« 明日はシニシカント | トップページ | シニシカント ユーゴルート感想ネタバレ »

2013年10月27日 (日)

シニシカント カルロルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

シニシカントやっと1ルート終った…。

けっこう長い…。共通ルートが2時間ぐらいで、個別ルートが6時間くらい?

システムは普通に良好。
テキストは三人称ですが、視点がくるっくる変わるのがちょっと気になった…。視点が変わるのはせめて場面ごとにして欲しい。同じシーンで視点が変わると混乱します。

会話劇は面白く、何回も吹き出すような箇所がありました。レトリックもわりと私好み。

絵は立ち絵スチル背景ともに全部ご褒美レベルです。スチルの枚数も潤沢です。ただスチルの使いまわしが何回かあって、別にこんだけ枚数あれば充分なんだから、わざわざ使いまわしとかして手抜き感煽らなくてもよかったのに…と、ちょっと思いました。

とりあえず最初はカルロから行きました。

以下おりたたみー。

とりあえず共通ルートまでのざっとしたあらすじ。

世界を巻き込んだ大戦のあと、ちょっとテクノロジーが衰退した世界。
海に浮かんだ小さな島に戦争孤児が集められた寄宿舎があった。

主人公マキは子供の頃に引き取られて以来、ずっとその島と学園だけが世界のすべてだった。
戦後の荒廃がいまだ残る本土から隔絶され、飢えを知らず暮らせるそこを楽園と呼ぶ者もいた。
退屈だけど穏やかな日常、しかしある日突然それが終る日がやってきた──
みたいな感じ。

OPムービーが終って本編開始。
夜中、隣室のアヘ声で目が覚めるマキ。「あーあ」と思いつつもその声を聞いてムラムラしてオナニーおっぱじめます。初登場から3分後にオナニー!!
はええええよ!!!

いや。イカレちんぽ屋なんかはゲーム開始10秒で射精してたけど…。

しかし布団かぶったまましてたので、スチルはエロさ控えめ。
その後はひとつ年上で親友のエシカと仲良く登校したり、後輩のツンショタ、イリヤにがみがみ言われたり先生に怒られたり、平和な学園描写が続きます。

この学園では、金持ちとの養子縁組の斡旋が行なわれていて、その生徒たちのお披露目のための音楽発表会があります。
マキは普通に実力で選外。エシカは成績優秀なのにあえて出場を辞退してます。
そんな学園全体が浮き足だってる発表会当日。その日は外から金持ちがいっぱいやってきて、そのなかにエドというボンボン青年がいました。
きっちりした説明がなかったのですが、エドは何回も発表会に来ている賓客で、マキとエシカとは顔なじみ状態になってて、何故か妙にマキのことを気に入っている…。

そんなエドに島を案内してくれと言われて、森の廃墟あたりに言ったら、教師が生徒とやってて(おいおい)それを目撃して赤くなってるマキの背後にエドが迫る!

えええええーと固唾を呑んで見守っていると、チンコ触られたあたりでエシカが迎えにきてくれます。
ホッとしたのもつかの間、「エドに何かされた?」と目ざとく指摘するエシカ。
ハンパに弄られ勃起してるマキに、処理したほうがいいと茂みでマキに手コキ!
おいいいい!まだ共通ルートだってのにセクハラされすぎだよお!!

ちなみにマキに最初にオナニーを教えてくれたのもエシカだそうです。
そのへんはちょっと甘酸っぱいなと思いました。
そしてマキはオナニーが下手で自分でやるとイクのに時間がかかるそう。
っていうかオナニーに上手い下手あるのか…。

発表会が終わりまだ平凡な日常が始まる…と思いきや、なんか島に豹柄と紫でコーディネートした、見るからにヤバそうな連中が島に上陸してきます。
この方々はZENCAというマフィアの一団で、警備員殺して生徒たちを一堂に集め「右目に傷のあるやつをこっちによこせ」とメッチャマキを指名してきます。

マキを庇い、ZENCA相手に毅然と立ち向かうエシカ。ZENCAのボス、カルロさんは、見せしめの余興として、部下の大男ジーゴにエシカをこの場でレイプしろと命令します。
ええええええええ!!!

攻略キャラのレイプってエシカだったのかー!
さすがにスチルはありませんし、わりと淡々とした描写で、暴力とあまり変わらないテンションだったので、あまり攻略キャラが受けになる感はありませんでしたが、だからこそ、ただの暴力じゃ駄目だったの…?と思わないでもない…。

エシカが体張ったのにも関わらず、カルロに拉致されるマキ。賓客が泊まる特別室でカルロにケツにクスリ挿れられて素股させられます。
だから!!まだ共通ルートだって!!!!
飛ばしすぎだって!!!

もうツッコミが追いつかない状態です。

その後エシカと島のはずれまで逃亡するのですが、エシカがとてもしんどそうで、でもこれってケツが痛んでるんだよなあ…と思うと、やっぱりただの暴力でよかったんじゃみたいな気持ちに。

結局ZENCAの連中に追いつかれ、さらにZENCAと敵対する東のヤクザ、黒蓮会のメンバーまでやってきます。
そこで何故マキが追われてるかという理由が明かされます。
黒蓮会の若頭ユーゴの恩人であり、またマフィアの世界でとても力のある人物が病気で余命いくばくもなく、治すには心臓移植しかなく、そのドナーがマキであると。
黒蓮会はストレートにマキの心臓だけに用があり、ZENCAは黒蓮会の弱体化&ユーゴムカつかせたいから!という理由でマキをかっぱらいたいらしい。

肝臓や腎臓ならまだしも心臓ってディープだな!
ここで、カルロにつくかユーゴにつくかの選択肢が。
やっぱり死ぬのはやだし…と思いカルロを選択。やっとルートに入りました。
…ツッコミ疲れた…。

本土にエシカと一緒にお持ち帰りされ、彼らの拠点である街、蛮区に到着します。
カルロはホテルの最上階のスイートルームを根城にしてて、さっそく一発キメられます。
カルロさん、最初は「処女は嫌いなんだよ面倒で」と言って素股だったのに…。
しかしエロスチル、ハメられてるマキの傍らにオイルの瓶が転がってるのが生々しくていいですな。

そしてカルロのペット&ユーゴへの釣り餌としてのマキの監禁生活が始まります。
服も学生服から、紫&豹柄コーデに。
それZENCAのチームカラーなの…?
エシカもお着替えさせられましたが、こっちは豹柄じゃない…。
それはともかく。
エシカとマキ、互いが互いの人質になってるような状態なのであまり無茶はできません。
しかし自信満々なカルロさんは、マキが自分に一筋でも傷をつけることができたら解放してやると約束します。
そしてナイフをもらって、隙をうかがうも、なんとなくのほほんなマキ。

このマキが、ほんっっっっとにいさぎいいくらい無力です。
秀でてるのは声楽やってたから歌が歌えるぐらいで、それだってLamentoじゃないんですから世界を救う武器にはなりません。
彼の武器はただただ若さゆえのひたむきさと怖気ない心だけ。

そんなマキはカルロに対してはツンな態度をとり続けるものの、部下のヴァレンタインとジーゴとは打ち解けた雰囲気になってきます。

しかしマキの物怖じのしなさというか無鉄砲さに時々イラッとくることも…。倉庫での黒蓮会のドンパチのとき、あんだけカルロに余計な動きはするなと言い含められたのに、エシカを助けようとバーンと飛び出していったときは、お前!その万能感どっから来てんだよ!ツッコミたくなりました。
案の定そのおかげで事態メッチャ悪くなるし…。

その後も傷ついたカルロを休ませようと闇医者に睡眠薬打たせて眠らせたらカルロともども拉致されるし、カルロを命の危険に晒さないようにとカルロから離れたらカルロ大荒れになってZENCAの士気がダダ下がりになるし…ことごとく選択間違えるマキ。

あ、そのカルロから離れるシーンなんですけど。
そのシーン自体はすごくよかったし切なかったし萌えたんですけど、セックスの真っ最中にパチパチパチパチパチ…って拍手のSEが!!
あーシーンの最中に関係ないSEが流れるバグってこれか……っていうかなにもセックスの最中に拍手でなくても!
あまりのことにマジでコーヒーむせました。

あとその後の展開もんん~…っていうか、そのへんはもうちょっと戻らなきゃ!と思うエピソード持ってきて欲しかった。もちろんそれなりに理由はあるんですが、なんとなく戻ってきましたーみたいに思えちゃって……。
全体的にもそうなんですが、すべてのエピソードがわりと淡々と流れちゃってる感じがするので、盛り上げるとこはこれでもか!ってくらい盛り上げてほしい。
ラストのカルロVSユーゴ対決もすんごいサラーッとしてて、クリックしながら「もっとここは音楽とかエフェクトとかー…」ともどかしい気持ちでいっぱいになりました。

とはいえカルロには大変萌えました。

次はユーゴに行きたいと思います。
全体的な感想はコンプしてから改めて書きたいと思います。

|

« 明日はシニシカント | トップページ | シニシカント ユーゴルート感想ネタバレ »

コメント

いつも楽しく拝読させていただいております。シニシカント、今朝まででとりあえずカルロルート終えました。スチルは眼福、エロ多し、カルロ萌えも堪能させていただきましたが、マキにこれぞ、といった武器がないですよね・・。性格も中の人もコノエと似てますが、賛牙レベルの歌という訳でなく。
ともあれ、貫徹するぐらいには美味なルートでした!次なる感想も待ってます!

投稿: おぼろ | 2013年10月27日 (日) 14時32分

こんにちは、いつもブログの更新を楽しみにさせていただいています。

共通個別合わせて8時間ですか!は、早い…!!
私はその倍以上かかってしまいましたw
台詞など音声は飛ばすのですか?(割とゆっくりしゃべるキャラが多かったので、もうちょっと早くしゃべってもいいのよとちょっとじりじりしたり^^)

それにしても後藤様は、最近は艦これなどやられてたり(?)、お仕事もこなして同人活動もなさって、どんだけ超人なんだろうと憧れております(お時間の使い方がきっときちんとされているんだろうなぁ…!)

私はシニシカントはまだカルロしかやっていないのですが(カルロにもマキにも萌え過ぎてやばいですw)、他ルートを終えたらまた続きの感想を見に来ます!

投稿: 閲覧者。 | 2013年10月29日 (火) 02時51分

おぼろ様>カルロルートは萌えの玉手箱状態でしたね…。ただやっぱりマキの無力さが残念な感じでした。BLゲーは攻略キャラも主人公もどっちも見せ場がないといけないので大変だなーと思います。

閲覧者。様>私はいつも先が気になってボイスとばしがちでやるので早かったんだと思います。本でもそうなんですが、先にガーっと読んで後からじっくり舐るタイプです。
あ、あと全然超人ではないですー!
部屋の片付けとかやるべきことがおろそかになりまくりです。

投稿: 後藤羽矢子 | 2013年11月 4日 (月) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はシニシカント | トップページ | シニシカント ユーゴルート感想ネタバレ »