« DRAMAtical Murderリコネクト ノイズルート感想ネタバレ | トップページ | DRAMAtical Murderリコネクト 紅雀ルート感想ネタバレ »

2013年4月27日 (土)

DRAMAtical Murderリコネクト クリアルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

本日二度目の更新。バリバリいきます。

クリアルートはじつを言うと本編のツッコミどころが多すぎて、私のなかで萌えがいまひとつ育たないルートだったのです。
クリアのキャラじたいは外見も内面も好みなんですけど、やっぱり人間クリソツの機能を持つロボを自宅で直そうとする蒼葉ちゃんのDIY精神とか(無理だったけど)それを婆ちゃんと羽賀さんの連携で直してあげるとかも、子供の壊れたオモチャを近所のオジサンが直してあげるみたいな変なハートフルさで、萌えが阻まれるのです。

しかしそのへんのツッコミどころもある程度フォローしてくれるルートでありました。

以下おりたたみー。

本編プレイ直後は前述の突っ込みで頭がいっぱいになってしまったのですが、その後のSSなど読んで、クリアそのものがおとぎ話の住人のようなものなんだ。とだんだん納得できるようになり、萌えも育つようになってきました。

リコネクトのgoodでは、クリアがガスマスクオフなこともあり、さらにその透明感が増しています。

おじいさんと一緒に住んでた家に行く二人。いばらの森ならぬバラックの森の奥にあるちいさなお家。
クリアが集めていたガラス瓶がきらきらと光る、もう誰もいない埃だらけの部屋。

おじいさんが死んだあとは、そこでずっと眠り続けていたというクリア。眠り姫のように、蒼葉の声で目覚めるまでは。

クリアを後ろから抱きしめる蒼葉のスチルは、本当におとぎ話のような儚い美しさです。

しかしエッチに突入するといきなり鏡プレイが始まるんですが…。
しかもそれが惜しげもない大開脚ですごい。

恒例の分岐では、蒼葉ちゃんとのシックスナインを展開。この口いっぱいにチンコ頬張った蒼葉ちゃんの表情が絶品としか言いようがない。ちょっと斜めに咥えているところがいい!
ほにゃららさん的には本当はもうちょっと頬とか膨らませたかったんじゃないかなーとか邪推。

ラストの事後スチルも含めて全体に優しく透明な雰囲気に満ち満ちたgoodですが、badで一気に突き落とされます。

蒼葉ちゃんを生き人形にする過程なんですが、それが…じつにリョナい…。

眼球の処置をするのに麻酔なしって、おいいいいい…!!
おびえる蒼葉の描写が妙に丁寧で、それもツラい…。

「痛みを伴ったほうが失ったことを実感できる」「それを経たうえでの結晶が欲しい」って…。

ていうかその理屈でいうと、手と足の処置も麻酔なしでやったのだろうか…。
いやああああー!考えたくない!

「終わらない夏休み」じゃないんだから…(ぐぐらないでください

エッチはさすがにダルマプレイではなく、両手足のある状態でおこなわれました。

そういえばニトロの「装甲悪鬼村正」のなかで、女の子が両手足切断されて、断面を術で止血され、同級生の男子にそのまま犯され、仕上げに小便ぶっかけられるシーンがあるのですが。
体験版ではそのシーンのスチルは、ちゃんとはっきりダルマ状態とわかる絵でしたが、製品版では、修正(というか描き直し)されて肝心の部分がフレームアウトしてわからようになっていました。

蒼葉ちゃんのダルマ状態も、布とあおりアングルによって、それとわからないようになっていました。

最後の仕上げ、蒼葉の声帯をとれば生き人形が完成、嬉しいと思うのになぜか涙を流すクリア。

たぶんクリアは近いうち絶望するんじゃないかなーと思う…。
だって人形は壊れたら直せるけど、こうなった蒼葉はもう元には戻らないんだから…。

そんな感じでキツいbadでした…。
でもじつは更なるキツいbadが私を待っていたのですが…。

次回は紅雀ルートです。

|

« DRAMAtical Murderリコネクト ノイズルート感想ネタバレ | トップページ | DRAMAtical Murderリコネクト 紅雀ルート感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DRAMAtical Murderリコネクト ノイズルート感想ネタバレ | トップページ | DRAMAtical Murderリコネクト 紅雀ルート感想ネタバレ »