« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月28日 (木)

千家さんお誕生日

後藤羽矢子です。

千家の誕生日間に合ったー!

公式にあげられたSSが萌えたので発作的に漫画描きました。
皆さん考えること的なネタですが…。

Senge131128

クリックすると大きくなりますが、わざわざ大きくするほどのこともないような…。

京一郎のチャイナ服はきっと可愛いでしょうな。

そんなわけで千家さんお誕生日おめでとうございます!

| | コメント (2)

キラナイDVDとよしなしごと

後藤羽矢子です。

拍手コメントにて、キラナイDVDのV1.1と2.0の内容が逆に入ってるのだけど、仕様なんでしょうか、後藤さんのものはどうでしょうか。という旨のコメントをいただきました。

とりあえず確認したところ、自分のところは普通に収録されていました。
他にそういう方がいらっしゃるかはわからないのですが、それは公式のサポートに連絡したほうがいいと思います。

それにしてもキラナイのDVDはBD版も一緒についてるのですね。太っ腹なことです。
じつは私のパソコンはBDが再生できるものなのですが、モニターのほうがBDが観られないモニターなのです。
モニターはナナオのL797で、たしかにちょっと古い型なのですが、まさかモニターによってBDが観られないなんてことがあるなんて思いもよらなかったので愕然としました。

そんなわけで現モニターが壊れて買い換えるまで、私のパソではBDが観られないのです…。なんたる宝の持ち腐れ…。

それにしても、冒頭のウイトリとセイさんのやりとりは何度観ても萌える…。
トリップがマジでお姫様をエスコートする従者みたいで…。
あんたこんな紳士的にふるまえるんだ…みたいな。
やっぱり蒼葉に対するときとは違う、ちょっと一線引いた、そしてちょっと腫れ物を扱うような態度。
そんな気遣いがあの二人に「ある」というだけでもなんか新鮮な驚きが。

ある意味ウイトリが一番真面目にお仕事に取り組んでいる姿かもしれない…と思いました。
あーーセイさん公式でもっと見たい。なんかセイさんの派生欲しい!
にわかにウイトリセイに火がつく私でした。

| | コメント (0)

2013年11月26日 (火)

キラナイDVDキター!!!

後藤羽矢子です。

ツイッタのTL上では届いた報告が午前中からチラホラあったので、うちもそろそろかなーとそわそわしつつ仕事してたら、宅配が来たのでヤッター!と玄関に行ったらメロンブックスから同人誌の返本でした。

その数時間後に無事到着。

仕事でパソ使ってるので、仕事が終るまで観られませんが、とりあえずボックスをガン見。

はあ~…眼福眼福…ありがたいありがたい。

攻略キャラの皆さんが全員白と黒(警察とテロリスト)のお衣装に身を包んだスタイル。

蓮は白も黒もどっちも無垢な感じがするし、ノイズは白も黒もどっちも邪悪な感じ。ていうか、ノイズだけ白衣装セーラーなんですね!!!これは反則すぎるわ~やばいわ~!下は見えてないけどまさかハーパンじゃないでしょうね!

紅雀はどっちも中二だしクリアちゃんは対照的という意味で一番空気読んでる。
というかたぶんモデルとかやらせたらクリアちゃんが一番いい仕事するんではと思う。

そして……ミンクさん……ぶふっ……。
いや!すごいカッコイイんですけど!素敵なんですけど!
なんか…こんな「ノってる」ミンクさん見るの初めてなような気がして……特に白いほう……。
オモチャの銃というキッチュな小道具が、またミンクさんにそぐわなくて……ほら、ミンクさんは森で猟銃とか撃ってる系だから!
黒いほうは手錠はめられてて、まあミンクさんリアルで囚人だったし、けっこう素っぽいですが。
黒いほうのやや達観したような…ある種の諦念を湛えた表情がなんともいえない味わいを醸しています。

これは撮影が終ったあと絶対ミンクさん不機嫌になってるよ…と思いました。


そんなわけでボックスだけで充分元はとれたな!と思うぐらい萌えました。
仕事が終ったら酒飲みながらDVD観ます!

| | コメント (2)

2013年11月24日 (日)

修正その2

後藤羽矢子です。

今回の記事は完全に自分語りです!!

ホモ漫画描くの楽しすぎて脳内麻薬デルー!!

自分の絵で女性向け描くとアウェー感ハンパなくって、だから最近の二次創作は小説メインなんですけど、でもやっぱり漫画も楽しいものですね…。

ところで先日の記事にも書いたように、同人関係の修正がきつくなるとのことで、いま描いてる漫画も、ネーム段階ではチンコが見えてるところを見えなくしたりと自衛しております。

しかしネームで結合部どアップのコマがあって「ここどうするかなあ…。背景差し替えだと不自然だし、人物いれるとうるさくなるし…」などと考えつつ、そのままボーッとネームと同じように下描きしてしまい、ペン入れの段階になって「どうしようかな…」と代替案の出ないままそこもペン入れしてしまいました。
さすがにそのまま提出するわけにはいかないので、仕上げのときなんとかしますが。

結合部のどアップはエロにおける様式美みたいなもので、ついつい合間合間に入れたくなってしまうものです。

しかしこれからはそんなこともできなくなると思うと寂しいですね。

とりあえずこんな感じで楽しく描いています。

Sweetpain201311

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

ギリギリセーフ!

後藤羽矢子です。

ラキドアニバ本の予約受付が今日までなんですけど、私は予約が始まったときにして、松本さんにも「もうすぐ予約終了だよ~早くしなよ~」とか余裕ぶっこいてたんですが。

なんかふと、ざわ…と胸騒ぎがして、調べたら、私予約してなかった!!!

えええ~!理由は全然わからないんですけど、推測するに、てんねんの公式通販が一回リニューアルに伴って登録がリセットされた。
どうも予約が始まったときにそれに気づいて、登録しなおすのが面倒だな…と思って、後にしようと思ってそのままにした…ということが考えられます。

あんまり昔すぎて(半年です)もう記憶もないんですが、たぶんそうなんじゃないかと思います。

とにかく大慌てで予約しました。久しぶりに冷や汗が出る一件でした。
これで忘れっぱなしだったら、ロンリーすぎるクリスマスを送るところでした。

ところでそのアニバ本のエロいサンプルが出てますが、久しぶりのジャンエロに背筋が震えました。ところでこのアニバ本、ジュリオのためし読みが出てないし、秘密のサンプルのところにもジュリオの顔が全然出てないし、なんかサプライズでもあるのかしらと気になります。考えすぎなのかもしれませんが…。

しかし公式のエロ漫画を読んでしまったら、自分で描く気力をなくしてしまいそうなので、アンソロの〆切はずっと先なんですが、早めにあげてしまわないと…と思った私です。

拍手お返事。反転してます。

21日の方 漫画でももちろんモザイク修正のものもありますよー。でも漫画だと黒ベタor白抜きが多いですね。考えるにモザイクはAVから発祥した修正→映像系のメディアにおける修正、黒白ベタはエロ劇画からの発祥→漫画の修正というふうに定着したんではと思います。私も基本的には黒白ベタのほうが好きですね。

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

NO THANKYOU!!!設定資料集買ったよ

後藤羽矢子です。

コーヒーギフトじゃないほうのAGFでNO THANKYOUの設定資料集が出ることは知ってたのですが、仕事で行けず。最近通販が始まったのでサクッと購入。

表紙からして血まみれのハルという、バカエロゲーのガワをいさぎよく取っ払った仕様。
全体的にダークめな雰囲気を醸していますが、前面にいるカラス…これハルちゃんがご飯あげてたカラスだよね…?このカラスたちだけ何故か表情が可愛くて落差にちょっと吹く。

内容はコッテリ特農の充実ぶりで、これ読んだらキャラのことで知らないことなんてなくなる!
ある意味妄想の余地がなくなった…といえなくもないですが、やっぱり情報豊富なのは嬉しい。

キャラ設定に関しては誕生日血液型身長体重はガチとして、靴のサイズ、体毛設定、チンコが剥けてるか剥けてないか、勃起時の長さ、はては童貞喪失年齢、セックスの頻度、オナニーの頻度まで綿密に設定されています。

しかも、メインキャラたちはまあわかるというか知りたいと思う人もいるでしょうが、サブキャラたちにまでガッツリ赤裸々な部分を晒されています。
しかも神埼大和くんに彼女がいて、週2回ほどセックスしているというゲーム本編においてまったく語られていないプライベートが暴露されていて驚愕。
大和くん彼女いたんだ…。いやいてもいいんだけど…。

あとサブキャラのなかでは一番好みだった望月漣くんもビッチな女性客と時々やってるとサラッと書いてあって、ちょっと待ておい!と虚空にツッコミを入れる私。

とにかくハルがバイである以外は全員キッチリノンケであることはよくわかりました。
ノンケであることは制作側の強いこだわりだそうです。

あとメインキャラの生い立ちもやたらみっちりと書かれていて、わかってはいましたがハルの生い立ちがきつすぎてブルーはいる…。いや成宮のほうが悲惨かな…。

生い立ち云々はネタバレ要素が強いので割愛するとして、面白かったのがオーディション用台本。こういう舞台裏っぽい要素ってあんまり目にしないので新鮮。

台詞の上に演技指導的な書き込みがあって、すごいのがフェラのときの指導。「精飲時は喉を鳴らしていただけると嬉しいです。最後はさきっぽを吸います。「ふぅ」から口を離しています」という綿密さ。

他のメーカーもここまでやってるかは知りませんが、作り手のこだわりと声優さんのすごさがこれだけでも伺えます。

あと絵師の三兵志麻さんが本当に絵が上手いなあと改めて感じました。
本編のスチルにおいても、まったくデッサンのブレがなく、肉体のリアルさが際立っていました。
三兵さんの弁によれば、実際初期案よりも、肉付けをしてよりリアルな体型のほうに近づけていったそうです。
もちろんガチリアルではなくちゃんと二次元のキレイさも含んでいます。

とにかく制作側の情熱を煮こごりにしたような一冊でした。
またノーサンやりたくなった。
パッチ入れたらまっさら状態になったので、もう一度最初からやってみるのも乙かもしれません。

| | コメント (0)

修正

後藤羽矢子です。

1月26日にラキドのオンリーがあり、そのアンソロに参加させていただくことになりました。

女性向けの漫画描くのすごい久しぶりで、気分もアガって「よーし!頑張ってエロ描くぞー」とはりきって始めた矢先に、修正強化問題が飛び込んできました。

この問題、情報が錯綜しすぎてて、「これぐらいの修正ならば安心」というガイドラインがいまだにハッキリしないんですが、とにかくいままでの修正じゃどうもダメらしいです。

修正といえば思い出す…。何年か前のスパークで出したLamento本が「修正甘い」とスタッフの方に言われ、一冊×9箇所の修正追加、それを200冊、松本さんとRさんと私でマーカーでちまちまちまちまちま塗ってた日のことを…。

まあそりゃ自分の本だったら、そんなこともいい思い出になりますが、アンソロでは自分だけの責任というわけにはいきません。

松本さんなどは「もうエロは描いてもチンコは描かない方向で行く」と言っています。

確かにあまりにでかい修正が1ページに何個も乱舞してたら、それだけでも艶消しです。
でもやっぱりチンコをまったく描かないのも寂しい…。

いろいろ考えて、とりあえず手と湯気で隠そうということにしました。

Syusei

これぐらい隠れてればいいと思うんですが、どうかな…ダメかな…?
とりあえず湯気には活躍してもらう予定です。

ところで修正については語り部のバアサンみたいなこと言いますが、エロの歴史のなかで何度も修正が厳しくなったり緩くなったりを繰り返しているんですよ。
ぶっちゃけて言えば言われたときだけ「ハイハーイ」とおとなしく、修正大きくしてほとぼりが冷め頃、またじりじりと修正を小さくしていくの繰り返しです。
そうでもなきゃエロなんてやってられませんよね。

しかし女性向けとなると、ちょっと男性向けと事情が違うというか、やっばり女性はそこまでエロに対して岩にかじりつく感がないっていうか、そこまでしても…ねえ…みたいなところがあると思います。
だから今回のことで新たな流れができることもあるかもしれない…とか思ってます。
プラトニックなムーブメントとか。

まあどうなるかわかりませんけど、女性はやっぱりエロより萌えだなとはガチで思います。

拍手お返事。反転してます。

17日の方 シニシカント全然いまいちじゃなかったですよ!ちょっと他の萌えがたてこんでてお留守っぽくなってしまいました。また一段落ついたら色々語りたいですね。

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

スマホアプリ欲しい

後藤羽矢子です。

私は春ごろにやっとガラケーからあいほんに乗り換え、少し遅れて松本さんも9月にあいほんにしました。

そして松本さんは現在サイコパスの嫁これにハマって、課金はできる限りしない主義の彼女にしては、けっこうな貢ぎ方をしているのです。

「君がこんなに課金するなんて…」と私が言うと「もう周りみんなに言われてる…」とやや悔ビクな雰囲気を漂わせる松本。
でも私だってキラルの嫁これが出たら課金しまくると思うよ
「だよねーーーーーー!!!」

そこから「キラルははよなんかスマホアプリ出せや」と言う話題にシフトしました。

今日はツイッタで、うたプリのLINEスタンプの話題で盛り上がっていて、LINEは入れてるもののほとんど活用してない私ですら羨ましくなりました。

LINEは最初入れるつもりなかったのですが、妹が「あいほん持っててLINE入れてないとか意味不明」と言うのでしかたなく入れたのです。
しかし実質妹としか会話していない…。そして妹が話しかけてきても、家ではほとんどあいほんを見ない私はそれをガン無視。しまいにはツイッタで「LINE見てよ!!」と妹に言われる始末…。
ていうか用があるならツイッタで話しかけろやと思うのですが。

しかし、キラルがLINEスタンプを出してくれれば、私は鬼のようにLINEやると思う!
妹が時々送ってくる、変なリスみたいな生き物のスタンプは「ふーん」としか思いませんが、蒼葉ちゃんの笑顔でも送られてきた日には、キャーてなりますよ。

そんなわけでキラルにはスマホビジネスに色気を出して欲しいと思います。

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

言語問題

後藤羽矢子です。

予告でもして自分を追い詰めないといつまでも先延ばしになりそうなので、勝手に予告しますが、12月中旬くらいまでにノイ蒼でノイズがドイツ語で迫ってくるSSを書こうと思います。

なんで話を書こうかと思ったかというと、ひとえにノイズの言語能力っていうか。

私最初にドラマダやってノイズがドイツ出身と知ったとき、ノイズのあまりにネイティブすぎる喋りに、ノイズは日系ドイツ人なのかなーと思ってました。
ノイズの履歴は微妙にハッキリしていませんが、碧島、ひいては日本に来てから、どう考えても数年だし…。
でもリコネでもその後のSSでも、そんなことひとっことも触れてないので、生粋のドイツ人なのかなー…でもあの言語能力は…などとつらつら考えてるうちに思いついた話です。

ネイティブといえばミンクさんも相当ですが、でもミンクさんはひたすら真面目に語学を勉強して、のちにスクラッチなどのイマドキのチンピラと触れ合って言語の精度上げていったみたいな気がします。

まあオールメイトが翻訳もしてくれるみたいだから、言葉ができなくてもあまり不自由はなさそうですが。

それにしても私はノイズのドイツ語が聴きたい…。この先出るドラマCDでも別の派生でもいいから、ノイズがあの声でドイツ語を喋ってくれたら死ぬほど萌えると思う…。
もう「ダンケシェーン」でも「イッヒリーペディッヒ」とか短いやつでいいんで、キラルにはよろしくお願いしたいものです。

| | コメント (2)

2013年11月 7日 (木)

タワレコ蒼葉ちゃん撮ってきた

後藤羽矢子です。

タワーレコード新宿店に蒼葉ちゃんのパネルが展示されてると聞き、バカだと思うけど行って来ました。

しかしせっかく小田原から一時間以上もかけて新宿に行くのだから、もうちょっとなんか目的が欲しいと思い、松本さんとRさんと一緒にカラオケやってまどマギ観ることにしました。

タワレコと言えば思い出すのが、竹内佐千子さんの「腐れ女子!」という自分漫画のなかでタワレコでCDの特典について店員に尋ねたら「ああこの特典はアニメイト様のものですね」と言われ「タワレコのオシャレ店員になに聞いてんだよおおおおお」と友人二人に他人のフリをされるというエピソード。

しかしタワレコもヤスダスズヒトデザインのオリキャラ作ったり、だいぶこっち側に染まってきたなあと思いました。

それはともかく。
タワレコ7階に行くと、いました!蒼葉ちゃん!

Recoba03

がわいいいいいいいいい…!!
ワナワナ震えそうになるのを抑えながら努めて平静に写真を撮りました。
いやBLゲーキャラのパネル写真を撮ってる時点で平静とは言いがたいのですが。

Recoba01

名札にはちゃんと瀬良垣蒼葉と書いてあります。

Recoba02

この笑顔!かわいいよおおおおお!!!

それにしても…何も知らない人は蒼葉ちゃんのパネル見て「なんかのアニメかゲームのキャラなんだろうな」とサラッと思うでしょうが。
この健康的な笑顔の青年が、男のチンポをしゃぶりまくったり、二本挿しをキメられたり、尿漏らしたり、ダルマにされたりしてるとは夢にも思うまい…。

このギッャプが萌えるよ…蒼葉ちゃん…。

そしてパネルだけ撮って何も買わないのも悪いと思ったので、「てさぐれ部活もの」のCDを買いました。じつはアニメ自体は一度も観てないけど…。

その後パセラに言って、歌もろくに歌わずオタ話してたり、まどマギ観て呆然となったりして充実した一日でした。

拍手お返事。反転してます。

6日の方

新学校の顔アイコンは本当に便利でしたねー。長いゲームほどそういう機能欲しいですよね!ピルスラはそういうところが考えられてる感じで好感度高いです。
ボイスセーブはキラルのゲームでも実装して欲しいですね。

| | コメント (3)

2013年11月 4日 (月)

システム

後藤羽矢子です。

前回の記事でシニシカントのスキップが未読で停まらないと書きましたが、できました。
ウインドウ内のスキップでできるようです。
でもわかりにくいよ!
NO THANKYOUなんて、ゲームスタートすると、操作のやり方を簡単に説明してくれる画面がでるのに…。

こう言ってはなんですが、兄ブランドのあるところは、やっぱりシステムが快適。
まったくのご新規ブランドだとシステム的にやわいなーと思うことが多いです。
神様(仮)もゲーム自体はけっこう面白かったんですが、選択画面でセーブができないという非常に辛い仕様でした。

ラブデリは大きな不満はないんですが、前にも書きましたが、ライブラリのスチルがキャラごとに分かれてないのが地味に辛い。
ENDリストのないゲームだと、スチルの回収がEND回収の目安になるのに、キャラごとに分かれてないと、回収率があやふやになります。

キラルも特に不満はないんですが、セーブスロットが少ないといっつも思います。
やっぱりスロット、100は欲しい。選択画面だけじゃなく萌えシーンの手前とか何気にセーブしたいところはいっぱいあるのです。
そういう意味でラキドもスロット少なくて辛かった…。
いまちょっと確認したらシニシカントはセーブスロット150もあった。えらいゾ!

私がいままでやってきたBLゲーブランドの中で、個人的に一番システムが快適だと思ったのはピルスラです。
一番自分が地味に便利だな~と思ったのが、セーブするときキャラアイコンでマーキングできるところ。
共通部分の多いゲームでは、違うルートでも同じ場面ということも多いので、このセーブ画面はどのルートのか、というのがひと目でわかる仕様です。

ただピルスラのゲームはインストールがくそ面倒くさい…。いまどきディスク二枚に分かれてるとかないわーと思うので次回作ではなんとかして欲しいです。
あ、あとピルスラのゲームはスクショが撮れない仕様になってます。
これは転載防止のためなんでしょうが、個人的に楽しむくらいならいいじゃん…と思わないでもないです。

私の求めるシステムは、ネット認証ありでいいからディスクレスでできて、セーブスロットは100以上、ボイスセーブ機能があって、スクリーン切り替えはFキー、オートはAキー、フォント変更ができて、セーブデータにメモとかアイコンとかマークする機能が欲しい。

環境が快適だとゲームも気持ちよくできるというものです。

とりあえずボイスセーブが今後すべてのゲームに実装されますように!

拍手お返事。反転してます。

31日の方 スキップの情報ありがとうございますー。Crtキーでスキップする癖がついてたので気づきませんでした。でも設定で未読か既読か選べるようにして欲しかったですねー。

| | コメント (2)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »