなのに。
抵抗とか嫌悪感とかねーの…?」とか蒼葉ちゃんは言ってましたが、「それはこっちが言いたい!」と多くのユーザーがツッコんだと思います。

そこでフッと思ったんですが。

ヤンキー時代、蒼葉ちゃんは女遊びもけっこうしてきたらしいですが。
きっとその女たちはフェラ嫌いだったに違いない。

「え~~やだ~~そんなとこ舐めたくないし~~」とか言って、ろくにサービスもしないマグロだったに違いありません。クソビッチめ!!!

ヤンキーといっても心根の優しい蒼葉ちゃんは、無理強いすることもなかったのでしょう。
そんな感じで相手にフェラさせるの悪いみたいな刷り込みができてしまったんでは…。

とか無駄な妄想が加速してしまいました。

でも相手にさせるのが悪いことでも、せっせとしてあげる蒼葉ちゃんはいい子だなと思うのでした。

| | コメント (2)

2013年12月17日 (火)

メビウスラインラヂオ

後藤羽矢子です。

メビウスラインラヂオが1月から配信されるみたいですね!

PSP版の販促企画らしいので、紅天ラジオのときみたいに毎週やるわけではなさそうですが、楽しみ~!

紅天ラジオは、パーソナリティは藍丸と宗也の中の人で、素の状態でも、藍丸と宗也まんまの親友同士のキャッキャ感を醸していて大変なごみました。

しかしメビウスラインラヂオはパーソナリティが京一郎と千家(の中の人)
えっ…。意外なところから来たな…。もしメビウスラインがラジオやるなら時雨と京一郎かな…とか思ってました。
時雨ってパーソナリティに向いてそうじゃないですか。
千家なんてラヂオから一番遠い人そうだ…。やったら玉音放送みたいになりそう…。
いややるのは千家じゃなく興津さんですが。
紅天ラジオは本当に。パーソナリティのノリと役のノリがあまり離れてなかったのですが、今回はギャップが凄そう。でもそのギャップが面白そう…!と思いました。

ところで紅天ラジオでは、ユーザーの皆様からオススメ金鍔の店情報などを募集していましたが、メビウスラヂオではやっぱり煎餅情報募集とかになるんでしょうか。

でも前後編の2回だけっぽいので、そこまで行かないか…。

楽しみだな~。年末年始と楽しみが多くて大変だ…。

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

お宝くじ

後藤羽矢子です。

28日から秋葉原で開かれるニトロ&キラルショップですが。

蒼葉ちゃんやナイトウくんの等身大ポップが当たるかもしれないお宝くじがあるというじゃないですか!
欲しい!!

って…松本さんに言ったところ「え~私は無理だ。置くとこないし、元々どんな好きな作品でも場所取るグッズは買わない主義だし」とのこと。
私もわりとそうだったんですけど…。

でも蒼葉ちゃんのポップは欲しいよー…。ていうかキラルお宝くじなら過去作品の等身大ポップ全部放出してくれればいいのに…。そしたら当選確率もあがるのに…。

あのコミケのブースとかで展示してたポップってまだとっておいてあるのかなー。

それはともかく。
来年の運をすべてつぎこむ覚悟でくじに臨みたいと思います!

ちなみに明日は小田原のだるま市で、だるまに願いを託して目を入れてもらうのですが、
蒼葉ちゃんのポップが欲しい」と願いを託してもいいのだろうか…。

拍手お返事。反転してます。

14日の方 SSの感想ありがとうございます~!リコネは私も「えっ!ドイツまで行かないの!?」とちょっとびっくりしましたね…。でもドイツ生活を妄想する余地があっていいのかもしれないです。いろいろドイツのことを調べるのが楽しいです。

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

ノイ蒼SS書いたよー

後藤羽矢子です。

予告していたノイ蒼のSSできました。

Pixivのほうにもアップしたので、そちらのほうが読みやすいという方はどうぞ。

前回のファーストクラスで一発キメるSSは、落ち着いてできない状況だったせいで、せわしない描写になってしまったので、今回のエロは頑張ってネチネチ書きました。

作中のドイツ語は……翻訳を頼みました。
ここで頼みました。
料金もスピードもお手ごろで大変いいと思います。
エロシーンの台詞も翻訳してもらいました。
エロティックなシーンなのでそういうニュアンスでお願いします」と備考に書きました…。
翻訳してもらった台詞を写しているとき、急激に恥ずかしくなって「ぎゃあああー」って心のなかで叫びました。

そんな羞恥プレイもありましたが、こういう表現をしたかったので大変満足です。

感想などいただけたら嬉しいです。

| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

参千世界遊戯 予約ー

後藤羽矢子です。

いま以前に予告したノイ蒼SS書いています。

いつもはPixivの表紙イラストを松本さんに描いてもらってるのですが、さすがに冬コミ前のこの状況で「絵描いてー」とは言えないので、しかたなく自分で描くことにします…。

私は自分の絵は嫌いではないのですが、女性向けからあまり遠い位置にいるので、理想と現実のキャップに懊悩するのです。

話変わって、今日やっと「参千世界遊戯」を予約しました。
まあ最初は公式で予約するのが一番手堅かろう…と思い公式でしました。

このゲームの私的に一番ポイント高いのは、攻略キャラの一人がトリップさんの中の人だということです。
しかしキャラは眼鏡の堅物系で、トリップさんと真逆のタイプで、演技も全然違ってて、たぶん言われなかったら私は気づかなかったと思う…。
本当に声優さんてすごいですね。

しかし私は一応声には関心があり、ゲーム買うとき「この人が出てるなら…」みたいな気持ちでメーターが買うほうに傾くことはあるのですが、声優さんの声を聞き分ける耳はたぶん…ない。

「蝶の毒華の鎖」にも攻略キャラにウイルスさんの中の人が出てましたが、それにも全然気づかなかった…。声はまったくウイルスさんと変わらなかったのに…。

でも館林とノイズが同じ人ってことに気づかなかった人は多かったので、ちょっとホッとしました。まあ裏名も違ってたし…。

ところで参千世界遊戯の攻略キャラのなかに主人公の実の兄がいますが、その人のサンプルボイスを公式が異様なほどもったいつけてたので、ボイスがアップされたときに「誰よー」と思って聞きに行ったらコーヒー吹きました。

さすがにここで誰とは言えないのですが、聞けば大抵の人がわかると思います。

そんなわけでますます楽しみになりました。

| | コメント (0)

2013年12月 9日 (月)

ラブデリ怒涛の特典攻撃

後藤羽矢子です。

PSP版メビウスラインの発売日も決まり、そろそろ予約しなくては…と思うのですが、案の定ラブデリの特典がすさまじすぎて、どこにしようかまだ迷っている次第です。

ドラマCDですらあの特典なのですから、移植とはいえ新しいソフトが出るならラブデリはこれぐらいやると思っていましたが…。ローザさん働きすぎ!

しかも特典情報ページには「店舗特典情報第一弾公開中!」とか書いてあるし…。第二弾あるのかよ…。いやラブデリのツイッタでさらにSSがつくってわかってるけど…。

複数買いはしても2本かなあ…。PC版に比べると若干安いから3本でもいいけど…。

とりあえず全部出揃うまで予約は待つことにします。

ところでちょっと気になるのがラブデリのブログで御雄Pが「来年ももうちょっとメビウスラインは動きます!なので、年明けあたりにけっこう大きめな感じで告知できるかと…!」と言ってて、ローザさんがツイッタで「来年もお仕事させてもらえそうです」と呟いていたこと。

もしかしてFDくる?!とか思ってしまうのがファンの性。
しかし「もうちょっと」って言ってるからFDじゃないのかなーとも思う。
でもラブデリがFDを出さないわけがないと私は思ってるので、FDの可能性に期待を寄せています。

そしてもし本当にFDが来てしまったら、特典はどんなことになってしまうのか…といまから恐ろしい私でした。

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

ラキドアプリー!!!

後藤羽矢子です。

今日からラキドのアプリが配信されましたね!
あいほんにした喜びを噛み締めつつ、さっそくダウンロード。

ゲーム以外にも壁紙や、過去のSSをビジュアルノベル化したものとか、けっこういろんなコンテンツが入ってます。

ぶっちゃけ無料なのは、ゲームの監獄編までで、あとのコンテンツは壁紙ひとつまで全部有料なんですけど、そんなことはどうでもいい!
壁紙すげえいっぱいあるうー!既出絵ではあるんですが、やっぱり壁紙は嬉しい!
とりあえずジュリジャン関係はあらかた落とす。

そしてビジュアルノベルですが、ベルジャン誕生日SSと、ジョシュアのバレンタインSS。
どちらにも描きおろしスチルが一枚づつ入ってます。

テキストウインドウはなく、背景画面のまんなかにテキストが表示される仕様。
そこに人物のワイプがカットインしてくる。
なかなか新鮮な見た目になってます。
スマホで見ることに特化させた画面つくりって感じがします。
実際見やすさではゲーム画面より勝ってた気がする…。

ボイスはありませんが、SEなどはこまめに入れて臨場感出しています。
ワインとくとくとか、ワイングラスカチーンとか。
さすがにキス音はなかったけど…。まああってもいたたまれなかったからいいか。

しかしキススチルは最高だった…。唇のはしにちょっとワインが滴ってるのとかエロい…。
ジャンさん可愛い…。

ジャンさん可愛いよおおおおおおおー!!!

ハア…。久しぶりにラキド燃料補給した~…って満たされた気分を味わえました。

ゲームのほうはとりあえずいまはジュリオルートだけ落として始めたのですが、なんかゲーム画面の横にチョコンとジュリオの顔アイコンがあってそれがまた可愛い!
でもほとんど画面はPC版と変わりない感じです。
ところで製品情報欄には、これでもかっていうくらい内容の傾向が表記されてるわけですが。

暴力描写があるかないかとか、アルコール、タバコ、ドラッグの使用描写があるかないかとか。噂には聞いてましたがスマホはそういうとこかなり厳しいんですね。
だいたいそれらの描写は「まれ/軽度」となっていましたが、「性的内容またはヌード」のとこだけ「頻繁/極度」となっていて、まあそりゃそうなんだけどブハッとなりました。
そうか~頻繁極度かあ~!頼もしいな!

私としては「過激な言葉遣いまたは下品なユーモア」のほうが、よっはぽど頻繁だったような気がするんですが、そこは「まれ/軽度」でした。

あーそれにしてもボイスがないってことは、バクシーの名台詞「まさかもま○こもねえよ」の、テキストではせっかく伏字にし、ピー音までかぶせてるのに、音声が全然消えずにしっかり「まんこ」と聞こえてしまってる高度なユーモアもなくなってしまうのですね…。

全然関係ありませんが、「まさかもまんこもねえよ」は一時期私と松本さんの間でブームでした。

そんな感じでラキドを改めて楽しんでいます。
この先、他のSSもビジュアルノベル化して欲しいなと思います。
ジュリジャンは長いから無理かもしんないけど…。

| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

Cool-B 1月号感想ネタバレ ラキド編

後藤羽矢子です。

Cool-Bゲットー。
今月の表紙はオメルタFD。お!なんかカッコイイな。オメルタ面白いのかな。ちょっと気になってきました。

ラキドは今月アニバ本も出るし、あいほん版もリリースされるしで、ずっと情報停滞気味だったので嬉しい。
badeggは、イヴァンとルキーノの初登場シーンのお披露目。
わああ…イヴァンがなんかカッコイイ…!

本編ではのっけからかなり小物臭漂わせてたのに…。いや、だからこそルートに入ってからのかっこよさにグッともきてたわけですが。
しかし、なんか最近のスチル、みんな大人っぽいというか、ちょっといかついでんな。
私個人の好みとしては、もうちょっとカワイコ分入ってるほうがいいんだけど…。
私の好みとしてはLHLの頃がベストです。でもLHLとbadeggでは作品のコンセプトも違うし、ダークでソリッドなイメージに合わせているんだと思います。

アニバ本のチラ見せはやっとジュリオ…!
ジャンさんが子豚拾うの巻。子豚にまで露骨に嫉妬するジュリオがカワイイ。
豚といえばラグトリフ、ってことでラグにすぐさま電話するジュリオですが、ラグのほうは心当たりないとのこと。あ、そういえばラグトリフで思い出しましたが、ツイッタでこんな記事が流れてきました。

イタリアンマフィアのボス 生きたまま豚の餌にされる

この見出しを見てラグを連想しないラキドクラスタはいないでしょう…。

そして豚ちゃん可愛がってるジャンさんの前に、ベーコンサンド出してくるジュリオ…ってもうこれだけでオチになってる…。
それにしても、ここからいったいどう展開してエロになだれていくのでしょうか。

予想→なんだかんだで撮影所に引き取られる豚。ジャンさん「なんかちょっと寂しくなっちまったなー」ジュリオ「ジャンさん…俺がジャンさんの豚になります…!

ないわ。

ジュリオはジャンさんオンリーの萌え豚ではあると思うけど。

それにしてもこのジュリオ、なんか違和感が…と思ったらマフラーしてないんですね。
ジャンさんも薄着でし、季節的に暑い時期だったんでしょうか。
でもジュリオの鎖骨が美しいんで、これもいいかなって…。

そんなわけで、発売まで20日切ったアニバ本、楽しみです。

| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

あったまる

後藤羽矢子です。

月末のキラル情報局はいつも観ていますが、よっぽどの大ニュースでもないかぎり、ここではあまり取り沙汰することはないのですが、今回はちょっとクスッとなったので書きます。

今回はいつになく回線が重く、ちょっと始まってはブツッと切れ、しばらく真っ暗になったと思ったら「デンデンデンデンデデデ…」という咎狗のタイトル画面の音楽がかかって、それを3回ぐらい繰り返すので「ループ物かよ!」とツッコミたくなりました。

なんとか始まり、今回はゴトベの石井さんがゲストと聞き、なんとなく不安な気持ちに。
また石井さんのローテンションと、でしゅんの思ったことを口に出しすぎて整合性のとれなくなった会話が絡まってなんとも言えない不協和音を生み出すのかと思うと…。

しかし今回はなんか石井さんがテンション高かった。
いやそれでも一般的には低めなんですが、私がいままで見たきたなかでは一番高かった。
どうしたの。たまたま機嫌がよかったのか。それともやっとでしゅんとの関係があったまってきたのか。

一番面白かったのが、「ライブハウスとか怖い場所なんじゃないかというイメージがあって尻ごみしちゃう子とかいるんですよね」みたいなことをでしゅんが言って、普通その流れなら「いやそんなことないですよ」的なフォロー入れるじゃないですか。

なのに石井さん「ライブハウスは人間の子供が行くところじゃないですよ。あれは鬼の棲家です」と言い切ったのにブフォッてなった。
さらに「ドリンクカウンターなんて言ったら死人がでます」とまで言ってて、どんだけー!とこっちまで恐ろしくなりました。
でも「自分のとこのファンは教育が行き届いているので怖いことはないです」みたいなフォローも入れていましたが。

私もいつか勇気を出してゴトベのワンマンに行きたいです。

それ以外のトピックスは、やっぱりキラルがコミケに落ちたこと…。
でもそれでもよかったのかもしれない…。
正直オフィワが出てしまったあとのセットは、内容的に苦しいときがあるから…。
キラルカレンダーがないのはちょっと寂しいけど…。

でもスイプーのでかいカレンダーがでるのはとても嬉しい!

またしばらくはキラルも新作に向けて畑を耕すターンに入るのでしょうが、カフェイベントとかいろいろやってくれるので、楽しみは尽きないのでした。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »