« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

FDの可能性

後藤羽矢子です。

ドラマCDにここまで全力で特典攻撃してくるラブデリが、FDなんか出した日にはいったいどんなことになってしまうのかと、いまからすでに怯えています。

そもそもラブデリはFDじたいもすごくて、なんせ紅天のときは攻略キャラが3人増えているのです。

そのうちの二人は本編にいたけど攻略キャラじゃない人たち。もう一人が完全なるご新規キャラ。でも私はFDではこのご新規が最萌えでした。

しかし紅天は主人公が萬屋稼業で、新しい事件が舞い込む形で話が作られていきますが、メビウスラインは話の構造上、ご新規キャラは難しいと思います。

でも攻略キャラの追加はありそうな気がする…。
そこでメビウスラインでFDがでたとき、誰が新たに攻略キャラになるか考えてみました。

双子。
これが一番可能性高い。公式ごひいきだし…。一応薫が生き残るルートもあるから、多少パラレル入れて二人とも存命で仲良く3Pっぽい関係になるのもいいし、残された馨と京一郎が慰め愛に突入するのもいいし、どっちも美味しいと思います。
というか、私どちらかというと、薫×京一郎より、馨×京一郎のほうがクるんだよな…。

叔父さん。
乗っ取られEND後の叔父さんに迫る京一郎がみたい…。中身違う人だけど…。

臣さん。
これはない。

雄真さん。
京一郎が雄真さんに頼りがいのようなものを感じるあたりで、けっこう萌えたんでアリかなーとは思っている…。でも雄真さんの性格的に色恋に持ち込むのは厳しいか…。

天司様。
これはアリ!というか私が見たいだけ…。17歳ぐらいになってショタから美青年に成長した天司様とのアレコレが見たい。END後はけっこう交流あるみたいだし。天司様も人の子ですし(半分妖怪だけど…)恋とか性欲とかに惑ったりしてほしい。

予想というかただの願望になりました。

| | コメント (3)

2013年3月27日 (水)

ラブデリ怒涛の派生攻撃

後藤羽矢子です。

4月から毎月発売されるメビウスラインのドラマCDですが。

ま、またラブデリが恐ろしい派生攻撃を…!

まさか全巻購入特典がくるとは思わなかった…。しかも3社も!

コミコミが全キャラぶんSS小冊子、シーガルが毎月SSペーパー、ステラワースが特典ドラマCDだそうです。

きつい!!

もちろんさすがに全買いはできないので、松本さんに相談して、手分けして買うことに。
やっぱり文字もの最優先だから、コミコミとシーガルかなあ…。

ていうか私、スパコミで先行販売される千家CDどうしても欲しいと思ってたんだけど、こっちは諦めるしかないかなあ…。うーんうーん。

それにしてもラブデリ、紅天のとき以上にうんならかしてて(地元の方言)いろいろ心配になります。
もう少し速度落としてもいいのよ…?ちゃんと私たちついてくるよ…?と言いたいです。

いまのままではそのスピードに振り落とされそうです。

| | コメント (2)

2013年3月26日 (火)

ベルジャンビール

後藤羽矢子です。

昨日松本さんと友人Rさんと花見したんですけど、成城石井でビール買うべーというとき、Rさんが「これが美味しいですよ」とオススメしてくれたのが、ベルジャンホワイトのビールでした。

しかも名前が「水曜日のネコ」というシャレオツさ。
「なんかTBSのドラマのタイトルみたいだなー」とか言いつつ買って飲みました。
フルーティで美味しかったです。

しかしベルジャンチョコの存在は知っていましたが、ビールもあるとは知りませんでした。
「つーかベルジャンってどういう意味?」
知らん

そんなことを言いながら花見酒をしていたのですが、途中から松本さんが「ベルナルドはBLゲーじゃなく、一般の作品だったら自分は受に認定していた」という話を始め「でもそういう人が攻をやるのが公式のホモのいいところ」と力説。
私は私で家に帰ってからの飲み会で、酒飲みながら神学校のコミカライズ読んでました。
どうしようもない腐女子宴会でした。

ところでいま「ベルジャン」でぐぐったら、どうも「ベルギーの」とかそんな感じの意味っぽいですね。把握把握。

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

マスターアップ!

後藤羽矢子です。

リコネクトマスターアップ!!

やったあああ!これで発売日延期もなく安心してプレイできる!

雑記帳に次々とあげられるスタッフの皆様のイラストの数々…。こういうの見るといよいよだなあ…ってこちらの気分も高まってきます。

そして今日はキラル情報局の配信!

さすがにマスターアップ後とあってかなり色々見せてくれました。

メニュー画面がドラクエ風味でカワイイー!

しかし今回はネタバレチキンレースと、でしゅんの歯にものが挟まったような物言いがなんともいえない味わいを醸していました。
途中がでしゅんがログアウトしたり、「いつもはほとんど情報のない情報局なんですがー」と自虐を入れたり、相変わらずのぬるく緩い空気…。しかしこれが最近ではクセになってきた…。

新曲もほんのチラッとだけ流してくれました。OP曲だそうです。おー!OPあるのかー。これも楽しみー!

なんだかんだであと一ヶ月ちょいなんですね。そして明日はドラマダ発売一周年!
去年のいまごろにはあと一ヶ月でFDがプレイできる状況になってるなんて夢にも思ってなかったな…。

幸せだな…。

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

BLゲーム擬人化 その2

後藤羽矢子です。

BLゲームブランド擬人化 ラブデリちゃん。

擬人化してみると、それぞれのブランドでカラーがはっきりしてるなーと改めて思います。
私はまだ未プレイですが、花梨ちゃんとかビビッドちゃんとか擬人化したらどういう子になるのかなと考えたりします。

あと5月にはイージーピージーちゃんもデビューしますね。こちらはおつきあいを予定しているのでどんな子なのか楽しみです。

34101234

| | コメント (2)

2013年3月19日 (火)

BLゲーム擬人化 その1

後藤羽矢子です。

Pixivにもひっそりとあげてますが、何年か前にたわむれに描いたBLゲーム擬人化ネタをちょっと漫画にしてみました。

まだキラルちゃんとラブデリちゃんしか描いてませんが、今後隙をみて、ピルスラちゃんとてんねんちゃんも描こうかと思います。

Gizinka130319

| | コメント (3)

2013年3月18日 (月)

青年の悩み

後藤羽矢子です。

私の手元に「大正時代の身の上相談」という本があります。けっこう昔に買った本です。
タイトルそのままに、大正時代の新聞の悩み相談をピックアップした内容です。

その本を先日なんとなく読み返していたら

「私は二十五歳になる青年です。今年三月に上京して、親戚の世話になっています。ところでどうしたものだか近所の家では私を見て「静かな青年だ」と評判しています。静かだなんて何だか女らしくて私はそれがいやでたまりません。そうかといって乱暴にするわけにもいきません。何とかして近所の評判を「いい青年」くらいに改めてもらうことはできないでしょうかけ

という悩みがありました。

悩みの内容は「でって言う」レベルで回答者も微妙に呆れ気味で「近所の評判などかまわずにいたらどうですか」と至極もっともなことしか言っていません。

でもこれ年齢以外はすごく京一郎さんっぽくないですか!私はこの文章が京一郎さんの声で再生されました。作中で京一郎さんが三回も手紙の文面を読み上げるなどということをしてたから余計に…。

しかし新聞の悩み相談っていまでも、時々ヘンテコな悩みが取り上げられたりしていますが、昔からだったんですね…。

京一郎さんが悩み相談を送るとしたら、死霊が見える関係は内緒にしてるから伏せるとして…。

「私は十九歳になる青年です。今年三月に上京して、いまは親戚の家で世話になっています。幼い頃からの特異体質が禍し、それを悪用せんと近づいてきた者に、私は一方的に汚され、道ならぬ契りを結ばされてしまいました。私に懇意にしてくれる方からには「早く離れろ。元の生活へ戻れ」と言われ、その言葉は大変身に染みるのですが、私はその者から離れることがどうしてもできません。色恋の間柄では決してありません。しかし憐憫かどうかも自分では判別がつかないのです。このまま相克を抱えていてもよいのか、矛盾を正すべきなのか、心の岐路で迷っている次第です」

て感じになるかもです。こんな悩み送られてきたら記者も「勝手にしろ」と思うでしょうが。

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

キラルホワイトデー!

後藤羽矢子です。

昨日はホワイトデー。
まあ、バレンタインにあれだけのものを出されてしまったらホワイトデーにも期待してしまうのが人情ってもんで。
前日に外郎さんの金目蒼葉イラストがあげられ、気長に待ってくださいと更新を匂わすメッセージが…。

気長にと言いつつ、日付が変わるとともに一応公式チェックしてしまったんですが。そして夜になり…。

更新きたああああああああああ!
速攻で公式に行ったものの、すでに激重!
しかしなんとか壁紙はゲットできました。

これは…やばい…!

リボンで両手を縛られている蒼葉が、トリップにポッキーゲームを強制されつつ、ウイルスに頬を舐められようとしている…。後日ほにゃららさんがツイッタで言うことには、蒼葉の頬にチョコをつけるのを忘れたとか。
つまりウイルスは本当は蒼葉のほっぺのチョコを舐めようとしていたのですね。

蒼葉の細腰、ざっくりセーターから覗くトリップの鎖骨…、カジュアルなトリップに対していやにヴィジュアルに走ったウイルスの服から見える胸筋…。
すべてが素晴らしい…。

しかし、蒼葉なんでパンツの裾からパジャマ下見えてるの?寝てるとこ拉致されたの?と思いましたが、これレギンスなんですね…。蒼葉ちゃんの服オサレすぎんねん…。

それにしても何がどうなってこんな状況に…と思ったのですが、追うようにアップされたSS(
これも激重だった…)を読んで腑に落ちました。

蒼葉ちゃん、ウイトリにねだられたこと全部やってあげてんじゃん!

バレンタインのチョコも、あーんで食べさせられるのもあーんで食べさせるのも!
まあそれだけウイトリが粘り強くゴリ押しするからなんですが、にしても押しに弱すぎる蒼葉…。
本当に土下座して頼めばやらせてくれるんじゃないかぐらいの勢いです。
きっとイラストの状況も、シャレで済むギリギリのラインを狙って押していったんだろうなあ…。

あーそれにしてもSSの蒼葉のしょーがねえなーとか言いつつ、食べさせてもらったり食べさせるとこホンッッッットかわいい!

しかしこの状況がシャレで済まなくなったときが、ウイトリENDなわけで、その落差がなんとも怖い。
そしてリコネでそのシャレにならない調教が描かれるのかと思うと本当に楽しみ。
あと一ヶ月と10日ぐらいなんだと思うと、そわそわします…。

| | コメント (3)

2013年3月12日 (火)

萌えキャラの血液型

後藤羽矢子です。

ある日、ふと「自分の最萌えの攻略キャラ、AB型が多いな…」と気づきました。
まあ多いといってもフッと浮かんだのが、千家と鏡丞とジュリオぐらいなんですが。

しかしまあせっかくだからとことん調べてみようと思ってやってみました。
とはいってもキャラの血液型のわからないゲームも多いんですが…。

まず咎狗、Lamentoはわからない。スイプーは睦がB型だってことだけわかってる…んでしたっけ?記憶が曖昧です。あれ、私なんか蓉司がO型だったような気がしてたんだけど思いこみでしょうか。

ドラマダは全員の血液型判明してますが、攻略キャラにAB型がいなかった…。ウイルスだけだった…。ウイルスは好きだけど最萌えではないなあ…。
ドラマダの最萌えはノイズでB型。

コイビト遊戯では櫻井がAB型でした。あー…やっぱりAB型担当はこういうキャラだよねー…。そしてすいません。櫻井は処女厨すぎて嫌いでした…。軽く焼きもち焼く程度の処女厨ならカワイイんですけどね…。好きな相手をクラスの男全員にまわさせるとか…ないでしょ。コイビトの最萌えは廣瀬でA型でした。

マスカレードでは点野がAB型…。あー!もうホンットAB型変人枠すぎる!マスカレの最萌えは姫原でしたので、B型です。

神学校は血液型は公表されてません。でも、最萌えのレオニードがB型の予感…。そしてどうせオーガストがAB型なんだ…。

ラキドはジュリオがAB型。やっぱりエキセントリック枠…。

俺の下であがけでは、攻略キャラにAB型はなし。主人公の壱哉さまがAB型でした。
うん、一番やばい人だもんね…。
最萌えは山口でB型です。

紅天では鏡丞がAB型。といっても紅天はキャラの半分が妖怪で、血液型も誕生日もあったもんじゃない人らばかりですが…。

そしてメビウスラインでは、最萌えの千家がAB…と。

こうしてみると、ABというよりはB型に寄っているような気がします。
考えてみると、私のタイプは美人攻め。
美人ていうとだいたいクールな部分を兼ね備えているのですが、そういうキャラにはB型が割り振られることが多いように思います。
さらにそこにエキセントリック入るとAB型になる…とまあそういうことじゃないかと。

つまり私は変人が好きなんじゃなく、ただ美人が好きなんだと。

そういうわかりきった結果が出た次第です…。

拍手お返事。反転してます。

3日の方 千家SS、切なかったですね~!生きながらにして地獄の道行き。でも神聖で甘い、なんともいえない味わいでした…。このどんづまり感はやばいぐらい好みで困りますね…。

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

咎狗コミカライズ10巻 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ちょっと間が空いてしまいました。
パソコンを新しくしたので、それでわやわやと手間取っていました。

といってもまだ全然整ってなくて、メーラーは入れたけどアドレス帳入れてないし、itunes入れたけど音楽データインポートしてないし、おかげでまだ旧パソから離れられません。

それはともかく、咎狗コミカライズの10巻買いました。
一年半ぶりの咎狗コミックス!
表紙はアキラとケイスケの背中合わせ。ここ数巻、せっぱつまり系の絵が多かったのでほんのり和み感。とはいっても嵐と嵐の合間のほんのわずかな静寂、みたいな。
それにしてもアキラのジーンズからほんの少し覗いてるのはおパンツでしょうか…。

なんとかラインの禁断症状から脱したケイスケ。しかしケイスケは目が見えなくなっていた…。
ええー!またオリジナル展開!目が見えないケイスケは「まだ夢(悪夢)のなかにいるみたいだ」と言う。そんな…可哀想…!せっかく正気に戻ったのに明の顔も見えないなんて…。

しかし、「俺…目覚めてもよかったのかな」と弱音を吐くケイスケにアキラの容赦ない鉄拳制裁!!
諌めるために頬をパチンと叩くとか、そんな生ぬるいものではなく、ゴッ!と力いっぱいの殴打でした。
ケイスケを拳で黙らせたあとは、またしばしのまったりタイム。
アキラもケイスケも精神的にも肉体的にもぼろぼろで、なのに寄り添いながら互いを気遣うさまが泣ける…。

一方風雲ヴィスキオ城では前座試合の真っ最中。リンを助け出そうと単身乗り込む源泉。
さらにナノたんにグンジの弔い合戦をしかけるキリヲと、あちこちでバトルが勃発しています。
それにしてもキリヲがグンジから引き継いだ白猫ちゃん、カワエエ…。なんか犬っぽいけど。ナノたんにくっついてる黒猫ちゃんはちゃんと普通の猫っぽいのに。

一応キリヲとナノたんのバトルは拮抗してるっぽいけど、なんかキリヲも死にそうな予感が…。

ケイスケに体を休めるよう言い残し、源泉を探しに街へと出るアキラ。
トシマの街は内戦を前にしてきなくさーい雰囲気。そこでエマさんとまさかのエンカウント。
ていうかエマさんもびっくりしていたから、このバッティングは偶然なのか。
エマさん、本当にイロイロ行き当たりばったりよね…。

エマさん妙に嬉しそうにアキラにネタバレかましつつ、一緒に来てもらうぞなどと言ってたら近くで爆発が起こって、その隙に乗じてアキラに逃げられる。このぬかり感もまたエマさん…。

爆発はヴィスキオ城からで、源泉の身を案じつつ、中に飛び込むアキラ。闇雲に走り、行き着いた先はコロシアム。しかしそこはシキさんの殺しアムと化していました。

死屍累々のなかに佇むシキさん。静かな表情。睫毛バリバリ。
びびるアキラの首根っこを猫のように掴むシキさん。あー…そういえばシキさんアキラ監禁してたなー。また脱走しやがったコイツは!みたいな飼い主気分だったのでしょうか。

しかし前後の脈絡のないことをいきなり呟きだすシキさんクオリティは健在で、唐突に「負け犬ポエム」を繰り出します。本当にシキさん負け犬について語るの好きね…。
それにしてもなんていうか、BL要素のないシキさんは、本当に力のみを欲している人で、ゲーム本編よりも深い狂気を感じます。

そりゃアキラも見開き使って「狂ってる……」と言いたくもなるヨネ。

と思ったらいきなりアキラに「いいだろう。息絶えるまでかわいがってやろう」と邪悪な笑みを浮かべるシキさん。え……それ、どっちの意味?
ケイスケルートに入った話がまたシキルートに?!と思った瞬間リンが乱入!フラグは折られました。

そこからリンとシキのすごいスピーディなバトルが展開。この目にもとまらぬ感の描写が本当にすごい!
しかしリンは怪我しててビトロの部下にひきずられてここまで来るほどの消耗ぶりだし、この瞬間は火事場の馬鹿力だとしても敗色は濃厚です。
シキさんは遊んでやってる感丸出しだし。
あー!もうダメ!これはまっぷたつにされるー!!みたいなところで今度はアキラが乱入。
リンは肩のあたりを切られたものの即死は逃れます。
そして目に激昂を湛えたシキさんがアキラを掴みあげたところで、コロシアムの天井からライト的なものがガッシャーンと落ちてきて続く!!

そのシーンのちょっと前に、アキラを追って外に出たケイスケが兵士に撃たれてたし、もうどうなるの?!全員死ぬという斬新なENDになるの?!!

まあそんなことにはならないと思いますが、ハラハラの引きです。

とりあえずリニューアルしたコミビズには毎号載るみたいだし、早く続きが読みたいものです…。

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

メビウスラインサントラ特典時雨SS 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

サントラ、ステラワースからもキタヨー!
しかし、レイアウト読みづらっ!

行間つまり過ぎ!バックの花が邪魔!

シーガルのSSのほうもたぶん字数的にはそれほど変らないと思いますが、行間とレイアウトにゆとり持たせて4ページぶんにしています。(ステラワースは2ページ)
でもシーガルは、フォントがゴチックで、それがちょっと固くて趣がなかった…。やっぱりSSは明朝がよいです。

かように小説はレイアウトが大事ですよね…。
しかしラブデリ公式も、紅天の公式冊子は、恐るべきレイアウトのダサさでギョッとしましたが…。あ、メビウスラインのはだいぶいいです。(上から目線)

前置きが長くなりましたが、SSはとてもよかったです!

迷いに迷って時雨特典を選んだ理由は「恋の呪縛」というタイトルが気になったから…。

お話は時雨と京一郎の痴話喧嘩with臣さん。
大学で剣道部に入部した京一郎、夏休みの合宿に行くのを時雨が反対したのが喧嘩の原因。
しかし喧嘩になると京一郎強気だねー…。時雨はO型だそうですが、わかる~…こういう出方されるとO型の人間は折れるしかない…。時雨に妙なシンパシーを感じる私。

そこで時雨が、自分の知らない場所で知らない男たちに囲まれる京一郎を思って嫉妬してることを白状しますが、自分の貞節を疑われた京一郎がさらにカチンときて時雨に意趣返しを試みます。

本当に京一郎、はんなり系の外見やものごしに惑わされますが、かなり気が強いよねー。でもそこがいい…。

柔術で時雨の体を押さえ込んだあと、縛の術をかけて時雨の動きを封じる京一郎。
そんな術どこで覚えたと問う時雨に、自分が教えたという臣さん。

エッチ中に時雨が無体しすぎたらこれで動きを止めてやりなさい、という理由で…。
お、おい、臣さん二人の性生活に咬みすぎじゃない?!

そういえば本編での、臣さんが初体験見守ってました事件は、その場では京一郎は気づいてませんでしたが、たぶん時雨が後から「あんとき臣の奴、見てたみたいなんだよな~」とか言って京一郎が「えええ!」と激しくうろたえる場面があったと思うのです。
だから公式特典SSで、「少し声抑えよう」→「できなかったよ…」エピソードがきたと思うのですが、もはやそれすら吹っ切っているようです。

身動きができない時雨に馬乗りになっているうちにムラッときた京一郎が、自分の想いの丈を知れとばかりに時雨の服を脱がしにかかります。

えっ…!ちょっ…待って…臣さんいる!臣さんいる!!!!

「好きだよ、時雨」
「京一郎…」

って臣さんガン無視!!!

時雨の肌があらわになる頃、ようやく退出する臣さん。遅い!
臣さんもこの二人のバカップルぶりに「いや~若いというのはいいものでござるなニンニン」とか思ってたのかもしれません。
時雨も最後までやられっぱなしじゃなく、向こうっ気の強さを見せて、いいカンジの暗転ENDでした。

ふう…萌えと微笑ましさで大満足の時雨SSでした。
「恋の呪縛」のタイトルの意味もわかったし…。
心と体、両面の呪縛…捻りが効いてていいタイトル!

しかしこうなると、ますますミサキと館林のSSも読みたい…。
うええ…どうしようと逡巡する私でした。

| | コメント (2)

2013年3月 1日 (金)

メビウスラインサントラ特典千家SS 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

起きたらすでに、メビウスラインサントラ届いていました。
千家SSのシーガルからです。
じつを言うと時雨SSのステラワースでも購入してしまったのですが、これは申し込んだのが昨日なので、たぶん届くのは明日。

とりあえず光の速さで開封してSSを読みました。
テキスト量は、Cool-BのSSくらい。思っていたより長い。そして…。

……マジ泣きした……!

公式のブログでも「甘くない」と言われていたし、何よりタイトルが「朽ちゆく花」なので、鬱話なんだろうなーと覚悟していましたが…。

でも、確かに鬱な話ではあったけども甘くなくはない。むしろめっちゃ甘いと思った!

以下、隠しもしないでネタバレしまくりますので未読の方はご注意を。

「朽ちゆく花」というタイトルから、京一郎死霊ENDの話かなと勝手に思っていたのですが、意外にも天命の旗ENDの話でした。

お話は出撃前日、横須賀港近くの海岸で交わされる二人の会話メイン。
大きな戦いの前だというのに、ほんのりのほほん風味な千家。京一郎に自分は船酔いするとカミングアウト。
船酔いするのか…千家!カワイイ…。それにしてもたびたび千家が言う「なあ、京一郎」の「なあ」ってすごく萌えるよねえええ。
さらに自分が泳げないことまで暴露する千家!!泳げないのか…。じゃあ左手ENDで崖から落ちたとき、あれが岩だらけの海じゃなく、深い穏やかな海だったとしても溺れ死んでたのかもね…。

そんな和み会話で萌えさせておいて、すぐさま突き落としにかかるローザさんクオリティ…。
戯言を言ったり、ときに声をあげて無邪気に笑ったりする千家の変化を狂気によるものだと感じる京一郎。
術式作戦で欧米に宣戦布告をし、世界中からの帝への呪いを一身で肩代わりする千家。
あああああああ…!!辛そう…!
グランドルートで千家が頭痛でもがき苦しんでいましたが、きっとあれ以上の苦しみなんだろうなあ…。ここでは京一郎がいて多少緩和してくれるけど…。

でも京一郎の力にも限りがあって、千家の狂気も呪いも食い止めることはできない。「力が欲しい」と感じる京一郎、それはどんな手段を用いても国を守りたいという千家の考えと似ています。どこまでも親和していく二人。

それにしても。
千家の「無垢な花が開くような微笑み」が切ないよおおー!
千家の狂気は邪悪というよりは、むしろ子供返りに近くて、ていうか正常なときのほうが邪悪なんですが、つまり呪詛体になる前の千家は、そういうピュアな人だったんだろうなあ…。
グランドルートの呪詛体じゃなくなった千家の顔もあどけなかったし…。

千家が呪詛体にならずに成長してたら、優しくて穏やかで理知的な男の人だったんだろうな…。

ラストは冬の静かな海岸で抱き合いながらキスする二人。穏やかそうなその姿の内面は地獄のようなカオスなのだと思うと、本当に哀しい。
そしてここまできて、まだ千家を「好きだ」と言えない京一郎も哀しい。

そんなわけで特典SSなのに、すごい破壊力でした…。
ていうかこれ千家クラスタなら100%読まないとダメでしょ…。

まったくもう…ラブデリの派生SSときたら…本当に侮れないよ!
もう全複数買いしたくなるから勘弁してくださいよ!

今日の一枚。
チンコとぶっかけの練習用に描いた京一郎さん。
エロ絵なのでサムネ。

Kyouichirou13030102

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »